Home>2012年11月  TotalPages1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●最近のトランスフォーマーズ。・その2

2012.11.30 Fri

▼その後のレッカーズ:

 っつー訳で(前回のエントリ参照)、レッカーズブームなオイラは、レッカーズの載ってる本を求めて、『トランスフォーマーズ・クラシックスUK』の第3巻を買ったのだ。

 1、2巻飛ばして、いきなし3巻から買った(<どうかと思う)。

 この本には、レッカーズの初出話であり、コミック版『トランスフォーマーズ』のマイルストーンの1つとされる「ターゲット:2006」が収録されているのだよ。

 こう、IDW版レッカーズに触発されて、オリジナルのレッカーズに興味を持つというのもどうかと思うが、まあ、オイラはコミック版『トランスフォーマーズ』に関していえば、まだ初心者なんで、ご容赦頂きたく思う。


▼「ターゲット:2006」を読んだ:

 読んだ(いや、「ターゲット:2006」以外も読んだけど)。

 こう、この「ターゲット:2006」は同時期に公開されてた『トランスフォーマーズ:ザ・ムービー』とのタイアップとして描かれた作品であるので、ゲストキャラクターとして登場してる(『ザ・ムービー』のメインキャラクターである所の)ガルバトロンとウルトラマグナスがやたらめったら強く描かれているなあ、というのが素朴な感想。

 ――逆にレッカーズは、初出とはいえそんなに活躍してなかった(初登場時にディセプティコンズを虐殺してるけど「実は訓練用の“ディセプティコンズに似せて作ったロボ”でした」オチだし)。

 その、この話の中では、オートボットの一大反撃作戦「オペレーション・ボルケーノ」の準備を進めているのだけど、ウルトラマグナスは「あいつが欠けたら作戦成功するわけねぇだろ!」とか突っ込まれるぐらいの格の強キャラでな。

 しかも、物語の後半で、オートボットの反抗勢力の指導者ザロンが作戦開始時刻に間に合わなそうなウルトラマグナスの代わりの戦士として、スプリンガー、サンドストーム、ブロードサイドの3人のトリプルチェンジャーを送り込むのね。トリプルチェンジャー3人が、マグナス1人の代わりよ? しかもザロンいわく、「彼らはマグナスの域には達してない(They're not Magnus standard)」って、どんだけ強いんだよ、ウルトラマグナス!


※余談:こう、「ターゲット:2006」について言及されてたサイトを検索してたら、UK版『トランスフォーマーズ』の全話レビューをしてるとかいう、凄まじいサイトがあったのですが。そこではこのザロンの「Magnus standard」というセリフを「ウルトラマグナスの階級か何か」と解釈してて、「マグナス・スタンダードの頂点の戦士=ウルトラマグナス」なのでは、とか書いてたけど、個人的には、この解釈は違うんじゃないかなぁ、字義通りの意味に取れば良いんじゃないかなぁと、思った。
 その、Transformers Wikiの「ターゲット:2006」の項目にも、このセリフを指して「He admits they're not up to Magnus's standard」と書いてあるし。



 一方のガルバトロンは、ジェットファイア率いるオートボットの一斉射撃を受けても傷1つ受けずに仁王立ちで呵々大笑してるという有様で。

 しかもガルさんときたら、それまで強い強いと持ち上げられてたウルトラマグナスをタイマンで圧倒し、作戦のために時間稼ぎに徹するマグナスさんを追い詰めて大勝利しやがるという。

 すなわち「ガルバトロン>ウルトラマグナス>トリプルチェンジャー3人」という恐るべき強キャラぶりですよ――でもガルさん、「ターゲット:2006」の後の話(これも『クラシックUK』第3巻に収録)でロディマス・プライムに負けてるのよね。……ジンバブエどこじゃないインフレやがな。


 あと、この話に登場するガルバトロンてば、『ザ・ムービー』でのガルバトロン誕生~ユニクロンのサイバートロン星侵攻までの間の時点のガルバトロンが、現代にやってきてるのよね。だもんで、その時点の未来から来てるサイクロナスは現代のウルトラマグナスを変に警戒してるし、ロディマス・プライムではなくホットロッドがゲスト出演しているし、何よりガルバトロンが非常に理性的という。

