Home>2011年08月  TotalPages1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●「古参ファンvs.初心者」な日々。

2011.08.30 Tue

▼「どーよー、サイモン・ファーマンどーよー?」の巻:

 ふと、「オイラはIDWのコミック版『トランスフォーマーズ』は、『オール・ヘイル・メガトロン(AHM)』から継続して読むようになったので、『AHM』以前のサイモン・ファーマンの書いてる頃のIDW版『トランスフォーマーズ』にあんまり思い入れがない」ことに気づいた。

 っつーかむしろ、「サイモン・ファーマンの頃のIDW版『トランスフォーマーズ』って、短編の『スポットライト』はともかくとして、本流の方、特に地球を舞台にしてる方は、なんか地味じゃね?」とか、「第1作の『インフィルトレーション』とか、前半部トランスフォーマーズが全く変形しないし、よりにもよってオートボット側の主役キャラがラチェットだわで、地味果てしなくね?」とか、「キャラは立ってるけど、物語の展開は、割とご都合主義とか運とか敵の自滅とか、割と多くね?」とかいう、ファーマン期に大して割合ネガティブな感想を抱いてたりするのですが。

 ――いや、『AHM』だってご都合主義とか運とか盛られてるけどさ。でもファーマンの『レベレーション』で、敵の企みをオートボット側が知ることが出来たのが「何でも知ってる万能マシーンに問い合わせしたから」ってのは、ちょっと、度を超してね? とか、「実体のあるホログラム」便利過ぎね? とかね。


 まぁその、そもそもが『AHM』以降の『トランスフォーマーズ』の物語自体、ファーマン期の展開や伏線をバッサリ切り捨てたり真逆の方向に持ってく、とかいう形で話を転がしてる感じじゃないのさ。

 少なくともオイラはそう思うねん。――だいたい『AHM』の「人類vs.ディセプティコンズ全面戦争」ってコンセプト自体、人類を裏から操ろうとしてたファーマン期のディセプティコンズの方策と180度異なるし。

 キャラ関連にしても、ファーマンの構想ではすげぇ大活躍するはずだったハンター・オニオンのあんまりな末路とか、割といい感じのサブキャラだったフォートレス・マキシマス(とガーラス9)のあんまりな扱いとか、カップさんの妙な持ち上げられ方とか、すっかり放置されてるダイノボッツとか。

 でー、そうした『AHM』以降の「ファーマン期バッサリ」な作風が、オイラにとってのIDW版『トランスフォーマーズ』のファースト・コンタクトであったが故に、そっからさかのぼってファーマン期を読んじゃうと、ネガティブな印象を抱いちゃうのかもね、と、分析してみたのですが。まあ、言い訳ですね、はい。


 でー。

 こーいうことを表明すると、ファーマン期から――ひるがえってはマーベル版『トランスフォーマーズ』からの――コミック版『トランスフォーマーズ』の古参ファンにしてみれば、「何抜かしてやがるこのニワカ」とか、突っ込まれるだろなぁ、と、思うのさ。

(あ、ちなみにオイラはマーベル版『トランスフォーマーズ』はタイタン・ブックス版のTPBを2、3冊、あとコミックブックを数冊読んでる程度で、コミック版『トランスフォーマーズ』の伝統みたいなもんへの思い入れもないのさ。実は)

 いや、古参ファンがみんなファーマン好きとは限らないけどさ。なんつーかファーマンは、『X-メン』のクリス・クレアモントみたいに、「作風が嫌いな人からも、その功績は評価されてる」系の、レジェンドな作家だと思うのね。だから軽はずみに「ファーマン期って微妙よね」とか、発言すべきでないことは理解してるけど。でも、何となくいってみた。


 そのさ、なんつーかオイラ、DCコミックスというジャンルにおいては古参ファン面をしてて「最近の若者は」だの「あの作家の歴史的な功績は」だの「昔のコミックは面白かったんやで」だのとジジイくさい発言をしたりもするじゃないすか。

 そのオイラが、コミック版『トランスフォーマーズ』においては、初心者面でファーマンの過去の偉業をガン無視して、「IDW版のファーマン期は微妙じゃね?」とかいう話をしてるっつー、逆転が面白いなぁ、と、思ったのさ。

 ――いや、この「面白いなぁ」という感覚を説明するためにダシにされたファーマンはいい迷惑なのは重々承知してます。すみませんね、ファーマンさん(どのツラでいいやがる)。

