Homeスポンサー広告日記>●在庫放出、な日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●在庫放出、な日々。

2010.03.18 Thu

 こう、まるまる1本更新するネタもないので、適当な雑記をダラリと書いてみる。
  
  
▼スポーンとコミックショップな日々:

 あれから色々調べてみたけど、結局『スポーン』第200号は、出てなさげ、という(俺個人の)結論に達する。

 でー、今回の結論としては、こういった「あのコミックって出てたっけ?」的な勘所がすっかり鈍ってしまっているなぁ、俺は、という感じで。

 その原因は、ここ数年「コミックショップ」的な店に行ってなくて、「店頭に並んでいる最新刊を、なんとなく眺める」という行為を全くしてないせいだな、と気付いた。

 コミックショップの店頭だと、買ってない本でもなんとなく表紙を見て、「ああ、あれ出てるんだな」とか、無意識に認識してるモンですが、そういう情報のインプットがなくなってるのよね、と。

 もっとコミックに熱心だった頃は、コミックショップに週1回で通ってたモンですがね。

 ま、「コミックショップ」的な店がなくなってる、というのも大きいのですが。……何故なくなったかというと俺のようなヤカラが、バーゲンの時にしかコミックショップで買い物をしなくなった、とかいうのも原因の1つなのだろうなぁ、と、思ってみる。

 そういや、恵比寿のモンスターJAPANがコミックの取り扱いを再開したそうで。15年ほど前には、あそこで『ヤングブラッド』だの『サイバーフォース』だのを買ったモンだなぁ(遠い目)。今度ひやかしに行くか。
  
  
カービィの遺族がマーヴルを訴えたんだってね

 日本の映画情報サイトでも紹介されてたけど。

 個人的には「和解しろ」の一言に尽きますが。あと、カービィ家を焚きつけた奴らがいるのなら、そいつらにささやかな呪いが降り注がんことを願う(貴様らの家の風呂場の水がよく溜まるあたりのタイルがヒビ割れますように)。

 ていうかこう、シルバーエイジのマーヴルの作品なんて、複数の作家のコラボレートで生み出されてるわけで。例えば『アイアンマン』なんて、オリジナルのアーマーのデザインはカービィだけど、キャラクターデザインはドン・ヘックで、キャラクターの文芸設定はおおよそスタン・リー、実際の脚本はラリー・リーバー、なんて具合だし。

 これで、カービィ家の主張が通った日には、他の作家の遺族も出てきて偉いことになるよな、と。
  
  
▼アウトサイドな日々:

 そういやダン・ディディオが『アウトサイダーズ』のライターになると聞いて、ディディオの過去の経歴を調べてみたのですが。
 ディディオって、かつてメインフレーム・エンタテインメント社でライター兼ストーリー・エディターを務めてたんだそうで(メインフレームの代表作である『リブート』にも参加してたらしいぞ)。ならいきなし『アウトサイダーズ』のライターになっっても大丈夫なのかしら。

 ていうか、ディディオの『アウトサイダーズ』第1回を読んだら、アウトサイダーズの新メンバーとしてクリプトン星出身の「あいつ」が参加してて驚く。

 こう「あいつ」ってば、ポスト・クライシスのクリプトン星の設定(ジョン・バーン版の設定を、ダン・ジャーゲンスあたりが大きく拡大させたソレ)がある上でああいうキャラクターなんであると思うのですが。
 その「あいつ」が、現行ハバをきかせてるジェフ・ジョーンズ版のクリプトン星の設定に、フィットできるのかなぁ、と、少し心配してみた。
  
  
▼5月のマーヴルな日々:

 5月に出る『アメージング・スパイダーマン・アニュアル』第37号が、カール・ケセル&カート・ビュシークによる「スパイダーマンとキャプテン・アメリカの初共演話だよ!」って感じでな。

 ビュシークと『アントールド・テールズ・オブ・スパイダーマン』という響きに、惹かれてしまうオールドファンを狙ってやがるコンチクショーとか思いつつ、結局買ってしまう俺オールドファン。

 まあ、同月に出るミニシリーズ『エイジ・オブ・ヒーローズ』もビュシークがライターで、確実に狙われているなぁ、と。

 その一方で、マーヴルの「ヒロイック・エイジ」自体が、俺らオールドファンの求めてるモンを「安易に与えるわけないでしょ?」的な匂いがプンプンしてて、関連タイトルをホイホイ買う気になれぬ……いや、DC買ってるだけで手一杯、ってのが本音ですが。
  
  
 以上、トリトメのかけらもなく。
  
  
関連記事

タグ:プレビューズ

コメント

*

>エイジ・オブ・ヒーローズ
>マーヴルの「ヒロイック・エイジ」自体が、俺らオールドファンの求めてるモンを「安易に与えるわけないでしょ?」的な匂いがプンプンしてて
ビュシークのエイジ・オブ・ヒーローズは、作風的にまたアストロシティ的なものになるようなので(マーヴルやDCでアストロシティ路線をやるのは何かチガウと感じてしまうのです)、やっぱりビュシークもマーヴルも9.11以後の路線から回復してない/する気がないのは何となく分かるのですが、一方で併催されるのが打ち切りになったキャプテン・ブリテン&MI13の続きなので、個人的にはそっちの方を楽しみにしております。

*

>ビュシークのエイジ・オブ・ヒーローズは、作風的にまたアストロシティ的なものになるようなので
アストロシティはアストロシティでも、「ダークエイジ」寄りの作風になるんでしょうなぁ。
もしくは、スーパーマンの「キャメロット・フォール」というか。

……って書いてて気付きましたけど、オレらオールドファンがビュシークに求めてるものと
今のビュシークの作風自体にも、微妙に「ズレ」があるのか。
ふむ。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/294-2e08f9ab
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。