Home>2012年03月  TotalPages1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●『総天然色AKIRA』の違和感、のハナシ。

2012.03.29 Thu

 そういうわけで、前フリしてから大分経っちまいましたが、『総天然色AKIRA』についての、適当なエントリを書こうと思う。

 ほら、いつのまにか大友克洋が再起動するとか原画展するとか、微妙に盛り上がってるので。尻馬に乗って客を引き込むぜー、と(適当)。


▼そういうワケで:

 まあ、端的にいえば、『総天然色AKIRA』に「ここ、訳が変じゃね?」っていう箇所があるので、それを指摘しつつ、「どこで間違ったか」を考察していこうという、まあ、いつもの俺だけ楽しいエントリですが。


 具体的には、『AKIRA』第1巻のクライマックス、鉄雄の攻撃を受けた金田が、“特別製の”クスリを落としてしまい、それを鉄雄が飲んじゃおうとするシーンですが。

 ――要するに、ここの2ページね(講談社版『AKIRA』第1巻より転載。右開きの本を左から並べてくのは違和感あるなぁ)。


 ここの流れのポイントは、金田と大佐はこのカプセルが超能力者用の特別なものであり、「常人が飲んだら死んでしまう」程の劇薬であることを知っている。ただ鉄雄だけがカプセルの詳細を知らず、単なる(金田がいつも持ち歩いてる)興奮剤のカブセルだと思ってて、頭をスッキリさせるために、躊躇なく飲もうとしている、というトコですね(※筆者註:『AKIRA』のストーリーを一から説明するのは不毛なので、各自、ストーリーを知っているものとして、最低限の説明ですませます)。


 で。

 同じシーンは『総天然色AKIRA』だとこのようになってます(『総天然色AKIRA』第1巻より転載)。――一応いっときますが、『総天然色AKIRA』は左開きなのでページが逆版になってるのね。

 
 その、問題は、この『総天然色AKIRA』版の2ページ目3コマ目の鉄雄のセリフ、

「お前さんだったんだな ずっと持ってやがったんだ」

 なんですが。

 このセリフだと、ニュアンス的に「お前さんだったんだな(特別製のカプセルを)ずっと持ってやがったんだ」的に読めて、まるで鉄雄が「特別製のカプセル」の存在を知っていたかの様になっちゃうと思うんですよ。

 ……そうなると、物語の意味合いが変わってしまうし、「鉄雄が知らずにカプセルを飲んじゃう」という、第1巻の流れが一気に収束していくこのシーンの妙味が台無しになってしまうと思うのですが、どうでしょか。


 でー、オイラ、『総天然色AKIRA』の第1巻が出たとき(2003年って、もう9年も前か!)からね、このシーンに違和感を感じてて、同書が翻訳の定本としているエピック・コミックス版『AKIRA』では、このセリフはどうなってたのかなぁ、などと思って、まぁ、古本屋でエピック版『AKIRA』を見かけたときに購入してたんですが。


 ……エピック版を購入して、「いつか検証記事を書きたいなぁ」などと思って9年目とか、呑気にも程がありますね。
 つか、「今度こそ記事にするぞ! ……しまった、エピック版なくした! しょうがねぇ、古本屋で買うか!!」とかいうのを何度か繰り返したんで、ウチには該当号が3冊ほどあります(どうでもいい)。


 でー、こちらに引用するのが、そのエピック・コミックス社版『AKIRA』第6号より、該当シーンの米語版。


 こちらでは、鉄雄のセリフは

「IT WAS YOU, WASN'T IT?! YOU HAD IT ALL ALONG.」

 となっています。

 日本語訳すると、まんま『総天然色AKIRA』の

「お前さんだったんだな ずっと持ってやがったんだ」

 って具合になりますね。

 でもって、1ページ目にも注目して欲しいんですが、最後のコマで鉄雄がクスリのことを「THE DRUG」って、定冠詞つきで呼んでるんですよね。このことからも、多分エピック版の翻訳者は、この場面で鉄雄が「特別製のクスリ」のことを知っているという文脈で、米語訳しちゃったんじゃないかと、思います。

