Home>ドウジンシ(カテゴリ)  TotalPages3 next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●『AvsT』という同人誌の誤りについて。

2013.01.12 Sat

▼と、いう訳で:

 前々回のエントリ最後の方で愚痴った「ある人の作った同人誌の誤り」を指摘するという、己の自己満足のためのエントリ。

 ……俺の日記帳であるところのこのブログに、自己満足のために書くエントリなんで、普通の読者の方は読まないでいいですよ、と、前置いておく。


▼そういう訳で:

 具体的に書くと、このエントリで誤りを指摘したい同人誌、というのは、2012年の夏のコミック・マーケットで刊行されたサークル「裏切りの銃口」の『AvsT』(第2版)になる(第1版の刊行はもっと前)。

 で、この同人誌は、IDWパブリッシング社が刊行しているコミック版『トランスフォーマーズ』と、マーベル・コミックス社が刊行している『ニュー・アベンジャーズ』とのクロスオーバー企画、『ニュー・アベンジャーズ/トランスフォーマーズ』についての解説をメインとした本だ。


 この同人誌の“誤り”というのは、実にシンプルだ。

 ──この時期のスタースクリームがどうの、ラムジェットがどうのといった、細かな設定が本文で言及されてないといった、ミクロなレベルの話ではない。もっとマクロなレベルの、根本的な誤りだ。

 それは、

「この本の『トランスフォーマーズ』の解説は、IDW版でなく、かつてマーベル・コミックス社から刊行されていた方のコミック版『トランスフォーマーズ』の諸設定に基づいている」

 という1点に尽きる。


 IDW版『トランスフォーマーズ』の作品世界とマーベル版『トランスフォーマーズ』の世界観は、いずれもハズブロの玩具シリーズ『トランスフォーマーズ』を原作としているが、その世界観は、全く異なるものだ。

 IDW版の設定を、マーベル版に基づいて解説するというのは、例えれば、クリストファー・ノーランの『バットマン』の設定を、ティム・バートン版『バットマン』の設定に基づいて解説するようなものだ、といえば、それがいかに致命的なことか、理解できるだろうか。

 故に、この本で書かれているトランスフォーマーズに関わる解説は、大部分が信用できない。


 具体例を挙げよう。この本の冒頭には、「トランスフォーマーとは?」という、『トランスフォーマーズ』という作品の大まかな概要を説明しているページがある。筆者はこのページの記述を、当然ながらマーベル版に基づいて書いている。

 該当のページで書かれている「トランスフォーマーズを乗せた宇宙船アークが太古の地球に墜落し、オプティマス・プライムらは400万年間眠りについた」という『トランスフォーマーズ』のオリジンは、マーベル版『トランスフォーマーズ』の(および同時期の玩具とTVアニメーション版の)オリジンであり、IDW版にはそのような設定は存在しない。

 あるいは筆者的には、『トランスフォーマーズ』という長年にわたり続いてきたシリーズの大本のオリジンを書いただけかもしれないが、そのことは明記されていない。何も知らない人間が読めば、これが『ニュー・アベンジャーズ/トランスフォーマーズ』の物語の基本設定だと勘違いしかねないだろう。ややもすれば、このテキスト中で言及されている実写映画版『トランスフォーマーズ』や『トランスフォーマー・プライム』もそのような世界観であると誤解しかねない。実に、タチの悪いテキストだと思う。

 また、その後のページは登場人物紹介となっており、『ニュー・アベンジャーズ/トランスフォーマーズ』に登場するキャラクターが紹介されているが、これも当然、マーベル版の設定を基に書かれている。

 同書から引用するとこんな具合だ。

プロール
初登場:『THE TRANSFORMERS』#1
「理論こそ究極の武器である」
 フェアレディZポリス・カーに変形。
 優れた理論中枢を持ち、任務に忠実な指揮官。

 いうまでもなく、冒頭の「初登場」はマーベル版『トランスフォーマーズ』における初登場だ(IDW版でのプロールの初登場は『トランスフォーマーズ:インフィルトレーションズ』第2号だろう)。

