Homeスポンサー広告どうでもよいニュース>●ゾンビの次はサル。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●ゾンビの次はサル。

2008.04.21 Mon

▼ジョー・ケゼーダ、ニューヨーク・コミコンにて新ミニシリーズ『マーヴル・エイプス』(全4号)をアナウンス:

 リンク先はマーヴル公式サイトの該当記事へ。

 スクラルの次はゴリラって……さてはアメコマー菅野さんがコズミックキューブを手に入れたか。

 なんかこう、凄ぇ「狙ってヒットを飛ばそうとしてる感」がして、個人的には「どうだろなぁ」とか思いつつ、ライターが割と好きなカール・ケセルなので買っちゃうかもしれん。
  



  
Comics Gone Ape!: The Missing Link to Primates in Comics
Comics Gone Ape!: The Missing Link to Primates in ComicsMichael Eury

Twomorrows Pub 2007-05-09
売り上げランキング : 316929


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

  
  
関連記事

コメント

*願いがかなう

というかこのところ、ETERNALSの新ミニシリーズが!→ライターがあの人とか、マシンマンやスリープウォーカーがゲスト出演!→これまでの経緯を考えず嫌な立ち位置で復活とか、スクラル人!→ベンディスとかで、俺が手にいれたのはコズミックキューブではなく「猿の手」とかそういった、使用者の願いをねじ曲げてかなえる系のアイテムなんじゃ?と思ってましたが、今回の猿本はライターがケセル先生という事で「最後の願いだけは、かなった」という感じで御座います。あと、俺がコズミックキューブ手にいれてたならカービー先生蘇らせてキャプテン・ビクトリーの続きを(以下略)
ドクター・ドルームの最初のエピソードでゴリラとライオンの合成生物「ゴリライオン」が出てくるんデスが、先日銀座の西山洋書でTHE SHAZAM! ARCHIVESをパラパラ見てたところ6話に似たようなゴリライオンが登場してるのを見つけ、この合成の発想って一般的なのかー?と思いつつあわててこの本買う羽目になったりとか。
それとTHE PERHAPANAUTS Vol.2 #1を見てたら、巻末イラストがアート・アダムス(もちろん中央に大きくビッグフット)でした。どんだけ猿大好きなんだこの人!

*ゲルショッカー!

実はオレが「ウソ8・00」を用いて・・・(ウソ)

> ゴリライオン

むかしの「ぼくら」か何かにも“ゴリオン”という頭はライオン、身体はゴリラという怪獣のカラー口絵が掲載されてた事がありましたな。

*

>アメコマー菅野さん
>というかこのところ(以下略)
……(<静かにコボれ落ちた涙をぬぐってる)。
世の中ままならないもんですなぁ。
菅野さんにおかれましては『シークレット・インベーション』なぞ、
読む用とスキャン用と他の人間に見せる用に1誌3冊は買ってるはず
でしょうから、フトコロへのダメージなぞもデカイでしょうねぇ。(遠い目)

>ロヒキアさん
>ゴリオン
やっぱり、賢いゴリラと強いライオンを足して、最強の動物を作りたいってな
願望は洋の東西を問わないのですかね。
日本にも、サルの頭にトラの手足を持った霊獣がいますが、あれも
ゴリオン的な発想で作られたんじゃねぇかなぁ、とか思いつつ。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/134-be856795
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。