Homeスポンサー広告資料本とか>●最近の資料本とか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●最近の資料本とか。

2008.08.24 Sun

▼最近のフラッシーな本:

 デッドショットさん講座の続きは、まぁおいといて(書いてますよ?)、今日は最近出た書籍の紹介なぞ。

■ the Flash Companion
The Flash Companion Carmine Infantino
Ross Andru
Mike Wieringo

Twomorrows Pub 2008-06-25
売り上げランキング : 447815


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 無闇に情報量の多い資料本を出してくれるTwomorrows Publishingの新刊。タイトル通りにDCコミックス社の伝統的かつ人気ヒーロー、ザ・フラッシュの歴史をまとめた本。

 70年弱・4世代に渡るフラッシュの歴史をまとめたモンなのですが、何分マニアが作っている本なので、内容的には、アメリカン・コミックス史上におけるマイルストーンな存在であった2代目フラッシュのボリュームが、一番ゴツいですな。

 ページ配分としては、こんな感じ。
初代フラッシュ(ジェイ・ギャリック):24ページ
2代目フラッシュ(バリー・アレン):83ページ
実写ドラマ版フラッシュ:17ページ
3代目フラッシュ(ウォーリー・ウェスト):54ページ
4代目フラッシュ(バート・アレン):12ページ
ローグス・ギャラリー:22ページ

 目次では、実写ドラマ版もバリー・アレンの章に含んでるので、全224ページ中、実に100ページ、半分近くがバリー・アレンに費やされてるわけです。

 圧倒的です、バリーさん。

 各章の内容としては、冒頭でキャラクター・コミックスの歴史について、折々の時期の環境や作家・編集者の変遷なども交え解説。その後、ガードナー・フォックスやカーマイン・インファンティーノ、マーク・ウェイド、ジェフ・ジョーンズといった、各世代のフラッシュを代表する作家・編集者へのインタビュー、合間合間に1~2ページ程度のコラム、といった構成ですな(ラストのローグス・ギャラリーは、フラッシュの代表的な悪役について1~2ページのプロフィールを掲載)。

 ちなみにクリエイター・編集者へのインタビューは、シェルドン・メイヤーやジュリアス・シュワルツといった既にお亡くなりになられてる方は、インタビューではなく、各人のプロフィールになってます。
 プロフィールの原稿は、フラッシュ関連がメインではあるものの、作家になるまでや、他社での仕事についてもキチンと触れられているんで、コミック史に残る偉人たちのプロフィールとしても読めますな。

 ちなみに、先年亡くなられたマイク・ウィーリンゴにも3ページほど紙面が割かれています(マーク・ウェイドによる1ページの回想+2ページのトリビュート・ギャラリー)。

 こう、感想としては、前半部分の多くを占めてる「巨匠」のプロフィールは非常に勉強になるなぁ、ってのと、後半のインタビューは、聞き手がフラッシュ・マニヤだけにいいツッコミ具合で、ミもフタもない本音を引き出せてるのがステキです、とかなんとか。

 こう、ガッツリとした硬派な本だけど、ペラペラめくって、気になってる作家のプロフィールや、お気に入りの作家のインタビューをチマチマ読むだけでも楽しい本です。

 フラッシュのファンなら買い。あと、シルバー・エイジ&ゴールデン・エイジのDCコミックスの作家陣に興味がある人もどうぞ、とかいうアリガチなシメでオワル。

 10月には『タイタンズ・コンパニオン2』と『ホークマン・コンパニオン』が出るのでこっちも楽しみだ。 
  
  
Twomorrows Publishingから出てる「コンパニオン」な本もろもろリンク。

※値段が書いていない本はAmazonでは売り切れ(マーケットプレイスで出品されてるかもしれないけど)。
※マニア向けな本なんで(=そんなに部数が刷られてないんで)、発売されたらすぐ買わないと泣きを見るぞ。
  
  
関連記事

タグ:資料本

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/168-06bbf355
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。