Home>2010年11月  TotalPages1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●どうでも良きエングルハート。

2010.11.24 Wed

▼どうでも良きエングルハート:

 こないだ届いた『バックイシュー!』第45号が「奇妙なカップル」特集で。

 グリーンランタン&グリーンアローとか、パワーマン&アイアンフィスト、デアデビル&ブラックウィドー、ヴィジョン&スカーレット・ウィッチといった、割と奇妙な組み合わせのヒーローのコミックについてもろもろ記事が書かれてたのですが。

「DCコミックスでマーベル風のライティングをしていたので、奇妙なカップリングといえるよね!」とかいう牽強付会にも程がある理屈で、スティーブ・エングルハートに1970年代の『ジャスティスリーグ・オブ・アメリカ』誌を担当してた頃についてのインタビューが2番目に掲載されてるのは、どうなのか。いや、この時期のエングルハートの話には興味があったので、むしろウェルカムでしたが。

 ちなみに1970年代のエングルハートは、

・マーベルを電撃的に退社。
 ↓
・DCに移籍
 ↓
・1年後、小説家に転身

 とかいう華麗な経歴を誇ってたのですが。

 その、オイラは今までこの流れについて「DCに移籍後に小説家になることにしたのであろう」と思っていたのですが、実はエングルハートはマーベルを退社した時点で小説家に転身しようとしてたことが、今回のインタビューで判明して「ほう」と思った。

 マーベル退社時のエングルハートは、1年間ヨーロッパを放浪してから小説家になるぜ! とかいう青臭いことを考えてたらしいのですがー。そこへDCの新パブリッシャー、ジャネット・カーンが「あなたの好きにしていいから『ジャスティスリーグ・オブ・アメリカ』誌を書いてくれない?」とかいう話を振ってきたそうで。

 でー、エングルハートは「1年だけしか書かないよ、俺、小説家になるし」「あとついでに『バットマン』も書かせてー」とかフッかけたら、カーンはアッサリ「いいよ」といったそうで。いい話だ(幸い、『ジャスティスリーグ』も『バットマン』関連誌もジュリアス・シュワルツが編集してたし)。

 ちなみに、エングルハートはマーヴルを退社した理由も答えてたのですが、ブッチャケ、「総編集長になったばかりの若造ゲーリー・コンウェイが、“俺さま一番偉いんだから、俺の書きたいタイトルを書くぜ!”的に、俺の『アベンジャーズ』とスティーブ・ガーバーの『ディフェンダーズ』を奪ったからだ」とかいう感じ。

 ……ちなみに、このインタビューの編集者、凄ぇ偉いことに、わざわざコンウェイ当人にもエングルハートが退社した経緯を聞いてるのね。

 コンウェイによれば、そもそも「私の総編集長としての仕事は、マーベルの支出を抑えることも含まれていた。で、当時の『アベンジャーズ』は〆切りブッちぎりで、印刷所へ払う違約金が馬鹿にならなくなってた」という事情があって。

 でー、エングルハートにきちんと〆切りあわせで原稿を書いてもらおうとしたコンウェイは、彼に「必ず金曜日中にシナリオを上げてください。したら、休み明けの月曜日からアーティストが作業に入れます。もし金曜に原稿が間に合わない場合、私が土日を使って代用原稿のプロットを考えますので」的に話をしたそうで。

 そして、問題の金曜日、エングルハートは予想通りに〆切りをブッちぎった上に「金曜が〆切りとか聞いてない、アーティストは月曜から仕事するんだろ? 土日に書いて間に合わすよ」とかいう返答。

 でで、コンウェイが「そう告げてたから」と、代理原稿のプロットを書き出したところエングルハートは「その代理原稿は俺の一連のストーリーラインをぶちこわしにする。それを載せるんだったら俺はマーベルを辞める」といいだして。

 それに対してコンウェイは折れずに自分の書いたプロットを通しちゃって、アッサリとエングルハート退社、と。

 まあ、若造にナメられたくないベテランのエングルハートと、若造だからといってナメられたくないコンウェイが互いに衝突しちゃった感じですな(……まあ、コンウェイ自身も更にこの後、「若造のくせにベテラン」のジム・シューターと色々やり合って、ごく短期間で総編集長職を辞してDCに移籍しちゃうのですが)。

 こう、サラリーマンとしてはコンウェイの方を支持したいけど、エングルハートの作家性も認めてやりたいよなぁ、と思った。


 あと、たった1年間じゃ、思うようにストーリーを展開できないので、DCの上の方とかけあって「毎号ダブルサイズ」のページ数に(当時コミック本編は基本17ページだったのを34ページに)してもらったけど、そのペースについてきてくれたアーティストのスティーブ・ディリンはスゲェぜとか、『アベンジャーズ』のサブキャラであるマンティスを『ジャスティスリーグ』誌に「別の世界からやって来た、謎の美女・ウィロー(仮名)」として出しちゃった例の件に関しては、実はきちんとジュリアス・シュワルツに相談して許可をもらってたとか、諸々いい話を聞けた。

