Home>2006年03月13日  TotalPages1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●総編集長ブーム、とか。

2006.03.13 Mon

▼どうでも良き日常:

 ふと、「ビッグ・ザ・武道」という名前は、正しくは「武道・ザ・ビッグ」であるべきじゃねぇかと、今にして気づくも「まぁ、ゆでたまごだし」の一言でそれ以上追求する気にもならぬ日々。

 2月分の新刊コミックが届きましたが。『インフィナイト・クライシス』第5号は、3月末の発送分に入れられてて、今回の便じゃ来ないことが判明。

 待てぬので、渋谷のCOMIXで購入。『シークレット・ファイルス』も、多分、便を待たずに買う。


▼最近のブーム:

 総編集長とか副社長とか、エディトリアル・ディレクターとか、まあ、コミック出版部門を統括する人物が最近の俺的ブームですが。<またニッチなブームだな、おい。

 まあ、ダン・ディディオの存在がそもそもの契機だったのですが、最近の自分の興味が、1970年代後半~1980年代前半頃のコミック界の動きにあったりすることもあって、この時期にマーヴルとDCで総編集長(またはそれに準ずる立場)を勤めてた人たちに萌えております。

 マーヴ・ウルフマンに「雇うべきではなかった男を雇ってしまい、その男がマーヴルの総編集長に上り詰めた。その男の下で働けなかったんで、DCに移籍した」とまで言わしめた「その男」ことジム・シューターを筆頭に、DCのディック・ジョルダーノ、ジャネット・カーン、ゲリー・コンウェイ、アーチー・グッドウィンあたりですか。あと、レン・ウェインとかロイ・トーマスも。

 でー、個人的に一番興味あるのが、ゲリー・コンウェイなんすが、この人のまとまったインタビューとか資料がね、全然ないねん。

 こう、ね。

 若干19歳でマーヴルの看板スパイダーマンのライターに(しかもスタン・リーの後任ライターとして)就任。グウェン・ステーシー殺害&パニッシャー創造という偉業を成し遂げる。
  ↓
 不意にDCに編集者として移籍。DC内にあって、マーヴルの流儀でコミックを編集する独立愚連隊な立場を確立。一連のタイトル群(通称「コンウェイズ・コーナー」)を送り出してく。
  ↓
 思うところあってマーヴルに帰参。24歳にして総編集長就任。が、わずか3週間でマーヴルを離脱。
  ↓
 今度はフリーのライターとしてDCに移籍。オリジナルヒーロー『ファイヤーストーム』『スティール』などを次々創造。が、DCの業績悪化で打ち切られる。
  ↓
『ジャスティスリーグ』のライターに抜擢。ここぞとばかりにファイヤーストームやスティール(の孫)を無理矢理ジャスティスリーグに加入させたり。

 ……ってな具合に、その辺の資料をツギハギしただけでもこんだけドラマチックな有為転変を経て来てるですよ、このコンウェイ、っつー人は(落ち着きがない、ともいう)。

 人として知りたいでしょ、折々で「何が」あったのか。できれば、本人の口から。

 知りてぇなぁ、畜生。

 ……って書いた後で調べたら、コミックス・ジャーナルから2月に出たライターのインタビュー集に、コンウェイのインタビューも収録されてることが判明。即注文。人生、求めりゃ与えられるもんですな。


・豆知識:パニッシャーのラフデザインを考えた人として知られるコンウェイだが、パワーガールのデザイン(+胸の「丸」)を考えた人であることは、割と知られていない。

 ちなみに、パワーガールの初出から数号後、DCのパブリッシャー(後に総編集長)、ジャネット・カーン女史は、この「丸」が性差別的だとして、丸を「閉じる」ように指示した。
  
  
Direct Cover Girls of The DC Universe: Power Girl Statue
Direct Cover Girls of The DC Universe: Power Girl Statue
DC Comics
売り上げランキング : 1082330


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

  
  

関連記事
スポンサーサイト

タグ:編集者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。