Homeスポンサー広告エイリアンズvs.プレデター>●とどのつまりは、どうでもよき日常。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●とどのつまりは、どうでもよき日常。

2008.02.07 Thu

▼最近の更新:

 昨年末から、暇な時にこっそり過去の記事を改変なぞしてますが。

 ……っつーても、昔の日記は行頭に「・」をつけてたのを、現行のフォーマットに合わせて単に全角アキにしたりとか、章題のフォーマットを整えたり(「▼」と「:」を付けてボールドに)とか、その程度ですが。

 こういう細かな修正をしてると、新しい記事を書いてねぇのに、ブログ更新アンテナとかにひっかかる、とかいう事態が生じますが、まぁ、ウチのブログをそんなに気にしてる人もいねぇだろうし。

 あと、右側の「リンク」欄に、適当に作った「Amazonインスタントストア」へのリンクを付けてみた。自分の好きなモンを適当に並べて、適当にコメント入れるのはタノシーな。
  
  
▼最近のエリプレ:

 相変わらず、『エイリアンズvs.プレデター:オムニバス』だの『エイリアンズ:オムニバス』だの読んでますが。今日発送メールが来たので、月末には『プレデター:オムニバス』の第2巻も届くな。ウヌレ。

 どうでもよい感慨:とある長編に登場する主役クラスのプレデターが、女性で「うへぇ」となる。しかも、そのプレデター、作中で全裸で格闘して、尻や胸など見せてるくせに、セクシーさのカケラもねぇのに更に「うへぇ」。……っつーか、この女プレ、胸筋の鍛え過ぎだかで胸が真っ平らで、男のプレと何ら変わりないプロポーションですが。

 一方で、とある長編では、エイリアンの「蜂」的な側面を更に突っ込んで、「クイーン・エイリアンは、ローヤルゼリーのような特殊な餌を与えられており、この餌を通常のエイリアンの個体に与え続ければ、その個体はクイーン・エイリアンに育つ」的な設定が出てて「へぇ」と感心する。

※現実の蜂も、メスの蜂にローヤルゼリーを人為的に与え続けると女王蜂に育つ。

 とりあえず、小説版『AVP2』における「プレデリアンが生殖能力を持ってる理由」とかよりは、スマートに「クイーンがいなくなってもエイリアンは繁殖できる」ことに説得力を持たせてるなぁ、と、思った。

 ちなみに、この設定を考えたライターはジョン・“『メジャー・バマー』”・アルケイディ(<もっと別の作品を挙げろって)。
  
  
▼最近のパチンコ:

 昨年の『CRマーベルヒーローズ』や、『CRバットマン・ビギンズ』なぞのアメコミ系なパチンコ台に続き、『エイリアンvs.プレデター』もパチンコになったというので、なんとなく、雪の振る中、夕方からパチンコ屋へ行ってみた。

 全台埋まってて、打てませんでした。ウヌレ。

 ま、替わりに適当に座った『CRまじかる☆タルるートくん』(甘デジの方)が、なんや知らんけど12連荘ほどして8000発ほど出たので、結果オーライ(<単にその自慢がしたかっただけか)。しかも、初めて入った店だったんすが、換金率が等価交換だったんで、なおオーライ。

 ……しかいこう、キャラクターもののパチンコって、原作を知ってる機種ほど勝ちにくくて、逆に、自分の中で「どうでも良い」評価な原作(『まじかる☆タルるートくん』なんか、正にそう)の機種ほど勝つジンクスがあるなぁ、オイラ。

 だから、その内『CRエリプレ』も打つだろうけど、負けるだろうなぁ。

 どうでもいいけど、『CRマーベルヒーローズ』は、スーパーリーチでキャップ、アイアンマン、ハルクの3人が揃って「アヴェンジャーズ、参上!」とか見得を切るシーンを見るたびに、心の中に淀んだ波紋が広がりますね。

 っつーか、キャプテン・アメリカ、マグニート、ドクター・ドゥーム他の声を当ててるの、井上和彦だよなぁ。
 アヴェンジャーズリーチからドクター・ドゥームリーチに発展すると、井上和彦(キャップ)が「行くぞ!」って突っ込んでって、井上和彦(ドゥーム)が「馬鹿なぁぁ」ってやられるんで、非常にマヌケ。

 以上、実にどうでも良い話でした。
  
  
関連記事

タグ:AVP

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/117-9d069670
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。