Home>2013年11月  TotalPages1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●最近の邦訳アメリカン・コミックス。

2013.11.28 Thu

▼最近の小芝居:

 あれえ、いつの間にかAmazon.co.jpで『デッドプール/パニシャー・キルズ・マーベル・ユニバース』が予約できるようになっているなぁ(棒読み)。

 デッドプールさんは大人気だから、一刻もはやく予約しなきゃ。

 おや、こんなところに商品への直接リンクがあるぞ。これはいい、さっそく予約しに行くとしよう(棒読み)。

デッドプール/パニシャー・キルズ・マーベルユニバース
デッドプール/パニシャー・キルズ・マーベルユニバース (MARVEL)カレン・バン ガース・エニス ダリバー・タラジッチ

ヴィレッジブックス 2013-12-20
売り上げランキング : 174136


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




 その、日本においては「メタ」なキャラクターであることが、押し出されているデッドプールさんですが、本単行本収録の『デッドプール・キルズ・ザ・マーベルユニバース』は、そういう「メタ」な部分がメインな内容となっていますので、そのようなデッドプールさんを求めるファンにはオススメな1冊かと思います。

 あと、同様に、日本でパニシャーさんの話題になるときに、俎上にあげられがちな『パニシャー・キルズ・ザ・マーベルユニバース』も、ついに現物を日本語で読めるときが来ましたので、正に無敵の1冊といえるでしょう。


 あとは対象としているであろう若い読者層が、「2,625円」という価格に対して、いかなるリアクションをするか、というのが気がかりではあるのですが、まあ、オイラが心配してもどうにもならないですね(投げた)。


 今気づいたのだけれど、邦訳タイトルは『~キルズ・マーベル・ユニバース』で、定冠詞がないのですね。


 ……他に何かいいたいことはありますか、本単行本の翻訳と解説を担当した小池なんとかさん。

「すみません、わたくしうっかりしておりまして、デッドプールのセリフを訳すにあたり、“オレちゃん”という1人称を1度も使いませんでした」

 ははは、うっかりさんですね。

「ええ、うっかりです」

 2度いうと嘘くさいです。

「正直なところ、“セリフを考えるのはライターの仕事であり、翻訳側で安易にアイデアを上乗せしてしまうと、ライターの仕事を台無しにしてしまいかねない”と考えまして、原文以上にハシャいだセリフ回しにしないよう心がけてみました。“オレちゃん”という1人称を採用しなかったのもその一環ですね」

 なるほど、そうでしたか(適当な相槌)。

「その代わり、“オレさん”という新たな1人称を編み出してみましたがどうでしょう」

 すごく……駄目だと思います。

「ともあれ、デッドプールの主役作品と、ガース・エニスの作品の邦訳に携われたことを名誉に思います」

 ありがとうございました(<なんか普通のインタビュー原稿のシメみたいになってるぞ)。


 以上、そんな感じで。
  
  
関連記事
スポンサーサイト

●本日、驚愕したこと。

2013.11.19 Tue

▼何たるエウレカな日々、あるいは、過去に心を飛ばす日々:

 ツイッターでNOBBONさんが1990年代に活動していたアメリカン・コミックスのサイト、「STAR SIGN」について語ってたら、ブログKingInkの筆者のKingInkさんが「それ俺が昔やってたサイト」というツイートをしてた。

 うおお、STAR SIGNさん=KingInkさんだったのか! と、個人的にたいそう驚いた。

 先ほどからオイラの脳内では全裸のアルキメデスが「エウレカ~!」と叫びつつ、昭和通りを駆け回っている感じなのですが、この興奮が伝わる方(aka割とお年寄り)はおられますでしょうか。


 ちなみにオイラは、KingInkさんとは一面識もなかったりするのですが(待て)。

 ……が、かの人とオイラは同時期に同じ大学に通ってたりしたのよね。実は。向こうは知りはしないだろうけど。

 何故なら「STAR SIGN」当時のKingInkさんのメールアドレスがね、大学から配布されてた「大学の学籍番号@大学のドメイン」という、非常に解りやすいソレでね(確か)。もちろんオイラも同様のメールアドレス貰ってたから、「おや、同じ大学の人や」って思ってたのさ。


