Home>2007年02月  TotalPages1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●マグワイアな日々。

2007.02.24 Sat

▼最近読んだ資料本:

<span style=font-size:x-small>Modern Masters 10: Kevin Maguire</span> Modern Masters 10: Kevin Maguire

Eric Nolen-Weathington、George Khoury 他 (2007/01/30)
Twomorrows Pub
この商品の詳細を見る

 "kevin maguire"でグーグルのイメージ検索をかけると、1番目に出てくる画像が、とても気まずい件について、
 ……ではなく、トゥモロー・パブリッシングの、「モダンマスターワークス」シリーズのケビン・マグワイア編を手に入れたのぜよー、という話。

 とりあえず、先に結論を言っちまえば「マグワイア好き&彼の関わった作品の裏話が聞きたい人なら買いやがれ」っつー感じですか。非常にいい本です。

 内容は、マグワイアへのロングインタビューにモノクロ原稿、ラフなぞを併録。あと巻末ギャラリー、な具合。なおカラーページは無し。

 収録されてる絵は、どいつも味があって良いですわー。つか、絵を見てると現物が欲しくなるのが、困ったモンですな。『X-メン フォーエバー』と『アドベンチャーズ・オブ・キャプテン・アメリカ』『ストライクバック!』は、今度買おう。うむ。
  
  
 インタビューの方は、マグワイアのデビューまでの経緯から、代表作と目される『ジャスティスリーグ』との関わり、その後の『アドベンチャーズ・オブ・キャプテン・アメリカ』で締め切りに間に合わなくて、マーヴルから微妙にホされちゃった話とか、『フォーマリー・ノウン・アズ・ジャスティスリーグ』を初めとする最近作の話といった、折々の作品についてと、絵の内容――影響を受けた作家とか、作画の手法について――とか。

 マクギネスさんてば、割合、余所でインタビューを受けたりしねぇんで、資料的に非常に価値ある1冊ですわ。

『ジャスティスリーグ』絡みだと、マクギネスが当時、絵を描いてたのは、個人のスタジオでなくDCのオフィス、それも『ジャスティスリーグ』の編集者、アンディ・ヘルファーの隣の席だったとか、当時マクギネスがライターのキース・ギフェンから渡されてたのは、脚本形式のソレではなく、コマを割ったネームだった(アーティスト出身なギフェンの場合、「コマの左奥からジョン・ジョーンズがこちらに近づいてくる。その手にはオレオの箱が握られ、視点はバットマンに向けられて……」とか一々書くよりも、コマを割って大雑把に絵を描いちまった方が速いんだってさ)とかいったエピソードが面白かったです。

 あと『チーム・タイタンズ』のアーティストを担当した時のエピソードが、「作業としてやってました」感が漂ってて苦笑。

インタビュアー「お気に入りのキャラクターは?」
マグワイア  「ごめん、誰ひとりとして覚えてない」
 ってコメントで、まぁ、作品に対する温度が解りますね。
  
  
 ギフェン&デマティス&マグワイアの『ジャスティスリーグ』のファン的には、後半の『フォーマリー・ノウン・アズ・ジャスティスリーグ』&『アイ キャント ビリーブ イッツ ノット ザ・ジャスティスリーグ』を手がけた時期のエピソードは必読ですな。

『フォーマリー~』の4号目あたりを描いてた時点で、既に続編(『アイ キャント ビリーブ~』)の企画が決定。が、企画が決定した直後にダン・ディディオさん(職業・偉い人)からマグワイアにこんな提案があったとかで。

ディディオ「あのさぁ、第2シリーズは全6話の予定だったけどさぁ、ダブルサイズで全3話ってスタイルにして、3ヶ月で出し切ろうと思うんだ。それも、第1シリーズが完結した直後から出すの。どう?」
マグワイア「なんでそんなに急ぐん?(っつーか、そんな速度で描けねぇよ)」
ディディオ「いや、『アイデンティティ・クライシス』って本でさ、スー・ディブニーを殺すことが決まったからさ、その前に、こっちのシリーズを終わらせたいんだ」

 ステキですね。
(※無論、そんなスピードで描けるわけも無く、『アイ キャント ビリーブ~』は、『アイデンティティ・クライシス』完結後に悠々と出版されたのは周知の通り)

 しかも、『アイ キャント ビリーブ~』の原稿を描いてる途中で、『プレリュード・トゥ・インフィナイト・クライシス』のラストで、マックスがビートルをアレすることが決定して。

