スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●秘密の6人。

2008.06.15 Sun

▼『シークレット・シックス』オンゴーイング・シリーズ始動:

 チャック・ディクソン降板の知らせに、枕を涙で濡らして床についたオレですが、起きて、適当にニュースサイトを見てたら、9月から『シークレット・シックス』のオンゴーイング・シリーズが創刊されると聞いて生きる気力を取り戻す。

 ライターがガイル・シモーネな時点で何も言うことはねぇ。

 既に第1号の表紙も発表されてまして。



 ……手前で銃を構えてるのがおなじみデッドショットさん。『サルベーション・ラン』での後遺症か、顔つきが多少変わりましたね。
 その右でクネクネしてるのがラグドールさん、相変わらず無表情な男です。
 その後ろの人がキャットマンさん。相変わらずスポーティーなコスチュームと日焼けした肌がステキですね。
 その左はスキャンダルさん。男を惑わす魔性の微笑みです。
 その左は多分、新メンバーでしょう。いかにも戦闘のプロ、という感じですね。
 一番奥の顔色の赤い人も新メンバーですね。ミニシリーズ『ロード・ハボック』のメデューサを彷彿とさせるデザインですが、何か関連性が……?

 いやキミ、その表紙はヴァイパー・コミックスから創刊される『アタック・オブ・ザ・キラートメイトォ』コミック版の表紙やがな。

 あらあら うっかり。

 ……こういうブログでデカいリアクションで1人ノリツッコミをしていいのは20歳までですね。


 はい、こちらが無断転載した正規の第1号の表紙。



 とりあえず、メンバーはデッドショット、スキャンダル、ラグドール、キャットマンの4人プラス、後方でシルエットになってる2人、って陣容な模様。シモーネ先生のことでやんすから、また意外な所からメンバーを引っ張ってきてくれるんだろうなぁ(ウットリ)。
  
  

  
  
関連記事

コメント

*「野生の七人」かよ!

つか、新ワイルド以降の如く、ミッション毎に補充メンバーで数合わせというパターンになるんでしょうか?

それにしてもキラートマトも息が長ぇな~。一作目以外はホントつまらないのに(あ、二作目はクルーニーが出てるか)

*

個人的には、ヴィランズ・ユナイテッドからシークレットシックスまではこれもスーサイドスカッドの流れの一環と思っていたのが、本家スカッドが復活しちゃった上に、サルヴェイション・ランでスカッドに島流しにされたキャットマンさんを見るにつれ(あれ、誰か忘れてるな?)、別物になってしまったなー、という印象です。今度はどういう方向に転ぶんでしょうねぇ。

*

>ロヒキアさん
>「野生の七人」かよ!
うぃす。多分、プロローグ目当てで買った文庫版『ワイルド7』1巻を
最近読み返したのが潜在意識化に作用したんでしょう。

シークレット・シックスの今後は……本当に、どうなるんでしょねぇ。
チームの立ち位置としては、こないだの『バーズ』ん時みたいな
「腕利き傭兵集団」としてやってくんでしょうが。
キャラクター的に「渋い脇役」っつーか、「渋々仕事する」系の奴しかいなくて、
タイトルを引っ張ってけるメンバーがいないような……。
これまでのミニシリーズ2本は、「モッキンバードの正体」とか
「スキャンダルさんとオヤジとの因縁」で引っ張ってきたけど、
オンゴーイング・シリーズでは、何が当面の目標になるのかなぁ、と。

個人的には、じきに『スカッド』の新オンゴーイングがでてくれることを
希望したいので、『シークレット・シックス』は『スカッド』と被らない方向で、
展開して頂きたく……。

あとウォーラーやオラクルみてぇな後方支援役が欲しいなぁ、とか
チェシャ→気違い帽子屋の「次」はあるのかなぁ、とか、
取り留めなく考え続けてる今日この頃ですが。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/151-4b14a12f
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。