 こう、同盟を求めてきた現代のスタースクリームの肩を叩いて「サイクロナスの態度は勘弁してやってくれよ、あいつは拳で物を考える性質でな、わかるだろ?」とか口先で懐柔しつつ、裏では「ま、俺のおかげで2006年じゃ、あいつに未来はなくなってるんだけどな!」とかブラックジョークを飛ばすガルバトロンって、なかなか見られないよなぁ、と。

 まあ、結論としては、名作といわれるだけのことはある、非常に濃密な話で、『ザ・ムービー』とのタイインの関係で派手な話になってて、面白ぇなぁ、と。まあ、アメリカ版のコミックと足並み揃える関係で「オペレーション・ボルケーノ」があんな感じになってしまうのは、まあ、ご愛敬ではあるけど。


 あとまあ、「ターゲット:2006」が名作なのは首肯するけど、やはり、長期に渡って展開された連載コミックの流れの中の話なので、その前後の話の流れとかも含めての面白さであるなぁ、と思った。

 第3巻に収録されてる「ターゲット:2006」の後の展開で「自分がいないとオートボットって烏合の衆なんじゃねぇか」と悩んだオプティマス・プライムが、自分の死を偽装しようとしたけど色々あって何故かサイバートロン星に顕現してディセプティコンズのスパイと間違えられて、ウルトラマグナス&レッカーズに処刑されそうになって、その頃地球ではオプティマスの葬式が執り行われていたのである! な感じの一連のハナシとか、良いよね、と。

 そういった意味で、『クラシックUK』の続刊も買っていこうと思った(<その前に1、2巻も買いたまえ)。
  
  
 トランスフォーマーズのハナシ、まだツヅく。
  
  
関連記事
スポンサーサイト

タグ:トランスフォーマーズ

●最近のトランスフォーマーズ。

2012.11.27 Tue

 なんか、こー、DCコミックスもマーベル・コミックスもロクロク読まなくなって、IDWコミックスの『トランスフォーマーズ』各シリーズ(ただし単行本)と、同じくIDWから再版されてるマーベル・コミックス版『トランスフォーマーズ』のリプリント単行本しか読んでない今日この頃になりました。

 まあ、長いことアメリカン・コミックスを読んでいれば、こういう時期も来るんじゃないかしら、とか思いつつ。

 そんな訳で、ここ数ヶ月の『トランスフォーマーズ』の話をするエントリ。


▼「トランスファンケット」に行ったぞ、というハナシ:

 過日(2012年9月23日)、「トランスファンケット」に行った(いつの話してるねん)。

「トランスファンケット」とは、『トランスフォーマーズ』のシリーズのファン交流イベントっつーか、同人誌即売イベントな。

 こう、実はあんま行く気はなかったのだけど、開催日の数日前に、なんとなくネットで検索してたら、IDW版『トランスフォーマーズ』の『ラストスタンド・オブ・ザ・レッカーズ』の同人誌が出る、との情報をみつけたので行くことにした。

 当日はあいにくの雨模様ながら、「レック&ロール!」とか叫びつつ会場の浅草橋に向かう(ウソ)。

 会場には1時頃到着(<既にやる気ない)。

 場内に近づいたら、スタッフの人に「整理券を持ってないと2時からの入場になります」といわれる。

 面倒くさいので帰る。

 ……と、いう訳にもいかないので、最寄り駅の浅草橋に戻って時間を潰す。

 2時になったので会場に戻る。

 入る。

 同人誌は『プライム』とか劇場版とかが多めな印象。IDW版コミックスの本はあんま見あたらず(コミックのあらすじ紹介的なパンフっぽい薄い本は見かけたけど、別に要らぬので無視<ヲイ)。

 サークル参加していたオレンジフードさんに挨拶。でも、目当ての同人誌をまだ買ってなかったので、本当に挨拶止まりでその場を立ち去る(<駄目だこの人)。

 目当ての同人誌『WRECKIMPO564!!』発見。

 購入。

 オレンジフードさんの卓に戻って少々話す。

 帰る。

 会場の滞在時間15分。<どうかと思う。


▼目当ての「レッカーズ」の本、『WRECKIMPO564!!』の感想:

 とても面白うございました。

 いやね、スゲェいい本よ。『WRECKIMPO564!!』。『ラストスタンド・オブ・ザ・レッカーズ』を読んで心を動かされた全ての人にお勧めしたき本ナリ。――今どっかで入手できるか知らないけどナー。

 何がいいって、『ラスト・スタンド・オブ・ザ・レッカーズ』という作品自体の解説とかは一切なく、「『ラスト・スタンド・オブ・レッカーズ』を読んだ人」にだけ向けて本を作ってるトコ。読者を選びつつも選ばれた読者に対して全力で作品を描いてるその姿勢は、同人誌の1つのあるべきスタンスだと思う。

 その一方で、『ラスト・スタンド・オブ・レッカーズ』だけを読んで本を作ってる訳じゃなく、きちんと現行のオンゴーイング・シリーズな『トランスフォーマーズ:モア・ザン・ミーツ・ジ・アイ』他も読んだ上で描いてるトコもいい。地に足がついている。


▼その後のわたくし:

 そういうわけで、『WRECKIMPO564!!』に触発されて、レッカーズブーム到来。冬のコミックマーケットに受かったので、「ようし、『ラストスタンド・オブ・ザ・レッカーズ』の同人誌でも作ってやるぜ!」とか乗り気になる。

 ネットで『ラストスタンド・オブ・ザ・レッカーズ』の情報を調べる。

 現在刊行されてるハードカバー版『ラストスタンド・オブ・ザ・レッカーズ』が、オイラの持ってるソフトカバー版『ラストスタンド・オブ・ザ・レッカーズ』よりも40ページ程ページ数が多くて、巻末にやたら特典が追加されてることを知る。

「くそう、今回だけだからな!」とか毒づきつつ、ハードカバー版『ラストスタンド・オブ・ザ・レッカーズ』をAmazon.co.jpで購入。いいお客さん過ぎる。

 でー、巻末に追加で掲載されてる小説とかを今から読んだりしてて、冬のコミック・マーケットに間に合うとも思えないので、『ラストスタンド・オブ・ザ・レッカーズ』同人誌計画は頓挫(ヲイ)。

 そうこうしてる内に、ハードカバー版が届く。

 巻末の追加分だけ読む(でも小説は面倒なので後回し<……。)。

 追加特典で収録されてる1ページのコミックが、『ラストスタンド・オブ・ザ・レッカーズ』の微妙に不自然だった某キャラのエピローグの補完になってて吹く。ソフトカバー版にも載せろよ、これ! いや、あの子がアレを隠匿してたことは、ソフトカバー版のエンディングで充分に匂わされてたけどさ、でも作中で明言されるのとされないのでは、意味合いが違ってくるじゃん、ねえ。

 っつーか、そのコミック中に、『オール・ヘイル・メガトロン』のエピローグで「どう考えても死んだ」キャラが、シレッと元気に登場してて吹く。……ハードカバーの「完全版」単行本も出てる『オール・ヘイル・メガトロン』の、更なる補完を『ラストスタンド・オブ・ザ・レッカーズ』の単行本でやっちゃうって、いいのか、それ。

 ……っつーか、他のハードカバー版(『コンプリート・オール・ヘイル・メガトロン』とか『コンプリート・ドリフト』とかでも、他のシリーズにも波及するような補完をしてそうで怖ぇなぁ。IDW版『トランスフォーマーズ』で資料系同人誌を出そうと考えてる、こっちの身にもなってくれよ!(知らぬ)

Transformers: Last Stand of the Wreckers
Transformers: Last Stand of the WreckersNick Roche James Roberts Guido Guidi

Idea & Design Works Llc 2012-03-06
売り上げランキング : 3530


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
っつーわけで、ハードカバー版『レッカーズ』。ソフトカバー版は無駄にプレミアが付いてるので買うな。
こっちはまだAmazonにも在庫があるし、マーケット・プレイスでもプレミア付いてないし、第一ページ数が多い。


▼次回予告:

 サザエです。長くなったので、次のエントリも「最近のトランスフォーマーズ」なエントリにすることにして、今回はここまでにします。

 さて次回は、「レッカーズブーム継続中」「その勢いで『UKクラシック』を第3巻からいきなり購入」「『ターゲット:2006』を初めて読んだぜ!(<今更!?)」の3本でお送りします。

 あと次次回は「レッカーズブームまだ継続!」「ドリームウェーブ再評価しようぜ!」「『メガトロン・オリジン』再読したけど面白いぜ!」の3本で。<続くのかよ!