 ある日、マグワイアがDCのオフィスを訪れたら、いきなりディディオにオフィスまで拉致されて、くだんの『プレリュード・トゥ・インフィナイト・クライシス』の原稿を手渡されたんだと。

 で、

ディディオ「ブルービートルが死ぬんだ」
マグワイア「うへぇ」
ディディオ「しかも、それは序の口でね」
マグワイア「はぁ」
ディディオ「マックスがビートルを殺すんだ」
マグワイア「なんたるファックだ」

 とか言うやりとりが、あったとかなかったとか。

 スー・ディブニーが死ぬ件に関しては「まぁ、向こうはそういうシリアスな作品だからしょうがねぇ」で済ませてたマグワイアでしたが、マックスがビートルを殺すって展開にゃ、サズガに「それはこっちの作品の意味が変わってくるだろ」てな具合にムカついたそうで。まあ、そらそうですな。

 でー、『アイ キャント ビリーブ~』ラストのコマは、当初「ファイアとメアリー・マーヴェルらが立ち去っていく」ってな感じだったのを、頭に来たんであえて「ブルービートルとマックスが肩寄せ合って笑ってる」絵に変えたそうです。うむ、ステキ。

 あと『アイ キャント ビリーブ~』が地獄を舞台にしてたのは、実はマグワイアがXをXXたかったからだとか、その後マーヴルで描いた『デフェンダーズ』ミニシリーズは、最初は某グレートレークスか、某ギャラクシーなチームものをやる予定だった、とか、クダラない(褒め言葉)エピソード満載で面白ぇ。
  
  

  
  
関連記事
スポンサーサイト

タグ:資料本 編集者

●書き忘れたソレ。

2007.02.23 Fri

▼余談気味:

『52』がらみで書き忘れてたけど。

『マンハンター』第27号のラスト、見た?

 まあ、ぶっちゃけ、↓の画像なんだけどさ。

『マンハンター』第27号ラスト1ページの画像
(超ネタバレ)

※追記:当時はここから「ブルービートル復活か!?」なページのスキャン画像の載ってるページへと飛びました。今はリンク切れなんで、別のページに飛ぶのだぜ。

 ……正直ね、「本物? ……いやいや……騙されねぇぞ……しかし……本人だと言う可能性も……あー、いやいや、何かあるに決まってる」とか、身構えちゃってね。

 こう、「次号が楽しみでならねぇ」「いや、次号が不安でならねぇ」な気持ちが半々ですよ。

 とりあえず、祈ろう。

 お詫び:この辺に、『ジョジョの奇妙な冒険』第3部の、アブドゥルが復活した直後の「弾丸は脳まで達する致命傷ではなかったのだ」云々のコマを、余所のページからパクって貼り付けようと考えましたが、見つかりませんでした。申し訳ありません。


※追記2:まぁ、ニセ物でしたが。
  
  
関連記事

●「カウントダウン」な日々。

2007.02.23 Fri

 まぁ、今更なニュースですが。

▼DCの新たなウィークリー・シリーズ『カウントダウン』5月から始動:

 DCコミックスが絶賛展開中な、「毎週1冊コミックを出して、1年(=52週間)で完結する長大なストーリーを展開しましょう」企画こと『52』ですが。

 この企画が完結した翌週から、新たな「週1冊コミックス出すぜ」企画である所の、『カウントダウン』が始まるそうで。
(『52』最終回は5月2日発売。『カウントダウン』1号目は5月9日発売)

 で、『カウントダウン』の名の通り、このシリーズは、1号目のナンバリングが「第51号」で、以降、50、49、48……と、カウントダウンされていくそうで。『ゼロ・アワー』を思い出しますね。

 でー、『52』が、現行のDCユニバースの「1年前」を舞台としていたのに対し、この『カウントダウン』は、「現在」のDCユニバースを舞台としてる、っつーのが、ポイントですか。

 現在が舞台であるが故に、『カウントダウン』の各イシューで起きた出来事が、同時期に発行される他のコミックに影響を与えたり、とかいう展開もあるそうで。

 要するに、「1年間クロスオーバーやりっぱなし」な感じか。

 ……やりたい放題だな、ダン・ディディオ。


 ここのダン・ディディオのインタビューとか読むと、ヤロウがかなり調子に乗ってやがるのが解りますね。

 とりあえず、個人的な態度としちゃぁ、編集者が各タイトルをきちんと管理してやがるDCならでは、っつーか、作家主導の「マーヴル・スタイル」じゃ絶対できないイベントだよなぁ、とか。