 あとオイラ、大学の授業であまりにヒマだったんで、机にLOBOの落描きをしたことがあってな。で、翌週同じ教室にいったら、その落描きに「これ描いた人、アメコミ知ってるの? STAR SIGNなんたら~」っていう書き込みがあったのさ(※後半の「なんたら~」の部分はかすれて読めなかった)。

 でー、その当時のオイラはまだSTAR SIGNのホームページの存在は知らなかったんで、「STAR SIGNというのは良くわからないが、アメリカン・コミックスを知っている人がいたのだなぁ」という感想を抱いたのさ。

 まあ多分、あの書き込みをしたのはKingInkさんだったのだろうなぁ、と。

 ちなみにSTAR SIGNにはKingInkさんの書かれた「アメリカン・コミックスにみる社会文化」という大学の卒業論文が挙げられていましたが、実はオイラも……アメリカン・コミックスを題材に卒論書いてたのよね……いや、燃やしましたが(※本当は燃やしてはいませんが、いつか実家の掃除なりで見かけたら燃します)。


 ……当時はまだ「テレホーダイ」とかの時代で、そう簡単にはインターネットにつなげぬ時代でな(テレホーダイを知らぬ若者はググれ)。でも大学のコンピュータールームならインターネットし放題だったんで、授業の合間に入り浸ってましたよ(つっても大学にコンピュータールームができたの、オイラが3、4年の頃だった気もする)。

 確か、大学のコンピュータールームからAOLのコミックショップ(Wizardだったか)に繋いで、エクストリーム・スタジオのバックナンバーをほぼ全部買い込んだのがオイラの海外通販の始まりでしたね、ええ。

 あと、大学の端末から海法紀光さんのホームページの掲示板に書き込みなぞもしてましたね(遠い目。当時はまだ海法さんも大学生だったと思う)。

 んで、大学卒業するかしないかのタイミングで、オイラはGeoCities.com(懐かしい)に旧ホームページを立ち上げて、なし崩しに今に至るまでWeb上での活動を続けてる一方で、STAR SIGNは「フラッシュ3代の記事を書きます」と宣言しつつも、KingInkさんが卒業したタイミングくらいで更新が止まって、石川町のNEED FIRE COMICSで店長の田辺さんと「STAR SIGNは更新再開しないんですかねぇ」とか話をしてたっけなぁ、と。


 ……そろそろ単なる年寄りの脈絡のない回顧話になってきてるので、この辺で。


 かつて存在していた素晴らしきアメリカン・コミックス関連のサイトの話題となったからには、k2さんの「k2 press」と、そのコンテンツ「銀河大百科事典」に触れねばならぬ。ならぬのだ。

 きちんと読み込んだファンによる、日本語で書かれたリージョン・オブ・スーパーヒーローズのテキストというのは、多分、今に至るまで銀河大百科事典が最強であると思う。いやさ、最強であると断言する。

 まあ、言葉で語るよりもWeb Archivesに記録されている実物を読むのだ、若者よ。「アコろぐのたけうちさんならリージョンの変遷とかも把握してそうだけど…」などとオイラに振るのではなく(ヲイ)、まずは先達の偉業を仰ぐのだ。


 あと、Humanflyさんの「Earth's Mightiest Heroes!」が見られないのは、日本国民の大いなる損失だと思うので(たしかWeb Archivesでもトップページしか見られない)、Humanflyさんは過去のページのバックアップをCD-ROMとかで出して頂きたいものである。
  
  
 以上、年寄りの思い出話でした。


 あの当時のことを振り返るに、ここには恥ずかしくて書けない己の過去の行状をもろもろ思い出して死にたくなりましたが、それでも生き恥を晒しつつ、逃げずに生き続けたく思います。
 あの頃、狂犬のように噛み付き回っていた俺を温かく見守り、周囲をとりなしてくれた年長の方々に感謝を。……今の自分がそういう年長者になれていないことに懊悩もしつつ。