「理論こそ究極の武器である」という一文は、マーベル版で各トランスフォーマーに付けられた「モットー」(キャラクターの性格を端的に表した一文)であり、IDW版のキャラクター紹介に付けるのは不適切だと思う(寡聞にして、自分はIDW版の出版物で、キャラクター解説にマーベル版のモットーが添えられた例は知らない)。

 更に、IDW版のプロールがフェアレディZに変形すると明言されたことはない。マーベル版の刊行当時はともかく、現在は肖像権が面倒臭いので、コミック版のプロールがどんなにフェアレディZ(5代目)に似ていようが「フェアレディZに変形」などと明言することはない。

 で、「優れた理論中枢を持ち、任務に忠実な指揮官」という設定も、マーベル版の設定であり、IDW版のプロールの性格設定を的確に言い表したものではない。──IDW版の読者なら、プロールのあの性格を「任務に忠実」といわれても苦笑いしか浮かばないだろう。

 無論、プロールだけでなく、他のトランスフォーマーズのキャラクター紹介も、この調子でマーベル版の設定準拠で語られている。


 繰り返す。

 この本で書かれているトランスフォーマーズに関わる解説は、大部分が信用できない。


 以上だ。
  
  
スポンサーサイト

タグ:同人誌

●最近の年末。

2013.01.07 Mon

▼明けました:

 おめでとうございます。

 今年もよしなに。


▼コミックマーケット83に出たぞ、の巻:

 そんなわけで、毎度おなじみのアフターレポート的なソレ。


▼承前:

 色々あって(あったんだよ)テキストが完成したのが、コミックマーケット初日の深夜2時──あと6時間後には現地にいなきゃいけない、という、ギリなタイミングになった。

 で、「これァ今から追加作業してたらどうにもならぬ」という結論に至ったので、「表紙の絵を描く」とか「中にコミックの表紙のスキャンを入れ込んで、立ち読みした人の目を留めさせる」とか「面白愉快なコラムを挿入する」とかいった類の「売るための一応の努力」を完全にスポイルした本として完成させることにした。

 具体的には、表紙:タイトルだけ、色紙とかすら使わない、中身:本文テキストと最低限のミダシだけ、という有様。

 マァ、とりあえず、完成した原本を持って、キンコーズに行って本を作ることとする。

 今のキンコーズには両面印刷と中綴じ製本を勝手にしてくれるハイスペックなコピー機があるので、原本を持ち込んで、店員に概要を伝えて設定してもらえば、後はボタンを押すだけで、本が出来上がるのである。スゲェ楽(※中綴じ製本自体に代金はかからないのもポイント)。

 でー、刷り上がった本を抱えて、シャワーのあるマンガ喫茶行って、朝まで少し寝て、着替えて、出立した。

 こんな時でもなければ着る機会のない「キャプテンアメリカ マスク風フード付きパーカー」を着てく(8か月ほど前に買ったアレな)。


キャプテンアメリカ マスク風フード付きパーカー
キャプテンアメリカ マスク風フード付きパーカー アメコミ マーベル DCコミック ハロウィーン 衣裳

売り上げランキング : 120324


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



▼会場にて:

 会場について、適当に準備して、途中で買ったパンを食べて、開場を待った。

 以下、閉会まで適当に座ってた。


 新刊の売り上げは、「微妙」でした。まあ、ロクでもない本を作ったけんね。

 こう、「一見さん」がフラリと買ってくことはマズなくて、いつもウチの出す本を(内容にかかわらず)買ってく常連さん方が買ってった感じすね。『トランスフォーマーズ』好きな御嬢さん方も中身を見て無表情で去っていく感じ。

 まあ、代わりに既刊が好調に売れてくれたので、まぁ、それなりにオゼゼは稼げましたが。ゲヘヘ(<生臭い)。

 つかこう、映画や邦訳コミックで『グリーンランタン』の認知度がそれなりに上がってたこともあって、既刊のグリーンランタン本は非常にコンスタントに出てくれましたね。表紙だけで「グリーンランタン本だあっ」って歓声を上げて、中身も見ずに買ってった女子もいたくらいで。

