Home>資料本とか(カテゴリ)  TotalPages4 next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●最近の『トランスフォーマーズ』:「ロクデナシの資料本」の巻。

2013.01.09 Wed

▼ちょっと前に買った、ロクでもない資料本をあげつらう、そんなエントリ:

 うす。

 こう、1月程前、冬のコミック・マーケットに出した同人誌を執筆してた頃に、ですな。資料になる『トランスフォーマーズ』関連の書籍がないものかと、Amazon.co.jpをさまよってた時にですな、こんな本を見つけたのですよ。

Much More Than Meets the Eyes: Unknown Facts about Transformers Comics, Cartoons, Films, History, and More
Much More Than Meets the Eyes: Unknown Facts about Transformers Comics, Cartoons, Films, History, and MoreCalista King

Webster's Digital Services 2011-04-18
売り上げランキング : 366955


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 タイトルに「アンノウン・ファクツ」とか書いてあるんでね、てっきりオイラ、トゥーモロー・パブリッシング社が出してるような、マニアの書いたガイド本の類だと思ったのさ。

↓例えばこういうの、みたいな
Captain Action: The Original Super-Hero Action Figure
Captain Action: The Original Super-Hero Action FigureMichael Eury

Twomorrows Pub 2009-08-21
売り上げランキング : 297553


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 でー、その時は、割と焦り気味な精神状態だったんで、特にネットで評判を調べるでもなく、Amazonの「なか見! 検索」機能で内容を確認するでもなく、サックリ注文しちゃったのね。


 ……まあ、数日後にな。ブツが、届いたさ。

 んで、封を開けて、表紙の最下段に書いてある文言に気付いて、戦慄しながら中身をチラ見して、こんなファッキンな本を買ってしまった己に対する呪詛と共に、放り捨てた

 うん、そのね、表紙の下の方にね、書いてあったのさ。

「Edited From High Quality Wikipedia Articles」って。

「えでぃてっど・ふろむ・はいくおりてぃ・うぃーきーぺぢあ・あーてぃくる」って。

 日本語でいうと「ウィキペディアのハイクオリティな記事から編集したよ」って。


 ~~~~~~~~~ッ!!!!!!(声にならない絶叫)


(思いだして悶絶)


 ……OK。落ち着こう。落ち着いて、落ち着いて、冷静に、この本について語っていこう。

 まず表紙。上に張ったアフィリエイトリンク(間違ってもクリックしちゃ駄目だ!<じゃ、貼るなや)に表示されてるサムネイルだとカッコよさげに見えますが、実際にはその辺のレンガ塀の上に、劇場版『トランスフォーマーズ』のリーダークラスの玩具を置いて撮影した写真です。屋外撮影で、雲の具合が割といい感じで、サムネイルのサイズですと雰囲気はありますが、B5サイズの版型の本の表紙にデカデカと使うと、「レンガ塀の上に置かれたオモチャ」以外の何ものでもありません。正直。

 ……巻末を見るとFotopediaに登録されていたフリー素材を使っているようです。経済的ですね(ニゴリ)。

 そして中身ですが、実際に「なか見! 検索」で見ることもできますが(何故俺は調べなかったのか! 何故!? 何故!?<うるせぇ)、この本に掲載されてる記事の全ては、英語版wikipediaの「トランスフォーマーズ」の各項目をコピー&ペーストしただけです。

 巻末には出典元として、元になった記事のURLも堂々と書いてあります。親切ですね。


 あまつさえ、各記事の巻末にある出典元へのリンク(External links)もそのままコピペされてます。これがwikipediaの記事なら、それらのリンクをクリックすれば出典元へ飛べるんすが、残念ながら本書のリンクにはそのような機能は搭載されていません。

 ただし、wikipediaの記事は、日々有志によって更新され、場合によっては致命的なウソが混ぜ込まれ、信頼できない内容になっていったりもしますが、この本は、このまま永遠に更新されず、コピペ当時の情報の精度を保って……おります。

 ~~~~~~~~~ッ!!!!!!(床を転がりながら)


 この本に対する感想を3文字でまとめますと、「買うな」になりますね(真顔@死んだ目で)。


 ちなみに版権元はWebster's Digital Servicesという、聞いたことのない出版社です。ほぼタダで読めるネット上の情報を紙に刷って、無知な大衆(aka オイラ)に売りつけるというその商売は、実に高度に洗練されたジョークであり、現代情報化社会へのアイロニーであり、高度な現代美術的パフォーマンスであり、ブラザーフッド・オブ・ダダイズムな活動といえるでしょいえません。(食い気味に)

 ……ちなみに、Amazon.co.jpで「Webster's Digital Services」で検索かけると、同様の本がゾロゾロでてきますね。

 ……ああ、呪われよ!(呪われよ!<男性コーラス)

 呪われよ!(呪われよ!)