『52』は、まぁ、毎週払う金額程度には、面白いんじゃない? っつー感じなので、まぁ、こっちも続けて買うか、と、あくまで個人的に思いますが。

 あんまりコミックに予算枠をもうけてない、低年齢のファン層には、ウィークリーなソレを続けるどうかなぁ、とは思いますが。

 っつーか、「1年の辛抱で終わるから」と思って、無理して『52』に着いて来たファンとかは、ゴール目前で「実はここは折り返し地点でした」とか言われたようなモンで、さぞやウンザリしてるんじゃないでしょうか。よけいな勘グリですか。

 つか、個人的にはね、今回も、全話の「ブレイクダウン(=コマ割り)」を、我らがキース・ギフェン大先生が担当、っつーのが、引っかかるかなぁ、と。

 いや、ギフェン大先生、っつー特異な才能の持ち主を、コマ割りなんてぇ、微妙なお仕事に2年も空費さすのは、どうか、と思うねん。
  
  

  
  
関連記事

タグ:編集者

●最近のオモチャ。

2007.02.19 Mon

▼さりとて、どうでも良き余談:

 下の記事の余談ですが、

 トイビズ改め、マーヴル・トイズの新作アクションフィギュア、「レジェンダリー・コミックブック・ヒーローズ」がね、

 1月の第一報の時点では、ライフェルドのキャラクターであるダイ・ハードが含まれていたのに、

 トイフェアで発表されたラインナップからは、なぜかダイ・ハードが消えてるのねん。

(なぜか、トップ・カウのキャラクターは増えてる)

 俺の言いたいことは、1つですよ。

『ボディ・バッグス』の2パックは、万難を排して、買う。

 パンダちゃんの「無駄に巨乳な」あたりが再現されてて良いですね。

 できれば、『クァンタム&ウッディ』2パックも出してください。<無理。
  
  
関連記事

タグ:アメリカン・トイ

●最近の購入予定。

2007.02.19 Mon

▼最近の購入予定:

Image Comics: The Road to Independence Image Comics: The Road to Independence
George Khoury (2007/05/30)
Twomorrows Pub
この商品の詳細を見る


 まあ、見ての通り、創立15周年を迎える、イメージ・コミック社についての本ですな。

 版元である、トゥモロー・パブリッシングの紹介文によれば、トッド・マクファーレン、ジム・リー、ウィリス・ポータシオ、マーク・シルベストリ、エリック・ラーセン、ジム・ヴァレンティノの、イメージ創設者へのインタビューと、貴重なアートを収録。

 また、イメージにゆかりのあるクリエイターらにもインタビューを行い、イメージという現象を多角的に振り返ってみよう、とかいう具合ですな。

 作者のGeorge Khouryは、これまでにトゥモローで、『KIMOTA! The Miracleman Companion』や、『The Extraordinary Works of Alan Moore』なんかを著作に持ち、あと『True Brit』を編集した、イギリス系のコミックをメインに手がけてきた人。

 とりあえず、『KIMOTA!』とか『True Brit』は良い本でしたし、あと、280ページっていう気合の入れようは、「こら女房を質に入れても買わなあきませんぜ(エセ関西弁)」、ってな印象。


 ただ、ね。

 その、イメージの創立者って……7人、だったと……思うんですが……。

 表紙には、その、6枚しか、アートがないのですが……。

 ぶっちゃけ、ロブ・ライフェルドのインタビューとか、アートは……収録されて……ないですか……やはり……。

 そらまぁ、ライフェルドはさ、会社の金使い込んだとか、他人のアートを盗作したとか、他人のスタジオの作家を引き抜こうとしたとか、色々、イタズラしてて(<イタズラってレベルじぇねぇ)、イメージからすりゃ、ガン無視したいだろうけどさぁ。

 以降、イメージの歴史を語るにおいて、基本となる1冊になるであろうこの本から、ライフェルドが欠けるのは、ヲタクの身勝手だろうが「惜しい」と搾り出さざるを得ない。「まっこと惜しかですたい」とか、エセ博多弁を言いたくなるぐらい、惜しい。

 追記:一応インタビューなどでは、各作家ともロブ・ライフェルドに言及されてたんで、「ガン無視」ではありませんでした(ま、欠席裁判だけどな)。
  
  

  
  
関連記事

タグ:資料本

●最近の海外通販。

2007.02.18 Sun

▼最近の海外通販・逡巡編:

 今月のメイルオーダーは17日に来たよ!