 あ、一応いっとくけど、ファーマン期には「微妙」な印象を抱いてるけど、全否定ってわけじゃないのよ? 『ストームブリンガー』とかの「サイバートロニアンしか出てこない話」は好きよ? 思わずサンダーウィングさんのトイを買っちゃうぐらいには(あ、無論、新作の方のサンダーウィングね。プリテンダーのサンダーウィング卿とか買えませんから)。


 ……つか、こないだはデニス・オニールの『GL/GA』をあんましアレだの何だのといって、今度はサイモン・ファーマン微妙よね、ですか。こう、次々に権威に噛みついてく狂犬ですか、俺は。
  
  
関連記事
スポンサーサイト

●最近のアクアマン。

2011.08.23 Tue

 うぃす。なんとか&なんとかの、人の名前が覚えられない方、たけうちです(<前回のエントリの失敗を思い出してしゃがみ込みながら)。

 とりあえず、いつまでもコミケの話を冒頭に置きっぱなしなのも何なので、適当に更新してみたい。


▼アクアマンさんがんばれ:

 気づけばもうすぐ9月でリランチなソレですね。……リランチについてグダグダコメントする例のエントリが、まだ『ブルービートル』とスーパーマン・フランチャイズの分が残ってたな。

 ま、それはそれとして(逃げた)、個人的に気になるのが、ジェフ・ジョーンズの『アクアマン』かなぁ、と。まあ、設定が色々なかったことにされてそうな今回のリランチに対して、こういうのもアレだけど、「俺の大好きなピーター・ディヴィッド版『アクアマン』の設定をなかったことにしないで欲しいなぁ」「できれば、ディヴィッド版を掘り返す方向で、ひとつ」とか、思う次第なわけですよ。

 そしてゆくゆくはディヴィッド期の『アクアマン』と、ついでに『スーパーガール』も単行本化して、「1990年代のアクアマン? ああ、時代の空気に流されて片腕失ったり、長髪ヒゲになったりしてた時期でしょ?」とか「1990年代のスーパーガール? ああ、マトリクスとかいう粘土みてぇな奴でしょ?」とかいう読まずに上っ面の印象だけで語っている若造どもの目からウロコを落とさしてやりたのす(興奮のあまり噛んだ)。


 いや正直、1990年代のディヴィッド期の『アクアマン』は、至高よ? ミニシリーズ『アトランティス・クロニクル』で、遠大に張られたアトランティスの歴史関連の伏線(古代文明を滅ぼした隕石の正体が実は……! とか、古代ポセイドニスの大罪人、金髪・片腕の忌み子コーダックスの呪いがアクアマンに降りかかる……!? とか)が、次々に現代のアクアマンに影響を与えつつ、謎の異星人種族や神々といった強大な敵と戦ったり、ギリシャ神話の如くに因果な人間関係に苦悩したり(弟が出来たり成人した息子が出来たり、さらに異次元世界から息子っぽい人が現われたり、新しい恋人に甘えたり、元妻がニセアクアマンに洗脳されたり、腹心が密かに新たな王を擁立しようとしたり、地味だったサイドキックが唐突にドラゴンボール的にレベルアップしたり)、一方で、アトランティスの王として、地上の政府とやり合ったり、その過程でジャスティスリーグとギスギスしたり……。

 やべぇ、読み返したくなったので今度実家に帰ったら、全話持ち帰ってこよう。ていうか、冬のコミック・マーケットはアクアマン本でもだそう(<ヲイ)。


 まあね、4年に渡るディヴィッド期が終わったら、すげぇ「やりきった感」が『アクアマン』誌の全体に横溢しちゃって、後任のライターらが盛り返せなくて(あの面白さを盛り返すのは至難です)、2年後休刊って流れはね、やり過ぎちゃったよねディヴィッド、という気はしないでもないですが。

 っつーか、後任のエリック・ラーセンが、アッサリとアクアマンの「フック状の義手」を「普通に指が5本ついてるサイバネ・アーム」にしちゃったのは「ダメだ、ワビサビ解ってねぇ」と思ったっけ。なんつーか、ラーセンの良くも悪くもミもフタもない、ヒネらない芸風は、当時の『アクアマン』誌の求める空気と噛み合わせ悪かったかなぁ、と。ていうかさ、シリーズの新たな敵として「アトランティスよりももっと深海に棲んでる海棲人類」ってのは、ストレートすぎね? >ラーセン


 あと、同時期のディヴィッドの『スーパーガール』も、『アクアマン』同様に、50話かけて盛り上げるだけ盛り上げて、「地上に生まれた天使」であったスーパーガールが、天界と地上を狙う妖魔に立ち向かうぜ! っていう怒濤のクライマックスを迎えて(後半のあのビターな展開の連続でどん底のスーパーガールを救う存在として、“彼女”が現れるあの展開は、今思い出しても泣けるよな! な!<強要すんな)、やっぱり「やりきった感」が読者に流れちゃって、続投したディヴィッド自身が盛り返せなくて2年後休刊、って感じだったよね。

