Home>2006年09月  TotalPages1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●どうでもよい感慨。

2006.09.29 Fri

▼スーさんちのメアリーさんの話:

 こう、「デキのよろしくないファンフィクション」という括りの中でも、更に一際鈍く光るソレ、いうなれば「読んでてウンザリするようなファンフィクション」に含まれるものとして、「作者オリジナルのキャラクターが、無闇に活躍して、無闇にひいきされてる」とかいうものが、あるじゃないですか。
 いや、あるんですよ。 あると思いねぇ。

 具体的に、そのウンザリ具合を言うなら、
1)該当のキャラクターが、既存のキャラクターに必要以上に関わる。既存のキャラの恋人になったりする。最悪、既存のキャラクターの性格や設定をねじ曲げてまで、既存のキャラクターと関係を持ったりする。

2)他の既存のキャラクターに比して、該当のキャラクターの描写がウンザリするくらい多い。世界を揺るがすような陰謀の話で、登場人物は割と淡々と動いていくのに、そのキャラにカメラが向いたとたん、キャラクターの内面描写を延々と書かれたりして、「いや、それどうでもよいから、話を続けて」とか突っ込みたくなる。

3)上記に加えて物語中での役割も、既存のキャラクターをさしおいて該当のキャラクターがおいしい所を持っていく。あげく「そのキャラクターは、世界を救うのに必要な特殊な能力を持っていた」とかいう、作者補正による「特権」も与えられる。

4)とにかく、作者が該当のキャラをいじる。あらゆるシチュエーションが、該当キャラに降りかかる。作者的には、運命に翻弄される愛しのキャラを描写できてニッコリ。見てるこっちはウンザリ。

 ……などと書いてる途中で、アメリカじゃぁ、こういうファンフィクションに登場する「作者に特別扱いされるキャラクター」を意味する言葉があることを知る。そういうものでウンザリするのは、洋の東西を問わねぇのね。

「メアリー・スー<Mary Sue>」って、言葉ですが。意味としては「こちら」とか、「こちら」とか参照。

 ま、メアリー・スーってのは、本来の意味では「女性のファンフィクションの書き手が、自身を投影した女性キャラクターを自作に登場させる」っつーのが割とキモであるので、俺の言ってるのとはちとズレるやも知れませんが。
  
  
 ……でー、延々と語ってきましたが。何が言いたいか、っつーと、ですな。

 最近のグレッグ・ルッカの作品のうち、サーシャが登場する話を読んでて感じる、微妙な感覚がね、上記の「ウンザリするようなファンフィクション」を読ませられたときの感覚に似てるねん。っつー。

 メリケン風に言うと、「サーシャって、メアリー・スーっぽくない? いずんと・しー?」とかいう感じ。

 いや、サーシャが作者自身の投影じゃない、っつーのは承知してますが。けど、それ以外は上記の「メアリー・スー」に当てはまる要素を色濃く持つキャラクターではないか、と。
  
  
▼1分で解るサーシャの歴史(多分に、筆者の主観が入っています):

・ルッカ担当期の「バットマン」:新キャラクターのサーシャ、ブルース・ウェインのボディーガードとして登場。その後、バットマン=ブルースだと知ったり、バットマンの相棒になったり、ブルースと恋愛関係になったりと、ルッカ先生、バットマンをダシにサーシャをイジるイジる。
 最終的に「ブルースとサーシャは好きあってるけどバットマンの秘密を守るために身を引くの」ってな具合にサーシャ退場。
 ↓
・『オマック・プロジェクト』:物語のキーがサーシャ。オマック・プロジェクトという、世界を揺るがすマクロな話なのに、物語はやたらとサーシャの周囲の人間関係にページが割かれてく。しまいにゃサーシャは「世界を救える超能力」を獲得(ただしルッカの加虐趣味のおかげで、彼女の肉体は機械になる、っつー悲劇を背負い込む)。
 で、愛するブルースのために組織を裏切って世界を救った、けどあたしの肉体は能力と引き替えに、あなたを愛せない身体になったの、とか言う感じでキスしてお別れ。割とウンザリ。
 ↓
・『アドベンチャーズ・オブ・スーパーマン』でのサーシャのゲスト出演:ロイスがらみのサブプロットの陰謀にサーシャが関わっていましたとさ、とかいう話で、サーシャがゲスト出演。ロイス・レーンがサーシャをサンザ言葉責め。楽しそうだなぁ、ルッカ先生。
 バットマン世界に引き続き、スーパーマンの世界にも、僕のサーシャは影響を与えているのさ、なんたる悲劇のヒロイン! とか、ルッカが思っていたらやだなぁ。<邪推ですね。
 ↓
・『クライシス・アフターマス:オマック・プロジェクト』:ストーリーは「世界を救うために、サーシャがその命を賭ける」な展開のリフレイン。世界を救っても、その肉体は生身じゃないの。かわいそうでしょサーシャ、な感じで、はいウンザリ。
 オマック・プロジェクトの中核であった人工知能ブラザー・アイを巡る各国超人部隊の熾烈な戦い! ……な感じの展開を期待したら、その辺は見開きで「戦いあう各国の超人兵士さんたち」な絵面を描いただけでおしまい。続きは『チェックメイト』オンゴーイング・シリーズでね♪ って、通常より多いページ数の本でこれかい。
 ↓
『チェックメイト』:オンゴーイング・シリーズの開幕早々、チェックメイトの幹部になってるミスター・テリフィックと、サーシャが寝る。
 こう、個人的にテリフィックってのは、亡くなった奥さんにたいする慕情、彼女の死を吹っ切れたようで吹っ切れてないメンタリティが、キャラクター造形におけるキモだと思うので、この展開は『JSA』ファンの俺としちゃウンザリー。
 とりあえず本編の展開は、チェックメイトの上級職である「ホワイトクイーン」になったサーシャと、彼女と同格の「ブラック・クイーン」アマンダ・ウォーラーとの対立を軸に進んでくのですが。個人的にはサーシャちゃんをいい子にしたいために、ウォーラーのキャラクター造形を歪めてないか? とか思わないでもない。
 ウォーラーって、アレほどナショナリストじゃないし、アレほど他人を脅迫して無理強いさせるキャラじゃないと思うんだが。
 こう、己の信じる社会正義のためには、泥もすするし、アメリカも利用する。けど、仁義は通すキャラクターじゃねぇか、と。<これは俺の『スーサイド・スカッド』好きによるバイアスがかかってるので注意。