 って、喜ぶような時期じゃねぇ。

 しかも、今回届いたのは、USPSの方じゃねぇか。

 などと愚痴をたれつつ、4月分のコミックの発注を、イソイソとしている今日この頃ですが。


 とりあえず、4月&5月の注文分は、速さを優先してローンスターに頼むことにしました。『52』のクライマックスを早く見ときたいねん。

 そういや、4月刊のDCのコミックですが、『ファイアーストーム』と『マンハンター』が最終回ですね。『マンハンター』は、読者の声にお答えして、再開したかと思ったら、やっぱり終わりですか。切ないですね。

 新『ドクター・フェイト』オンゴーイングシリーズは、あの人が新ドクター・フェイトなのですか。

追記:ここで言う「あの人」=ケント・ネルソン(初代ドクター・フェイト)。この記事を書いた時点では初代が復活するのかと思ってこう書いたけど、読んでみたら同姓同名の別人だった

 っつーか、4月のDCのラインナップで、個人的にアゴを外したのが、『ショーケース・プレゼンツ:ジ・ウォー・ザット・タイム・フォーゴット』ですよ。

 この本の企画を出した編集者には、2007年度の「俺アワード」を差し上げたいくらいの「ありえない企画」ですね。


▼豆知識・『ジ・ウォー・ザット・タイム・フォーゴット』:

『スター・スパングルド・コミックス』などで連載されていた、戦争ものコミックのシリーズ。作者はDCの「戦争ものコミック」を、ただ1人で40年近く書き続けた男、ロバート・カニガー。

 物語の舞台は第2次世界大戦中、なぜだか恐竜が生息している太平洋の孤島、通称「ダイノソー・アイランド」。
 戦略上、重要な位置にあるこの島を、防衛すべく派遣されたアメリカ軍の兵士の皆さんが、日本軍よりもむしろ肉食恐竜なんかとドンパチングする、っつー内容。
 ちなみに、このシリーズは、特定の主人公がいるわけではなく、毎回、名も無き兵隊たちが、喰われたり、死んだりしてました。

 カニガーの戦争ものコミックでも、異色の部類に入る作品(まぁ、戦争ものコミックというジャンルにおいても、相当異色ですが)で、『サージェント・ロック』や、『ホーンテッド・タンク』みたいなキャラクター性も無いので、単行本にまとまるこたぁ無いと思ってましたが、マイナーなタイトル上等&無闇なボリュームの『ショーケース・プレゼンツ』レーベルなら、出せるのですね。ありがたや。
  
  
 などと、書きたいことだけ書いて、今日はオワル。
  
  
関連記事

タグ:海外通販 プレビューズ

●モンキーな日常。

2007.02.01 Thu

▼あのモンキーを撃て、の巻:

 何の気なしに、アマゾンでトゥーモローズ・パブリッシングの出版物を検索してたら、こんな新刊を発見。

Comics Gone Ape!: The Missing Link to Primates in Comics
Comics Gone Ape!: The Missing Link to Primates in ComicsMichael Eury

Twomorrows Pub 2007-05-09
売り上げランキング : 350062


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 キング・コングからベッポ、ゴリラ・グロッド、モジョ・ジョジョ、タイタノ等々、これまでコミック史上に登場した、サル、ゴリラ、チンパンジーどもを徹底網羅。モンキーさんのレアなアートワークや、モンキーなカバーギャラリーなどのビジュアル面も充実。

 加えて、ゴリラ・グロッド、デテクティブ・チンプの生みの親であり、DCのアートディレクターとして数々の名作ゴリラ・カバーを生み出したカーマイン・インファンティーノを筆頭に、『類人猿ターザン』のアートでおなじみジョー・キューバート、現代ゴリラ・コミックス界の雄アーサー・アダムスまで、エイプ・コミックス業界を支える11人の重鎮へのインタビューも収録。

 カバーは当然、アーサー・アダムス御大による描き下ろしと、正にシミアン野郎のツボを突きまくった、スキのない布陣ですわ。
  
  
 いやぁ……ねぇ。

 まさか商業出版で、こんな企画が成立するほど、アメリカ人がお猿さんを大好きだとは思いませんでしたわ。表紙のゴリラなキャプテン・アメリカの勇ましさに惚れて、一も二もなく予約しました。はい。

 っつーか、洋の東西で、「エイプ・コミック特集本」なんてぇニッチな企画がカブるって、どんだけの奇跡だ。

※補足:当時、アメコマー菅野さん率いる「アメコミ向上委員会」が「アメコミに登場するゴリラ」の同人誌を作ってたのよ。
  
  

  
 
 
関連記事

タグ:資料本

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。