 呪われよ!(呪われよ!)
  
  
スポンサーサイト

タグ:資料本

●最近のジャネット。

2012.07.15 Sun

 うぃす。

 忙しいです。

 まあ、昨日までのオイラが悪いんですが(ここで他者に文句タレてもしょうがないので以下3行ほど書いてたグチは削除)。


 でー。

 前回の更新から30日がたって、ブログの冒頭に広告が表示されやがっちまうので、また適当にエントリをでっち上げるものナリ。


▼イカスぜ、「BackIssue!」なハナシ:

 トゥーモロー・パブリッシングス社の出してる、回顧コミック情報誌「バックイシュー!」がここんトコ、オイラのツボをついたイカス特集をしてるなぁ、と思った。

 イカス。タコス。(<書いてて0.5秒で後悔)

 前々号(55号)の特集は、「ライセンス・コミックス」特集と銘打って、「ダークホース版『スターウォーズ』20年史」なんてぇ記事がメインで。まあ、「『バックイシュー!』って、1970、80年代のコミックス史をメインにした雑誌じゃなかったっけ?」とか思うも、内容はコミック版『スターウォーズ』の基礎資料となる充実ブリで、実に素晴らしい。あと、ディズニーの映画合わせかなんかで、マーベル版「火星シリーズ」(+DCのバローズ系コミック小特集)とか、ダークホース版『インディ・ジョーンズ』特集とか。――『スターウォーズ』の「What If」的なアンソロジーで、ジョーンズ教授がハン・ソロと競演してた(ややウソ)とかいう話が面白かったので、今度実本を買ってみようと思った。

 でもって、前号(56号)がアベンジャーズ特集(これもまあ、映画合わせか)。ロジャー・スターンの1980年代の連載特集とか、ホークアイ、モッキンバード、ワンダーマンの歴史とか、西海岸チームとかが特集。――と、個人的には興味深いんだけど、実本が部屋のどこかに消えたので、具体的に「ここがこう」ってのは指摘できなくてスマン。


 んでもって、今月出た最新57号は、ジンギス・カーン、キラー・カーンと並ぶ世界3大カーンの1人にして、元DCコミックス社のエグゼクティブ、ジャネット・カーンの特集でな。これが、30ページ以上ものカーンのロングインタビューを収録してて。オイラには「バックイシュー!」第3号の、キース・ギフェン&J.M.デマティスロングインタビュー以来の「家宝として留め置くべき資料」であると思うねん。

 まあ、カーン女史もさすがに30年も前の細かいトコは覚えてなかったりして、インタビュアーに「あらあら、よくご存じなのね、私よりも詳しいんじゃないかしら」とか、トボけた返答をしてるトコがね、なんかこう、いいね。

 とりあえず、ジャネット・カーンのことを詳細に伝えるのは面倒くさいので、大雑把にいうと、この人は、元々児童誌の編集者でしたが、DCコミックス社に引き抜かれ、1976年から同社のパブリッシャーとなった人です。

 弱冠28歳で、コミック業界外から、しかも女性で、DCのパブリッシャーに据えられた、と書くと、「ドンだけ見込まれて引き抜かれたんだよ!」ってのが伝わるでしょうか。

 まあ、ぶっちゃけ、当時のDCの編集部(男の子の文化であるコミックブックの編集者ですので、男だらけです)内では、カーンに対する反発は強かったそうですわ。

 DCの古参編集者、ジョー・オーランドも当初はカーンに反発してたんですが、やがてオーランドとカーンは「やるじゃねぇか」「お前もな」的に、「マブダチ」になりまして。でもってカーンはオーランドをマネージング・エディターに昇格させて、オーランドの幅広い作家の人脈を大いに活用し、後のDCの躍進に繋げた、と。なかなか、グッとくるハナシですな。