 要は、ここのシーンは、『総天然色AKIRA』の邦訳の際にニュアンスが変わったのではなく、エピック版で米語訳されたときに、ニュアンスが変わっちゃったのだな、と。

 それが確認できてスッキリしたぜ、と。


 ――いや本当は全然前にスッキリしてたんだけど、それを記事にするのに9年かかったぜ! <いばるな


 ちなみに、こないだのエントリで、現在コーダンシャ・コミックスUSAから出ている米語版『AKIRA』のテキストでも、エピック版の訳文が流用されていると書きましたが。

 ……ええ、実はコーダンシャ版『AKIRA』の該当のシーンも、エピック版そのままなんです(コーダンシャ・コミックスUSA版『AKIRA』第1巻より転載)。


 ……つまり、エピック版『AKIRA』第6号が発売された1989年以来、実に23年間、アメリカの読者はこのシーンを「ちょっと違うニュアンス」で読んじゃっている、というわけですね。

 っつーか、今後もここのセリフが直されることはないと思うんで、アメリカ人はこのシーンのニュアンスをずーっと取り違えたまま『AKIRA』を読み継いで行くのだろうという、割とアレな事実が。うぬ。


 とりあえず、取って付けたような結論としては、大友克洋が復帰するぜ! 世界的なニュースだぜ! とかお祭り騒ぎに便乗しつつ、セリフをオリジナルのニュアンスに近づけた「新訳版」米語版『AKIRA』とか出さね? とかで、どうか(知らぬ)。

 やっぱさ、なんのかんのいっても「俺達ァ健康優良不良少年だぜ」っていうセリフ回しとかはね、アメリカの人らにもそれに近いニュアンスで読んで欲しいじゃん、と。

 ――いや、思うだけで、別にここから何らかのアクションを起こすわけでもないのですが(最悪だ)。

 そんな感じに、適当に、オワル。
  
  
関連記事
スポンサーサイト

タグ:アメリカのマンガ

●最近の疑念と疑心と疑問。

2012.03.20 Tue

▼どうでもよき恨み節とか疑問の提示:

 その、去年の10月に、『JLA』(ソフトカバー版)第1巻が出たのですよ。

 まあ、これですが。

JLA Vol. 1
JLA Vol. 1Grant Morrison Various

DC Comics 2011-10-04
売り上げランキング : 28906


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 でー、こいつの中身がね、2008年から刊行されていたハードカバー版単行本『JLA:デラックス・バージョン』(全4巻)と同じ……と思いきや、DCコミックス社のホームページによれば、本誌のウリは「デラックス版に乗っていないマーク・ミラーの作品が収録されているよ!」ということらしいのですよ。

 ……つまりはオイラの持ってるハードカバー版『JLA』第1巻は、内容的にこのソフトカバー版よりもデラックスではない、ということか。なんたるファックだ。

 いや、デラックス・エディションのソフトカバー版を出すのは、まぁ、覚悟してたけどさ、内容面でデラックス版よりも特典が増えてるのは、こう、納得いかなくね? と。


 ちなみにこっちがハードカバー版ね(よくみると、右上に「デラックス・エディション」って書いてあるゾ!)。

JLA Vol. 1 (Deluxe Edition)
JLA VOL 01 (Deluxe) (Jla (Justice League of America) (Graphic Novels))Grant Morrison

DC Comics 2008-09-02
売り上げランキング : 390063


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ちなみに値段はハードカバーの方が10ドル高いヨ!(<セコイ)


 で。

 このクダンの「マーク・ミラーの作品」の内容が気になって、「JLA Vol.-1 Morrison」とかいうキーワードでググって見たところ(何でも引っかかってきそうな検索ワードやね、しかし)、このTPBの内容について議論されているDCコミックス社のファン掲示板がひっかかったのさ。