 ともあれ、ウチの本を手に入れてくださった方々に最大の感謝を。


 あとこう、「看板」としてドリームウェーブ・プロダクションズ版の『トランスフォーマー』の邦訳コミックをイーゼルに立て掛けといたんですが。その「看板」をおもむろに読み出す人が結構いまして(苦笑)。やっぱ、パット・リーのアートはキャッチーよね、と。

 ちなみに読み出す人はオバちゃんとかコミュニケーション不全気味の若者とか、「コミックマーケットに慣れてなさそうな人」が多かった印象(どうでもいい)。


▼当日のハイライト:

 気合の入ったキャプテン・アメリカのコスプレをした女子(気合い入りすぎて、コスチュームの革手袋が滑って財布から札が取り出せない残念なところが萌え)がウチの本を買ってこうとしてたので、すかさずオイラもパーカーのフードを装着してキャプテンに変身したら握手を求められた。ダブル・キャプテン・アメリカ爆誕の瞬間であった。

 とりあえず、敬礼して見送った。


▼閉会後:

 ロヒキアさんに忘年会に誘われたので、オレンジフードさん、yokkunさんらと共に新宿まで移動して、呑んだ。とおるさんに、アメコミとラーメンさん、アメコミ放浪記のnob-bonさんと、手練れの面子も参加してて、こう、「New52」以来、あんまコミックスを読まなくなってるオイラ的に「うむ、来年こそは」とか思う。


 そんな感じで。








▼余談めいたもの:

 こう、夏のコミックマーケットで、とある人が出した同人誌に大きなミスを発見して、後日、かの人がうちのブログにコメントを投稿したことを切っ掛けに、その人にミスを指摘し、その数日後にオフラインで会ったときにも「訂正ペーパーを作りなさい」と伝えたけど、今に至るまでの数ヶ月間、この人が何らアクションを起こしたようにも見えず、その同人誌は専門店などでも売られてて、でもって冬のコミックマーケットで件の人に再会したら、こっちが何かいう前に「すいません訂正ペーパー作ってません」といいだしてきて、更にはその同人誌の「続き」を出すことで汚名を返上するといわれ(個人的にそれをすることで何故汚名を返上したことになるのか理解できない)、あまつさえそのコミケにも例の人はその同人誌を持ってきてて、で、こっちが観察してた限り、あの人は同人誌を手に取った人に対し同人誌の内容に問題があることを特に伝えずにいたようなのですが。

 でー、な。冬コミからこっち、そのことについて「どうリアクションすべきか」ということを考えてたのだけど、結論としては、「そのうちこのブログで、“あの同人誌はあそこが間違ってる”と指摘する」という行動を起こそう、と、思った。

 いや、ある人に対して怒ってるとか、その本を買った読者に対してどうこうとか、そういう他者に対して何かを想っての行動じゃなくてね、ただ単に「自分の興味のある事象に対する間違った情報が流布している」というただその一事が見逃せないという、ごく個人的な満足のために。

  
  

タグ:同人誌

●業務連絡な日々。

2012.11.08 Thu

▼冬のコミックマーケットに出るぜ、の巻:

 えーと、今年の冬のコミックマーケットに参加します。夏には出れなかったので1年ぶり。

 今仕事忙しいので、参加しなくともいいかと思ってたけど、当選してしまったからには出ねばなるまい。新刊も作らねばなるまい。


 ちなみに卓の場所は、土曜日、東地区Tブロック11bだそうです。まあ、いつものアメリカン・コミックス系サークルのシマ中にいるのではないでしょうか。

 ちなみにサークル名は「マーベルダイナスティ」……サークル名記入間違えたぁ!(ホントは「マーブルダイナスティ(Marble Dynasty)」なのよ、うちのサークル)。