 あと、編集部内で反発はあっても、カーンに編集方針とかで面と向かって反対する人は、少なかったそうですが、その中でただ1人、彼女の意見に「きちんと理屈を伴って」反駁していた人物がいたそうで。

 それが誰あろう、後にカーンと共にDCのエグゼクティブとして辣腕を振るうことになるポール・レーヴィッツでして。カーン的にはちゃんと理由があって反対意見を述べたからこそ、ポールはその後、出世できたんだとか。――ちなみにレーヴィッツは、元々はオーランドの下でアシスタント・エディター兼ライターをしてた人ですね。

 一方、1980年頃に、DCは『ワンダーウーマン』のアニバーサリー・イベントを計画して、その計画用の人材として、カーンは当時大学を出たての青年を雇って、ジョー・オーランドの下に付けて2人で企画を進めさせたそうなんですが。ところがこの青年、精力的にアイデアを出してきて、オーランドともうまくやれてたんで、「あら、この子、この企画だけのために使うのはもったいないわ」とか思って、正式にDCで雇用することとしたそうで。

 その青年ってのが、まあ、後にキース・ギフェン&J.M.デマティスを作家に起用して、伝説の『ジャスティスリーグ・インターナショナル』誌を立ち上げた編集者アンディ・ヘルファーその人だったりするわけですが。

 ――つまり、カーンの慧眼がなければ、後のギフェンらの『ジャスティスリーグ』は存在しなかった、とか考えるだに、人間の繋がりってば面白ぇなぁ、と。

 ちなみに、ヘルファーはカーンには好かれてましたけど、同じオーランド門下の先輩であるポール・レーヴィッツとはウマが合わなかったらしいですわ。ヘルファーってのは、エネルギッシュなんだけど、どこかアナーキーな所があって(だから、後に『ジャスティスリーグ』なんてぇ雑誌を立ち上げられたんでしょうが)、レーヴィッツ的にはそのアナーキーな部分が気に入らなかったみたい。

 でー、当時のDCのオフィスでは、「レーヴィッツがヘルファーをクビにしたって」「で、カーンがヘルファーをまた雇ったって」的なジョークが流行ってたとか。イカス。――その後レーヴィッツは、アナーキーさではヘルファー以上なキース・ギフェンと長年組むことになるのも、まあ、面白いなぁ、と。


 そんな感じで、1980年代のDCの躍進の原動力となったジャネット・カーンの話を聞きたい人は、『バックイシュー!』誌の最新号を買いやがれ、というハナシでした。


 ――っつーか多分、俺、日本でも十指に入るくらいに、今回のジャネット・カーンのインタビューを喜んでると思う。
  
  

タグ:資料本 編集者

●面白いけど人には勧めづらい本、とか。その2

2009.05.18 Mon

▼っつーワケでようやく本題:

 っつーわけで仕切り直し。

 そんな訳で、謎の男ハートフル軍曹によって、謎の手品師・村岡が射殺された、という話の続きですが(続きません)。


 でー、まあ、「その1」に貼り付けたテキストの裏なんかを取る上で、ゴールデンエイジ期の資料を色々と漁ったり、英語版wikipediaを読んだりして、俺的に微妙にゴールデンエイジ・ブームが再燃してたりしたですよ。

 したら、先日Amazonから、『Supermen!: the First Wave of Comic Book Heroes 1936-1941』とかいう本が届いてな(てか、結構前に予約注文した後、微妙に発売日が延びたりしててすっかり忘れてたのですが)。
  
  
Supermen!: the First Wave of Comic-book Heroes 1939-1941
Supermen!: The First Wave of Comic-book Heroes 1939-1941Greg Sadowski

Fantagraphics Books 2009-04-20
売り上げランキング : 55086


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

  
  
 でー、この本がな。まあタイトル通り、コミックブックの最初期に登場したコスチューム・ヒーロー20人のコミックを再録してるって本で。丁度俺のブームに合致した感じで、非常に渡りに船で面白かったぜ、と(ようやく本題らしくなってきましたね)。


