Home>2010年10月  TotalPages1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●最近読んだデッドプール。

2010.10.26 Tue

▼最近読んだデッドプール:

「デッドプールってタイトル付いてるから注文してみるか」と思って買って、そのまま放り出したきりの『デッドプール:ウェイド・ウィルソンズ・ウォー』を、全話まとめて読んだら面白かったよ、というエントリ。

Deadpool: Wade Wilson's War
Deadpool: Wade Wilson's WarDuane Swierczynski Jason Pearson

Marvel 2010-12-01
売り上げランキング : 78847


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
※リンク先はハードカバー版なので、適切な値段で買いたい人は注意な。


 まず本作は、「マーベル・ナイツ」レーベルで出た作品であり、正規のマーベル・ユニバースとは異なる世界が舞台となっていること、故に作品中に提示される設定は本来のソレらとは異なってることは触れておかねばならぬ。
 おかないと、「デッドプール、ブルズアイ、シルバーセーブル、ドミノの4人による特務部隊ウェポンX」とかいう話が出てきて面食らうのでな!(はい、最初面食らいました)。

 でー、物語はメキシコにおいて大量虐殺事件が発生しまして、その実行犯として、ウェイド・ウィルソンさんって人が公聴会にて発言するよ、とかいう具合な始まり。
 んで、このウィルソンさん、なぜかスーパーヒーロー風のマスク(要は、いつものデッドプールのマスクだけど、この世界ではスーパーヒーローはフィクションにしか存在しない模様)を被ったまま公聴会に出廷。でもって誰も聞いたことのない秘密部隊ウェポンXのことをベラベラしゃべりだして、「やべえ、コイツ頭おかしい。コイツの言ってること全部デタラメなのかもしれないけど、とりあえず会の進行上もろもろ質問しなきゃ」とか、公聴会の担当の人はウンザリ。
 でも実は組織自体は実在してたりして(でも、デッドプールさんがいってる通りの組織なのかな? フフン?)、TVで公聴会を見たウェポンXのお偉いさんも大あわてだったり。

 序盤は、公聴会で好き勝手にしゃべるウェイドさんの「自分の側の真実」と、この公聴会を見てるウェポンX担当官の「いや本当はこうだったじゃねえか」なツッコミの回想シーンが並列されてきまして、徐々に「ウェイドさんはデタラメでキチガイなのだ」ということが解ってくわけですが。

 ……ただ、「デタラメ」っつっても、「計算ずくでデタラメをいってる場合」もあるし、「キチガイの妄想」にしても幾ばくかの真実を含んでいる場合もあるし、とどのつまりは全くの妄想である場合もあるわけで。

 でー、物語が進み、ウェイドさんの語りがクライマックスに近づいて行くに連れ、デッドプールさんの秘めたる意図(?)なんかも示唆されだして、その辺の「デタラメなのか、本当なのか」とかいう境界線がグンニャリとたわみ、ドンヨリとした不安感を与えてくれます。

 その上『デッドプール』という作品は、「第4の壁の破壊」なんていう「リアルとフィクション」の境目を飛び越すメタな演出が「お約束」として成立してますがー(本作でも冒頭から回想シーンで公聴会のことについて触れたりしてて、「お約束」は健在)。
 全ての真相が明らかになる(本当かしら)最終話に至っては、「筋の通った理屈」「妄想」「意図したデタラメ」に加えて、この「お約束のメタ」までもが入り込んできて、実にグデグデな展開になります。

 そのグデグデの果てのエピローグで示唆されるソレを見たあなたは、言い知れぬ感慨を抱くのではないでしょうか。どうでしょうか。


 いや、話の構造自体は、現代における「メタフィクションの定番」かもしれねぇような気もするのですが(多分、オチもふくめて日本のマンガに類型は結構見つけられると思う)、それを『デッドプール』という作品でやったことは、案外に誰もやってなかったアイデアであるなぁ、と思う。

 結論としては、『デッドプール』初心者には勧めないけど、『デッドプール』系を何冊か読んでて、ちょっと毛色の違ったデッドプールさんの話を読んでみたい、と思ってる人とかにはオススメしたく思う。絵もちょいクセはあるけど安定してウマいし。


・オチらしきもの
「『デッドプール』のミニシリーズって、マーベルが力を入れてるコンテンツだけに、ハズレは少ないのかもしれぬ」とかいう推論の元、調子に乗って、今月から始まった『デッドプール:MAX』を読み出すものの、冒頭からホモとかウンコとかチンコとか出てきて、電車の中で読むのを断念。家で読みます。
  
  
関連記事
スポンサーサイト

タグ:今日読んだアメコミ

●続・最近のトランスフォーマー

2010.10.15 Fri

▼最近のトランスフォーマーとわたくし:

 コミック版の『トランスフォーマーズ』が面白いのだが、続刊出るのが割と先なので、どうしよう、とか思う日々。

 とりあえず、最近ヨソで微妙にプッシュされてたサンダーウィングさん目当てで『ストームブリンガー』なぞ注文してみる。

 どうでもいいけど、Amazon.co.jpで『トランスフォーマー:ストームブリンガー』を検索したら、モノクロのダイジェストサイズの単行本と、スペイン語版単行本と、定価の1000円増しくらいの英語版単行本の3種が引っかかるのな。安さに引かれてよく説明読まずに注文してたら恐るべき罠にはまるところだったぜ!


