Home>2009年09月  TotalPages1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●プレビューズっぽい日々@12月

2009.09.28 Mon

▼っつーわけで、毎月恒例の:

 まあ、そんなわけで、DCコミックスの12月の発売予定が出てますね、と。


 イベント関連で言えば、12月でようやく『ブラッケスト・ナイト』も第6号(全8号)。

『グリーンランタン』本誌ではジョンが過去のトラウマと対面したり、『GLC』ではガイさんがレッドランタンになったりと、なかなか大変なことになっておりますね。

『ブラッケスト・ナイト』関連のミニシリーズと『ファイナル・クライシス・アフターマス』関連のミニシリーズが終わったので、12月からはコミックを買う量も減らせるかな……と思いきや、12月から2月にかけて、まさかの『ブラッケスト・ナイト』ミニシリーズ攻勢第2弾が。DCは俺らを完全に殺す気満々ですね。そして俺らはブラックDCファンとして再生するのですね。

 っつーわけで、12月は『ブラッケスト・ナイト:フラッシュ』、『ブラッケスト・ナイト:JSA』、『ブラッケスト・ナイト:ワンダーウーマン』の3種のミニシリーズ(それぞれ全3号)が登場(涙)。

『ブラッケスト・ナイト:フラッシュ』は、ローグス・ギャラリー(案外死んでる人多いよね)+リバース・フラッシュがブラックランタンとして蘇るという、王道にして非常にイヤな話。もちろんライターはジェフ・ジョーンズ(絶対、黒いジョーンズが嬉々として書いてるに違いねぇ)。

『ブラッケスト・ナイト:JSA』は、ミスター・テリフィック、サンドマン、ドクター・ミッドナイトらがブラックランタンとして復活という、まぁ所属メンバーが数世代に渡るJSAならではのネタですね。ライターはジェームズ・ロビンソン。死んだJSAメンバーとロビンソンっつーと、『スターマン』の「タイムズ・パースト」を思い出しますが、きっとあれらみたいに小ネタを色々と散りばめてくれるんだろなぁ(ウットリ<想像してる)。

『ブラッケスト・ナイト:ワンダーウーマン』は、かつてダイアナさんが殺したマクスウェル・ロードが復活して……とか言う話。ライターがグレッグ・ルッカという時点で弱い考えしか思い浮かばない俺に、誰か緑の意志力を注いでくれ。
  
  
 でー、『ブラッケスト・ナイト』の攻勢は、ミニシリーズ第2弾に止まらず、今月も各レギュラータイトルの方でタイイン。

 今月は『アドベンチャー・コミックス』、『ブースターゴールド』、『ドゥーム・パトロール』、『ジャスティスリーグ・オブ・アメリカ』、『スーパーマン/バットマン』、『レベルス』、『ティーン・タイタンズ』、『アウトサイダーズ』の8誌がタイイン……死ぬる。

『ドゥーム・パトロール』の表紙にいるブラックランタンって、もしかしてチーフの奥さん(自称)のあの人かしら(他にDPの関係者の女性で死んでる人を思い出せない<あ、マダム・ルージュもいたか)。
  
  
 今月のバットマン・フランチャイズは……とりあえず、目新しいのは『バットマン:80ページ・ジャイアント』くらいか。
 先月の『JSA:80ページ・ジャイアント』に続き、今月は『バットマン』で80ページ・ジャイアントってことは、来月あたりは『ジャスティスリーグ』か『グリーンランタン』あたりが80ページ・ジャイアントになるのかね。

 数年前の「毎月何かしらの80ページ・ジャイアントが出る」とかいう体制の復活かしら(あれ、割と粋な小品が揃ってたので、個人的には歓迎したいですね)。
  
  
 一方でスーパーマン・フランチャイズの方は目新しいのは……特になし。各タイトルのアラスジ的には、

『アクション・コミックス』:ナイトウィング&フレイムバードの汚名をすすごうとしたロイスが、ピンチだよ!