 ちなみにこのサークル名は、グラント・モリソンの『ワンミリオン』に登場する「スーパーマン・ダイナスティ」「フラッシュ・ダイナスティ」とかいったヒーローらの氏族に由来してるが別にどうでもいい。


 新刊は……出せるけど、サークルカットに書いた(書いたのよ)「コミック版『ダーティペア』特集第2弾」は出ないと思う。今のテンション・興味の方向性、流用できる未発表テキストの分量からいって、コミック版『トランスフォーマーズ』の本になるんじゃないかしら。

 ホントは『アベンジャーズ/トランスフォーマーズ』の本でも出そうかと思ったけど、原書(実家のどっかにある)が見つからなくて、ローンスター・コミックスにもバックナンバーがなくて、アレのためにハードカバーの『トランスフォーマーズ:ジ・IDWコレクション』第3巻を購入するのもアレなので辞めた。
  
  

Transformers: The IDW Collection 3
Transformers: The IDW Collection 3Simon Furman Stuart Moore Klaus Scherwinski Guido Guidi

Idea & Design Works Llc 2011-03-15
売り上げランキング : 52849


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ミニシリーズ『トランスフォーマーズ/ニューアベンジャーズ』と『トランスフォーマーズ:デバステーション』、それに『トランスフォーマーズ・スポットライト』の「ガルバトロン」「ラムジェット」「ウィリー」「ブラスター」「アーシー」「グリムロック」「ミラージ」を収録。

 2012年11月現在、マーケットプレイスでイヤな値付けがされてるソフトカバー版『トランスフォーマーズ/ニューアベンジャーズ』を買うくらいなら、だいたい同じくらいの値付けでページ数の多いこっちを買うことを勧める。『トランスフォーマーズ・スポットライト:ラムジェット』(実は『トランスフォーマーズ/ニューアベンジャーズ』から話が続いてる)も収録されてるしね。
  
  

タグ:同人誌

●コミックマーケット81に行ってきた、の巻。

2012.01.16 Mon

▼コミックマーケット81に行ってきた、の巻:

 行ってきた。

 で、あるに、これからその話をするのではあるが、まあ、その方面の話しかしないので、興味のない方は読み飛ばすとよいと思う次第である。

 とりあえず、今回のテーマは「自己反省」ということで行く(知らぬ)。


▼大雑把なアウトライン:

 会場には9時頃だったかについたような気がする(適当)。適当といえば、会場に着いて入場チケット出して、ようやく自分の卓の場所を知った(その直前まで「菅野さんの隣」としか認識してなかった)。

 なんつーか、コミックマーケットという行事に参加する者の心構えとして、オノレの態度はユルユルのユル・ブリンナーであるな、と今更ながらにして思う。反省したい。改める気はないが(ヲイ)。

 卓の近所まで行くと、アメリカン・コミックスのサークルのシマのあたりの端に開田裕治のサークルがあって、なんかにぎわってた。にぎわってるのは良いことだけど、開田裕治に挨拶しに来て、そのまま腕組みしながら立ち話し続けて、サークルが出入りする通路を塞いでるヤカラは邪魔であるので呪わて頂きたい。

 ま、あすこに開田裕治のサークルがあったたことで、オレらのいた列は他の列よりも「人の流れ」が多くて、結果、通りすがりにウチの本が目にとまって足を止めてく人が多かった気がするのでヨシとする(<何様だ)。

 卓の並びはうち、菅野さんとこ、オレンジフードさんとこという、いわゆる「資料系」サークル3連弾。それぞれきちんと卓を飾り付けてるけど、ウチは会場入りして買ったミニイーゼルに、なんとなく持参した『ダーティペア』のTPBを看板代わりに立てるだけ、という簡素なソレ。

 ただ(またか)、このTPBを見て足を止めてくれる参加者の方も割かしいた――どころか、ウチの新刊にはさほど興味はないけど、コミック版『ダーティペア』を見てみたいので足を止めた方もいた――ので、このディスプレーは簡素ではあったけど、的を射ていたのだ、と、オノレの慧眼を褒めたく思う。君らも褒めたまえ。さあ。