 前号のゲリー・コンウェイ インタビュー(※)といい、最近の『バックイシュー!』のインタビューはいい感じでオイラのツボをついてきやがるぜ、という適当なシメで終わる。

(※)1970年代の『スパイダーマン』関連のインタビューで、「スパイダーモービルはスタン・リーがオモチャ化を狙って出させた」「スタンが“とにかく出せよ! すぐ壊していいから!”っていったんで、1号でぶっ壊したよHAHAHA」という、ブッチャケトークが素晴らしかった。  
  
  
関連記事
スポンサーサイト

タグ:編集者 資料本

●どうでもよき雑記。

2010.11.24 Wed

▼実に、どうでもよきことども:

 本格的にどうでもよいことを書き飛ばしたい気分なので、そうする。というエントリ。


・『キック・アス』買った

 読んだ。

「相変わらずマーク・ミラーはヒデェなぁ。良くも悪くも」という、『ウォンテッド』と同じ感想を抱く。

 訳がなんか、「もう少し若者言葉をそれらしく練りこんだほうがよろしいのではないでしょうか」といった感じだった。
  
  
・『ハウス・オブ・M』買った

 読んだ。

『X-ファクター』の方で、ライラ・ミラーの能力の起源が明かされた今読むと、「ピーター・ディヴィッド、マジ、コンティニュイティ気にしてねぇ」と思った。
  
  
・『キングダム・カム』買った

 まだ読んでねぇ。っつーか、あの当時、オリジナルのプリスティージ版を毎月ワクワクしながら読んだり(香港旅行に行った折に香港のコミックショップで日本より早く第4号買ったっけ)、その後マーク・ウェイドの作風について色々と痛々しい語りをしてたのを思い出すので、今更読み返したくない(じゃ、買うなよ!)。


・コミックの新刊届いた

 ヨソの掲示板とかで「『ブルース・ウェインの帰還』が完結してねぇのに、他のタイトルでブルース帰ってきた前提で話進めてるのはどうなんだよ!」とかいう意見を見たけど、1ヵ月半に1回の割で送ってくるG-MART(オイラの使ってるアメリカのコミックショップね、一応)の場合だと、『ブルース・ウェインの帰還』第5、6号と、帰還後のタイイン・タイトルが同時に来たので、流れ的に繋がってるぜ! だからどうした! すみません! まったく関係ないけど、こないだ80%の確率で文末が「!」か「?」で終わるというブログを? 読んでて! 非常に居心地が悪かった? ので! あまり多用するのはどうだろうか? ていうか頭悪そうよね!?
  
  
・トマー・レさんかわいそう

 最近2度目のアクション・フィギュア化で知名度急上昇中のトマー・レさんですが。

 けど日本だとトマー・レさんとトマー・ツさんが混同されてたり、「トマー・ツはトマー・レの息子」とかいう勝手な設定を付与されたりと、非常に投げやりな扱いをされてるのがかわいそうだなぁと思った。いや、名前(名字?)が同じトマーなだけで赤の他人よ?

 なので、トマー・レさんを紹介するテキストでも書こうと思ったのですが、1970~1980年代のトマー・レさんの主要な登場回を抑えてなくて、トマー・レさんがオナーガードに昇格して以降の記述がちょいと怪しくなってきたので中断。

 とりあえずいっとくけど、トマー・レさんが死んだの『クライシス・オン・インフィニット・アーシズ』タイインの『グリーンランタン(vol. 2)』第198号だからな。「エメラルド・トワイライト」でアレな感じになったり、現行の『グリーンランタン(vol. 4)』に出てるのはトマー・ツだから。

 関係ないけど、トマー・レさんのアクション・フィギュアを紹介してるブログで、ものっそい大量に『グリーンランタン』ほかのコミックの画像が貼り付けられてるのを見て盛大に噴いた。いや、俺個人も著作権とかで声高に他人を責められるような所業はしてねぇですが(同人誌とか作ってるし)。でもとりあえず「スゲぇな、今の若者は」と思った。
  