 この「ハードカバー版の内容はソフトカバー版に劣るのか?」なんてタイトルの付いた、ケンカごしのこのスレッドを読もうとしたんですが……その、ご存知の方も多いでしょうが、つい数日前、DCコミックス社は自社のホームページの全面リニューアルを行ってまして……その、ファン掲示板そのものをコンテンツから削除していたですよ。だもんで、検索結果のURLをクリックしても、そのスレッド見れなくなっててな。……キャッシュすら残していないとは、なんたるファックか。

 あと、時に公式の書誌情報よりも細かな書誌情報が掲載されてることもある、Amazon.Comのレビューを見てみたんですが、これが、ハードカバー版のレビューの転載しか掲載されてないという。

(※Amazon.Comは、同じタイトルの本のソフトカバー版の書誌情報やレビューを「ハードカバー版のものです」とかいう注釈をつけつつ、転載するシステムがあるのよ。ハードカバー版とソフトカバー版の中身が完全に一致してるなら転載も有用なんだけど、今回のようなケースだと、ハードカバー版の詳細な情報を書かれても、その、無用之介やねん<っつーか、ソフトカバー版のレビューだと思って読んでたら、「この大判の豪華な装丁の単行本に~」なんて一文があって、ソフトカバーのクセに特殊な装丁の本なのかと思って、一瞬ビビった)


 とりあえず、断片的な情報から類推してみるに、だ。

 ハードカバー版の総ページ数が256ページなのに対してソフトカバー版も256ページ。
  ↓
 となると、追加収録する作品のページは、元のハードカバー版の目次+巻頭言(計7ページ)あたりの余分なページを削って捻出したものと思われる。
  ↓
 つまりは、そんなに長い作品は入っていない(せいぜい6ページ)と思われる。


 DCコミックス社のTPBの説明文では、ソフトカバー版の収録作品は「collecting JLA #1-9 and SECRET FILES AND ORIGINS #1」とあるので、それ以外のタイトルから作品を持ってきてはいないと思われる(というか、そう信じたい<最近、『スーパーガール』のTPBを読み返してたらクレジットに表記されてる収録している作品の号数が間違ってた、ということがあったので、「公式が出してる書誌情報ですら疑ってかかるべき」というヤッカイな疑心暗鬼モードに入ってる)。
  ↓
 で、オリジナルの『JLA』第1~9号にはバックアップ短編などは収録されていないので、多分、『シークレット・ファイルス&オリジンズ』に掲載された短編が載っているのだと思われる。

 この『シークレット・ファイルス&オリジンズ』には、モリソン+ミラーの22ページの短編(これはハードカバー版にも収録されている)と、ミラーによるマーシャン・マンハンターの5ページの短編が載っているわけで。

 以上のことから、多分ソフトカバー版には、上記のマーシャン・マンハンターの話が追加収録されてるんじゃないかなぁ、という結論に至ったんですわ。


 ……なに、実際にソフトカバー版買って確認すればいいだろ、って? ふむ、どうも君は、オイラがこの両手に握ってるハードカバー版『JLA』の「読む以外の活用法」を知りたいと見えるね。


 でー、ここまでグダグダ書き連ねた上で、な。

 結論としては、

 ぶっちゃけ、このブログ読んでる人で、ソフトカバー版買った人はおられますですか? と。

 おられましたら、その、中身がどうだったか、教えてはいただけませんかね? と。


 ……その内、どっか洋書を扱ってる店に行って、ソフトカバー版を立ち読みしてくるかなぁ。

  
 ていうか、DCが2巻以降も「デラックス版には未収録のアレが!」的なソレをウリにした本を作り続けやがったら、担当編集者に「台割を切っても切ってもページ数の帳尻がつかなくて、左ページに1ページ無駄なブランクのページを作ったりしたあげく、総ページ数も半折増えるとかいうミットモない本を作る羽目に陥る」呪いをかける。ムムム。
  