 でもって次次次回は「『Autocracy』面白いぜ!」「届いて5分で後悔した本」「Amazonで海外から取り寄せた本が……!」とかで。

 んがくく。
  
  



関連記事

タグ:トランスフォーマーズ

●最近のマーシャル・ロー

2012.11.13 Tue

▼マーシャル・アーツの使い手のローさん(吹き替え:水島 裕)、ではない:

 昼飯を食ってたら、ふと、「『マーシャル・ロー:オムニバス』って、出たのかしら」との想念が湧く。

 そう、あの、トップシェルフ・プロダクションズが「2009年秋に出すよ!」とかいいつつ、以来、3年間延々と「もうすぐ出るヨ!」とか言い続けてて、オイラ個人はすっかり忘れてた『マーシャル・ロー:オムニバス』

 試しにAmazonで「Marshal Law」で検索かけたら『Marshal Law: The Deluxe Edition』とかいうハードカバーが引っかかる。

 おお、タイトル変わりつつも、出るには出るのだなぁ、とか思いつつ書誌情報を見てったら……版元、DCコミックス? トップシェルフじゃねぇの?


 ……とりあえず、「Marshal Law Omnibus」でググって見たら、ブリーディング・クールの記事を発見した。

 ふむ、2011年3月の時点で、DCが単行本を出すって記事が出てて(※記事によれば作者のパット・ミルズとケヴィン・オニールは既に2010年12月に、契約書にサインしてる)、でー、その後やっぱり音沙汰なくなって、2012年3月に「2013年の春に出るヨ!」という続報が出たのね。

 ちなみにオリジナルの『マーシャル・ロー:オムニバス』は、「『マーシャル・ロー』全話収録」をうたった全512ページの大冊でしたが、DCコミックス版は「『マーシャル・ロー』全話収録!(ただしクロスオーバーは除く)」な感じで、全480ページにボリュームダウンしてる感じ。

 一応、ブリーディング・クールの記事には、「クロスオーバーの『マーシャル・ロー/ピンヘッド』や『マーシャル・ロー/サヴェッジ・ドラゴン』『マーシャル・ロー/マスク』は続刊に収録される」とか書いてありましたが。

 個人的に、『マーシャル・ロー/ピンヘッド』――ああ、ピンヘッドってのは『ヘルレイザー』に出てくるあの人ね。当時アメリカ版『マーシャル・ロー』の版元だったエピック・コミックスが、『ヘルレイザー』のコミックも出してたから実現したんじゃないかと思う――は、ケヴィン・オニールのパンクなアートが『ヘルレイザー』のゴシックSMな世界と無駄にマッチしてて大好きだったし、『マーシャル・ロー/サヴェッジドラゴン』も、確かマーシャルがドラゴンと握手して別れてて(割とうろ覚え)、当時「『マーシャル・ロー』なのになにこの爽やかなエンディング」とか思った記憶があるし(本当かどうかは現物が手元にないので確認できぬが、マーシャルがドラゴンを認めてた描写はあったと思う)、『マーシャル・ロー/マスク』はラスト1ページの“台無し”な感じとか大好きだしで、これらのクロスオーバーは、単なるお祭りな競演じゃなく、マーシャル・ローの内面に踏み込んで色々と書かれてた感があったので(まあ、うろ覚えだけど)、ぜひとも単行本化して欲しいなぁ、と思う次第。

