Home>2013年03月  TotalPages1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●U. S. o.ニュース:DCコミックス社、新たなムーア作品をリメイクか?

2013.03.29 Fri

▼どうでもよきニュース風:

 アラン・ムーアの『ウォッチメン』のプリクエール企画『ビフォア・ウォッチメン』を完結させたDCコミックス社が、次なる“ムーア作品のリメイク企画”を計画しているらしい。


 米コミック情報ブログ、ブリーディング・クールによれば、DCコミックス社は2013年度の夏の大型クロスオーバーとして、アラン・ムーアが1980年代に企画書のみを執筆した幻のクロスオーバー企画、『トワイライト・オブ・ザ・スーパーヒーローズ』をリメイクするつもりだ、とのこと。

 このニュースの“情報提供者”は、DCコミックス社のウェブ部門でアルバイトをしていた人物だそうで、提供者の情報に従い、ブリーディング・クールがDCの公式サイトのとあるディレクトリにアクセスしたところ、複数の予告用画像──「バーで酒を飲むコンスタンティンのイラストと“ディア・ジョン 黄昏が来る”というキャッチコピー入りのティザー広告画像」「『ビフォア・ウォッチメン』の表紙を地に敷いた上に赤い字で“黄昏を待ちながら”のキャッチコピーの入った画像」「アラン・ムーアの署名入りの『トワイライト』企画書コピーの画像」──が見つかったという。

※「ディア・ジョン」は件の『トワイライト』の物語の冒頭とラストに登場する「手紙」の書き出し(女性からの絶縁状を意味する「ディア・ジョン・レター」に引っ掛けている)。


 この3つの流出画像は、ツイッターを経由して業界関係者に広まり、1980年代中頃にDCでバイトをしていたカート・ビュシークは、「あの企画書は、DCの倉庫に保管されていたオリジナルだ。表紙の右隅にコーヒーカップの染みがあるだろ? あれは僕がつけたものだ。資料室で働いていたときに、企画書を見つけて昼休みに読んでたら……ね(笑)」とツイートしている。


 一方、ムーアの友人のニール・ゲイマンは、

「ムーアは45分前にその情報を聞いた。30分前に蛇神に捧げる巨大な生きたウシガエルを買ってきて、20分前から庭に旧支配者の印を書きだした」

「ああ、もちろん説得したさ。15分前にね。それでムーアは生きたウシガエルを生贄に捧げるのは辞めた」

「彼が今何してるかって? 10分前にウシガエルの代わりに牛の首を買い付けに出かけたよ。呪いをより強固にするためにね」

「誰か、ウシガエルに最適なエサって知ってるかい?」

 と、ツイッター上でコメントした。


 嘘か真かは知らないが、イギリスのとあるコミックショップのツイートによれば、同店を訪れたムーア(何やら血の滴る包みを抱えてたらしい)は、

「30年前に死んだ者の墓を暴き、その血を絞るというのか」

「奴らは俺は憤怒で怒死させる気だ。俺が死ねば、奴らは『ウォッチメン』の続編を描けるからな!」

 とコメントしたとされる(追記:ウソだった)。


・続報1:

 日曜にバルチモアで開催されたコミック・コンベンションで、DCのとある編集者は、「この夏のDCのクロスオーバーは『コンスタンティン』オンゴーイング・シリーズを中心としたものになる予定」「コンスタンティンがDCユニバースを巡り、“応援”を求める話になる」と明かしたという。

 この「コンスタンティンが、現代のDCユニバースのヒーロー・コミュニティと接触し、“応援”を募る」という話は、オリジナルの『トワイライト・オブ・ザ・スーパーヒーローズ』のクロスオーバーのコンセプトと一致している。


・続報2:

 どうやら、『トワイライト・オブ・ザ・スーパーヒーローズ』(の、核となるミニシリーズ)のライターは、かつて時間遡行クロスオーバー『キングダム』を書いたマーク・ウェイド&グラント・モリソンのコンビになる模様。

 週末のDCのブログにて正式発表されるらしい。

 そもそもブリーディング・クールに“情報が漏れた”というのもウソで、DCが最初から仕組んでいたらしい。


・続報3:

 以下は先ほど更新された、ニューズラマの突撃インタビュー(古いね、表現が)でのライター陣のコメント。

 ウェイド(代表作『キングダム・カム』が『トワイライト』との類似を指摘されたこともある)「元々の『トワイライト』は『クライシス』で生じた様々な矛盾をフォローする企画として考えられたものだ。そこで僕は、現在の混沌としつつあるNew52ユニバースの状況を整理するために、この『トワイライト』を利用しようと考えている。いまやアース43に位置づけられている『ビフォア・ウォッチメン』の世界からもゲストが登場するよ。量子論的世界にふさわしい、“彼”がね」

 モリソン「本作では、新たな時間モデル“コヒーレント・タイム”という概念を提示したいと思っている。光をポンピングし、反転分布状態を形成することで任意のレーザー光が得られるように、この物語において時間の流れというものは、ハイパータイムで選択された複数の可能性に、『キングダム』に登場したクインテッセンスが任意に介入することで時間流がポンピングされ、彼らの望む波長を備えたコヒーレントな流れとして顕在化しているんだ。つまりコンスタンティンは、クインテッセンスに対抗して、彼の望む波長の時間流を作り出していくことになる。光の波長が揃っていく過程で……世界は大きな改変を迎えることになるだろう。ただし波長が変わっても、時間流の本質は変わらない。それがコヒーレント・タイムの特徴なんだ。なおNew52の世界観にクインテッセンスが存在する理由は、コヒーレント・タイムの成り立ちそのものに関わってくるだろう」