  
関連記事

●最近の読書。

2012.03.09 Fri

▼最近の読書と、昔のデッドプールとプリーストと:

 多少、仕事の山を越した。いや次の山が近づいてきてるのですけど。

 とりあえず、明日晴れてたら自転車でツーリングに行きたい。16号線を駆け抜けてJR千葉駅周辺なぞに行きたい。

 もしくは『シャーロック・ホームズ』を見に行きたい。

 つか、イマサラ『シャーロック・ホームズ』の予告編見たけど、相変わらずバンバン爆発が起きるわ、ビクトリアン・スナイパーライフルが登場したりしてるだわで、非常に素晴らしいですね。こう、クライマックスでモリアーティが蒸気駆動ミサイルランチャーを繰り出したり、それに対抗してホームズが「見ろ! 俺の究極の推理を!」とかいって、ライヘンバッハの滝に仕掛けた爆弾を起動、推理していた地点にピンポイントに土砂が降り注いでモリアーティが生き埋めになったりしても、もはや「さもあらん」という顔をして拍手するより他にない。


 でー。

『デッドプール・クラシックス』第6巻を、読んでたですよ。クリストファー・プリーストがライターを務めていた『デッドプール』第34~44号(+『ブラックパンサー』第23号)を丸々収録してることでおなじみのソレを。

 こう、オイラの認識だと、このプリースト期以降、デッドプールはメタな発言をするキャラクターになってった、という感じなのですが。これって正解かしら、と、フト気になった。

 どうだろ(知らぬ)。

 上記の認識が正しいとすると、当時のプリーストの出世作で、時折メタなネタをやってた(ある回の冒頭で、読者に向かって「“ニグロ”という言葉が使用できないので、今回は別の言葉に言い換えます」なんて宣言したり)『クァンタム&ウッディ』が、デッドプールのメタ化の原典なのかも知れぬ、と愚考してみたが、どうだろう。

 それにしても、プリースト期の『デッドプール』はやりたい放題だよなぁ。『クァンタム&ウッディ』や『ブラックパンサー』よりもネジを外しているというか、全体的にヤケクソというか。

 全く唐突にDCのロボのパロディキャラクターを出して、収拾がつかなくなったら爆発オチ、デッドプールの深宇宙での冒険を続けてたらどうも読者に不人気だったようで、次回予告で「解った、次回で終わらすから!」とかいいつつ、すげえ適当な説明(「親切な人が俺を見かけて宇宙貨物船に連絡しといてくれた」から)で地球に戻ってくるとか、しまいにゃホークマンが「俺はあいつに発狂させられて、リンボ送りにされたんだ!」とかいって、プリーストの死体が沼(略)

 っつーか、この記事書いてて、むしろ『クァンタム&ウッディ』とか『ブラックパンサー』読み返したくなってきたんで、今度、実家に帰って物置を漁ろうと思った。つか、『ブラックパンサー』第23号で、ブラックパンサーの中の人がエリック・キルモンガーとかいう人になってて、「この頃、そんな展開だったっけ?」とか巨大なハテナが頭上に浮かんだのですが。いかん、全然覚えてないな。

Deadpool Classic - Volume 6
Deadpool Classic - Volume 6Christopher Priest Glenn Herdling Paco Diaz Luque

Marvel 2012-02-01
売り上げランキング : 38208


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『クァンタム&ウッディ』がAmazon.co.jpに登録されていないことに遺憾の意を表明したい。
  
  
関連記事

●最近の死亡フラグ。

2012.03.07 Wed

▼フラグを立ててみよう、の巻:

 忙しい。

 なにがどう忙しいかを順に説明するほどヒマじゃないほどに忙しい。


 そういう状況下に限って、「したいこと」が脳裏に浮かんでくる。

 前回触れた、『総天然色AKIRA』に関するどうでもいいエントリ書きたいなぁ、とか。


 なので今回は、「俺……今の仕事が終わったら……○○するんだ……」とかいう、フィクションにおける「死亡フラグ」的なソレをメモ的に書き留めていきたく思った。

 ……もうすぐ震災から1周年なこの時期に何を不謹慎な、とか、フト思ったけど、まあ、1年経ったので首都圏ではこういう不謹慎なネタで笑える余裕も出てきたのですよ、とかいうオタメゴカシで逃げる。


 とりあえず、先週末に、発作的に新しい自転車注文したんよ。クロスバイクの24段変速。

 今の仕事が終わったら、国道296号線を走って船橋行ったり佐倉行ったりするんだ……(千葉県八千代市民ローカルネタ)。あと犬吠岬にチャレンジする。そっから千葉市にも行って、昔あの近辺で見つけた、やたらマクファーレン・トイズのフィギュアがおいてあったハードオフ行って、『ヤングブラッド』の未所持のフィギュア買うんだ……。


 あと、こないだ『ウォーキングデッド』の第2巻が届いたんだけど、読み出したら第1巻の内容(つか、サブキャラレベルの人間関係/恋愛関係)を、すっかり忘れててな。

 今の仕事が終わったら、第1巻から腰を据えて読み直す。優雅に紅茶でもすすりつつ。


 あと、5月のイメージ・コミックス社の新刊で、ロブ・ライフェルドの『ヤングブラッド』とか『グローリー』とか『ブラッドストライク』とか『スプリーム』が復活するんで、旧シリーズに言及した「リメンバー・ナインティー」なエントリ書くんだ……。

(こないだニューズラマに掲載されてたイメージ20周年のライフェルド・インタビューを訳し始めてるのだぜ)

 っつーか『プロフェット』は復活しないの? とか思ったら、今のイメージには、まんま『プロフェット』ってタイトルの、別のコミックが存在してるのね。うん、出しにくい。


 それと、邦訳版『バットマン&サン』読んでたら、

・ダミアンの初出は『サン・オブ・ザ・デーモン』で本当によいのか(『バットマン』第655号と見なすべきではないのか)。

・また『サン・オブ・ザ・デーモン』は「全て」コンティニュイティ内と見なしていいのか(単に「バットマンとタリアが子供を産んだ」という設定のみ持ってきただけで、本編自体はコンティニュイティ外と捉えるべきではないのか)。

 と、いう点が疑問として浮かんできたので、この仕事が終わったら一通り資料をひっくり返したく思う。

 ――まあ、単なる確認作業なんで、エントリにはしないけどな。

 てか、『サン・オブ・ザ・デーモン』が「黒歴史」と見なされていたのは、単に「バットマンとタリアの間に子供ができた」というアレだけでなく、そもそも描き下ろしグラフィックノベルってのは割とコンティニュイティ外と見なされがちな風潮があることとか、作中でバットマンがラーズに銃を手渡して使用を促すシーンが「バットマンのキャラクターを逸脱している」として当時のファンの間で議論となった、とかいう要素もあったわけで。

 一方で、邦訳版『バットマン&サン』の解説では、割とこう、「その原因は、本書のラストで登場した赤ん坊の存在である」的に、黒歴史化の原因を「バットマンとタリアの間に子供ができた」ことだけに集約させてるのは、いささか問題があるのではないか、ということは指摘しときたく思う(今指摘しとかなきゃ、今後語る機会はないだろうし)。

 あとは、この仕事終わったらタミヤの1/35スケールのT-55エニグマ買うんだとか、「『めしばな刑事タチバナ』の手法でアメコミの瑣末な話をするというのはどうか」という小ネタを振りつつ、「コミPo!(マンガ描くソフト)って、『めしばな刑事タチバナ』的なマンガを描くのにすげぇ向いてるツールじゃね!?」とかいう話をするんだ、とか、色々書きたいことはあるのですが、今日の所はこんなモンで。
  
  

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。