Homeスポンサー広告今日読んだアメコミ>●続・最近のMARVEL。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●続・最近のMARVEL。

2008.11.06 Thu

▼最近のマーベル・その2:

 最近のわたくしの流れ:
『シークレット・インベーション』本編は読んじゃないけど、その源流である「クリー・スクラル・ウォー」は前々から気になってた。
 ↓
 AmazonでTPBを買って読んだら、面白かった。
 ↓
 キャプテン・マーベルのブームが再燃焼。<今ここ。

 とりあえず、『キャプテン・マーベル』前シリーズ後半のバックナンバーをキリの良いあたりまで買ってみたり、知らぬ間に刊行されてた『エッセンシャル・キャプテン・マーベル』をAmazonで注文したり(一緒に他の洋書も買ったのでまだ届いてねぇけど)、こないだの神保町の古本祭ん時に、中野書店で洋書の半額セールをしてたので『キャプテン・マーベル』関連を買い揃えてみたりしている今日この頃。

 写真で表現するとこんな感じ。
Marv01

※1冊だけ元マーベルボーイが混じってるけど気にせずに。

 っつーか、英Wikipediaで検索したら、Genis-Vellさんってば、『サンダーボルト』誌上で死んでたのかよ!(<何を今更) 今度はその辺のバックナンバーを買わねば。ウヌレ。

 ……ちなみにウチのブログでは、Genis-VellさんのGenisって名前は、「ジェネレーションに由来すんじゃね?」とかいう適当な認識によって「ジェニス・ベル」と表記してます(なおホビージャパンが出してた『VS.システム』日本語版では「ジェニス・ベル」表記でした。参考まで)。

 みなさんに置かれましては「ジーニス・ヴル」だろうが「ゲニス・ヴェール」だろうが「ゲニッヒス・ヴェルッケンヌ・ザワーックラフテンニッヒ」(<伊集院 光が良くやる嘘ドイツ語読み風)だろうが好きなように表記するがいい。

 妹のPhyla-Vellさんは、「フィラ・ベル」で良いのかしら。


 っつーか、前クエーサーがアレしたと思ったらなんかアレなことになってる模様だったり、キャプテン・マーベルっぽいアレな人が、アッサリとアレしたり、そいつの影響でマーベルボーイがなんか一山ありそうだったりと、色々大変なことになってるな、最近のマーベルを冠してる(冠してた)人々は。

 このままいくと、多分、「マーベルを冠している人」ブームにシフトして、『アナイレーション』も全部揃えかねないなぁ、とかいうことをヒシヒシと感じてる今日この頃。

 その一方で、「クリー・スクラル・ウォー」→「オペレーション:ギャラクティック・ストーム」→「アベンジャーズ・フォーエヴァー」(すまん、ジェニスさんのファンなのに実は1号しか読んでない)→「ライブ・クリー・オア・ダイ!」→「マキシマス・セキュリティ」みたいな感じに「コズミックっぽいブーム」もステップアップしてきそうな予感。いかんがな、先月Amazonで本を買い過ぎて反省中だってのに。


 とりあえず、「クリー・スクラル・ウォー」については、「こういう話であったか」というのが、素直な感想ですか。もっと宇宙を舞台に、もう数名多くのアベンジャーズが活躍するような話かと思ってました、と。

 適当なアラスジ:アベンジャーズの協力により、異次元ネガティブ・ゾーンから解放されたキャプテン・マーベル。直後、アベンジャーズは地球の制圧を目論む宇宙列強種族クリーのロナン・ジ・アキューザーと遭遇する一方、異星人であるキャプテン・マーベルの存在を伏せていた咎で公聴会に召還されることになる。やがて、更なる列強種族スクラルも暗躍を開始。しかし、彼らに対抗しうるアベンジャーズは、古参メンバー3人(キャプテン・アメリカ、ソー、アイアンマン)によって解散させられていた……。

 とかなんとか。

 クリーとスクラルの星間戦争がテーマっつーことで、メインの舞台が宇宙かと思いきや、割とクライマックスまで舞台は地球だったのに驚いた。

 あと前知識で知ってた「クライマックスで召喚される人々」が、案外に役に立ってなかったのも驚いた。

 何より、ニール・アダムスが「ちょっと描いては息切れしてサル・ビュッセマにバトンタッチ」の繰り返しなのに驚いた。

 冷静に感想を言うと、その、ビジョンのキャラクターが立ってばっかで、死にキャラ(マーベル、ピエトロ、ワンダ)が多くて、チームものの大スケールの話としてはどうかなぁ、とか思ってみた。しょうもないことで悩んでるゴライアスも、それなりにキャラは立ってたけど、いかんせん中盤以降の出番が……。

 しかも、主役格なビジョンが、悩んでばっかなのと能動的に動かない(スクラルの宇宙船を追跡せずに戻ってくるしな)で煮え切らないのが、ね。しかもこの話の中では、その懊悩に決着がつかないし。

 こう、『デーモン・イン・ア・ボトル』の時もそうだったけど、この前後のエピソードが気になるなぁ、と(てか、このエピソード後のゴライアスの運命が凄ぇ気になってしょうがねぇ)。

 いや、古典だけあって、水準以上の面白さではあるですよ?