 何がいいたいかというと、こう、「50号かけて伏線を解消してみせる」的な怒濤のストーリーテーリングをやれちゃう作家は実にありがたい存在だけど、その翌月に、51号を出さなきゃならないオンゴーイング・シリーズだと、「スゴ過ぎるクライマックス」も善し悪しよね、という。

 こう、今までの50号で積み上げてきたモノは、「怒濤のクライマックス」で全部崩しちゃったんで、作者としては舞台を変えるなりして、また1から積み直すか、とか思ってても、読者的には、直近の数号と同じ位のテンションの話を求めちゃって、「また1からの積み上げ」に対しては、ちょいタルく感じちゃう様な具合というか。

 ――ブッチャケ、そういう怒濤の展開を見せて完結したシリーズなんてのは、作者半年くらい休まして(間が持たないのなら、他の作家にリミテッド・シリーズとかを書いてもらいつつ)、次の構想を練らしても良くね? とか思うのね。そうすりゃ、読者側も落ち着いたテンションで読めると、思うのですが。どうか。


 その点、今のディヴィッドの『X-ファクター』は、チームものであるが故に伏線に余裕があって、1つの伏線がクライマックスを迎えても、まだ他のメンバーの伏線が残っているが故に、割と「やりきった感」が少な目で、「次のクライマックス」に向けて読者も消耗せずにつきあえるのが、こう、「ずっと毎月読んでいく」オンゴーイング・シリーズとして理想的よね、と思う。

 ――こう、『X-ファクター』自体、『X-メン』フランチャイズの中では傍流なんで、本誌(本流)をさしおいて怒濤の盛り上げとかはしにくい、とかいう側面もあったりするのかしらね。<想像なんで本気にしないように。

 そういや、ディヴィッドの『ヤング・ジャスティス』も、割といいテンションで盛り上がりつつも、あんま「やりきった感」はなかったなぁ。やはり「チームもの」がカギか。


 一方で、ジェフ・ジョーンズの『ブラッケスト・ナイト』とかで、怒濤のクライマックスを迎えた後のラスト数ページで、「次の怒濤のクライマックスのために」粛々と伏線張る、とかいうやり方もありますが。アレはなんつーか、クライマックスの「やりきった感」が微妙に削がれるというか、冷めちゃうよね、とかいう意見もあるじゃないすか。

 ――俺個人は、まあ、あの辺のラスト数ページの仕込みは「それはそれ」として割り切って読む癖がついてるんで、特に冷めないんすが(我ながら良く訓練されてると思う)。

 なんだろね、こう、アラン・ムーアいう所の「商業的な要請によって、永遠に完結を迎えられない物語」の背負った業というか。物語としてピークを迎えた後でも、続けなければならないという現実に対して、テンション高いまま「やりきる」か、次に繋がるように余力を残しつつ「のりきる」かの見極めというか。


 最近の『ブリーチ』(あ、DCのちょい昔の短期打ち切りコミックの『ブリーチ』じゃなくて、「週刊少年ジャンプ」の『ブリーチ』ね<普通そっちを思い浮かべます)の妙なテンションの乱高下とか見るだに、「クライマックスのその後」との戦いは、商業作家の永遠の課題なのかなぁ、とか、強引にまとめてみる。

※適当な感想文のラストを「永遠の課題」とか「永遠の戦い」とかいう文言で締めると、「まとまってないんだけど、永遠に続くんだからまとまるはずがないよね」感が出るので便利です。夏休みのレポートとかに応用してみましょう。

 なんか、雑記として色々書くつもりでしたが、なんか長くなったので、今回はここまでー。
  
  

DCでのピーター・ディヴィッド作品色々。ディヴィッドの『アクアマン』は、オンゴーイング・シリーズ開始前のオリジン再定義なミニシリーズ『タイム&タイド』しか単行本化されてないのよね(涙)。
  
  
関連記事

●コミケと最近の日常。

2011.08.17 Wed

▼コミックマーケットに行ったぞ、とかいう話:

 っつーわけで、前回のエントリで「多分できんじゃね?」とかいってた同人誌ができて、無事、アメコマー菅野さんの家に新刊を送りつけることができたよ、という所から始まる、コミックマーケットのレポート的なソレを。