 でー、開場して、ボーっとして、3時頃に切り上げた(仕事が残ってたんで仕事場に行った)。


▼その最中にあったことなど:

 でー、ボーっとしてる最中のハナシ。

 隣に座ってたyokkunさんがいった「ジョン・バーンを嫌いな人はいないですよ」という名言に、「俺は嫌いです」(<待て、待て待て)と、無遠慮に被せたりしてすみませんでした。

※1990年代中頃からコミックを読み出したオイラ的には、その当時のバーンの「ヒドい所」をやたら見てきてて、一方で、最盛期のバーンの仕事を割と読まずに来た(「ダークフェニックス・サガ」と「フロム・ザ・アッシュズ」くらいかね、読んだの)という背景があるので、個人的な皮膚感覚として、バーンによい印象はないのですよ(頭では「1980年代に凄かった人」ということは理解してますが)。――このハナシは独立したエントリで語ろうかとも思ったが、上記で語ったことを紙幅を費やして語るだけになると思うので辞めておく。


 あと、午後あたりに菅野さんの新刊を買いに来た人が、「SFムーンストーン」のえんじさん(個人的に結構好きなページ/ブログなのね)だと気づいて、「うむ、えんじさんはSFファンだから、今回の新刊(※割と1980年代の日本SF界隈の話を書いてる)を謹呈したら、面白がってくれるのではなかろうか」とか思って、ウチのグリーンランタンの本を買ってこうとするえんじさんに無理矢理新刊を手渡す。

 でー、テンパってたオイラってば、手渡すだけ手渡して、名乗りもしない、しかもコミック版『ダーティペア』がSFなんですよ、とかいう語りをし始めるという。非常にアイタタなコミュニケーションの取り方をしやがってな。……ああ、心の底から反省したい(赤面)。


 関係ないけど、人の流れが良かったせいか、仕事場の元先輩とか、日下三蔵さん(大学で所属してたミステリクラブの先輩やねん)とか、懐かしい顔ぶれに出会ったなぁ、と(……っつーか、日下さん経由で大森望さんに同人誌渡してもらやいいじゃねぇか、ということに気づいたので、今度連絡してみようか)。


▼今回の新刊についての個人的な総論:

 で、まあ、今回のウチの新刊は「アダム・ウォーレンの『ダーティペア』特集」なわけでしたが。

 これが、作ろうと思い立ったときには、「こいつはイケル!」とか思ってたけど、実際持ってったら、

・アメリカン・コミック版『ダーティペア』が存在してることを知らない人が多い。

・『エンパワード』のアダム・ウォーレンは知ってるけど、彼がクダンの『ダーティペア』を描いてたなんて、知らない人が多い。

 という、ごく当たり前の事実が判明した。

 まあ、後半の『ダーティペア』各シリーズ紹介書いててウスウス気づいてたのだけど、コミック版『ダーティペア』って、1990年代に最盛を誇ったコンテンツではあるけど、この10年新作が描かれてない作品だったのよね。

 ……何故俺は、この本が「イケル!」と思ったのだろうか(知らぬ)。


 つかまあ今回の本は、J.P.ホーガンがコミック版『ダーティペア』の成立に大きく関与していたことと、カナダ人(トーレン・スミス)とアメリカ人(ウォーレン)とイギリス人(ホーガン)と日本人(岡田斗司夫)らが奇縁で結ばれた結果、コミック版『ダーティペア』が成立したとかいう、そーいう人の世の奇なる縁が時代を動かしちゃった、みたいなソレについて書きたかっただけで、コミック版『ダーティペア』そのものについては「割とオマケ」的な本でしたが。

 ――本当は、宮崎駿とトーレン・スミスの繋がりというか、米語版『ナウシカ』の翻訳に当たっての宮崎のイキな計らいについても書きたかったけど、スミスの話にあれ以上誌面を費やすのもどうかと思ったので略した。