 で、この20本の作品のチョイスがね、良いのですよ。なんというか、選者の明確な意志というものが感じられる。

 ゴールデンエイジのヒーローといえば、ナショナルのスーパーマン&バットマン、オールアメリカンのフラッシュやグリーンランタン、MLJのザ・シールド、フォックスのブルービートル等々の有名所のヒーローが思い出されますが、それらのヒーローはあえて収録していないのが、まずポイント高し。
(てか、この本はパブリック・ドメイン化した作品を収録してるんですがー。現在も露出してる有名ヒーローだと、パブリック・ドメインになってても、版権元に許諾を取る必要があったりするだろうから、その辺の事情で収録してないのかしら、とか推測してみる<確証ないので注意な)

 代わりに、前回のエントリで紹介したザ・クロックとか、ザ・コメットあたりの、まあ割合マイナーだけど、コミック史的に意義のあるヒーローの登場する作品をフォローしてるので、こう、これまで文字情報だけで知ってたヒーローの活躍をきちんとマルっと読めるのはいいなぁ、と。
 ていうか、“アメリカン・コミックス初のマスクを着けたヒーロー”ことザ・クロックですが、俺の頭の中では、いわゆるドミノマスク的なソレをつけてるモンだと思ってたですがね。これが、実際には、さながら浅草ノリを顔面に貼り付けたような、現在の目からすると洗練されてない(けどインパクトの強い)顔をしてて、やはりこういうモンはきちんと実物を確認しなければアカンなと、思った。

Clock01
Google画像検索で適当に拾ってきたザ・クロックさんの画像。
ワイルドキャッツのグリフターみたいに、幅広の布をマスクにしてる、ということなのかしら。


 あと、この本に収録されてるザ・コメットの話が、「コメットがギャングに催眠術で操られ、銀行強盗&警察官殺害しまくり→もの凄い偶然で犯人がコメットに殺されて催眠術解除→コメットは重犯罪者として指名手配」とかいう救いのなさで。能天気な外観に見合わず、恐ろしくダークな話を展開してやがったのだなぁと感心してみる(作者は「プラスチックマン」のジャック・コール)。

 加えて、シーゲル&シャスター、ビル・エベレット、カービィ&サイモン、ウィル・アイズナー、ジャック・コール、ガードナー・フォックスといった当時の人気作家の作品も収録されているですが、これが大手出版社の割合メジャーなヒーローでなく、小規模な出版社に変名で描いてたマイナーな作品をチョイスしてるあたりが、「解ってる」感じですね。

 個人的に嬉しかったのが、ジャック・コールの初期作品「ザ・クロー対デアデビル」が丸々収録されてるトコね。こいつはジャック・コールの伝記とかで、必ず紹介されてる有名な作品なんですが、大概、1ページ目のスプラッシュ・ページが紹介されてる程度で、実際にどんな話なのかは解らなかったんですが。今回初めて通して読めましたよ。
 ザ・クローさんてば、キングコングほどもある巨大な体躯で中国人を沢山奴隷にしてる「バーバリアンな黄禍系ヴィラン」のくせに、ジェットモグラみたいなマシーンで中国からアメリカまで穴を掘って攻め込むわ、巨大なジェネレーターで地震を起こすわの大活躍ブリで、実に俺好みのヴィランでした。大変面白いので、皆も機会があれば読むよろしね。

 更に、この当時のシーゲル&シャスターの作品でも、マイナー&いわくアリな「ドクター・ミスティック:オカルト・デテクティブ」を収録してるのが素敵です。
 ……いやね、シーゲル&シャスターは、「スーパーマン」でブレイクする以前に、『モア・ファン・コミックス』誌で「ドクター・オカルト:ミスティック・デテクティブ」って作品を連載してたですが、この「ドクター・オカルト」、1回だけDCじゃない出版社から、タイトルを変えて出ててね。それが上記の「ドクター・ミスティック」なんですが。
 しかもこのドクター・ミスティック、別にドクター・オカルトのリメイクじゃなく、既に完成してたドクター・オカルトの原稿をタイトルだけ変えて出してるんで、普通にドクター・オカルトから話が続いてるという、いい加減さでね。実に味わい深い。

 あと、ヴィンセント・スリヴァンがDCから移籍したマクナウト・ニュースペーパー・シンジケートで手がけた『ビッグショット・コミックス』のヒーロー、マーヴェロ:モナーク・オブ・マジシャンズ(スリヴァンの縁でガードナー・フォックスがライティングしてる)とかね、「ああ、この手の割と“流行りに乗っかってみました”系の作品を作ってたのね」とか、感想を抱いてみたり。


