Homeスポンサー広告古本ぎみ>●最近の神保町。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●最近の神保町。

2006.11.02 Thu

▼神保町ブックフェスティバルに行ったねん:

 まぁ、最終日だったけど。

 なんや知りませんが、洋書の松村書店(※)が復活してました。

 復活っつーても、店舗の方は開いてなくて、古本祭りに便乗して店の軒先に洋書をデロリと並べてただけですが。

 でー、例によってDCのバックナンバーが数百冊も置いてあったんで(今回は2004年度メイン)、復活祝いに『バーズ・オブ・プレイ』や『グリーンアロー』『ニュー・フロンティア』あたりをザクザク購入。1冊300円で、大概、2.50ドルの本だから、まぁ、定価で買うたも同然ですな。

 っつーか、こないだローンスターで微妙に定価の割増しで買った『リージョン』のvs.ダークサイドのストーリーラインや、「ウォーゲーム」前の『ナイトウィング』なんかも有って、歯噛みする。

 店番をしてたお嬢さんは「来週から、店舗も復活しますよ」とか言ってたけど……大丈夫かなぁ。いや、復活は切に望むのですが。

(※)松村書店:神保町のコミック高岡の2、3軒隣にあった(過去形)、洋書専門の古本屋。なぜだか知らないが、年に1回くらいの割で、DCのメインタイトルが約1年分、まぁ数百冊、ゴッソリと入荷することで、知ってる人は知ってる店(俺が知ったのは、スーパー・フェスティバルで貰った「ニードファイヤー通信」の神保町特集号……って言って、通じる人が何人いるだろか)。
 こう、数年前、しばらく店を閉じてた後、裏通りの方に店舗を移転。こんだけ狭いと、アメコミ置かれねぇなぁ、とか思ってたら、数ヶ月かそこらで店を開けなくなり、気づけばドアに「休業中。そのうち復活します」の張り紙が。そのまま再開しないまま、今に至る(以上、俺視点の経緯。実際どういう事由で移転、休業の流れに至ったかは、当事者でないのでワカラン)。

  
  
関連記事

タグ:古本

コメント

*おかげさまで、お店を開ました。

ご購入頂きまして有難うございました。
古本まつりに便乗だとか、これは手厳しいですね。
ご迷惑をお掛けしました、恐縮です。
コミックはコミックのブックレートがあるのです、丸善さん・紀伊国屋さんの普通のブックレートより高いのです、洋雑誌も然りです。
他の業者さんがまとめて買いたいと言ってくることもあったのですが、お断りしました。
以前に女性のお客様がダンボール箱ごと買っていかれました、最高記録でした。
ハードカヴァーの書籍も値引き率は高いと思いますので、お時間がございましたらば、また是非お立ち寄り下さい。
お待ちしております。
URLは拙いブログですが、よろしければご覧下さいませ。
宜しくお願い申し上げます。

*校正

訂正:「おかげさまで、お店を開ました」は「おかげさまで、お店を開けました」とさせて頂きます。
失礼いたしました。

*レス、非常に遅くなりまして。

仕事その他で、留守にしてましたら、
非常に予期せぬコメントが。
レスのほう、20日も開きまして、申し訳ありません。

>松村書店さま
すいません、ご本人さまからコメントいただけるとは思ってませんで、ブッキラボウに書きました。
復活おめでとうございます。
店舗の方にもこの間寄らせていただきました。順調なようで、なによりです。

ハードカバーのコミック(DCコミックス社のアーカイヴスなど)が入りましたら、こっそり教えてください(笑)。飛んでいきます。

#旧店舗の頃、コミックの単行本を4万円分ほどレジに積み上げ、
#「手持ちが無いんで、ちょっと銀行に行ってきます」
#とか抜かした男がいたのを覚えてますでしょうか。
#俺です。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/20-26b779cd
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。