 でー、「割とコミック版『ダーティペア』本体についてはどうでも良い」というスタンスで作った本であるに、結果として、「この本は『ダーティペア』について扱った本だが、『ダーティペア』というものがどんな作品なのかは既に読者が“ある程度知っているもの”として一切説明しない」という、デタラメな内容になってるのな。

 この辺、今思えば、もう少し歩み寄って「FAQ」的なページを作るべきだったなぁ、と思った。――いや、そんな原稿を書く時間はなかったけど(前日の夜0時まで原稿書いてた。<どうかと思う)。せめて、「コミック版のユリとケイのキャラクター造形は、基本的には小説版やアニメ版と同じよ」って一文は入れとくべきだったと思う。


 っつーわけで、な。

 次回の夏のコミックマーケットに合わせて、そーいう「FAQ」的な記事を盛り込んで、あと「年代ごとのウォーレンの画風の変遷」みたいなビジュアル的な引きのある記事とかも入れた同人誌第2弾を出そうと思った。ほら、今回の表紙は「ケイ」だけだったから(これは前日の夜1時から1時間で描き上げた<本当に、どうかと思う)、パート2の表紙を「ユリ」にすれば良い感じになるだろうし(知らぬ)。

 でー、まぁ、そういう「増補版」を出すことに決めたんで、今回の新刊を通販しないことに決定したのであります。すみませんが、コミックマーケットに参加していない方で、今回の新刊が欲しい人におかれましては、夏までお待ちください、と。
  
  

タグ:同人誌

●適当なる更新。

2011.12.16 Fri

▼最近の進捗:

 同人誌の原稿が4割くらい書けた。

 まあ、経験上冬のコミック・マーケットには間に合うペースなので、新刊が出るモノと決めつけて、宣伝でもしてみる。


 っつーわけで、冬のコミックマーケットのウチの新刊は、『D.S.D.(仮)』とかいうタイトル(タイトルは表紙をデザインする段階まで仮のままです)で、「アダム・ウォーレンの『ダーティペア』」の特集本になります。D.S.D.は何の略かって? Dirty-Stormy-Destinyに決まってるやろ、いわせんな恥ずかしい。

 内容としては、アダム・ウォーレンがいかにしてダーティペアに出会い、権利を取得し、コミック版を描き出したのかの歴史を延々と語るいつものウチのアレな感じのテキストメイン。ウォーレンの原稿なのに、気づいたらトーレン・スミスのことを長々と書いてたけどな!

 あとはウォーレンの『ダーティペア』の各シリーズの紹介とか、実現しなかったクロスオーバーとかの話を書く予定(こっちはまだメモ書き程度にしか原稿ができてねぇので未定)。

 あとはまぁ、既刊の在庫のあるのをボチボチ並べるんじゃないでしょうか。


 ……とりあえず、コミケカタログのサークルカットに「DCコミックスとか。まあ、いつもの感じで」とか書いたが、あんまりいつもの感じではなかったことをここにお詫びするものナリ。

 いや、「20世紀末の北米地域でのマンガ・アニメの受容」ってのは、DCコミックスと並ぶ、うちのサークルのメインテーマなんで(今決めた)、「いつもの感じ」ではあるのですが。――これまで『ショーグン・ウォリアーズ』本、『ボルトロン』本と、出してきたし。


・ろくでもなき余談:

 こう、ここ最近のウチの本は、映画の『グリーンランタン』合わせでグリーンランタン本を出したら映画があんまヒットしなかったとか、邦訳版『クライシス』合わせでDCクロスオーバー本出したら一向に『クライシス』がでやしねぇとか、時代にオモネッて題材をチョイスしたら、微妙に裏目るという展開が続きましたが。

 多分、今回は、オレが『ダーティペア』本を出すことで、来年復活予定の徳間の「コミックリュウ」に何らかの因果律の干渉(しかも裏目に出る方)が起きるのではないでしょうか。<嫌がらせか
  
  

タグ:同人誌 アメリカのマンガ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。