Homeスポンサー広告どうでもよいニュース>●スーパーマンの著作権、シーゲル家に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●スーパーマンの著作権、シーゲル家に。

2008.03.31 Mon

▼スーパーマンの著作権、シーゲル家に:

 まだ急がしいんですが、とりあえず、こいつだけは書いとかなアカン。


スーパーマンの著作権、シーゲルの遺族に与えられるとの判決

シーゲルの遺族、『アクション・コミックス』第1号の著作権を得る


 要は、去る3月26日、連邦裁判官が「スーパーマン」の著作権が1999年をもってジェリー・シーゲルの遺族に復帰していた、との判決をくだしたそうで。

 ……ついに来たか。


 シーゲル家の弁護士マーク・トベロフ<Marc Toberoff>によれば、2013年以降、タイム・ワーナー(DCコミックスの親会社ね)は、シーゲル&シャスター家のライセンス許諾がなければ、いかなるスーパーマン関連の出版物、グッズその他を送り出せなくなるとか。

 ……逆に言えば、シーゲル&シャスター家がライセンスを降ろしさえすれば、マーヴル・コミックス社からも「スーパーマン」のコミックを出せるんだよなぁ(……ま、スーパーマンの商標権はDCコミックス社が持ってるから、コミックのタイトルに「スーパーマン」って記載できないんだけどな)。

 なお、このトベロフさん、この手のクリエイターと出版社間で色々とややこしいことになってる著作権がらみの件に出張ってくる、法曹界では割と有名な人だそうで。

 で、トベロフってば、「取り戻してあげた」コピーライトの版権管理や、コンテンツビジネス(トベロフはハリウッドのプロデューサーでもある)も担当して、お金を稼いでるそうですわ。なんたる商売上手か。


▼参考・ウチのブログのスーパーマンの著作権関連記事バックナンバー:
●スーパーボーイは、ジェリー・シーゲルの著作物だった。
●スーパーボーイは、ジェリー・シーゲルの著作物だった。その2
●スーパーボーイは、ジェリー・シーゲルの著作物だった。その3
●スーパーボーイは、ジェリー・シーゲルの著作物だった。その4(余談風):
●スーパーボーイは、ジェリー・シーゲルの著作物だった。その5(まだ続いた):
●いかにしてシーゲル&シャスターはDCコミックスと和解するに至ったか。
  
  

  
  
関連記事

コメント

*

ディディオ「じゃあコロス」
…まさかInfinite Crisisの本当の狙いはアース2スーパーマン(以下略

*管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

*管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

*

>…まさかInfinite Crisisの本当の狙いはアース2スーパーマン(以下略
……! そうか、すなわち「ファイナル・クライシス」のラストは(以下略

「スーパーボーイ・プライム」→「スーパーマン・プライム」で
逃げられるのなら、
「スーパーマン」→「スーパーとうさん」とか、
適当に名前を変えればいいんじゃないか、とか思う今日この頃ですが。
もしくは「スーがスーっと消えて」とかで。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/128-d1adac82
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。