 ただ、こっちが勝手に「勢いだけでどこまでも突っ走ってくスペースオペラ」的なモンを期待してたら、割とメロゥな人情劇を丁寧に見せられた、ってのが俺個人の微妙な評価に繋がってると思う。

 オノレ俺め。


 でー、リックがクリーにたどり着いて以降の展開は、伏線がそれなりに繋がって、「なるほど、そういうことであったか」的な面白さはあったけど、スプリーム・インテリジェンスのデウス・エクス・マキナっぷりは、ちとどうかと思ったりもした。

 結論から言えば、古典だからって変に期待せず読めよ? とかそんな感じかなぁ。ホメてなくてスマヌ。
  
  
the Avengers Kree/Skrull War
The Avengers Kree/Skrull War (Avengers)Sal Buscema Neal Adams John Buscema

Marvel Enterprises 2008-05-07
売り上げランキング : 454985


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

  
  
関連記事

タグ:今日読んだアメコミ

コメント

*

キモとしては、ヴィジョンたちが「解散!」て言われた次の号で、解散を申し渡した筈の人たちが「彼らはどこへ行ったのだろう」とのんきに会話している&ヴィジョンが牛にやられて帰ってくるという「関節外し繋ぎ」がこの時期のトーマス&アダムスらしくて、好きなポイントです。
凝り過ぎっちゃ凝り過ぎなんですけど、こういう形でニセモノネタであることを読者に提示するのは、「解散!」と「解散を申し渡した人たちは、実はニセモノ」と、二回サプライズを用意出来る上に、二度目のサプライズで最初のサプライズの唐突感というか反則感を補えるのが良いなぁ、と。

あと、マーヴルが持つオムニウェイヴ・プロジェクターの技術をスクラル人が欲しがる件が、SFコミックらしくて、スタン・リーじゃなくてロイ・トーマスが書くようになった時代の作品という感じがするなぁ、とか。

>このエピソード後のゴライアスの運命が凄ぇ気になってしょうがねぇ
寧ろこっちの方が、記念号である#100に流れ込みつつ、「もう数名多くのアベンジャーズが活躍するような話」にな…らなかったっけ、そういや。
気になったら、「エッセンシャル・アヴェンジャーズ」の4巻か、リプリントが収録されている「アヴェンジャーズ #50(Vol.3)」でもどうぞ~。

一方で、ヴィジョンのキャラの結末は、#100過ぎた後のエングルハート脚本期で、嫌になるほど書きこまれることになるので、どちらかというと、アヴェンジャーズ=コズミックな方向性にいくよりかは、「セレスティアルマドンナ」に進むのがいいかも。

*

>Humanflyさん
ゴライアス、ヴィジョンのその後に関する
的確なコメントどうもありがとうございます。
とりあえず、「エッセンシャル・アベンジャーズは」そのうち買ってみますー。
現在読んでる「エッセンシャル・キャプテン・マーヴル」を読み終わる頃にでも……。<って結構先そうだな、ソレ。

>好きなポイント
あー、「あの人たちが偽物」ってのを事前に知識として持ってたのも、俺がこの本を楽しめなかった理由だよなぁ、と、人事のように分析してみたり。
結局俺がスレた読者だったってのが、あまり楽しめなかった原因であることだなぁ、という結論で。
反省。

*

初めまして、いつも興味深く拝見しております。
>もっと宇宙を舞台に、もう数名多くのアベンジャーズが活躍するような話かと思ってました

そこで『WHAT IF・・・?Vol.1』#20ですよ。
アベンジャーズどころかFFにスパイディ、挙句アスガードの神々までが活躍しています(更に言うなら『死にキャラ』と指摘しておられるマーヴル達3人も活躍の場が与えられています)
因みにライターはトム・デファルコ。

*

>ウォッチャーさん
返事の方、遅くなりまして申し訳ありません。
今後とも、よしなに。

>『WHAT IF・・・?Vol.1』#20
ほほう、「リック・ジョーンズがいなかったら?」ですか。
確かにリックがいないと、話はデカくなりそうですな(ていうか、戦火が拡大しますな)。
『What If...』は、今度キャプテン・マーヴル系のハナシを買おうと思ってますので、
ついでに注文しようと思います。情報ありがとうございました。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/195-7ff490fa
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。