・続報4:

 ……と、いう根も葉もないウソを、エイプリルフールにこのブログに載せようと、思ってたのさ(待て)

 こう、文中で触れてる「ウソティザー広告」とかをね、本職のデザイナーに作らせようとか、考えてたのよ。“それらしさ”を出すために、ワザとトンボとか残したりしようかなぁ、とか考えつつ。


 ただ、書いてる途中で「ウソをついていい日に、あらかじめ仕込んだウソをついて、生暖かな目で見てもらう」という光景を想像したら、なんとも気恥ずかしくなったので、辞めた。

 そんなわけで、あえてエイプリルフール前に、ウソを垂れ流すという最悪な形で、この記事を発表したく思う。

 どうせ社会的影響力とか、カケラもないし、このブログ(<開き直りやがった)。

 ていうか、ウチのようなマイナーなブログごときが、エイプリルフールにもっともらしいウソをつくこと自体、おこがましいですから(真顔)。


 ……あ、今の発言に他意はないからね。あくまで俺が俺を否定してるだけで、よそがエイプリルフールにウカレることは否定してませんから。俺自身、メジャーどころが仕込んだ、よくできたエイプリルフールネタは好きですし。


 そんな訳で、色々気がすんだので、これから遠いところへ旅に出ます(ていうか仕事に戻ります)。

 この記事は、多分、エイプリルフール直前に消します(だんだん冷静になってきた<ていうか、何がしたいんだ、お前は<ウソが、つきたかった<じゃ、エイプリルフールにつけよ<それはイヤだ<最悪だ)。


 ……さようなら(昇天)。
  
  
関連記事
スポンサーサイト

●最近の日常。

2013.03.19 Tue

▼最近の日常:

 忙しいなぁ(詠嘆)。


▼業務連絡:

 忙しいので、今年の夏のコミック・マーケットの参加は断念しました。

 っつーか、冬に参加した時点で「夏は無理だなぁ」と判断してたんで、申込書すら買わずにいましたが。


▼最近のデジタルなコミックス:

 マーベルが700冊ほどデジタル・コミックを無料配布してましたね。

 とりあえず、臆面もなく700冊全部手に入れて、読んでます。

 マーベル・NOWの『サンダーボルツ』が、予想通りの「スティーブ・ディロンにアクション描かすな」な話だけど、話自体は面白いので、続きを買ってみようかなぁ、とか『ケーブル&X-フォース』が、何というかホープちゃんが阿呆可愛いので続きを買ってみるか、とか、『インビンシブル・アイアンマン アニュアル』の「マンダリン・ザ・ムービー」の話が、アイアンマン一切出てこなくて驚愕したけど、でもこれ24ページで終わらせられね? 24ページ×3はいらなくね? とか思ったり、『ホークアイ』がやはりホークアイ阿呆可愛いのでTPB買うか、とか、そんな感じ。

 こう、個人的に、今後マーベルは徐々にオンゴーイングのコミックブックを買うのを辞めて、TPBかデジタル・コミックスで読んでこうかなぁ、というパラダイム・シフトが起きかけてます。デジタル万歳。

 デジタル万歳といえば、「アルター・エゴ」も定期購読を辞めて、「読みたい記事があれば、版元のトゥーモロー・パブリッシングの公式ページでデジタル版を買う」というスタイルにシフトしました。一方で、「バックイシュー!」の定期購読は継続してますが。なんか、こっちは紙媒体で揃えときたいのよね(適当)。


▼最近のマーケットプレイス:

 こう、あいも変わらずAmazonマーケットプレイスでアメリカン・コミックスのTPBと要らないオモチャなぞを売り飛ばして、小銭を稼いでるオイラですが。

 なんか最近はTPBの受注が増えてるかなぁ、と、思った。

 こう、円安になってるんで、駆け込みでコミックスを買ってたりするのかしら(個人の印象論です)。

 つかまあ、この円安を受けて海外のセラーが微妙に値上げを始める一方、ウチの商品は円高の頃の値付けのまま放っといてるんで、相対的にウチの品物が買い求め易くなってる、というのもあるかもしれませんが(イソイソと値付けを変えつつ<ヲイ)。

 そういやこないだ、「あ、この人知ってる」って人から注文があったけど、顧客情報は明かせぬので、詳細は語らぬ(ここは俺の日記帳にしてメモ帳なので、書き留めただけナリ)。


▼どうでもいいハナシ:

 こう、通勤電車(成田発の京成線)に乗っててな。対面に座ってる人が、偉くでかいダンボール(18インチのブラウン管ディスプレイが入りそうなくらいでかい)を足元に置いてるなぁ、と思いつつ、何気なしに箱に貼られてるラベルを見てたら「Live Harmless Reptile」とか書いてあって、少しビビった。


 ……オワル(ナゲヤリ)。
  
  
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。