Home>2007年05月  TotalPages1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●マーベルと触手エロな巻。

2007.05.25 Fri

▼触手はジャパンのお家芸、の巻:

 マーベル・コミックスの人気(割と一部で)ヒーローものコミック、『ヒーローズ・フォー・ハイア』の第13号の表紙がね、「鎖につながれたお姉ちゃんたちが、粘液まみれの触手に襲われる寸前」な感じで、無駄にエロいので、発表直後(※発売2ヶ月前)からえらくコミックファンのヒンシュクをかっているんだってさ。

↓件のエロスカバーはこんな感じ(クリックすると大きな絵で見れるヨ!)
AMSPIG11.jpg

 ……すいません、同月発売の『スパイダーガール』の表紙と間違えました。

↓こっちです(クリックすると大きな絵で見れるってばヨ!)
hfh13bd1.jpg

 うむ。確かにエロい。

 思わず右クリックして保存したぐらいエロい。

 こう、ブラックキャット(左端の人)の谷間に、触手から粘液がタレてるのが「わかってる」感じですね。(何が?)
  
  
 ちなみに、マーベル・コミックス社は、自社の発行するコミックに対して、独自のレーティング基準を導入しておりまして。Wikipediaで調べたところ、以下のような具合だそうで。

ALL AGES:読んで字の如し、全年齢対象。

:全年齢に適した内容。ただし、児童が読む場合、前もって親御さんが目を通しておくか、一緒に読んだ方がいいでしょう(ここは昔は、「対象9歳以上の読者推奨」を示すレーティング「A」だった)。

T+:ティーンエイジャー(13歳)以上推奨。

Parental Advisory:15歳以上推奨。T+と似てますが、より大人向けのテーマ、描写が含まれます。ティーンからアダルト以上向け。

Explicit Content:18歳以上推奨。大人向けに作られた「MAXレーベル」などの本に付けられる。表紙に目立つ位置に「MAX: Explicit Content」の注意書きが書かれる。ニューススタンドなど、子供が手に取れる売り場での販売は不可。対象年齢に満たない若者への販売も不可。

※このレーティングは、各コミックスの表紙のバーコード部分に印刷されてます。また、マーベル公式サイトのコミックスの紹介ページには「Rating」欄が設けてあって、個別の作品のレーティングがすぐにわかるようになっています。

※2015/1/30追記:最新エントリにこの記事へのリンクを張ったので、記事内容を再確認したら、現在のマーベルのレーティング・システムがこの記事を書いた当時のものと異なっていたので、レーティング「A」を削除、レーティング「T」と「Explicit Content」の説明を追加。


 ……でー、この『ヒーローズ・フォー・ハイア』第13号のレーティングは「T+」だそうで。

 もしもあなたが中学生以上なら、大手を振ってこのコミックが買えます。

 よかったですね、みなさん。
  
 ……もっともこの本、表紙を描いてる人が、中身を描いてる訳じゃないので、実際にワクワクしながら買ったとしても、表紙をめくった時点でガッカリすると思いますが。


 ちなみに、今回の表紙を描いた人は日本人の女性作家。名前はタケダ・サナさん。

 今回マーベルの表紙を描く前は、イメージ・コミックス社で吸血鬼コミック『ドレイン』なぞを描かれていた模様。

 ちなみに、この『ドレイン』のライターが、一時マーベルで、日本人作家の発掘&担当編集を努めていた編集者兼ライター、C.B.セブルスキー。まぁ、そのツテで、今回のマーベルでカバーを描くことになったんでしょうな。

 タケダ・サナさんは、ご自身のホームページも持ってるので、まぁ興味のある人はググれ(エロいイラストはないけどな!)。

 ちなみに、普通のアメリカ人が、ヒーローズ・フォー・ハイアのお姉ちゃんを描くと、こんな具合です(左から3人が、今回のタケダ版カバーに描かれているお姉ちゃんたちです)。
hfh04.jpg