『スーパーマン』:マン・エル対パラサイトの因縁の対決だよ! あと、マン・エルの正体がみんなにばれて大変なんだ!

『スーパーマン:シークレット・オリジン』:スーパーマンがメトロポリスでデビューしたよ! しかし、強敵パラサイト(こっちもか)が現れたり、レックスが策謀を巡らしたりしてるよ!

『スーパーマン:ワールド・オブ・ニュー・クリプトン』:スーパーマンが殺人事件に巻き込まれたぜ! ゲストのアダム・ストレンジと謎を解くぜ!

『スーパーガール』:シルバーバンシーがメトロポリスに帰ってきたぜ!

『ワールズ・ファイネスト』:第3号では、スーパーガールと新バットガールが共演するよ!

 とかそんな感じ。

『アクション・コミックス』の「キャプテン・アトム」のバックアップの概要で、「メジャー・フォース」「モナーク」とかいうイヤな単語が書かれててちょいとドキドキ。
 あと、ようやく『ワールズ・ファイネスト』の傾向が掴めました。ていうか、次号は誰が共演するのでしょうか。
  
  
 各レギュラータイトルの方では、新規タイトル『JSA:オールスターズ』が創刊。無闇に人員が増加したJSAが2つに分裂して、こちらの新雑誌では、コートニーさん、サイクロンさんら若手を中心としたチームの活躍を描く模様。
 こう、ここ数年元気なJSAですが(どうしてもJLAと比較しちゃいますね)、その原動力であるところのジェフ・ジョーンズがJSAを去ってる現状、後を託されたクリエイター陣には、奮起して人気とクオリティを維持して頂きたく(偉そうに)。

 あと我らが『シークレット・シックス』第16号では、ガイル・シモーネの持ちキャラ、ブラック・アリス(※これまではシモーネが書いてた頃の『バーズ・オブ・プレイ』などで活躍)が参戦。チームの新規メンバーになって、既存メンバーが脱落するかもよ、な展開。
  
  
 単行本関連では、『ザ・クリーパー バイ スティーブ・ディッコ』ハードカバーが出るよ、と(正確には2月だけど)。

 まあ、タイトル通りにディッコが描いたクリーパー「だけ」を集めた単行本で、クリーパーのゲスト出演回で有名な回(『ザ・ジョーカー』第3号とか)でも、ディッコが描いてなければ収録しないという割り切りが潔いですね。

 収録作品は『ショーケース』第73号(1968年刊行・クリーパーの初出)と『ビウェア・ザ・クリーパー』オンゴーイング・シリーズ全6号(初出の2ヵ月後に創刊されたけど人気が無くてブッツリと打ち切り。ライターはデニス・オニールで、ディッコは第1号のみプロットを担当)、『ファースト・イシュー・スペシャル』第7号(1975年、作・画共にディッコ)、『ワールズ・ファイネスト・コミックス』第249~255号(これも作・画ディッコ。この頃の『ワールズ・ファイネスト』は複数のヒーローのコミックが掲載されるアンソロジー誌だったので、各話のページ数は少なめ)。

 できれば幻の『ショーケース』第106号の原稿も収録して欲しいのですが、どうなんだろ(※悪名高い「DCインプロージョン」事件で、原稿はできてたのに出版されなかった)。

 256ページで40ドルって、案外安いような気もするのですがどうでしょうか。
  
  
 既にAmazonでは予約受付中。
The Creeper by Steve Ditko
The Creeper by Steve Ditko
DC Comics 2010-03-02
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ただしお金とコダワリがない俺的には、3ヶ月後に刊行されるこっちを買うナリ。
Showcase Presents: The Creeper
Showcase Presents: The CreeperVarious

DC Comics 2010-06-29
売り上げランキング : 61708


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ページ数が50ページほど増えて、お値段1/4という魔力には勝てぬ。
  
  
▼オマケ:マーヴルとかイメージとか;

