Home>2015年07月  TotalPages1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●怠惰なる日常とデッドプールとメタとケリーと。

2015.07.04 Sat

▼最近の便乗:

 こう、別冊映画秘宝『アメコミ映画完全ガイド2015 ネクストヒーロー編』が、うるさ型のコミックファンにも好評を博してる、との噂なので、

 いやぁ、例の評判いい本? 実は俺もちょっとテキスト書いてるのよー。いや、ちょとだけだけどね、フフフ。大したことないですよ。

 的に、「地獄のミサワ」っぽい言い回しで、さりげなく話題にしてみようかと思った(<お前は「さりげない」という日本語の意味を何一つわかっちゃいない)。

別冊映画秘宝 アメコミ映画完全ガイド2015 ネクストヒーロー編 (洋泉社MOOK)
別冊映画秘宝 アメコミ映画完全ガイド2015 ネクストヒーロー編 (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)
洋泉社 2015-07-03
売り上げランキング : 91389


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


※Twitterとかで検索かけますと、「別冊映画秘宝のあの記述は違うんじゃないか」「アレの記事であのエピソードに触れないのはどうなのか」的なツッコミを入れてる若者がいて、実に頼もしく思いました。ようこそ、“アメコミ老害”の世界へ(嫌ナ笑ミ)。


 地獄といえば、『炎のグレートコマンドー/地獄城の大冒険』が、DVD&ブルーレイになりましたね。ポール・バーホーベンのファンと、ルトガー・ハウアーのファンと、あと「一般映画っぽいジャケットだけど、中身がとてもエロい映画(なにせバーホーベンなので)」のファンは買うがいいです。何故か、Amazonで「炎のグレートコマンドー」で検索かけても出てきませんけど。

グレート・ウォリアーズ/欲望の剣 [DVD]
グレート・ウォリアーズ/欲望の剣 [DVD]
マクザム 2015-06-26
売り上げランキング : 3826


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


※このジャケットの「どこかで見た感」がたまりませんね。

※『炎のグレートコマンドー/地獄城の大冒険』という、素晴らしきタイトルは、日曜洋画劇場で放映された際につけられたもの(確か)なので、Amazonの検索には引っかかりません。


▼最近の反省:

 とりあえず、今回の映画秘宝のテキストを書いて思ったことは、「俺はまだ何もアメリカン・コミックスのことを解っていない」という自覚でした。

 心より反省いたしましたので、まずはデッドプールのコミックブックなどを最初期のあたりから丹念に読み返して、諸設定の変遷などを検証したく思いました。


▼俺メモ:デッドプールの「メタ」の始まり:

 でー、ですな。

 こう、3年前に書いたエントリで、「デッドプールの“メタ”系のギャグは、オンゴーイング・シリーズ『デッドプール(vol. 1)』の、クリストファー・プリースト期がハジマリじゃなかったかしら」的なことを書いてたですが。

 あれ、間違いでした。すいません(しれっと)。

 クリストファー・プリーストの前任のジョー・ケリー期にも、頻度はそれほどでもないものの、メタネタは存在してました。

 なので、認識としては、

・ケリー期:ボチボチとメタネタが書かれてた「メタ黎明期」
  ↓
・プリースト期:ケリー期の後任。割と毎号メタネタをやりだした「メタネタ発展期」

 という流れで、デッドプールというキャラクターのメタ属性は発展してった感じですね。

 まあ、プリースト期の読者の評判が悪かったのか、プリーストの後任のライターは、わりとメタネタは封印してた様な気もしますが(※この辺、当時の記憶だけで語ってるので、先述したように、『デッドプール(vol. 1)』を読み返して「実際にはどうだったか」を検証したく思います)。

 でー、ホトボリが冷めたオンゴーイング・シリーズ末期とか、『エージェントX』の最終章で、ゲイル・シモーネがメタネタを少しだけ書いて、続くファビアン・ニシーザの『ケーブル&デッドプール』で、毎回の巻頭で、登場人物たちが読者に“これまでのあらすじ”を語りかけるのを筆頭に、メタネタを割と大っぴらにやってった……的な流れかなぁ、と。

※シモーネの『デッドプール』最終回の、「爆発オチ」の後に「NG集」っていう流れが、タマラナく好きでね、俺。


 ちなみにニシーザの『ケーブル&デッドプール』の定番ネタの「巻頭で登場人物が読者に“これまでのあらすじ”を話す」ネタは、既にジョー・ケリーが『デッドプール(vol. 1)』の第4、6号などでやってるのよね。

 そんな訳で、割とイマサラですがジョー・ケリー期を再評価してみたいなぁ、と。

 あと、買ってたのだけど前後の時期に引っ越しとかがあったおかげで読み損なってしまってたジョー・ケリーの『I KILL GIANTS』も、きちんと読まねばならぬと思いました。