 ……こちらの真ん中のアフロの黒人姉ちゃんと、タケダ版カバーの真ん中のお姉ちゃんは、同一人物ですからね。念のため。


 でー。

 向こうのコミックファンの反応は、おしなべてネガティブ。

 特に、ここみてぇな、女性コミックファン向けニュースサイトでは、どの記事をクリックしても、非難轟々。

 男性ファンも、

「マーベルでは、喫煙の描写すら許されてないのに“触手レイプ”だって?」

「マーベルの奴、セールスを伸ばすために全力でヘンタイしてやがるぜ!」

「このカバーアーティストは女性で、この絵を描かせた編集者には、娘もいるってのに、なんたるファックだ!」

「俺もポルノ・コミックスを出版してたけどさぁ、この表紙は無いわ。明白に、女性が虐待されてるように見えるもん。こんな絵は、たとえ俺が編集してたポルノ・コミックスでも、表紙に使わないよ」

「ウチのシマを荒らすなよ、マーベル……(日本のエロマンガを英訳出版している編集者のブログより)」

「1970年代から活躍してる、古参黒人ヒロインのミスティ・ナイト(アフロの姉ちゃん)を、“日焼けしたバービー”みてぇに描くなよぉ……」

「あやまれ! ミスティとコリーン(右側の白い服のお姉ちゃん)にあやまれ!」


「っつーか、こんな革のコスチュームで、チクビが盛り上がって見えるのはおかしい」

「そういう問題じゃねぇだろ」

「いや、チクビが立っているということは、この女性たちは苦痛に対して快楽を見出していると言うことで……」


「DCコミックスも『ワンダーウーマン』で同じことやりゃいいのに」

「ワンダーウーマン? ウチのバァちゃんの裸見てるみてぇだよ」

「馬鹿ッ ワンダーウーマンはボンデージ・フェティシストの女神様なんだぜ!?」

 ……などなど。

 ワンダーウーマンのボンデージなカバーイラストへのリンクが、非常に収穫でしたね(<ヲイ)。


 要するに、
1.マーベルが、“女性を虐待しているカバー”で、売り上げを伸ばそうとしている。<これでフェミニストや女性ファンが噛みつく。

2.しかも虐待されてるのは、マーベルの古参キャラクターである所のミスティ、コリーンそれにブラックキャット(左端のお姉ちゃん)ら。<これで、古参のコミックファンも敵に回した。

3.虐待方法がよりにもよって「ヘンタイ・触手ポルノ」で、日本人作家(それも女性)に描かせている。<「アンチ・マンガ」のファン層も、反発。

4.しかも、それを「T+」程度のレーティングで売る。<お母様がたに良い顔をしたいインテリも集合。

 っつー具合な、「スキのない噛みつかれブリ」を誇るネタなわけですな。

 今後、マーベル・コミックス社から、どんなレスポンスがあるのか、興味深い所ですね。


 ま、俺はジャケ買いしますが(<……)。



  
  
関連記事
スポンサーサイト

タグ:アメリカのマンガ

●最近の海外通販:風雲龍虎編・最終回

2007.05.19 Sat

▼これまでのあらすじ:

 海外通販で、3月下旬に発送された分が届いたが、3月中旬に発送された分は未だに未着だった。

「何で?」って問い合わせたら、
「実は隠していたが、ウチは月末の便にしか国際宅急便を使えない、だから3月中旬の便は(俺に黙って)国際宅急便でなく、エアメールで送った。エアメールだから遅れるのは当たり前だ。何か他に質問はあるかい?」と、返事が来た。

 頭に来たので「バイウィークリーだとDHLが使えない、なんて事はあなたのホームページのどこに書いてあるのか。なんでエアメールに替えた際、私に連絡しなかったのか」とかなんとか、強い口調の長文メールを書いてみた。
  
  
▼っつーわけで、その後のやり取り:

 まぁ、送りましたよ。メール。

 しかもメールの文末に、むこうのメールの文末の「>何か他に質問はあるかい?」を引用しつつ、「では質問ですが、あと2回分のサブオーダーをキャンセルして、全額返済してもらうにはどうすればよいですか?」とか、イギリスン(造語)風のウィットを盛り込んで。