 マーヴル的には、「『ダークレイン』の次は『シージ』だヨ!」とかいう感じらしいのですが、こう、俺的には『マーヴル・ゾンビーズ3』の冒頭でアッサリ死んだこの人が復活して大活躍するストーリーラインなのかと思ったら、どうも違うようですね(ほら、『デスロック』も復活することだし<強引すぐる)。

『ハルク』第18号が、レッドハルクの正体とかそういうの放っておいて、『インクレディブル・ハルク』第600号に登場した新キャラクターっぽい人の謎を追うぜ! とかいう展開になるそうで。
 でもって今月は、2010年の『ハルク』新展開のプロローグとなるミニシリーズ『フォール・オブ・ハルクス』の全2号ミニシリーズだの、ワンショット『ハルク:ウィンターガード』(56ページのワンショットだけど半分は『インクレディブル・ハルク』第393号のリプリントというのが不愉快)だのが出るそうで。
「レッドハルクの正体は取りあえず来年一杯引っ張る予定だけど、沢山ミニシリーズがでるから買い続けてね!」とかいう感じでしょうか。

 とりあえず、俺個人としては、デッドプールさんのオンゴーイングシリーズ3誌を定期購読せにゃアカンので、『ハルク』関連は切ることにしました。

 バイバイ、ジェフ・ロェブ。1、2年後(希望的観測)にレッドハルクの正体が判明したら、その号の載ってるTPBだけ買うよ。
  
  
 イメージ・コミックスの方は、『ザ・ネクスト・イシュー・プロジェクト:シルバーストリーク・コミックス』第24号が気になりますね。

 コンセプトとしては、ゴールデンエイジに刊行され、休刊したコミックブックの「次の号」を、俺らで作っちまおうぜ! とかいう感じ(こういう強引な事を考えるのは、当然のようにエリック・ラーセン)。

 第1弾として、『シルバーストリーク・コミックス』(オリジナルは全23号)の第24号が刊行。同誌の看板ヒーローであるシルバーストリークに、デアデビル、ザ・クローらが登場。
 ザ・クローとデアデビル好きな俺としては買わざるを得ぬ。
  
  
関連記事
スポンサーサイト

タグ:プレビューズ

●最近のアメトイ。

2009.09.21 Mon

 DCユニバースクラシック シリーズ9のデッドショットさんを買ったのぜ。



 共通素体使用故の微妙なツメの甘さ──腹部の銀色の所の縦線がモールドじゃなく塗装(タンポ印刷?)で処理されてるトコとか、腕の自動拳銃が妙に太いトコとか──は散見されるけど、まあ、水準の出来なので満足。

 しかしデッドショットさん以外のスーサイド・スカッドやシークレット・シックスのメンバーはロクにフィギュア化されていないという事実に気付いて愕然とする。

 ブロンズタイガーとかキャプテン・ブーメランとか欲しいなぁ。

 オワル。
  
  
関連記事

●『ウルヴァリン:X-メン ZERO』見たねん、の巻。

2009.09.15 Tue

▼見たよ。

 見たねん。

 歌舞伎町のオールナイトで2回。
  
  
 とりあえず、中盤のカッコいいアクションシーン(ブッチャケ、ラストバトルよりもカッコよくね?)が、全て予告編で使われてたことに愕然とした。

 予告編を作った奴はヘルにフォールしていただきたい。


 ザックリとした感想としては、「“致命的につまらない”という訳でもない。ポイント ポイントで楽しめる要素はある。けれども全ての点に置いて『アイアンマン』を下回ってるかな」という具合で。

(※)昨年来、俺の中でのアメリカン・コミックス原作の映画に対する評価として、「『アイアンマン』より上か、下か」という基準ができてることに気付いた。


 以下、いつもの「ヒーローものコミックが好きで好きでしょうがない野郎」による、偏った感想ですが、当たり前のようにネタバレしてるので、続きを読みたくば「続きを読む」ボタンを。
  