 それから、1990年代後半の「ウィザード」とかに掲載されてたジョー・ケリーの「お願いだから『デッドプール』買ってくれよ!」的な記事とか、マーク・ウェイドの「デッドプールは報いを受けないキャラクターなので嫌いです。ミニシリーズ書くんじゃなかった」発言とかも、もっかい現物を参照したく思った。

 ついでにクリストファー・プリースト本人がプリースト期の『デッドプール』を振り返って「一言でいえば、俺は最適な人選ではなかった」とかグチをコボしてるコラムを訳したりしたいなぁ、と思った。

I KILL GIANTS (IKKI COMIX)
I KILL GIANTS (IKKI COMIX)ジョー・ケリー ケン・ニイムラ

小学館 2012-11-30
売り上げランキング : 84450


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 てか、ジョー・ケリーの邦訳コミックスって、『スパイダーマン:アメリカン・サン』と『I KILL GIANTS』くらいなのね。もっとあるかと思ってた。
  
  
関連記事
スポンサーサイト

●最近の、レボリューションでもなんでもない日常。

2015.07.02 Thu

▼最近のわたくし:

 こう、仕事でアメリカン・コミックスに関するテキストを書くのに疲れたので、趣味のアメリカン・コミックスに関するテキストを書いてウサ晴らしをしております今日この頃ですが。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 そんなわけで、今回は、例によって、忙しい時期に書き留めといた、細々としたテキストをまとめてお蔵出しする、いつものアレなエントリ。


▼最近のレボリューション:

 ハードディスクを整理してたら「●最近のレボリューション」というファイルを見つけたので、開いてみたら、

●最近のレボリューション。

 と、題名が1行書かれただけで終わっていた。

 はたしてその当時の俺は、いかなる革命的な文章を書きたかったのか。


▼最近のウェブコミック(もしくは、最近のAmazon.co.jp):

「コミック・ウォーカー・グローバル」で連載されてるフー・スウィ・チン先生のマンガで紹介されている調味料、「ゆずすこ」がとても欲しくなったのですが、Amazon.co.jpで検索しても、ゆずすこバラエティセットとかいう、「ゆずすこ」+個人的に欲しくない調味料3本セットしか売ってねぇのが腹立たしいです。

 類似商品の「柚子胡椒 液体タイプ」を買うのも腹立たしい。ウヌレ。 (知らぬ)


▼最近のKindle:

 こう、『X-フォース』(ライフェルド先生のオリジナルの奴)ってソフトカバー版とか出てたっけ、とか思って、何気なしにAmazon.co.jpで検索かけたら、無数の『X-フォース』誌のイシューのKindle版が出てきてビビる。

 こないだアーチー・コミックスのコミックブックのKindle版をイシュー単位でAmazon.co.jpで扱ってるのを見つけて「ほほう」と思ったものですが、オイラの知らぬうちにマーベルのコミックブックも扱ってたのね。

 でもまあ、「マーベルのコミックスはマーベル・デジタル・コミックスで買うかなぁ、複数のアプリをまたがって電子書籍をコレクションするのも煩雑だしね」とか思いました(伏線)。

 ちなみに、『X-フォース』のソフトカバー版はなかったけど(ハードカバー版のみ)、マーベル・デジタル・コミックスで売ってる、デジタルTPB版がとても安いので、そのうち買います。


▼最近のKindle・その2:

 こう、アメリカン・コミックスの解説書く仕事で、シメキリを割と突破して、その上「うお、ここ事実誤認してたから別の資料を読み返さねば」的な事態が生じて、でも時間的に家に帰って資料を引き出してる時間がなくて。

 しょうがねぇから例によってDCデジタル・コミックス(※珍しくマーベルでなくDC系の仕事でした)に行って、電子書籍版を買おうとしたら、該当のイシューが電子書籍化されてなくて、「クロスオーバーの本編は売ってるのに、後日談(アフターマス)を電子書籍化してないってどういう手抜きだよ!」とか憤りつつ、諸々検索してみたら、クダンのアフターマスはTPBになってることが判明して、でもそのTPBは、もちろんDCデジタル・コミックスでは電子書籍化されてなくって、最後の手段でAmazon.co.jp行ったら、案の定、そのTPBのKindle版があったので、背に腹は変えられないので、買いました。買いました(エコー)。

 …………!!!!(<したくないことをしてしまったことに対する、声にならない叫び)


▼最近のスターウォーズ:

 仕事場の近所のコンビニで、ロッテの「STAR WARS ビックリマン」が売ってたので、2個買ってみた。

 仕事場戻って開封したら「ランド・カルリジアン」と「ウィケット」だった。

 ……。(遠い目)


 その後、チョボチョボ買い足して、8枚ほどシールが手元に残りましたが、1枚も帝国軍系のシールが出ませぬ(帝国派なんですよ、俺は)。

 ……。(遠い目で遥か銀河の彼方を見つめつつ)
  
  
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。