  
  
関連記事

●最近の日常。

2013.11.18 Mon

▼最近の日々:

 日曜に、ふたばチャンネルの模型裏の方で、うちのブログの「エンパワード」のレビュー記事へのアドレスが貼られた様で、通常の6倍くらいの閲覧者が来ておられますね(右にある「FC2カウンター」の数字の上にマウスカーソルを置くと、日毎の閲覧者数が見れるヨ!)。

 君らそんなにエロが好きか(<お前がいうな)。

 この勢いならAmazonアフィリエイトで『エンパワード』を買っていく方々も続出に違いない、とか思いつつ昨日の分を確認したら、第1巻が1冊売れてたよ! やったね、としちゃん!

 そのうち、『エンパワード』の単行本の感想の続きも、きちんと最新刊まで書き通したいですね(第1、2巻のレビューしかしてない分際で何を偉そうに)。


▼最近の日々2:

 遊ぶお金がないので、このところの週末は部屋の掃除をしつつ、カレーを煮込んだりしております。最近はグリコの「LEE 辛さ×10倍」カレールーがお気に入りです(どうでもいい)。

 我が生涯をかけての覇業と化している「オレの部屋の掃除」ですが、最近の探索物であるところの「過去に出した同人誌の在庫」をようやく発掘できやした。同人誌の通販のアナウンスまであと一歩、というところです(信用してはならぬ)。

 とりあえず、部屋の整理をすると買った覚えのないフィギュアだのが発掘されるのはもはやお約束なので、それらを無慈悲にAmazonマーケットプレイスに出品して、遊ぶ金に換えたいと存じます。


▼最近の日々3:

 こないだのエントリで、ポスト・クライシスのスーパーガール(いわゆるマトリックス)の初出誌である『スーパーマン(vol. 2)』第21号は、後何年待てばTPBになるねん、という話を書いたけど。

 こないだフトDCデジタルコミックスの方を検索したら、『スーパーマン(vol. 2)』第21号はとっくの昔にデジタル化されてた。

 つか、いわゆる「スーパーガール:サガ」全3話の残りの号の『アドベンチャーズ・オブ・スーパーマン』第444号と、『スーパーマン(vol. 2)』第22号もデジタル化されてた。

 ああ、オレはなんという阿呆な足踏みをしていたのだと思いつつ、即購入。

 読んだ感想はその内、独立したエントリで書くのではなかろうか。

 っつーか、『アドベンチャーズ・オブ・スーパーマン』第444号が、かなりのページを1年位前の(当時のね)エピソードの回想とその後の状況説明に費やしててジェリー・オードウェイの絵の無駄遣いだなぁ、と思った。


▼最近の日々4:

 IDWパブリッシングの『トランスフォーマーズ:ロボッツ・イン・ディスガイズ』の第4巻が届いたので読み出したら、どうもオイラは第3巻を途中までしか読んでなかったことに気づく。

 普段なら「部屋のいずこかにある第3巻が見つからないので読むのが止まってしまったぜ!」とかいう流れになるところですが、幸いにも掃除中に『トランスフォーマーズ』のTPBを一箇所にまとめてたので、第3巻即座に発掘。

 通勤電車の1往復で2冊読了。『トランスフォーマーズ』は英語が簡単だし量も少ないので、サックリ読めるのがいいですね。

 この第4巻で、第1巻から続いてきた物語に、一応、区切りがついた感じなので、また1巻から読み返そうかなぁと思った(今なら1、2巻もすぐに出せるしな!<いばるな)。

 ていうか、第1巻から非常にアレな感じだったプロールさんが、第4巻で「実はこういう事情があったのだよ」というソレが明かされてホッとしました。よかった、悪魔の様なプロールさんはいなかったんだね!(“やや悪魔”なプロールさんはいるけどね)

 具体的な感想を書くと長くなるので、その内、独立したエントリとして書くと思う(そうして自分の首を絞めて行くのだな、お前は)。


▼最近の日々・5:

 若い頃のジュリアス・シュワルツについて調べものをしてて見つけたアルフレッド・ベスターのインタビュー記事に、ベスターのコミックブックのライターとしての師匠はビル・フィンガーだということが書いてあって「へぇぇ」と思った。

 あと、DCのマイナーなキャラクター、ジニアス・ジョーンズがアルフレッド・ベスターが作ったキャラクターだということも書いてあって、「ほほぉ」と思った。

 まあ、思っただけでここから何か話が転がるわけでもないのですが。


 終わる。


 終わった。
  
  
関連記事

タグ:今日読んだアメコミ 同人誌

●最近の日常。

2013.11.08 Fri

▼何も書くことがない日々:

 うす。久々。

 いつまでも「こないだの週末はいかがでしたか」なエントリのまま更新しないのもどうかと思うも、特にエントリにできるようなネタがない日々です。


 いや、ネタにしたい事柄は有ったのですが、こう「メシ屋の店員と宅配業者の担当者でハズレ引きまくって世界が悪意に満ちていると思ったハナシ」と、「いいオッさんが居酒屋で目下の相手にやってる“昔のオレは狂犬のような男でよ”的な過去のヤンチャ自慢からの教訓めいた語りのコンボ」みたいな、グにもつかないネタで。

 まあ、グダグダと書き連ねたそれらを読み返して「これ書いた人は死ねばいい」と思ったので全文削除して、寝床でフテながら「ブログを更新するネタがねぇなぁ」などと呟く日々。


 とりあえず、語りたいことといえば……えーと、再開した『キン肉マン』が、なんだかサイモン・ファーマンの『トランスフォーマーズ』の神話世界みたいなノリになってきてるよね。……話が広がらねぇ。


 あと、『アンキャニー・X-フォース』と『ケーブル&X-フォース』が合流して『X-フォース』になるらしいんだけど、『アンキャニー』はコミックブックで、『ケーブル&~』はTPBで買ってるオイラ的に、合流後はどちらの媒体で買おうか悩む(知らんわい)。


 でー、世代的にメガハウスのガルビオン(サーカスI)が欲しいけど、発売後に半額ぐらいになりそうな予感がヒシヒシする。なぜならオレが欲しがる物だから。


 それから、あかいこうじの新連載『ヤケクソめし』が、ダラダラのグダグダな日常の空気感を描くのが上手い作者に、割と噛み合っちゃってる感のある題材で、微妙に今後に期待したいのだけど、多分、このブログ読んでる人の誰も手を出したことのないような雑誌で連載されてるマンガなので、これ以上話してもショウもないわよね、と(版元が版元で、掲載誌が掲載誌なので、単行本になる気がしねぇ)。


 ……実にどうでもいいことしか書けませんで、すみません。


 まあ、結論としては、最近の「月刊チャンピオンRED」が、雑誌全体が活気付いてきた感があって面白ぇっていうか、小池一夫御大が新連載を始めたというその事実に圧倒されるよなぁ、と。

 つか、少年誌(一応)に小池一夫が連載するって、何年ぶりやねん。

 まあ、絵がすげぇ読みにくいんで(個人の感想です)、あんま人気大爆発にゃならなそうな気はしますけど(個人の感想です)。正直いって(個人の感想です)。

 でも第1回は、さすがの小池節といいますか、背骨の通ったキャラクターが、キャラ造形だけで物語を押し切る感じで、非常に(ネームが)面白うございました。

 そういや、現在のREDには、小池先生の劇画村塾出身者が2人もいるんで(山口貴由、板垣恵介)、もう1、2人門下生を──大野安之とか、長谷川哲也とか加藤賢崇(待て)とかを──引っ張ってきて、劇画村塾OB誌みてぇにならないかしらね。


 オワル。


※今回、全くアメリカン・コミックスの話をしていませんが、小池先生はハーヴェイ賞、アイズナー賞受賞者である上、アイズナー賞のホール・オブ・フェイムにも列せられている大作家で、かてて加えて『X-メン・アンリミテッド』誌でウルヴァリンの短編も書いていますので、なんら問題ありません。
  
  
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。