Homeスポンサー広告古本ぎみ>●本日の神保町。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●本日の神保町。

2009.10.19 Mon

▼邦訳アメコミ、な日々:

『フロム・ヘル』の上巻をようやく読み終わったというのに、もう『トップ10』の2巻が届きやがった。オノレ。

 なんとなく、本文を読む前に『トップ10』の解説を読んでたら、「Green Lantern Corps」のカタカナ表記が「グリーンランタン・コァ」と表記されてて「うむ、元の発音を守りつつ、カナ表記としての格好良さを求めると、こうなるか」と思う。みんなも、「コーズ」とかいう表記は辞めて、これからは「コァ」にしたまえ(<お前は?)。

『トップ10』の帯によれば、次は『バットマン:イヤー1/イヤー2』だそうで。

「イヤー2」ってサホド面白くはないし、そもそも現状ではコンティニュティ外じゃね? とか、アメリカじゃ「イヤー2」は「バットマン:フル・サークル」とペアで単行本化されてるのに「イヤー2」だけ? とか、ていうか「イヤー3」は? とか、思うことは色々あるけど、送り手的には「現代の読者に向けて出すことに意味がある作品」を真摯に考えた上で出すんでしょうから、いんじゃね?(個人的な趣味で出す、とかだったら、どうかしてると思うが)
  
  
▼神保町で会いましょう、な日々:

 神保町の中華料理屋でメシを喰って、高岡書店で「チャンピオンRED」(最近『ヨメイロちょいす』が面白くなってきてる自分が怖い)を買って、神保町を適当に歩く、そんな優雅な午後。

 したら、小宮山書店の店頭のラックに、X-メン関連のTPBを10数冊発見。『アルティメイト・X-メン』とか、『X-スタティックス』とかオースティン期のアンキャニーとか、ウルバさんの「エネミー・オブ・ステーツ」ハードカヴァーとか、セイバートゥースとかウェポンXとかで、だいたい1冊500~1500円な感じ。

『X-スタティックス』が1500円で、オースティンのが500円というのは、なかなかモノの価値が解っておるワイ、とか独りごちつつ、『アストニッシング X-メン』1巻と、『X-メン:オールド・ソルジャーズ』を購入。各500円也。

『オールド・ソルジャーズ』は、表紙が「ミュータント・マサカー」タイインのアンキャニー第213号(要するに有名なウルヴァリンvs.セイヴァートゥースのアレ)のリカラー版だったんで、この2人の古強者の因縁を描いたアンソロジーかと思いきや、クリス・クレアモント&アラン・デービスの初期の作品を集めたアンソロジーで驚愕する。「オールド・ソルジャーズ」って、クレアモント&デービスのことを指してるのかよ!
  
  
 以上、トリトメもなく。
  
  
↓「有名なウルヴァリンvs.セイヴァートゥースのアレ」。
 言葉でいうよりリンクを張った方が早いですね。
X-men: Old Soldiers
X-men: Old Soldiers (X-Men (Graphic Novels))
Marvel Enterprises 2004-07
売り上げランキング : 619523


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

  
  
関連記事

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/263-ef7ad82f
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。