  
関連記事

タグ:デッドプール アメコミ映画

●『ウルヴァリン:オリジン』読んだぜ、な日々。

2009.09.10 Thu

 ツマらないものを『ツマらない』と断じるのは、実にツマらない行為なワケで。

 いつもは、この手の感想文は悪口雑言をバッサリカットしてるのですが。

 たまには長々と雑言を書いてみたくなった。

 そんなエントリ。

 きちんとしたのが読みたきゃ、Days of Current Pastのコデラさんが、長年のX-メンファンの立場から実にタメになるレビューを書いてるのでそっち読め(むしろあのレビューがあるからこそ、俺はこっちで延々と愚にも付かぬ戯言を書けるのですが)。
  
  
▼最近読んだ邦訳:

X-MEN ウルヴァリン:オリジン (SHO-PRO BOOKS)
X-MEN ウルヴァリン:オリジン (SHO-PRO BOOKS)光岡三ツ子

小学館集英社プロダクション 2009-09-01
売り上げランキング : 2760

おすすめ平均 star
star映画公開記念 誕生譚
starウルヴァリン誕生秘話

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

  
  
・率直な感想:
 とどのつまり、この本の意義は、
「タイトル通り、ウルヴァリンのオリジンが明かされるよ。ビックリだ」
という点にあるワケで。

 それ故に、読者の興味や物語の盛り上がりのピークというのは、「この人物が後のウルヴァリンだった」という事実が明かされる瞬間にあると思うのですが。

 ですが。

 そのピークの瞬間が、全6号の序盤も序盤、第2号のラストに来るあたり、この物語のプロットを考えた人間はどうかしている。


 加えて、そこで明かされるウルヴァリンの正体が「実はこの『いかにもウルヴァリンらしい少年』ではなく、こちらの『ウルヴァリンっぽくない少年』でした!」という、単に初見の読者を驚かせるためだけの一発ネタなトリックに過ぎないのも、理解に苦しむ。

 四半世紀の間タブーとされていたウルヴァリンのオリジンというパンドラの箱の中身が、考えに考えぬかれ、再読することでいっそう面白味を増すようなソレではなく、1回読んで「あっそう」で終わる、こんなチープなトリックであっていいのか。
  
  
 しかもこのトリック、読者のミスディレクションを誘おうとする演出が露骨過ぎて、逆に読者が「ああ、この少年は、いかにもウルヴァリンぽすぎるので、むしろウルヴァリンじゃないのだろう。ということは、消去法でこちらの少年がウルヴァリンなのだな」という先読みが(したくなくとも)できてしまうのが最悪だ。実に、最悪だ。

 正味の話、この本を読んで、「あぁ、こちらの少年がウルヴァリンじゃなかったんだ! やられた!」といった具合にビックリできるピュアな読者は、どれだけ存在するんだろうか。

 今この文章を読んでるあなたも、物語の冒頭で「ウルヴァリンぽい少年」と、「ウルヴァリンぽくない少年」がでてきた時点で、「ああ、こちらの少年は“ひっかけ”で、この少年がウルヴァリンなんだろな」と気づいたはずだ。
 幼い頃からアニメ・マンガで良質な構成のフィクションに接せられるジャポネーゼに生まれ、フィクションに対する勘所を知らず知らずのうちに磨いてる君らが気付かなかったとは言わせねぇ(<脅迫かよ!)。
  
  
 でもって正直な所、この話は上記のチープなトリックが明かされる瞬間以外の物語に見るべきところもない。

 なんというか、
「BはAが好きなのでいっしょにいる」、「CはAを嫌いなので殴る」といった類の、「好き/嫌い」だけで語れる人間関係が提示され、
「AもBが好きだったけど、Bは別の人を好きになってしまったので悲しい」「成長したAはCを殴り返す」といった具合の、単純な帰結が描かれてるだけで。

 まあ、基本に忠実なメロドラマと言えなくもないけど、その、『ウルヴァリン:オリジン』という浪漫溢れるタイトルに惹かれて、定価2625円ナリを支払った人間が、そんなものを読みたいと?