 知り合いに「たからとみぃくじ」で1万2千円使ったけどB賞当てるのが精一杯だったぜ! とかいう話をされたので、オイラもB賞目当てで6回ほど引いてみた(1回500円。うちから歩いて10分くらいのファミマでやってたんでな)。

 A賞のクリアオプティマスを無駄に引き当てるものの、B賞引けず(内訳:A、D、E、G、F、F)。オノレ。


 タカラトミーの新トイシリーズ『トランスフォーマー・ユナイテッド』がイカすラインナップ過ぎてどうしよう。『オール・ヘイル・メガトロン』で大活躍のカップ、パーセプター、ドリフトが入ってる時点で「おふぅ」とかいう変なタメ息が漏れますよ。

 カップさんにハマキっぽいアレを作ってくわえさせたり、こないだ買ったCM'sのムゲンキャリバー(仮称・ロードバスター)のボンネットにカップさんを座らせたり、瀕死のパーセプターをかき抱いて宇宙船から脱出するドリフトごっこをしたりと、楽しい遊びが出来そうですね。

 第2弾で、こいつらと絡めて楽しいスプラングさんがラインナップに含まれることを祈りつつ。
  
  
関連記事

タグ:アメリカン・トイ

●『ロケットマン』が復刻されるらしいね。

2010.10.02 Sat

▼「すごい力だ さすがはロケットマンだ」の巻:

 何気なしに、マンガ系のホームページ見てってたら、水木しげるのデビュー作の『ロケットマン』の復刻版が11月に出る、とか言う情報を知って「へぇ」と思った。そんなエントリ。
  
  

これはオイラの私物の復刻版『ロケットマン』。

 ちなみに、この表紙を見て、「『ロケットマン』とは、水木しげるが描いた“スーパーヒーローもの”だ」などと思いこんでる人はわりかし多いのですが、実際には『ロケットマン』は、クラゲの怪物「グラヤ」が事実上の主人公な怪獣SFですんで。ええ。
  
  

 参考資料として、復刻版『ロケットマン』の目次を引用してみる(クリックで拡大するヨ!)。

 ……各章題を読めば、なんとなく「グラヤ」を巡る物語であることは理解頂けますでしょうか。

 ちなみに目次の背景の左上で、緑色のロボット(ロボット・ネオ・ドライ)と戦ってる赤い怪獣がグラヤね。

 ていうか、この物語のタイトルである「ロケットマン」を名乗る人物は、110ページの「第3の男」でようやく登場します。

 あ、ちなみにこの本、奥付までふくめて全128ページね。つまりロケットマンを名乗る人物は、物語にケリをつけるためにしか出てこないのよ。


 だもんでね、その辺、認識を間違ったまま、「水木しげるの幻のヒーローものコミック! いぇい!」とかいう心算で4000円以上もする復刻版単行本を買おうとすると、痛い目を見るので気をつけた方がいいよ、という話。


 あ、『ロケットマン』自体は、非常にオモチロイ話ですので念のため。ぶっちゃけちゃうと『ゲゲゲの鬼太郎』の「大海獣」の原型なのよ。

 大筋は、自己の欲望のために科学と未知の発見を悪いことに利用しようとする悪役な科学者と、未知なるSFガジェットの犠牲になりつつも、身につけた異形の力と科学力で悪に立ち向かおうとする主人公サイドの戦いなのですが。

 とはいえ水木センセイの作品なんで、真っ当な勧善懲悪とかじゃなく、悪の科学者が、総理大臣に向かって「あなたのような低脳に内閣は任せてはおけない」とか言って権力を手に入れたり、律儀な主人公が父親のいいつけを守って延々とヒョウタンの研究を続けてたりとかいう、水木センセイならではのニヒルさとかノンキさとかが混じり合った展開が重なってって、えもいわれぬ余韻を残すラストに繋がるのが、なんかこう、いいね、と。

「水木しげる先生は、デビュー作からこんな“水木っぽい”作品を描いていたのだなぁ」という感じな感嘆を抱くこと請け合いです。多分。
  
  
 まあ、そんな感じで。
  
  
水木しげるオフィシャルBOX 世界妖怪遺産
水木しげるオフィシャルBOX 世界妖怪遺産
講談社 2002-10-26
売り上げランキング : 6849

おすすめ平均 star
starおまけも価値あり!
star色々評価はあるものの
star製作スタッフの細かいミスも気にならない大御所の力技。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ちなみに今回引用してる復刻版『ロケットマン』は2002年に出た、このCD-ROM画集の限定版の付録として復刻されたもの。

 俺が買った当時は定価1万円程度のモンが、8000円前後で投げ売られてたんだけど、今やプレミアが付きやがってますね。

 ちなみにオイラは『ロケットマン』だけを目当てに買ったんで、画集は開封すらしてません(ヲイ)。
  
  
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。