Homeスポンサー広告日記>●言わなくていいことをいう日。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●言わなくていいことをいう日。

2009.02.27 Fri

▼きらくにやろうよ、の巻。

 こう、ね。

 別にオイラ、『ウォッチメン』嫌いじゃないし、あの作品が“ヒーローものコミック”において「傑作」の部類に入れられる作品であることは否定しないけどね。

 けど、あの作品を、
「アメリカン・コミックスの頂点」
「世界一のSFコミック」
「グラフィック・ノベルの最高傑作」

 とかいう感じの、大仰な形容詞で語られるのは、なにか、こう、眉根を寄せちまうなぁ、と。

 いいじゃん、普通の形容詞で。

 最高とか頂点とかナンバーワンとか誰もが認めるとか、そーゆーの、いらんわい、と。
 ほら俺、競争とか「めざせ一等賞」とかいうのが嫌いなゆとり世代だし(<舌を抜け)。

 特に、『ウォッチメン』以外にヒーローものコミックを読んでなさそうなマンガ評論家さまとか、コミック読んでるかもしれないけど、書いてる原稿の精度がデタラメな映画評論家さまとかにそういう形容詞を使われると、ね(※特定個人のことは指してません)。
 こう、「貴様らがもう一生、切符を買う時のオツリが10円玉メインで出てきますように」的なユルい呪いをかけたくなりますね。重くなるよ? ポケット。

 ていうか、あれが「頂点」てことは、この20年間アメリカン・コミックスはなんら成長してなくて、アラン・ムーアという作家もあそこがピークだった、って言ってるのと等しくね?


 とりあえず、あれだ。このブログ読んでるあなた、あなたね。

 はい、今あなたには、「人に『ウォッチメン』の単行本を貸す時や映画版の話をする時に、“大仰な形容詞”を付けて、無駄に鼻息荒く紹介しちゃう」と、「今後喰うトマトが、熟してなくて無駄に硬いか、熟しすぎて噛むと“なふ”って砕けるかで、滅多に丁度いい塩梅のが喰えない」呪いをかけました。
(※トマト食わない人は、「ナス科の食べ物全てにおいて、いい塩梅のを喰えない呪い」になります)

 だから、肩肘張らずに、しかし、こういうのに興味を持ってくれる人間に『ウォッチメン』を勧めなさいな。お願いだから(ていうか、肩肘張って人に勧めると、勧められた方も身構えちゃうぜよ?)。

 とりあえず、オイラは、洋ゲーとかやってて、割とアメリカン・コミックスでも身構えずに見てくれるヤカラ1、2人に「今度やる例の映画の原作のコミックなんだけど、暇なら読む?」程度の適当な塩梅の勧め方で貸し付ける予定。

 以上、読み返さずに書き逃げる。

 明日こそは『JSA』と『スーパーマン』の感想書く。
  
  
WATCHMEN ウォッチメン(ケース付)
WATCHMEN ウォッチメン(ケース付)石川裕人、秋友克也、沖恭一郎、海法紀光

小学館集英社プロダクション 2009-02-28
売り上げランキング : 152

おすすめ平均 star
starWatchmen Strikes Again

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

  
  
関連記事

コメント

*

最近、全12回のマキシシリーズが多いのですが、どれも読んでいてダレてしまって、12回という回数を活かしきってないなーと思うのですが、そういう点では『ウォッチメン』って本当に12回で描ききってるなーと感心するのですよ。

*

>ロヒキアさん
>最近、全12回のマキシシリーズが多いのですが、どれも読んでいてダレてしまって、12回という回数を活かしきってないなーと思うのですが
まあ、実は『ウォッチメン』も当初は全6回の予定でプロットを作ってたのが、
色々あって12話ってことになったんで過去のエピソードやオリジンを
追加してったとかいうハナシがありますが(うろ覚え)。
ムーアの場合はきっちりと時間かけて構成を練ってる分、
そこからの足し引きも割と計算してできるんだろな、と。

てか、
「全12話のマキシシリーズ」や「プリスティージ・フォーマット全4話」
とかって形式は、1980年代後半当時の作家たちが、
自分たちの作劇のテンポとかを考えた上で、編み出したスタイルな訳で、
そこから色々とテンポやページの取り方が変わっていった今の作家のスタイルとは、
相容れなくなってんじゃねぇの? とか、思ったりも。

まあ、構成力の乏しい作家(もしくはマキシシリーズのテンポと水の合わない作家)に
企画ありきでマキシシリーズ作らしてるだろ、的な、昨今のコミックシリーズの
なりたちみたいなものもあるのかな、とか思いつつ。

*初めまして

学生時代から英語がカラッキシ駄目だからと言う理由で日本語版を買い漁るだけのへタレであります。

取り合えず、今後は良い塩梅のトマトが食べられなくなった奴としても、頑張って生きて行きたいと思います(笑)。
でも、茄子の揚げ物だけは良い塩梅で食べられる様に呪いを緩めて頂けないでしょうか?

*

>エピタフさん
初めまして、どうも。
「断じて行えば鬼神もこれを避く」といいます。
あなたの意志がそれほどに硬いのならば、呪いもこれを避けるでしょう。
多分。

茄子の揚げ物に関しては、
良い塩梅のものは食べられるけれど、冷めやすくなるという、
新たな呪いに変化しましたので、できたてのものをお食べください。

*

amazonに前回出版されたのとの比較が載ってましたが、今回のは相当改悪されているようですね。
見たいと思い、買いたいと思ったのですが、
さすがにあそこまではしょっていると買う気なくします。

*

>gyわ さん
http://planetcomicsjp-watch-the-watchmen.blogspot.com/2009/02/blog-post_27.html

だそうで。

個人的には、コミックを読む上で、登場人物紹介とか解説とか別に要らないんで、今回の版で旧版から削られた要素について「改悪」とは認識してませんが。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/210-4c1d65d4
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。