Home>2006年06月  TotalPages1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●最近のどうでもよき日常。

2006.06.22 Thu

▼先週の話になりますが:

 神保町で、ジャイブの『スーパーマン:フォー・トゥモロー』を買うついでに、古書センターの中野書店に寄りましたら、また古本アメコミのストックが増えてましたよ。

 今回は、なんやカオス! コミックスの『エビル・アーニー』あたりがワサワサ増えてて。

 あと、ダークホース、マーヴルあたりのTPBと、オルタナ系のコミックの邦訳版(クラムとか『ゴーストワールド』とか)が破格値で(TPB1冊3~500円、オルタナ系は定価の半額くらい)。

 とりあえず、安さに惹かれて『オール・ニュー オール・ディファレント X-メン マスターワークス』1巻、ジェームス・ロビンソンがライターの『ターミネーター:エンドゲーム』に、『ボディバッグス:ファーザーズ・ディ』、『ハードタイム』1巻なぞといったTPBを購入。どれも300エーン。

 あと『バットマン』系では、「バットマン・イヤー3」と「ロンリー・プレース・オブ・ダイイング」、それにポスト・クライシスのジェイソンの活躍話がボチボチありましたな。

 特にオチもなくオワル。
  
  
関連記事
スポンサーサイト

タグ:古本

●久々に「今日読んだアメコミ」。

2006.06.14 Wed

 書けるうちにグダグダ書き連ねてみる。

▼『シークレット・シックス』(ミニシリーズ)#1

 『ヴィランズ・ユナイテッド』ミニシリーズからのスピンオフで、はぐれヴィランチーム「シークレット・シックス」のヤサグレた活躍を描くミニシリーズ。ライターは、『ヴィランズ・ユナイテッド』と同じく、ゲイル・シモーヌ

 あらすじ:なんやかんやあって、結局、再結集して傭兵稼業に精を出すシークレット・シックスの面々。ドクター・サイコとザ・ソサエティからの突き上げがうざったいので、逆襲を決意するも、メンバーは5人で、ちと戦力不足。んじゃ、あいつを新メンバーにしてシックスにしよう、とか考えつつ。一方そのころ休暇を楽しむ各メンバーに危機が近づいていた……とかそんな感じ。

 相変わらず、キャラクターがきちんと書けてるわ、いいテンポでストーリー進むわ、クリフハンガーなラストがヤキモキするわ、オストランダーの『スーサイド・スカッド』リスペクトな台詞があってニヤリとするわで、面白いですな。

 でー、ラストページに登場する新メンバーが、なかなか意外な人で。っつーか、チェシャの代わりに、こいつって、もしかしてシャレで選んでますか。

 こう、前シリーズでシモーヌ先生がキャットマンという3流ヴィランを再発掘してみせたように、今シリーズでも、この新メンバーらの新たな魅力が見られるような展開を希望。っつーか、この新メンバーの真価って、いったい何やねん。

 個人的には、21世紀の『スーサイド・スカッド』っつーか、2、3流ヴィランを再発掘するイカスシリーズとして継続を希望したく。

 オンゴーイングよりは、初期の『バーズ・オブ・プレイ』みてぇな、ミニシリーズとワンショットでの展開の方が、テンション続くんじゃねぇかなぁ、とか愚考してみる。

 あと、シモーヌ先生がライターをしてる『バーズ・オブ・プレイ』にゲスト出演してください。ハンタレス対デッドショットとか、ジェイドキャナリー対チェシャとか、キャットマン対ブラックキャナリーとか、オラクル対スキャンダルとか見たいです。


▼オマケ 「シークレット・シックス」のメンバーの適当なプロフィールなぞ:

・スキャンダル:あのヴァンダル・サヴェイジの娘で、チームの指揮とマネージメント全般と情報収集なぞを担当。才色兼備なお姉ちゃんだが、その上、格闘術も並以上。ついでにレズビアン。コスチュームデザインは、微妙な気が……。

・キャットマン:ちょっと前までは猫のコスチュームに身を包んだ3流ヴィランだったが、『ヴィランズ・アンリミテッド』で、ちょいと精神を病んだニヒルな男に変貌。悪人稼業からは足を洗いつつ、ヒーローらからは距離を取り、必要以上に肩入れしないドライさがステキ。チームの事実上のフィールドリーダーで、格闘術に優れる。あと、野生動物が大好きで、給料は保護基金に突っ込むナイスガイ。

・デッドショット:20年ちょい前までは、3流ヴィランだったが、ジョン・オストランダーの『スーサイド・スカッド』を経て、有り余る才能をもてあそび死に場所を求めて彷徨する、なんかニヒルな男に変貌。生まれながらの射撃の名手。自殺願望が強く、すすんで死地に赴くが、その才能故に生き延びちまい、結果としてチームのポイントゲッターな感じ。でも、味方を打つのも得意だよ。

