Homeスポンサー広告資料本とか>●Googleブック検索が凄いね、な日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●Googleブック検索が凄いね、な日々。

2009.04.23 Thu

▼Googleブック検索が凄かった、というハナシ:

「Googleブック検索がいろんな意味ですごい。」っつー記事を読んで、どれほど凄いのかを確かめに、Googleブック検索を試してみた。

 結論:凄かった。

 こう、なにげなしにコミックの資料本を出してる出版社の名前で検索かけるだけで、該当の会社の単行本がゾロゾロ出てくる&プレビューでガシガシ読めやがる。

・検索例:
・TwoMorrows Publishing
・Fantagraphics Books
・University Press of Mississippi(+Comics)

 凄ぇな、これ。特にトゥーモローは『ジャック・カービィ・コレクターズ』とか『モダン・マスターワークス』みてぇな半分画集っぽい奴すらも読めるのがイカス。

 でも、俺が前々から探してるジェラルド・ジョーンズの『コミックブック・ヒーローズ』1996年度版は見つからねぇ!(<知らん) ついでにいえば、ジェラルド・ジョーンズの名著『Men of Tomorrow: Geeks, Gangsters, and the Birth of the Comic Book』は登録されてるけど、プレビューが利用できん!(どうでもよい)

 あと、フレデリック・ワーサム博士で検索かけると、『The Brain as an Organ』なんかは読めるのに、肝心の『Seduction of the Innocent‎』と『The world of fanzines』が読めないとはなんたることか!


 ちなみにコミックの資料本なんかの場合は、書名で検索かけると、該当の本に加えて「その資料を引用してる書籍の参考資料一覧のページ」が異様に引っかかるので、こう、「あの資料について引用・言及してる資料」を見繕うのに便利かも、と思った。
  
  
 今後、どんな感じになるのかはわからんけど、今のウチに活用できるだけ活用したい、とか思った(あんまり使い道は思いつかないけど)。
  
  
関連記事

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/222-b62ecf13
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。