Homeスポンサー広告古本ぎみ>●最近の神保町:散在喜悦編。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●最近の神保町:散在喜悦編。

2009.06.28 Sun

▼神保町でお買い物、の巻:

 っつーわけで、ヒマだし給料も出たしで、タマの土曜日に神保町の古本アメコミ屋巡りなぞをしたよ、という。

 まずは@ワンダー。微妙に在庫増えてたけど、まぁオレの欲しいものなし。適当に冷やかすだけで去る。

 続いて、おなじみ中野書店。在庫がまたぞろ増えてた。っつーか、店側でも在庫を持て余しぎみで、全部の商品を棚に並べられてない模様。

 こないだ行った時は、棚にマーヴル+その他の出版社の本しか並べられてなかったけど、今日はDC+その他の出版社が並んでた。もしかして、日替わりでDCとマーヴルが入れ替わってるのか?



 てなワケで戦利品。DCの今年1~3月頃に出た新刊ボチボチ(各210円)と、『スチームパンク』創刊号クロミウム・エディション、それに『バトルチェイサーズ』第6号アダム・ウォーレン カバー版、「ウィザード」限定ウォーレン直筆サイン入りエディション!(各300円)
 『スチームパンク』は、なんつーか、俺が『バトルチェイサーズ』『デンジャーガールズ』『クリムゾン』の各創刊号のクロミウム・エディションを持ってるんで、なんとなく買ってみた。

 っつーか、ついにアダム・ウォーレンのサイン入りのコミックを手に入れたのぜよ。
  
  
 んでもって、高岡書店なぞを冷やかしつつ(はは、『ビリー・バット』売ってらぁ)、続いて行ったのが実は本日の目玉、小宮山書店

 なんかね、こちらのお店のブログによると、1950~1960年代のコミックブックが3000冊入荷したそうですよ、奥さん。

 てなわけで、「いかほどのものがありやがるのだ! そして値段はどの程度なのだ!」とか、鼻息も荒く入店。入ってすぐ左に状態微妙なコミック(でもきっちり1950~60年代だぜ)が3冊500円で置いてて、いきなりクラクラしつつも、本陣の2階のアメコミ売り場に乗り込む。

 感想:スゴかった。

凄さの余り錯乱して「俺はゴッドだ!」とか叫ぶたけうちの図。

 どう凄いかって、とにかく凄いんだよ。

 なんつーか、ああも無造作に『ショウケース』だの『ブレーブ&ボールド』だの『マイ・グレーテスト・アドベンチャー』だの『ミステリー・イン・スペース』だのが積まれてたり、ECの怪奇・犯罪コミックが転がってたり、フォーセットの西部劇や『キャプテン・マーヴェル』だの、アトラスの『パッツィ・ウォーカー』他のロマンス・コミックスだのが山と積まれてる、あんな景色、日本で見れるとは思わなかった。正直。

 しかも状態は結構いいのに、1冊1000円からだぜ? そらもう、「スゴい」としか形容できねぇよ(もしくは、1990年代風に言うなら「はいはい 激ヤバだよー 激レアだよー」)

 首都圏在住の人でこの時代のコミックブックに興味のある人間は、ぜひ行け、そしてあのワケのわからない高揚感を体験せよ。
 

 っつーワケで、オレの今回の成果。

 フォーセットの『マーヴェル・ファミリー』、『キャプテン・マーヴェル・アドベンチャーズ』各1000円(あと『マスター・コミックス』も3、4冊あったけど、こっちは1冊2500円だったので買わず)。

 そしてナショナルの『オールスター・コミックス』第53号(2000円)! 無論、掲載作品はオリジナルのジャスティスソサエティ・オブ・アメリカ!

 極めつけは、クオリティの『ポリス・コミックス』第100号(2500円)! ジャック・コールのオリジナルの「プラスチックマン」と、アイズナーの「スピリット」(※新聞連載分の再録)、それにクオリティ版「マンハンター」が掲載されているという、俺さん垂涎の1冊! しかも状態かなり良し! あぁ、このコールの奔放なアートが、描線が、いいのだっ いいのだっ(唐沢なをき風歓喜の表現)。ぜぇぜぇ。

 実に……実に満足ナリ。この巡りあわせをゴッドに感謝。

 なんつーか、ほら、俺ら古本アメコミマニアって、「ブラリと立ち寄った古本屋の奥に、ものスゲェ値打ちモンのコミックブックが山と積まれてて、しかもお手ごろ価格で大狂喜」とかいうを月に1度くらいの割で見るじゃないですか(見ないとは言わせねぇ<脅迫だよ、おい)。その夢が現実になった感じ。

 今後も時々行って、『マーヴェル・ファミリー』の在庫が増えてたら買おうと思う。

 いじょー(遠い目で)。
  
  
関連記事

タグ:古本 シャザム!

コメント

*

>……とかいう夢を月に1度くらいの割で見るじゃないですか(見ないとは言わせねぇ

はい、見ます(笑)。

今となっては事情も違いますが、10年前、まだ海外通販に手を出してなかった&首都圏にアメコミ屋が多数あった時期は、「上京して、デパートの棚の端から端までアメコミで埋まってる店に行って、片っぱしから抜き出す夢」とか見ましたな。豪気なんだか、寂しいんだか<誰もお前の夢の話なんか聞いてねぇ

*

>Humanflyさん
>、「上京して、デパートの棚の端から端までアメコミで埋まってる店に行って、
>片っぱしから抜き出す夢」
逆にオイラの場合は、「地方のウラブれた古本屋に立ち寄ったらそこにはお宝が……」的な
夢をよく見ますので、地理的状況というのも夢に関係するのですな。

ちなみに昨日見た夢は、
高架線沿いの本屋に入ったら、なぜかマンガコーナーに
俺やロヒキアさんの作ったアメコミ同人誌が平積みされてて、
「畜生、俺のあずかり知らぬ所で俺の本が流通してやがる」
とかいう感想を抱きつつ、近寄ってきた店員さん
(なぜか今は亡きゴールデン・コミックスの店長さん)に文句を言う、
とか言うものでした。
うむ、ワケが分からぬ。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/238-ced34c9d
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。