  
・デッドプールさんのフィギュアを買った

 買ったねん。ハズブロの、6インチの。デッドプールとワーパスの2パックセット。

 っつーか、予約もせずにいたら、どこのショップでも品薄らしくてな。

 しょうがねぇから久々にe-Bayで落とした。ジャパンマネー全開。円高バンザイ。

 レギュラーとバリアントの2つセットで送料足して125ドルという、割とお得な買い物でした。

 まあ、まだ届いてないけど。


・iPadの『スパイダーマン』のゲームを購入した

 したねん。

 しなきゃよかった。

 アクションゲームで、ゲームのキモが「敵の攻撃が発動する瞬間に『スパイダー・センス』ボタンを押すと、スタイリッシュに避け攻撃を行ってくれる」というソレなのですが。

 なぜか「スパイダーセンス発動時にも攻撃の食らい判定が残ってる」という、信じられない仕様になっててな。

 こう、「敵の右フックを左によけてかわしたと思ったら、吸い込まれるように相手の左フックが命中」とかいう、頭の悪い事態が生じるのよ。

 その上、「ダメージを食らった直後にも、当然のように食らい判定が残ってる」という、輪をかけて正気を疑う仕様でもありやがって、連続攻撃を仕掛けてくるボス戦では、「3連続してくるボスの攻撃の1発目をスパイダーセンスでかわすと、2発目が命中するどころか、3発目も命中確定」とかいうステキ仕様になってて、思わず「これ作ったやつ、阿呆じゃね?」とかいう嘆息がこぼれる。

 ていうか、スパイダーマンのゲームってばウェブスィングとスパイダーな能力で、華麗にビルの谷間を渡る、とかいうソレがあってしかるべきなのに(古い例えだけどPS1の『スパイダーマン』……ほら、ラスボスがカーネージ+Dr.オクトパスのアレ……とか、その続編とかはソレがすげぇ気持ちよかった)、いまどきロックマンみてぇに電撃の流れる床とか、動く床とか、回転する風車の間とかを精密なタイミングでジャンプさせられるとか、ありえなくね?

 で、ジャンプに失敗しても、下に落ちる瞬間にウェブを出せば救済されるんだけど、その救済が「ダメージを受けることなく(※ウェブを出し損なうとダメージを食らう)、動く床の一番最初の地点まで戻される」っての、キツくね? 普通、ジャンプに失敗した床の直前じゃね?

 とりあえず、ステージ2のボスのライノの理不尽な連続攻撃で8割方やる気なくして、続くステージ3、4でのジャンプ地獄に疲れてプレイを辞めた。なんか、ファミコン時代のグダグダなキャラゲー思い出した。

 まあ、800円だったんでゲーセンでアレなゲームに連コインしたと思って忘れる。
  
  
 とかなんとか。
  
  
関連記事

●コミケ出るねん(いつもの連絡事項)。

2010.11.18 Thu

 こう、放っておいたら30日経ちそうなんで、適当に更新(このFC2ブログでままある「30日更新してないブログの冒頭に表示される広告」が嫌いやねん、オイラ)。

▼コミックマーケットに出るよ、というハナシ:

 出るよー。

 日にち・スペースは「木曜 東地区 レ-53a」ですって(まだ未開封の当選通知を眺めつつ)。

 新刊は出なさそうですが(現時点で何作るか決めてなくて原稿も全く手を付けてないのですよ)。

 とりあえず、『グリーンランタン』のリプリント本(既刊2冊分の合本)は出せそうなので、宅に何にもない事態は回避できそうですが。
  
  
▼どうでもよい余談:

 こないだ、『グリーンランタン』の合本の入稿データを作ろうとしたのですが。

 とりあえず2冊分のデータをひとまとめにしたら、総ページ数が104ページという中途半端なソレになって頭を抱える。

※オフセット印刷の同人誌なぞを作ろうとする場合は、総ページ数は16の倍数、96とか112ページにするのが基本です。

 しょうがないので行間をツメたり、写真のレイアウトをし直したりする。何度かのトライ&エラーの後、96ページに収めることに成功。手軽に作るつもりが無駄なカロリー使ってるなぁ。ウヌレ。

 どうでもいいけど、こないだまでDTP作業時に利用してたキンコーズ日本橋店がなくなってな(※日本橋一丁目店と店舗統合)。これでまた、都内からマッキントッシュのPCレンタルができる店舗が1つ消えたよ。

 今後は、ワードとかパワーポイントとかでDTPするのかなぁ、俺。

※以下、「同人誌を作るにあたって、絵描きサマはツールが充実してやがるけど字書きは恵まれてねぇよなぁ。活字の本を組める最低限の機能程度でいいからフリーのDTPソフトを誰か開発してくんねぇかなぁ。半年に1度本を作る程度のためにインデザインとか買えねぇし使いこなせねぇよ」とかいう愚痴が延々と続きますが、多分、だれにも共感されないし不毛なのでカットしました。
  
  
関連記事

タグ:同人誌

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。