 あと返信メールは、クダンのフザケたメールを送ってきた担当者個人のメールアドレスに加えて(担当者以外の人間も見るであろう)カスタマーサービス部門のアドレスにもCCで送ってみた(※横柄な態度の担当者に対して効果的なテクニックです。覚えておきましょう)。
  
  
 で、返事が来た。

 文章の5割方が謝罪で埋められていて、実に英語の勉強になります。

 中でも、
>The last thing that we want you to do is leave Mailordercomics, let alone with a bad experience.
 っつー、「the last thing」「let alone」を使った言い回しが、カッコよい。

 いつか何かで使おう(……いや、俺が英文を書く機会なんて、ショップへの問い合わせメールぐらいしかねぇけどさ)。

 とりあえず、向こうの対応としては、

・今回かかった送料は、全額返す。
・社内で会議をして、「バイウィークリー」「ウィークリー」での発送間隔では、発送手段に「DHL」を選択できないよう、プログラムを変えた。

 っつー具合。

「送料全額返金」ってのは、予想してなかったので、「うわ、俺クレーマーさまだ」とか思って、少し後ろめたくなってみる。

 で、微妙にテンション下がったんで、前までのように長文メールは出さずに、
「わかりました。今まで注文した分はキャンセルしないで良いですよ。でも、その先はあなたの所がバイウィークリーをDHLで送れるようになってからにしたいと思います」とか、手短に。

 したら、
「うちの会社も、ウィークリー&バイウィークリーの便をUPSで送れるように手配している所ですので、その際にはまたのご利用をお願いします」とかメールが来た。

 あぁ、企業努力はしているのだな。その内また利用することも念頭に置くか、などと思いつつ。
  
  
▼余談:

 で、5月16日に、例の「3月上旬」の便が、ウチに届いて、この件は終わった。

 ……と思いきや。

『52』#46の代わりに、『52』#48が入ってたよ、おい。

 いつになったら『52』を通しで読めるようになるのか、俺は。

 オワル。
  
  
関連記事

タグ:海外通販

●最近の海外通販・風雲龍虎編:

2007.05.10 Thu

 これまでのあらすじ:メイルオーダー・コミックスから3月分のオーダーが届いたら、3月前半発行分のコミックスが入ってなかった。


▼本日の郵便。

届いたぞーッ!! 

ローンスターからの、4月分のコミックが、先に(血涙)


▼っつーわけで、最近の対応とか。

 とりあえず、メイルオーダーあてに「届いてねぇんですが、これらの品物は、現在どのような状態にあるでしょうか」というメールを出した。

 即日、返事が来て(良い対応ですね)「これこれの品物は、発送した。これこれの品物は、発売日が延びたので、次の荷物に入れる予定です。ご理解いただけましたか?」な、メールが届いた。

 で、そのメールを読んで解ったんですが、前回予想したとおり3月の便は、俺が「バイウィークリー(月2回)で出荷しろ」って設定で注文をしていて、3月中旬に発送された第1便がまだ届いていない、むしろ4月頭に発送された第2便が先に着いた、っつーことらしい。

 でで、「届いてない荷物の状態は解りました。それで、それらの荷物はなぜ届いてないのですか? 配送状況を追跡することはできますか? あなた達の責任ですか? 宅配業者の責任ですか? 正確な理由をお聞かせください」っつー具合に、実に詰問口調で返信を出す。

 したら、更に即座に返信が来た。夜中の2時にメール出して、寝て起きたら返事が来てた(<まぁ、向こうは昼間なんですが)。

1.国際便なんで、正確な理由は断言できかねます。
2.追跡もできません。
3.正確なラベルを貼って出してます。

 といった、まぁある意味で予想通りの返事が来た。

 けど、そのメールの後半に、予想だにつかない文章が書いてあって、アゴを外す。

 余りにスバラシーので、無断で引用してみる。

The reason that your March month-end shipment may have gotten to you sooner is because we cannot ship packages via DHL on a bi-weekly or weekly basis, only monthly.
Your bi-weekly shipment was shipped via Airmail which may take longer to get to you than the DHL service.
I would wait a little longer for the March bi-weekly package before getting too worried. Let me know if you have any other questions. Thank you and have a nice day.


