Homeスポンサー広告今日読んだアメコミ>●最近のアメリカン・コミックス。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●最近のアメリカン・コミックス。

2008.09.10 Wed

▼適当な近況:

 7~8月頃に出たコミックスとかTPBとか、9月の新刊とか色々届いてどれから読もうか迷っちゃう今日この頃。
  
  
 こう今更ですが、メリケンでは先週出た『デッドプール』新オンゴーイングシリーズのライフェルド版ヴァリアントカヴァーが凄いね(どう凄いかはリンク先を見てね)。

 なんていうか、このイラストを「画:ロブ・ライフェルド」ってクレジットできてしまうことが凄ぇ。つか、ブッチャケ嫌がらせだよなぁ。

 思わず今週末にブリスターに行って、このヴァリアント・カヴァーを手に入れたくなった。よし、行くか。


▼今日読んだ本:

・『ゴーストライダー』第26号:

 2代目ゴーストライダーことダン・ケッチ再登場の巻、っつーことで、半年振りに購読再開。ダンのついでにケアテイカーとブラックアウトとオーブ(自称オール・ニュー)と死んだニンジャ(ほら、前シリーズの50号前後に出てた奴)と、前シリーズ末期に出てきた犬男(名前など知らぬ)が登場。なんだこの同窓会。……っつーか、オーブさんの出番これだけ?

 アラスジ的には「ダンが帰ってきたよ!」程度の顔見せだけで終わって、ジョニーとの対面は次号? な感じ。

 ま、大方の予想通り、ダンはジョニーと対立するっぽいですが、とりあえず、どんな形であれ、ジョニー&ダン揃い踏みのダブル・ゴーストライダーを実現さして欲しいのですが……ダンはゴーストライダーに変身してくれる……よね?


・「アルター・エゴ」第80号:

 マニヤ御用達のトゥーモロー・パブリッシングの看板雑誌。

 今月の特集、「ソーズ&ソーサリー イン・ザ・コミックス」が、始祖ロバート・E.ハワード(REHって略すとカッコいいぞ)からプリンス・バリアント、シャイニング・ナイトにゴールデンナイトにブラックナイト、コナンのパスティーシュ(クロム・ザ・バーバリアン、クローファング・ザ・バーバリアン……蛮族め!)、ブレーブ&ボールド、1970年代のソーズ&ソーサリーのちょいとしたブームとコミック版『コナン』、更にはセレバス、グルー……って感じに、ソーズ&ソーサリーなコミックブックの歴史の大枠を紹介してて勉強になる。<まだ全部読めてないけど。

 1950~60年代にメキシコで刊行されてた『コナン』の珍品コミック(ベリートが主役で、相棒のコナンが金髪。初期の話は「黒い海岸の女王」が元になっているが、連載を続ける関係でラストでベリートが生き返る<イカス)も数ページに渡り掲載されてたり、便乗して「黒い海岸の女王」が初掲載された「ウィアード・テールズ」の表紙なんかも載っけてる脈絡の無さもステキ。
 こう、ライター・編集者が「どうせだからこいつも突っ込んじまおうぜ」的に楽しんで誌面を作ってる感じがいいねん。

 来年1月発売の83号で特集第2弾をやるとかで、こら買わな。コッチはマーヴル版『コナン』やDCの『ファファード&グレイマウザー』、ゴールド・キーやアトラス・コミックス……といった1970年代のソーズ&ソーサリータイトルの記事がメインになりそう。


・『ジャスティスリーグ・アンリミテッド』第46号:

 最終号。最終号だっつーのに、ジャスティスリーグではなくグリーンランタン・コーズの面々が主役という反則極まりない回。もう一度書くが、これで最終回でいいのか。オレはいいが。

 アラスジ:グリーンランタン・コーズの拠点、惑星オアがアンチマター・ユニバースからの攻撃で大ダメージを受けた! ベテラン・ランタンのニューマンから連絡を受けたジョン・スチュアートとキロウォグは、ランタン候補生のノート(ニューマンの甥)、ブーディカらを伴い、アンチマター・ユニバースへ向かうが……。

 今回のポイントは、ちょいとオトボケだけど不屈の勇気を持つ主人公ノートと、かのシネストロも認める偉大なランタンである叔父のニューマン(だが実は……)という、キャラクター配置。
 っつーか、DCユニバースでの“本来の”ノート&ニューマンを知ってると「なんでこの2人がこの役回り?」という感じでな。

 例えるなら、アメリカ海兵隊の新兵の真ん中にバカボンとパパがいて、そのくせ全くギャグを見せず、真剣に黙々と海兵式訓練を受けている様を見せられてるような、「ツッコミ待ちだろうと振り上げた手の下ろし所が見つからない」居心地の悪さでゾクゾクするねん。
 しかも掲載誌が『ジャスティスリーグ・アンリミテッド』で、あまつさえ最終回にこんなことをされちゃあ、居心地の悪さ4倍、いやさ4×4の16倍だわ。

 あ、あと最後の“お約束”のコーズ隊員大集合な一枚絵の中にソラニク・ナツさんとかカイル君とかガイがいるのがステキでした。
  
  
 ……ちなみに、この記事書く上で、米語版Wikipediaのノートの項目を読んだら、ノートの現状は「『シネストロ・コーズ:シークレット・ファイルズ&オリジンズ』によれば、死んだらしい」とか書いてあって、愕然とする。

 念のため『シークレット・ファイルズ&オリジンズ』を見たら、確かに35ページ右下の「Presumed Dead」の項目にノートの名前が書いてあったよ! ヒデェよジェフ・ジョーンズ!

 南無。
  
  
関連記事

タグ:今日読んだアメコミ 資料本

コメント

*

>Alter Ego#80
こら買わな。

*

>Captain Yさん
ふはは。YOUからそのセリフを引き出すために書いた記事さ!


……とか勧めつつ、実際読まれて「なんだよ、もっと濃い内容かと思ったよ」とか
いう感想を持たれたらどうしよう、とか、密かにビクビクしてますが。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/178-d36e7830
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。