 とりあえず、真っ先にいっとくべきことは「新刊の通販は、そのうちまた、ブログで告知するので待っててな」ということか。


 で、当日。

 適当に10時頃に起きて、適当に寄り道しながら行く。会場に着いたの1時くらい。

 毎度毎度、カタログも買わず、他の参加サークルの情報も気にせず、徒手空拳で参加してて、アメリカン・コミックスの同人誌を扱ってるシマの場所すら見つけるのが困難だったものですが(過去形)。

 今回は、iPadを持ってて、なおかつ会場の通路が「ソフトバンクwifiスポット」と接続できる状況にあったんで、「会場でインターネットに繋いで、参加サークルのホームページをその場で確認する」というハイテクノロジーなことができまして、何ら迷わず目的地につけたのでした。iPad便利ネー。素敵ネー。

 ……今度サークル参加するときは、ヒマつぶしにインターネット見れるなぁ、と思った(さすがにホール内はwifi届かないけどナー)。

 つか、各サークルでもディスプレイにiPadを使ってるサークルが増えてましたね。


 でー、アメコミ向上委員会さんに行ったら、丁度、オイラの新刊が完売したトコだった。ので、こんなこともあろうかと持参してた「予備分の新刊」を渡す。あと隣のオレンジフードさんの新刊買うた。

 その後、ウォッチャーズさんの卓に行って、ググトラさん、ロヒキアさん、バブさんらに挨拶。『このアメコミ映画を観ろ2』を頂く。すんません、今回参加してないのに。


 で、ねこみそさんとこの新刊買ったら、本日の「やるべきこと」終了。以下、無目的タイム。

 とりあえず、『戦国乙女』のアケりんのいやらしい本でもないかと、会場を一回りしてみる。

 ……ないね。(<そういうのは翌日のコミケ3日目だよ!)

 でー、アケりんと親方のいやらしい本の代わりに、『タイガー&バニー』の同人誌を方々で見かけた。さすがコミケ2日目(女性向けの多い日)だなぁ、と思った。っつーか、やっぱ深夜でも地上波は強ぇなー、と。

 コスプレもタイガー&バニーが割と多かった気が。変身前のカッコが、割とコスプレしやすいからね、と(さすがに変身後は見なかった)。

 あと、久々に西ホールの「洋画」のシマに行ったけど、まぁ、アメコミ映画関連は「2日目っぽい本」がメインでした。『グリーンランタン/グリーンアロー』本くらいは買ってもよかったかなぁ、と思ったのですが、勇気が出ませんでした。すみません。


 とりあえず、ひとまわりして、することがいよいよなくなったので同人誌の売り上げとか売れ残りとかを引き取りつつ、15時半に撤収。新木場経由で秋葉原へ向かう。

 でー、秋葉原でウォッチャーズさんの打ち上げというかアメコミOFF会に参加。

 今回、ロヒキアどんが例のTV番組出演時に知り合った方々も参加。オイラの巡回ブログな「アメコミとラーメン」のアメコミとラーメンさん(ハンドルネームないそうで)が参加してて「おお」と思う。……こう、オイラ「つけ麺屋で普通のラーメン喰う」のが好きなんで、都内のつけ麺屋とそこのラーメンの情報が載っているあちらのブログは非常に重宝しているのですよ(<アメコミは?)。

 とりあえず、席も動かずにオレンジフードさんやばぶさん、アメコミとラーメンさん、破壊大帝yokkunさんらと話を。……何の話をしたか思い出せぬ(ヲイ)。

 追記:それどころか、参加したメンバーの名前も思い出せてねぇよ!(赤面)<ロヒキアさんのコメント参照ね。

 割と周りのみんながピーター・ディヴィッド好きだったので『X-ファクター』の話したり、シンケヴィッチとかクレイグ・ラッセルのインクはすげぇよなとか、アニメ版『ジャスティスリーグ』面白いよとか、……あと、まだお若いだろう破壊大帝yokkunさんがなぜか1990年代のエクストリーム・スタジオの作家(ステファン・プラットとかジェフ・マツダ)をよく知ってることに戦慄したりした気がする。

 そのような感じで、終わった。

 とりあえず、ウチの本を手に入れてくださった方々に最大の感謝を。委託してもらったアメコミ向上委員会さんにも感謝。

 あとヨソでウチの本のことを話題にしてくだすった方々にも祝福あれ。あなたが、欲しがってたアメリカンなデキのフィギュア(ただし12インチ以上)を格安で手に入れられますように。