 上記の文章の大まかな概要:

1.ウチの店は(設備投資してないんで)、バイウィークリーだとDHLサービスで発送できません。
2.アンタのバイウィークリーの荷物は、(勝手に)エアメールで出しました。着いてないのは、エアメールがDHLより遅いからです。
3.僕なら、もうちょっと待つよ。まだ心配するほどの遅れじゃないよ。
4.はば ないすでぃ♪


ホームページに記載しろよ、
「バイウィークリーはDHL使えません」
 もしくは、
「ウチのバイウィークリーは、マンスリーより遅くなります」ってな。

 発送手段を変える時にはよ、
 普通、客に確認/連絡取るだろ。

 お前がどう思うかとか、聞いてねぇし、
 お前のお陰で俺のナイスディは当分こねぇ。


 ……とりあえず、これから返信メールを書くねんけど。

 その、

「そのようなことは、貴殿のホームページのどこにも注意書きされていませんが」
 とか、

「貴殿が発送方法を変えた際、当方に連絡が無かったのはどういうことでしょうか」
 とか、

「この便の発送の責任者の名前をお聞かせ願えますか」
 とかいった具合の、
今回のケースで使える文例が載ってるサイトって、どっかに無いものかしらん。

 以上、投げやりなオチでオワル。
  
  
関連記事

タグ:海外通販

●最近のバーゲンとか。

2007.05.08 Tue

▼まんがの森 高田馬場店の大処分市に行ってきた:

 行ってきた。

 コミックブックを漁るよりも、TPB(プリスティージ・フォーマット含む)と資料本を中心に買ってみた。戦利品は、こんな感じ。


(手前のガイ・ガードナーさんも、500円で購入)

 資料本関係では『アルター・エゴ』創刊号や『コミック・ウォーズ』『DCコミックス・ガイド・トゥ・ライティング・コミックス』あたりが買えたのが収穫。

 あと、マグワイアがアートを担当している『アドベンチャーズ・オブ・キャプテン・アメリカ』全4話が買えたのがブラボー。

 コミックブックの方は、それほど真剣に見てなかったんすが、まあ、『XOマノウォー』0号とか、『ユニティ』1号(なぜか、1つの袋にノーマルとゴールド・エディションが1冊ずつ入ってた)とかをボチボチ購入。あと『ソーラー:マン・オブ・ジ・アトム アルファ&オメガ』TPBも買った。


 帰路、『ソーラー』TPBを読む。
 原子炉のメルトダウンに巻き込まれた主人公がエネルギーの力を操る超人になる、っつー、タイトルの「マン・オブ・アトム」を絵に描いたようなお話で、予想通りラストは爆発オチ。

 なんかポスターらしきモノが挟まってたんで広げたら「これは、世界最大の“コマ”です」とかいう断り書きと共に、『ソーラー』のオチと思わしき、風景画っぽいもの(キャラクターは全く描かれていない)が印刷されてて、思わず水平ツッコミを入れる。

 これ、リアルタイムで読んだ人は、どんな感想を抱いたんだろう。

 続きが気になるけど、どうしようかなぁ……。

『ソーラー』のコミックブックに手を出してみようかなぁ……。

『ユニティ』以降なら1冊1ドルで投げ売られてるしなぁ……。

 結論:今度、手持ちのヴァリアントのバックイシューや単行本を整理してから検討しよう。<先延ばしか。

 ま、俺が全話持ってるヴァリアントのコミックスって、
『PUNX』
(含『PUNX:マンガ・スペシャル』)
しかないけどな。

 ……今回、ヴァリアント・ファンの神経を、必要以上に逆撫でるようなエントリになったことを深くお詫びします。
  
  
関連記事

●最近のメインマン。

2007.05.05 Sat

 こう、ゴールデンウィークで、微妙にヒマだったので、どこぞの玩具レビューサイトのように、アクションフィギュアのレビューなぞをしてみようかと。


 っつーわけで、栄えある第1回は、SOTA社の、『ストリートファイター』シリーズの中から、味のあるキャラクターで人気の、バーディさんのアクションフィギュアを紹介~。