・ラグドール:ゴールデンエイジのヴィラン、初代ラグドールの息子。父親は、無闇に広い関節可動域の持ち主であり、それを生かして悪人として活躍したが、彼自身はその関節を受け継いでおらず。兄貴の方は関節を受け継いでいたこともあり、一家の「黒い羊」呼ばわりされる。その後、外科手術によって、肉親同様の関節を手に入れるが、むしろ父・兄との溝を広げることに。あと、肉体改造の副作用のおかげで、特殊な塗り薬が不可欠に。やっぱり病んだ精神の持ち主だが、どちらかというと内省的。最近独り言も増えました。

・ノックアウト:暗黒惑星アポコリプス出身。ちょっと前までは、スーパーボーイのライバルだったり押し掛けパートナーだったり。今じゃスキャンダルの恋人。怪力と丈夫な身体が武器。アポコリプス出身なので、メンタリティは粗野の一言。
  
  
▼以下はチームを抜けたメンバー:

・チェシャ:ご存じ、世界屈指の暗殺家にして、タイタンズの仇敵の1人。あとアーセナル(ロイ・ハーパー)を押し倒したり。『シークレット・シックス』第1号のカバーに、割とデカ目に描かれてるんですが、再登場するの?

・パラデーモン:初出は、アクション・フィギュアとのタイアップコミック、『トータル・ジャスティス』だったりする、コンティニュティ的にちと微妙な人。暗黒惑星アポコリプス出身で、娯楽に飢えてる。武器は、飛行能力を持つ装甲服と、銃。あとアポコリプス人天性の怪力。ラグドールと仲良しだった。

・フィドラー:初代フラッシュの仇敵。なので、すっかりジジイ。バイオリンを用いた魔術で、人々を翻弄する。『ヴィランズ・ユナイテッド』第1号で、任務中にヘマをして、デッドショットに射殺される。
  
  

  
  
関連記事

タグ:今日読んだアメコミ

●最近の感慨。

2006.06.14 Wed

▼勉強しよう、な日々:

 こう、ヨソ様のブログとか、コメント欄を読んでて、ついぞ思うことは、「俺は勉強が足らんなぁ」とかいう自戒ばかりな今日この頃ですが。

 あとこう、じっと己の手を眺めて、どうも俺は、社会学の方より人文の方に目がいくなぁとかいう、関係ないことも思った。

 結論としては、俺が「勉強しよう」とか思って、ここ数年で買った資料の8割がたは、小田切さんのブログでみっけたモンやねん、ということですが。

 と、ここまで打ち込んでみて、先に詰まる。

 いや、こう、例えて言うなら、絶望の淵にある人間の傍にバカチンが寄ってきて、「えへへ、おうえんしてますぜ」とか馬鹿面さげて、何かいっても余計に死にたくなるだけかと、ね。

 とりあえず、勉強しようと思った。

 明日は今日よりはマシなバカチンになれますように。
  
  
関連記事

●最近の海外通販とシャザムの話。

2006.06.14 Wed

▼メイルオーダー、な日々:

 こう、半年ほど、ローンスター・コミックスのサブサービスを利用してきましたが、「もっといろんな通販も試して見るべし見るべし」とかいう天啓に従い、とりあえず、8月分の発注をメイルオーダー・コミックスでやってみる。

 送料(航空便)は、まあローンスターとサホド代わらない模様だけど、各コミックスの値引率が、35%以上、モノによっては50%っつーのが魅力ですね。

 あと注文してねぇけど、アダルトカテゴリの商品も注文できるのがメイルオーダーの利点ですな。いえ、注文してませんが。してませんが。

 ただ、サブサービスのページ構成は、俺的にはローンスターの方が見やすいんで(カバーの縮小版が表示されるのが便利)、ローンスターのページでカバーと、必要なら中身を確認して、メイルオーダーの方で発注とかいうやり方をしてみたり。
  
  
 でー、注文してみたDC8月の新刊では、『シャザム・ファミリー・アーカイヴス』が俺的に注目ですか。
『マスター・コミックス』を中心に、キャプテン・マーヴェル・ジュニアの作品を集めたアーカイヴスで。

 ゴールデンエイジに、無闇な点数が出ていたマーヴェル・ファミリーの作品群は、こういう具合に、複数のアプローチから、アーカイヴスを編んでくれると、ありがたいですね。無論、メアリー・マーヴェル中心にしたアーカイヴスとかの、続刊も希望したく。

 こう、数年後には、マーヴェル・ファミリーのアーカイヴスが山ほど出てて、「あのアーカイヴスでああいう編み方をしたから、この雑誌のこの時期の作品が収録されてないがなー」とかいう、うれしい悲鳴が上げられればいいのになぁ、などと妄想させてください。現状だと、破綻するほど巻数出てないし。

 そういや、秋には「ショーケース・プレゼンツ」のレーベルで、1970年代の『シャザム!』オンゴーイングシリーズほぼ全話をまとめた本も出ますね(未収録の第25号は、ゲスト出演してるアイシスの版権がらみかなぁ)。

 ページ数的に、併録されてたゴールデンエイジのリプリント作品は未収録だろなぁ。むしろ読みたいのはそっちなのですが。<本末転倒。
  
  
関連記事

タグ:プレビューズ 海外通販

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。