 とりあえず、言いたいことは言ったので、今日はこの辺で。
  
  

  
  
関連記事
スポンサーサイト

タグ:豆知識

●最近の海外通販。

2006.09.24 Sun

▼最近の海外通販・輸送編:

 こう、6月にローンスター・コミックスから、割引率の良い、メイルオーダー・コミックスにサブサービスを切り替えましたのですよ。

 でー、6月に注文したコミックス、すなわち8月に発売されたコミックス、イコール9月頭に到着するコミックスからは、メイルオーダーに切り替わってたわけですが。

 その9月到着分コミックスが、本日、9月24日、ようやく届きましたよ、という。
  
  
 なんで、こんなに時間がかかるねん、履歴じゃ8月末に「Shipped」になってたじゃねぇかとか思って、ユーザーアカウントを確認したら、発送方法を「USPS AIR」にしてたことが判明。おのれ、俺め。

※USPS:アメリカ郵政公社。他の宅配便よりかは、安いけど、到着までに多少時間がかかる……にしても、8月末発送なら、9月中ごろには届いてもよさそうなものだけど……。<見苦しい。

 とりあえず、ユーザーインフォメーションの、「発送方法」をUSPSからDHLに変更。でも先月までのオーダーは変更できないんで、来月、再来月の発送分も、これくらいの時期に荷物が届く恐れが。ぬう。

 なお梱包の方は、10数冊単位で厚めのビニール袋で包みつつ、緩衝材も充填されてて、特に問題なし。今後も継続してメイルオーダーで発注してこうと思う。
  
  
関連記事

タグ:海外通販

●最近のどうでもよい日常。

2006.09.01 Fri

 生きてましたか。

 生きてますね。


▼半月前の話:

 コミケに参加した。

 前回に参加した時と同じく、開場から3時まで延々と卓で製本。

 その後、飲み物買いに行ったぐらいで、ロクに本とか買わず。どうなのか、それは。
  
  
 新刊は落ちました。

 代わりに、アラン・ムーアの『トワイライト・オブ・スーパーヒーローズ』の翻訳とかで、適当にデッチ上げたコピー本を出した。追加で刷る気はないので、買うた人はある意味ラッキーだ。……すまん。

 あとは、前回の新刊の「ジャスティスリーグ」本が、好調に売れる。でも、2分冊、各巻80ページ程度のこの本を、製本すんのは非常に面倒くせぇので、こっちも、今の形態では追加で刷らないことにしようと、思った。
  
  
 コミケ後は、ロヒキアさん、yamatoさんらと焼き鳥を食べました。つくねおいしゅうございました。

 コミケで出てた「と学会」の会報で『日本型ヒーローが世界を救う』を取り上げてたそうですね。買えませんでしたが。「まんだらけ」で扱う模様なので、そのうち買ってみます。多分。
  
  
 でー、コミケ終わった後は仕事のほうが汲々してまして。

 ようやく今日、ブログを書ける程度にゃ気力とヒマが回復しましたとさ。

 気づいたら申込み締切が過ぎてたので、「クロスオーバー」にゃ、サークル参加しません。

 さようなら。
  
  
関連記事

タグ:同人誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。