 ……しようかと、思いましたが、諸事情によりバーディーさんの出演が不可能となりましたため、改めて、DCダイレクトの「リアクティベーテッド」シリーズのロボさんを、ご紹介させていただきます。


 DCダイレクトの新カテゴリ、「リアクティベーテッド」は、その名の通り(REACTIVATE:復活させる、再開させる)、過去にDCダイレクトから出されたフィギュアを、関節を増やしたり、リペイント・リデコして、再リリースする、っつー、シリーズ。

 こないだ発売された第1弾では、スーパーマン、バットマン、ワンダーウーマンの御三家に加えて、我らがロボさんがなぜかラインナップ。


 前後からのショット。サイズはおおよそ6インチスケール。

 フィギュアには「リアクティベーテッド」シリーズ共通の台座と、ロボさん愛用の、フック&チェインが付属。

 っつーか、股を大きく広げたポージングのロボさんは、共通台座のスワリが悪いなぁ。

 チェインは、右腕に巻きつける感じですが、特に固定用の工夫がされてるわけでもないので、うまく腕を曲げたりしないとずり落ちます。

 両手には、穴が開いてるんですが、穴が小さくて、フックが持たせられないのがなんとも。
 チェインなら、なんとか穴に通せるので、チェインを振り回してるシーンは、まぁ再現できますが。

 関節可動は、DCダイレクトなんで、そんなに多くもなし。
頭・肩(ボールジョイント)・腕・手首回転・股関節・腿にロール軸・ヒザと、13箇所程度。
 ベルトのモールドの関係で、腰回転は無し。足首は、前方に傾き気味に固定されてるので、前屈気味のポーズにしかならず。
 まぁ、DCダイレクトに可動を求めるのは、魚屋さんに行ってステーキ肉を売れとゴネるようなモンですので、この程度動けば良しとしましょう。


 血を一滴落とせば、そこからクローン・ロボが誕生する、というデタラメな能力の持ち主であるロボさんですが(現在は、この能力は停止中)。
 このアクション・フィギュアのロボさんにも、生き別れのクローンがおりまして。


ぬ、貴様は俺じゃねぇか!
そういう貴様こそ俺さまか!

 などというしょうもない小芝居はおいといて。

 左の人は、昔DCダイレクトから出ていた、「ロボ・デラックス ボックスセット」版のロボさん。このボックス版を「リアクティベーテッド」したのが、右のロボさんになるわけですな。


こちらが、デラックス版ロボのアクセサリ一式。
 なにせデラックス版なので、ロボさんに加えて、ロボさんの宇宙バイクに、相棒のブルドッグ・ダゥグも付属。


 顔アップ(すんません、右の人にピントがあってませんが)ボックス版とリアクティベーテッド版の一番の違いは顔。ボックス版はかなりクセがあるっつーか、ブッチャケ微妙なデキでしたが、リアクティベーテッド版はかなりの男前に。

 その他、コスチュームの配色が、ボックス版は、ツヤツヤで質感がいまいちなのに対して、リアクティベーテッド版は、ツヤ消しでシブい色合いと、ロボさん単品のデキに関しては、リアクティベーテッド版に軍配が上がりますな。


 しかし、ボックス版のアドバンテージは、この原作でもおなじみの、宇宙バイクが付属すること。
 フロントのドクロや、メーター周りまで、丁寧に再現されてて、最高ですわ。


 無論、バイクにはロボさんを乗せられます(基本的に同型のリアクティベーテッド版も、搭乗可能)。
 原作通りに「BORN TO BE WIIILD!」とか叫びながら遊びましょう。
 実はロボさんのフィギュアの手に開いている穴は、武器を持たせるためのものではなく、バイクのハンドルをつかむためのもの(あと、足のポージングが前屈気味なのも、バイクに乗せる時の見栄えを考えてのものだったりする)。