 次は今回作ったヤツと同様「なんらかのイベント解説本」すかね。冬までに新ネタ考えるの面倒くさいし。

 取り上げる「イベント」のネタ的には、今のトコ「JLA/JSAチームアップ」を考えてます。――今から予告すると、後で首を絞めるかもしれんけど、まあ、いうだけいってみる。

 とまれ、同人誌に関しては、このブログでも出来ちゃうことは避けつつ、無闇に俺の趣味だけを掘り下げず、多少は現状のシーンに則してて、一見さんにも何とか引っかかりのある、そんな感じで行ければと。

 つか、JLA/JSAチームアップって、『DC2000』以降は、こないだのジェームズ・ロビンソンぐらいしかまともにやってねぇのか、もしかして。
  
  
関連記事

タグ:同人誌

●業務連絡、の巻。

2011.08.11 Thu

▼何とかなったぜ、多分ね、の巻:

「月1回は更新する」が密やかなモットーな、このブログに「1ヶ月更新しねぇと表示される広告」が表示されちまって、ちょいとションボリしてる今日この頃ですが(とりあえず、この更新で消えるけど)。


 えーと、イマサラですが、告知。

 オイラ(たけうちじん)の個人経営な同人誌サークル「マーブル・ダイナスティ」は、今回の夏のコミック・マーケットに落ちましたわけですが。

 ですが、資料系同人誌の重鎮、アメコマー菅野さんのサークル「アメコミ向上委員会」にて、ウチの新刊を委託して頂けることと相成りました。万歳。

 アメコミ向上委員会の詳細はココー


 ……いや、委託してもらえることは、結構前から決まってたんですが、肝心の新刊が完成してなくて、告知を今まで引っ張ってました。バカメ。

 っつーか、今朝7時まで新刊の編集してたんだけどな! っつーか、まだ完成してないんだけどな!

 ま、もう少しで完成するから、大丈夫ですよ。多分。


 あー、ちなみに新刊は、『EVENT HORIZON』といいます。中二病くさいタイトルですが、ジョーン・バーンとかも『ジェネシス』の何話だかのサブタイトルに使ってたので、俺さんをバカにすることはジョン・バーン否定にも繋がりますのでご注意なさりなさい。……問題は、オイラ自身がジョン・バーンと『ジェネシス』が、あんまり好(部分略)いことですが。

 先々月まで、新刊を作る気力がなかったのですが、ある日、かっぱ寿司でアジのお寿司を食べてたら、このカッコいい、そして内容に合致したタイトルが降臨してきたので、作る気になった、そして作れた、という偉大なるタイトルなのであります。いや、まだ完成してませんが(しつこい)。


 あー、内容ですが、1985年の『クライシス・オン・インフィニット・アーシズ』から2004年の『アイデンティティ・クライシス』までの20年分のDCコミックス社のメガ・クロスオーバーを紹介する本です。本当は、2011年まで紹介したかったんですが、『インフィニット・クライシス』の関連タイトル全部読む気力が沸かなかったのでやめました。そもそも、資料とか充実してる『インフィニット・クライシス』を紹介してもしょうがないしね!(言い訳) それだったら、資料が全然ない『ブラッドライン』とか『ウォー・オブ・ザ・ゴッズ』を紹介した方が、読者のみんなのためになるだろう? だろ?(澄んだ目で)

 なわけで、今回の原稿を書くために、20年分のメガ・クロスオーバーを読み返しましたが、やはりバーンの『ジェネシス』は(以下略)


 つか、今まで5回挑戦して、いずれも第3号くらいで力尽きてた『ウォー・オブ・ザ・ゴッズ』をついに最後まで読み通せたよ! 感想としては「ご都合主義の連鎖で事件が解決する感じな話でも、運命の3女神とか出せば“全部、運命の導き”ですませられるからいいよね!」とかいう感じ。

 あと登場人物多すぎ。ていうか、作中でいかにも「神話の英雄です」的なツラで活躍してたアイツが、実はチャールトン・コミックスの古参キャラクター、サン・オブ・バルカンだったことに、ようやく気づけたよ! 何の説明もないから本当に「バルカンの息子」だとばかり思ってたよ!


 あ、あと、今回の本は「メガ・クロスオーバー」特集なんで、『キングダム』とか『シンズ・オブ・ユース』とか『シルバーエイジ』とか『JSAリターンズ!』とかは掲載してません。あれは、「フィフスウィーク・イベント」であって、メガ・クロスオーバーではない、というのがオイラの見解ですので。


 っつーわけで、そんなこんな今週末、8月13日土曜日のコミックマーケット80の東地区ミ-14aのアメコミ向上委員会を訪れると、運がよければオイラの新刊が買えるよ! 多分ね!
  
  

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。