 あと、単にキャラクターの関係が示されるだけで、キャラクター自体の掘り下げは放っておかれてるんで(この辺、意味もなく――本当に意味がなくてラストで愕然としたよ!――ナレーションをローズの日記にしちゃったのが裏目に出てるんじゃないかと思う)、あまり各人に感情移入しがたいのも、どうかなぁ、と。
  
  
・ブッチャケた話:
 ミもフタもないことを言えば、この本の一番の見所は、巻頭・巻末に掲載されている各関係者たちのコメントだと思う。個人的には。

 ビル・ジェイマス、ジョー・ケゼーダ、マイク・マーツ、ポール・ジェンキンズを筆頭とする、本作に関わったスタッフがそれぞれ充分なスペースを与えられて語っているこのコメント。

 これらを読めば、この『ウルヴァリン:オリジン』という物語が、いかにして発案され、いかにして形をなし、いかにして「あんなんなっちゃった」かが解るようになっている。このページを構成し、必要充分な情報量を盛り込んだ編集者には、心からの拍手を送りたい。

 重ねて言うが、個人的にはこのコメントを読めただけでも、2625円を払った価値はあった。
  
  
 結論から言えば、全ての起点は当時のマーヴルの社長、ビル・ジェーマスだ。

 彼がこの企画を立ち上げた。

 そして、彼が例のトリックを(あんなミスディレクションも含めて)、考えついた。

 なにせ、ビル・ジェイマスが書いた最初期のプロットの時点で、「あのトリック(<もはやトリックというのもおこがましいが)」が堂々と書かれているのだから始末に負えない。

 ついでにいえば、この物語を一層退屈たらしめている「全6話の内最初の3話は少年時代で、後半3話は青年時代を描く」とかいう2部構成も、ジェイマスの最初期のプロットの時点で盛り込まれている。

 なんたるファックか。


 無論、実際の『オリジン』の物語では、舞台設定や登場キャラクター、彼らの配置等が最初期のプロットから変更されてるのだが。

 なのだが、「あのトリックっぽいの」と「2部構成」の2つの要素、言ってしまえばジェイマスのプロットの根幹を成しているこの2つは、完成版でも変えられていない。

 つまりは、この2つこそがジェイマスにとって「変えてはならない最高のアイデア」で、このプロジェクトのために集められた作家・編集者たちの誰もが、そこに口を出せなかったのだろうな、という。

 要は、この物語は最初期から「あんなんなる」定めにあったのだなぁ、という、やるせない事実がそこにある。

 それら変えようのない箇所以外に極力手を入れて、この物語を多少なりともマシなものにしようとした(※)ジェンキンズやマーツらの努力に、なんとはなしな拍手を送りたいと思う。
(※)なにせジェイマスの初期案ではウルヴァリンの両親はヤッピーだとか書かれてる有り様で(夢がねぇなぁ)、しかもミスディレクションにも失敗してる(<「ウルヴァリンっぽくない少年」の名字をローガンにしちゃったら読者の興味がそっちに向いちゃうだろ!)。
  
  
・終わりに:
 こー、とりあえず、ビル・ジェイマスみたいな古今未曾有な(※悪い意味で)エグゼクティブがいた、という事実を後世に伝えるためにも、レッツ購入『ウルヴァリン・オリジン』とかいう適当なシメでどうか。
  
  
 以上。
  
  
関連記事

●最近の日常@初秋篇。

2009.09.09 Wed

▼最近の嘆息 もしくは、最近の積ん読:

 仕事が一段落ついた。

 毎度、綱渡りなスケジュールを場当たり的なアドリブで乗り切ってる某社との仕事で。

 今回もグダグダなことになって、どうにもならないかと思いきや、どうにかなった。

 ……なるのかしら。<実はまだ現在進行中で、もう一山あるねん。
  
  
 とりあえず、俺からの“バトン”を渡される方々に、心からの感謝と精一杯の敬礼を。

 俺は俺の仕事をしたので、シルバーウィークは大手を振って休むですが、多分、バトンを渡された方々は、シルバーウィークの1週間をツブして納期に間に合わすのだろうなぁ……。
  
  
 とりあえず、仕事のストレス発散に色々と衝動買いしたものの、読むヒマもあろうはずもなく積み上げてたTPBだのハードカヴァーだのに手を付けることで、後ろめたさを紛らわそう(ヲイ)と思った。

 ……読書の秋だしねー(棒読み)。


一番上に積んだスネークアイ(プラモデル)も作らなきゃねー。芸術の秋だし(棒読み)

 とりあえず、今週の頭に勢いに任せてAmazonのお急ぎ便で購入したものの、まだビニールの梱包すら開けてない『インフェルノ』ハードカヴァー(600ページもありやがる)から手をつけるか。

 あー、写真に撮り忘れてたけど、“SHOJO-MANGA” X-メンも続きを読まな……(<正直、俺自身がコテコテの少女マンガに耐性がないために、ヘルファイヤー倶楽部の面々が出てきたあたり──全然序盤ですね──で力尽きて放り出しました、スミマセン)。
  
  
関連記事

●4000おくえん おくれ、な日々。

2009.09.01 Tue

▼うまい棒400おく本、な日々:

・米ディズニー、コミック大手のマーベルを40億ドルで買収(NIKKEI NET)

・Disney to buy Marvel for $4 billion

 うわぁ。

 マーベルって資産価値、4000億円もあるのか(まぁ、マーベル・グループ全体ですが)。

 ディズニーといえば、昔、倒産したクロス・ジェンのライセンスを100万ドルで買ったことがありますが、さすがに潰れた会社と業界トップの会社じゃケタが3つ程違いますね。
  
  
 こう、ユニバーサル・スタジオのマーベル関連のアトラクションがディズニーランドに移籍したりするのかしら(ねぇよ)。
  
  
 個人的には、ディズニーには「君らは今まで通りに金を稼いでれば、今まで通りやってていいよ」的に、特に社名も変えず、放任主義でいて頂きたいかなぁ(こう、1970年代に「この雑誌売れてねぇんだろ? じゃ、休刊させちまえよ」とかいって、『デテクティブ・コミックス』を休刊させようとしたワーナーの経営陣みてぇな口出しは勘弁して頂きたい)。

 逆に、ディズニー・パブリッシング・ワールドワイド傘下に入っちまって、「ディズニー・マーベル・コミックス」とかになったらオシマイな気はしますが。
  
  
 っつーか、マーベルとアトラス(※アトラス・コミックじゃなく、マーベルの日本での商品化窓口業務を請け負ってる日本のゲーム会社の方ね)との提携はどうなるのかしら。

 ――具体的には、2010年に向けて水面下で色々と動いてる「アイアンマン・プロジェクト」とか。

 つか、今後マーベル作品の日本におけるライセンシーは、ユルくなるのか/厳しくなるのか、安くなるのか/高くなるのか。
  
  
余談:
 この記事を書くために、米wikipediaの「ディズニー傘下の会社リスト」なぞを見てたら、『パワーレンジャー』のサバン・エンターテインメントが随分前にディズニーに買収されてて、現在の『パワーレンジャー』はフォックスじゃなく、ディズニー傘下のABCで放映されていることを知って驚く。

 DVDもフォックス・ホーム・エンターテインメントじゃなく、ブエナビスタから出てるのか。
  

この辺もどうなるのかしら。  
BLACK WIDOW MARVEL BISHOUJO スタチュー ブラックウィドウ
BLACK WIDOW MARVEL BISHOUJO スタチュー ブラックウィドウ (1/8スケールPVC塗装済み完成品)
壽屋 2009-05-29
売り上げランキング : 7530


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

  
  
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。