Homeスポンサー広告海外通販とか>●最近の海外通販:流浪編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●最近の海外通販:流浪編

2008.01.29 Tue

▼雑なる記:

 久々に神保町の中野書店に行ったら、古本アメコミのラインナップがまた微妙に変化してた。

 とりあえず、『アイアンマン:レジェンド』と、ウィザード限定の『アイアンマン』#1/2が安く売ってたので購入。レジでは店員さんがアメコミをビニールパックしてた。まだ増えるのか。


▼最近の海外通販:

 先週、ようやく11月に出た分の新刊が届いたんで読んでる。12月の新刊はまだ届かん。

 ここ数ヶ月、海外通販の注文先を、諸事情によりメイルオーダー・コミックスからローンスター・コミックスに戻してたですが。
「金を節約するため」&「ローンスターのリニューアルしたアカウントサービスの処理の仕方が微妙に気にくわない」とかいう、ごく適当なる理由によって、ローンスターからヨソに切り替えることを決断。

 新たなショップは、とおるさんBlogで言及してたG-MARTにしてみた。

 メイルオーダー並に割引率がいい上に、ローンスター以上に対応もよさげ、送料もだいたい人並み、ってのが選んだ理由。
 ……少なくともメイルオーダーみてぇに、「国際宅急便で」って指定した荷物を勝手にエアメールで送りつけるようなことはしないだろうからな!(<まだ根に持ってる)。

 あと個人的には、アカウント作成時、個人情報を細かく登録できたり(名前欄に「ミドルネーム」や「称号」の欄があったり、アジアン対応で「姓・名」の順で名前を登録できるとか)、アラートメール設定を細かく指定できるところが気に入った。やるな、G-MART。

 こういう、カユくない所まで「カユくないですか?」って聞いてくれるのは、サービスとしてあらま欲しき姿だよなぁ、と思った。
 ……まぁなんにせよ、「発送したよ」メールすら送ってこないメイルオーダーに比べれば(<もういい)。

 あと、注文の方法が「注文を確定させる」ボタンなりを押すんじゃなくて、とりあえずカートに放り込んどくだけ(締め切り日を過ぎたらカート内の商品が「注文された」ことになる)のが面白ぇ(ローンスター、メイルオーダーはカード情報や発送先などを確認した後、「注文を確定させる」ボタンを押して初めて確定)。楽チンなので気に入った。

 まぁ、アドバンスオーダーのページが「使いにくい訳じゃないけど、もうちょっと工夫できないのか」ってな感じの使い心地なのが玉に瑕かね。 G-MARTは。

 ……バックイシューのページはもっと使いにくいので、何とかしてください。なんつーか、シロウトが教本片手にタグ打って、とりあえずカートを設置してみた、程度のレイアウトなのが。

 ちなみに、アドバンスオーダーのページに関しては、これまで使ったショップの中じゃ(ローンスター、メイルオーダー、G-MARTの3軒だけですが)、ローンスターが一番使いやすかった。書影が見える&ワンクリックで別ウィンドーで書影の拡大&詳細説明が出るのが便利。




※これより先、しょうもない海外通販がらみのエロ話が始まって、部分的にアダルトサイトへのリンクが張られます。「下品」な話はしてねぇですが、まぁ未成年は読まないほうがいいんじゃないでしょうか。

 相応に成熟してて、まぁ、その手の話に引かない人は「続きを読む」でも押すがいいさ。

 あ、今気付いたけど(白々しい)、G-MARTって「Adult Material」も扱ってるのな(メイルオーダーも確か扱ってたけど)。
 その内、Icarus Publishing(※リンク先18禁)のエロマンガの単行本でも注文しようかね。

 ……ベン・ダンとフレッド・ペリーのエロCD-ROM画集(※リンク先18禁)20~25ドルって、いい商売してやがるな、おい(<ナニを検索してるのか、お前は)。

 しかし、ジャパンじゃ1000円程度で替えるエロマンガが、メリケンだと20ドルぐらいになるのねぇ。……価格帯的にゃ、アダルトDVDとドッコイくらいかね。

 こう、日本じゃエロマンガは、「アダルトビデオが買えない層の、廉価な代替物」な側面もありますが、メリケンじゃヘンタイ・マンガは「マンガに興奮したい層の、それなりに高価な嗜好品」なのかなぁ、と、思ってみた(現地の方にお聞きしたワケじゃないので、実際はどうだか知りませんが)。

 あー、ちなみに北米版の無修正の「ヘンタイ・アニメ」のDVDは、一部は「日本への発送は承っておりません」とかいう注意書きがついてるので、よい子は注文する時にチャンと確認しましょうね(<よい子はヘンタイ・アニメなぞは輸入しません)。

 まぁ勿論、日本の優秀なる税関は、いかなるアダルト・マテリアルも見つけ出して差し止めますので、そのようなワイセツな品々は日本に入ってくるわけがなく。
 俺が数行前に書いた「エロマンガの単行本でも注文しようかね」とかいう戯言も、無論フィクションであり、笑えないギャグでありますが(<伊集院光がフリートークで法律に引っかかりそうなネタを扱う時の言い訳を参考にしてみた)。

 ……ま、ヒーローものコミックを数十冊の中に、1、2冊アダルティーなコミックが混じってても、気付かれ(諸事情により省略)


 どうでもいいけど、前田俊夫の『うろつき童子』とか『淫獣学園』あたりのエロマンガの単行本ってば、今時の日本だと、古本屋を丹念に回らないと全巻揃わなかったりするモンですが、メリケンだと割と現役商品なのね、とかいうことに気付いた。

 こないだの桑田版『バットマン』にせよ、日本じゃもろもろの理由から再版が適わなかったり絶版になったままだったりする商品に、メリケン版という選択肢が与えられる機会が増えると良いやね、と思った。
  
  
↓どうでもいいけど、ここにリンクされてる本が「Adult Material」扱いじゃないのは、どうかと思うよ(<良識者ヅラか、今更)。

  
  
関連記事

タグ:古本 海外通販

コメント

*

昔、Eros Comics(Fantagraphic Booksのアダルト部門)に本を注文したのにいつまでたっても届かず、メールで問い合わせたところ、“税関で没収されたんじゃないかな。たまにあるんだよね”というような返事がきてがっかりしたことがあります。

*

お久しぶりです。
以前、メリケンのアート系書店でエロ単行本やエロ漫画雑誌ばかり20冊ほど注文したのに,何の障害もなくすんなり届いたことがあります。他所でも一般むけコミックと一緒に2~3冊頼んだりしたことがあるのですが、一度も引っかかったことが...ラッキーなのかなと思うことがしばしば。

*

む、予期せずアダルト・マテリアルのネタにレスが2つも。

>とおるさん
>“税関で没収されたんじゃないかな。たまにあるんだよね”
あはは。
配達元が「エロス・コミックス」だと、さすがに税関の人も調べちゃうんですかね(笑)。
なんというか、エロが主目的で買った訳じゃないのに、「エロだから」で没収されるみたいな、
「こちらの価値観とは違う所に着目されて駄目出しくらう」のって、ガッカリ感が倍増しますよね。

>バブスさん
お久しぶりで、イカス告白をどうも。
エロスな本ばかり20冊、でもスルーってのは、なかなかスリリングですな。
自分も「エロス雑誌を一般向けと一緒に注文」てのは数度やっていますが、今の所一度も……。
会社とかじゃなく、個人だとスルーされる率は高いんだろな、と。
そういや、昔、トライソフトにもその手のコミックブックがあったっけなぁ。

引き続き、皆さまのエロス輸入体験、お待ちしております。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/114-f1e2d545
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。