Homeスポンサー広告海外通販とか>●最近の海外通販。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●最近の海外通販。

2007.02.18 Sun

▼最近の海外通販・逡巡編:

 今月のメイルオーダーは17日に来たよ!

 って、喜ぶような時期じゃねぇ。

 しかも、今回届いたのは、USPSの方じゃねぇか。

 などと愚痴をたれつつ、4月分のコミックの発注を、イソイソとしている今日この頃ですが。


 とりあえず、4月&5月の注文分は、速さを優先してローンスターに頼むことにしました。『52』のクライマックスを早く見ときたいねん。

 そういや、4月刊のDCのコミックですが、『ファイアーストーム』と『マンハンター』が最終回ですね。『マンハンター』は、読者の声にお答えして、再開したかと思ったら、やっぱり終わりですか。切ないですね。

 新『ドクター・フェイト』オンゴーイングシリーズは、あの人が新ドクター・フェイトなのですか。

追記:ここで言う「あの人」=ケント・ネルソン(初代ドクター・フェイト)。この記事を書いた時点では初代が復活するのかと思ってこう書いたけど、読んでみたら同姓同名の別人だった

 っつーか、4月のDCのラインナップで、個人的にアゴを外したのが、『ショーケース・プレゼンツ:ジ・ウォー・ザット・タイム・フォーゴット』ですよ。

 この本の企画を出した編集者には、2007年度の「俺アワード」を差し上げたいくらいの「ありえない企画」ですね。


▼豆知識・『ジ・ウォー・ザット・タイム・フォーゴット』:

『スター・スパングルド・コミックス』などで連載されていた、戦争ものコミックのシリーズ。作者はDCの「戦争ものコミック」を、ただ1人で40年近く書き続けた男、ロバート・カニガー。

 物語の舞台は第2次世界大戦中、なぜだか恐竜が生息している太平洋の孤島、通称「ダイノソー・アイランド」。
 戦略上、重要な位置にあるこの島を、防衛すべく派遣されたアメリカ軍の兵士の皆さんが、日本軍よりもむしろ肉食恐竜なんかとドンパチングする、っつー内容。
 ちなみに、このシリーズは、特定の主人公がいるわけではなく、毎回、名も無き兵隊たちが、喰われたり、死んだりしてました。

 カニガーの戦争ものコミックでも、異色の部類に入る作品(まぁ、戦争ものコミックというジャンルにおいても、相当異色ですが)で、『サージェント・ロック』や、『ホーンテッド・タンク』みたいなキャラクター性も無いので、単行本にまとまるこたぁ無いと思ってましたが、マイナーなタイトル上等&無闇なボリュームの『ショーケース・プレゼンツ』レーベルなら、出せるのですね。ありがたや。
  
  
 などと、書きたいことだけ書いて、今日はオワル。
  
  
関連記事

タグ:海外通販 プレビューズ

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/29-c1e76be1
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。