Homeスポンサー広告どうでもよいニュース>●プレビューズっぽい日々@DC4月の巻。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●プレビューズっぽい日々@DC4月の巻。

2010.02.02 Tue

▼4月のプレビューズの巻:

 っつーわけで、2月に入ってそろそろ4月発売分のプレオーダーも始まるので、DCの4月分の新刊について語りつつ、自分のオーダーについて検討するぜ、とか言う次第。

 とりあえず、DCの大きなイベントとしては、『ブラッケスト・ナイト』の完結を受けて、隔週で刊行される全26話のマキシシリーズ(っていうのか、この場合)、『ブライテスト・デイ』が開始。まあ、『ブライテスト・ディ』自体は、4月はプレビューである第0号が出るだけですが、いくつかのレギュラーシリーズで、タイインが行われる模様。

 まずは当たり前というか、『グリーンランタン』『グリーンランタン・コーズ』両誌がタイイン。4月は『コーズ』の方もジェフ・ジョーンズがライティングを担当。
『グリーンランタン』は『ブラッケスト・ナイト』において、7色のコーズの代表者らによって結成された「ニュー・ガーディアンズ」が、今後どうするのかしら、とか言う話。
『コーズ』は、『ブラッケスト・ナイト』で大ダメージを受けたGLCが今後どうしようかしらね、とかいう感じ。
  
  
 でもって、ミニシリーズ『フラッシュ:リバース』の完結を受けて創刊された、新『フラッシュ』オンゴーイング・シリーズも『ブライテスト・ディ』とタイイン。こちらもライターはジェフ・ジョーンズ。
 アラスジの「ローグスの誰かが、不可解な状況で死んだよ!」とかいう一文で、「あぁ、ジェフ・ジョーンズの第1話だ」というイワク言い難い感慨を抱く。

 もう、何ベン書いたか知らないけど、ジェフ・ジョーンズとジェームズ・ロビンソンは、新シリーズの第1話でとりあえず1、2人殺すのは辞めてください、本当に(涙)。
  
  
 でー、ジェフ・ジョーンズの師匠スジ(多分)の、ジェームズ・ロビンソンがライターを務めてます、『ジャスティスリーグ・オブ・アメリカ』第44号も、『ブライテスト・ディ』タイイン。ゲストにジャスティスソサエティ・オブ・アメリカ。

「『ブラッケスト・ナイト』最終話で登場したキャラクターがJLAに加入するよ! 謎の新ヴィランもでて、誰かがチームを移籍したりするよ!」とかなんとか。
  
  
 あと、『ブラッケスト・ナイト:ディレクターズ・カット』が80ページのボリューム出でやがるようで。カットされたシーンのスクリプトだとか、各作家のコメンタリーとか、イースターエッグとか諸々が収録されてるよ、とかで、裏話大好きな俺的に買わざるを得ぬ。
  
  
 4月のバットマン・フランチャイズは、まぁ、特にクロスオーバーもなく静かですね。割と個々の作家人気でもってるタイトルが多いので、別にクロスオーバーとかするよりゃ、普通に各誌の話を進めてるのがいいんでしょうね。


 でもって、バットマンとは対照的に、スーパーマン・フランチャイズではイベント「ラスト・スタンド・オブ・ニュー・クリプトン」が進行中。

 核となる全3号のミニシリーズ『ラスト・スタンド・オブ・ニュー・クリプトン』は4月にゃ第2、3号を刊行して一気にケリをつける感じ。

 ブレイニアックの最終計画を阻止するためにスーパーマン&リージョン・オブ・スーパーヒーローズが奮戦するけど、リージョンから犠牲者が出るかもよ! とかいう感じ。ライターはジェームズ・ロビンソン(また殺す気か!)。
  
 でもって、『アドベンチャー・コミックス』第10号、『スーパーガール』第52号、『アクション・コミックス』第888、889号(こっちも4月は月2回刊行)、『スーパーマン』第699号が、それぞれ「ラスト・スタンド・オブ・ニュー・クリプトン」とタイイン。ストーリーはまぁ基本「ブレイニアックと戦うよ!」とかいう感じですな。

『スーパーガール』で、現行版(っつーかジェフ・ジョーンズ版っつーか)リージョンのブレイニアック5とスーパーガールが初対面するけど、実はブレイニアック5的には初対面じゃない、とかいうパラドキシカルなストーリーがちょい気になる感じ。スーパーガールとリージョンは面倒くさいなぁ。ていうか、現スーパーボーイ(コン・エル)とリージョンの関係も、ややこしいことになってるけどな!

 あと『スーパーマン』第699号のアラスジの「Things look bleak for the Man of Steel and his people, but for all Brainiac’s knowledge, he still has one lesson to learn: Superman. Never. Gives. Up.」が、いい感じ。


 バットマン、スピリット、ドク・サヴェイジ、ジャスティス・インク、ブラックホーク他のパルプ小説のヒーロー&パルプ小説の後塵を浴びたコミックブックのヒーローらが共演する『ファースト・ウェーブ』は順調に第2号が。
 合わせて、『ドク・サヴェジ』、『ザ・スピリット』の新オンゴーイングシリーズが創刊。ライター、作家共に力の入ってることが解るメンツで面白そうですが、俺的には『ファースト・ウェーブ』だけ買うことにしてみる。

 その他は「まぁ、いつも通り」とかいう感じで、いつも通りに買う(ナゲヤリだ)。普段買ってない『グリーンアロー』およびミニシリーズ『アーセナル』は、『JLA:クライ・フォー・ジャスティス』とのタイインが続いてるんで、引き続き買うか。

 ……ていうか4月は『タイタンズ』は出ないのね。

 いじょう。

 次回はマーヴルのプレビューズの話になるんじゃないかと。
  
  
関連記事

タグ:プレビューズ

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/283-0da60df0
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。