 その他、作者の名前は知られてないけど、どこか光る所のある佳作を収録してたりとか。コミックの他にはカバーとか広告なんかも収録してて、そいつら読むのも楽しいな、と。


 結論としては、個人的には、もう大満足な本。

 けど、あんまり人には勧めづらい本かなぁ、と。

 こう、たまたま俺は、この辺のゴールデン・エイジのコミックに対して、ある程度能動的に興味を持ってたから楽しめたけど、その他の人がどういう動機でこの本を読むのか、ちょっと想像できんな、と。

 コミックの再録が主眼な本で、もう、使えるページは全部コミックの再録に費やしてて、解説は巻末にサラリと載ってる程度なので(要点が簡潔にまとめてあって、いいテキストですが)、これ1冊で完結してる資料というよりは、他の資料読んでから参考にする副読本的な位置づけだよなぁ、とか思ったりもするし。

 まあなんだ、「たけうちの野郎は、なんか『誰に勧めたらいいかわからん』とか言ってたけど、俺個人は惹かれるものがあったので買ってみるよ」とか感想抱いた人にオススメ(<それはオススメと言えるのか)。

 以上。

 この本、ヨソのアメコミ系ブログでも紹介してたけど、アチラの方はどのあたりに興味を持って購入/紹介したのかしら、とか、書かなくて良いことを書きつつオワル。
  
  

タグ:資料本 今日読んだアメコミ

●Googleブック検索が凄いね、な日々。

2009.04.23 Thu

▼Googleブック検索が凄かった、というハナシ:

「Googleブック検索がいろんな意味ですごい。」っつー記事を読んで、どれほど凄いのかを確かめに、Googleブック検索を試してみた。

 結論:凄かった。

 こう、なにげなしにコミックの資料本を出してる出版社の名前で検索かけるだけで、該当の会社の単行本がゾロゾロ出てくる&プレビューでガシガシ読めやがる。

・検索例:
・TwoMorrows Publishing
・Fantagraphics Books
・University Press of Mississippi(+Comics)

 凄ぇな、これ。特にトゥーモローは『ジャック・カービィ・コレクターズ』とか『モダン・マスターワークス』みてぇな半分画集っぽい奴すらも読めるのがイカス。

 でも、俺が前々から探してるジェラルド・ジョーンズの『コミックブック・ヒーローズ』1996年度版は見つからねぇ!(<知らん) ついでにいえば、ジェラルド・ジョーンズの名著『Men of Tomorrow: Geeks, Gangsters, and the Birth of the Comic Book』は登録されてるけど、プレビューが利用できん!(どうでもよい)

 あと、フレデリック・ワーサム博士で検索かけると、『The Brain as an Organ』なんかは読めるのに、肝心の『Seduction of the Innocent‎』と『The world of fanzines』が読めないとはなんたることか!


 ちなみにコミックの資料本なんかの場合は、書名で検索かけると、該当の本に加えて「その資料を引用してる書籍の参考資料一覧のページ」が異様に引っかかるので、こう、「あの資料について引用・言及してる資料」を見繕うのに便利かも、と思った。
  
  
 今後、どんな感じになるのかはわからんけど、今のウチに活用できるだけ活用したい、とか思った(あんまり使い道は思いつかないけど)。
  
  

●どうでもいい発見。

2008.09.17 Wed

▼今さっき気付いたこと:

 何の気ナシに、Amazon.co.jpで「Comics-Journal-Library」で検索かけたら、検索結果に雑誌の「コミックス・ジャーナル」が引っかかってタマゲる。

 どうも、今年6月発行の290号から取り扱いが始まったみたいね。

 ま、俺は「ジャーナル」は購読してないんで、このことを知ったとて、俺個人のギークな生活に何ら得はないのですが。

 ただ今後、例えばマンガ研究家の人が他の研究者に、「今月出たジャーナルに、マンガ批評についてのイイ感じな特集があったんで、XXさんも読んでくださいよ!」とかいう際に、ワザワザ海外のコミックショップで在庫を検索しなくともAmazon.co.jpで割合手軽に買えるのは良いかも、と思った。
(……そんな状況があるのかは知りませんが)


 余談:試しに「Alter-Ego」で検索したけど、やっぱりというか、俺が定期購読してる「アルター・エゴ」誌は引っかからなかった。ウヌレ。
  
  

  
  

タグ:資料本 Amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。