 アクセサリ一覧。左の台座とチェイン&フックの2点のみ、リアクティベーテッド版。右側がボックス版。
 ボックス版は、チェインも微妙に違ってたりする。チェインが細い上に形状も原作と違ってるんだけど、チェインがわっかになっていて、腕に巻き付けやすくなっているのがポイント。
 あと、ボックス版は、穴の開いてない、普通の握り手も付属。

 フィギュアとしての完成度が高いのが、リアクティベーテッド版、アクセサリが沢山付いてて楽しいのが、ボックス版って感じか。


最後に、ダゥグさん単体。無駄にデキがいいです。
関連記事

タグ:アメリカン・トイ

●最近の海外通販とか。

2007.05.05 Sat

 メイルオーダーから、ようやく3月分の便が届いた。

 ……3月下旬のコミックスしか入ってなかった。

 3月上旬~中旬に発売された、コミック30冊バカシが未着。

 何でこんなことが起きたか、についての可能性としては、

1.今回のシッピングに、メイルオーダーが3月上旬分のコミックを入れ忘れた。

2.俺がShippingを「バイウィークリー」に設定してて、今回来た分は3月下旬に発送された分。入ってなかった3月上旬分は、4月中旬頃に発送されてて、単に未着。もしくは向こうがミスで発送してない。

 どっちにしても、向こうが悪いな、うん。3月期のコミックはきちんとヌケなく注文して、「注文受け付けたよ」メールが届いてるから、俺のミスじゃねぇし。

 っつーか、発送手段をバイウィークリーにしたか、マンスリーにしたか、「マイ・アカウント」とかで確認できねぇのも、さりげなく問題あると思う。

 あーもう、この店イヤだ。


何がイヤって、
『52』の#47だけが届いてて、#44-46が未着、
しかも来週ごろには、ローンスターから#48-52が届いて、
全話完結するってぇのに、
#44-46が未着なおかげで、読み通すことが出来ない、
という事実だ。


ああ、呪われよ! 呪われよ! 呪われよ!
関連記事

●最近の日常。

2007.05.01 Tue

▼最近の海外通販:

 メイルオーダーから、いまだに3月分のコミックが届きゃしねぇ。

 下手をしたら、ローンスターから届く、4月分のコミックが先に届くな(先週末に「出荷したよ」メールが来てた……そういや、メイルオーダーは「出荷したよ」メールを送ってくれないのな。いまさら気づいた)。

 とりあえず、しばらくローンスターで通販だなぁ。


▼最近の更新:

 こう、アメコミウェブリングの終了に伴い、放り投げっぱなしのホームページ(右っ側のリンクに1個だけ登録されてる変な名前のページ)を、久々に改定。

 まぁ、言うても、トップページから、ウェブリングへのリンクをはずしただけですが。

 こう、イジりついでに、今まで書いてたテキストを、リライトして、こっちに移動させて、向こうは、ツブしちまうか、と思ってみたりする。<はい、また「口だけ」出たよ。

 昔、書いた、「スピードフォース」がらみのテキストを、試みにリライトしてみたら、元のテキストが今の俺のノリと違う上に、『インフィナイト・クライシス』でスピードフォースの設定が色々と変わったりで、まぁ、丸々書き直さなあきませんね。


▼最近のウミガメのスープ:

 久々に『キリング・ジョーク』を読み返したねん。

 でー、ラストでジョーカーが言った、例のジョークの「オチ」を、長年取り違えてたことに気づく。

 あれだ、あの「the beam」って、単に「梁」のことじゃなく、懐中電灯の「光線(ビーム)」の意味も掛かってたのか! エウレカ! すなわち3段オチだったのか! うぬれ! これで意味が通じた! 畜生め!

 っつーか、俺の大好きなキース・ギフェンのギャグとかも、実は俺は間違った解釈をしていて、作者の意図してない所で「面白ぇなぁ、あはは」と、笑ってるのかもしれない、と、思うだに、薄ら寒くなり、消え入りたくなった。
  
  
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。