 ……てかまあそもそも、来年4月に『マーシャル・ロー:デラックス・エディション』が順当に発売されるかどうかが問題なわけですが。

 とりあえず、予約はした。多分、数ヶ月後には予約したのを忘れてると思うので、いい感じで来年春に嬉しい報せが届いて欲しいなぁ、と思いつつ。

 ……でもチャンと出るなら、G-Martで30%引きで買っちゃおうk(以下アサマシいので略)。


 などと、昨年には情報の出ていたソレに対して今さらあれこれ語るという、非常に1周遅れなエントリでありました、と。

 オワリル。


Marshal Law: The Deluxe Edition
Marshal Law: The Deluxe EditionPat Mills Kevin O'Neill

DC Comics 2013-04-23
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 このように『デラックス・エディション』は、一応、Amazonに登録されてはいる。登録されてるから出る、とは限らないのが、この手の本の恐ろしい所だが。
関連記事

●業務連絡な日々。

2012.11.08 Thu

▼冬のコミックマーケットに出るぜ、の巻:

 えーと、今年の冬のコミックマーケットに参加します。夏には出れなかったので1年ぶり。

 今仕事忙しいので、参加しなくともいいかと思ってたけど、当選してしまったからには出ねばなるまい。新刊も作らねばなるまい。


 ちなみに卓の場所は、土曜日、東地区Tブロック11bだそうです。まあ、いつものアメリカン・コミックス系サークルのシマ中にいるのではないでしょうか。

 ちなみにサークル名は「マーベルダイナスティ」……サークル名記入間違えたぁ!(ホントは「マーブルダイナスティ(Marble Dynasty)」なのよ、うちのサークル)。

 ちなみにこのサークル名は、グラント・モリソンの『ワンミリオン』に登場する「スーパーマン・ダイナスティ」「フラッシュ・ダイナスティ」とかいったヒーローらの氏族に由来してるが別にどうでもいい。


 新刊は……出せるけど、サークルカットに書いた(書いたのよ)「コミック版『ダーティペア』特集第2弾」は出ないと思う。今のテンション・興味の方向性、流用できる未発表テキストの分量からいって、コミック版『トランスフォーマーズ』の本になるんじゃないかしら。

 ホントは『アベンジャーズ/トランスフォーマーズ』の本でも出そうかと思ったけど、原書(実家のどっかにある)が見つからなくて、ローンスター・コミックスにもバックナンバーがなくて、アレのためにハードカバーの『トランスフォーマーズ:ジ・IDWコレクション』第3巻を購入するのもアレなので辞めた。
  
  

Transformers: The IDW Collection 3
Transformers: The IDW Collection 3Simon Furman Stuart Moore Klaus Scherwinski Guido Guidi

Idea & Design Works Llc 2011-03-15
売り上げランキング : 52849


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ミニシリーズ『トランスフォーマーズ/ニューアベンジャーズ』と『トランスフォーマーズ:デバステーション』、それに『トランスフォーマーズ・スポットライト』の「ガルバトロン」「ラムジェット」「ウィリー」「ブラスター」「アーシー」「グリムロック」「ミラージ」を収録。

 2012年11月現在、マーケットプレイスでイヤな値付けがされてるソフトカバー版『トランスフォーマーズ/ニューアベンジャーズ』を買うくらいなら、だいたい同じくらいの値付けでページ数の多いこっちを買うことを勧める。『トランスフォーマーズ・スポットライト:ラムジェット』(実は『トランスフォーマーズ/ニューアベンジャーズ』から話が続いてる)も収録されてるしね。
  
  
関連記事

タグ:同人誌

●ドレッドウイングが安かったぜ、の巻。

2012.11.04 Sun

▼前フリらしきもの:

 過日、TVで絶賛放送中の『トランスフォーマー:プライム』の新作トイである所のドレッドウイングさんを、休日出勤のついでに(涙)、発売日の夕方頃に秋葉原のヨドバシカメラに買いに行った。

 売り切れてた。

 しょうがないので、壊れたデジカメの代わりになるコンパクトデジタルカメラを1万円くらいで買って、買い物依存症の飢餓感を満たす(<ヲイ)。


▼っつーわけで:

 その後、色々あって(※2分ぐらい回想シーンが入ります)遠路はるばる俺の手元に届いたドレッドウイングさんを、新しいコンパクトデジタルカメラで撮ってみることにした。
  
  
関連記事

タグ:アメリカン・トイ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。