Homeスポンサー広告日記>●どうでも良き日常:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●どうでも良き日常:

2010.04.20 Tue

▼どうでも良き雑記:

 まぁ、いつもの、身の回りのコミック絡みのネタを適当に書いてく雑記。
  
  
▼最近の神保町:

 先週、久々に中野書店に行ったら、なんや1950年代のDCとチャールトンのコミックスがボチボチあった。しかも315~525円という破格値で。

 表紙に「PX」なんたらと書かれたハンコが押してあったりするのを見るだに、刊行当時、米軍駐屯地で流通してた品なのかね。

 チャールトンの『ホット・ロッズ』が結構あったけど、まぁジャンル外なので買わず。

 俺的な守備範囲である所の『アドベンチャー・コミックス』第217、218号(巻頭はスーパーボーイ、後半にアクアマン、グリーンアロー)とスタースパングルド・コミックス第115号(表紙はトマホーク、後半にロビンの単独連載)の3冊を購入。DCの戦争ものコミックスやSFコミックスもあったけど、そちらは悩んだ末に買わず。
  
  
▼最近のシークレット:

 部屋の掃除をしてたら出てきた『シークレット・ウォーズ』をなぜか読み出した今日この頃。

 でー、今は第3話(の途中)まで読んだとこですが。
 ライターがジム・スターリンシューター(間違えた!)なんで、複数のヒーロー・ヴィランらが個性的に活躍する話なんかと思ったら、割と空気っぽい人というか、「死にキャラ」が結構いるなぁ、と思った(まぁ現時点では<フォロー)。

 ていうか、今んトコは真正面からの本格大バトル的なソレが起きる前で、ヒーローたちはどいつもこいつも口を開けば「地球に帰りたい・恋人に会いたい」だのいいやがってる「タメ」な期間なんで、もう少し読み進まないとヒーロー側は盛り上がらんかもしれぬなと思った。

 そんな中で、マーヴルの悪役の中でも、ある種別格であるマグニートとドクター・ドゥームの2人が、クロスオーバーのゴール地点を無視する形で独自の行動を取ってやがるのがイカスなぁ、と。
 ていうか、こいつら以外の登場人物が、ビヨンダーの提示したルールに案外素直に順応してるせいで、この2人が事態をかき回さないと物語が面白く転がらなくなってる感があるですが。

 無理矢理拉致してきたワスプと数ページ後には微笑ましく語り合っているのはおろか、気付けば濃厚なキスをしてたりするマグさんのフリーダムぶりがパネェ。

 あと、クロスオーバーの舞台設定ガン無視で「争ってる場合か! むしろ我さまの案に従い、必要とあらばヒーローとも手を組むのであるあるある(独裁者的残響音)」とか言い出すドゥームさんのネバー・リード・空気ブリは最強にして無類でありアニキ惚れたぜな所存。面倒くさいからとりあえずドゥームさんに話を合わせるアブソービングマンさんらの身の程をワキマえた空気リーディング能力もすばらしいで候。

 他方、アッサリ順応した上に、リーダーにまで選ばれて「このまま戦い続ければ、我々が勝利できるだろう」とか、冷静に戦況を分析してるキャプテン・アメリカの無闇な前向きさは、これはこれで偉大だと思う。

 あと、廊下をジェットローラースケートで走ってるローディさん(この当時のアイアンマンの中身はローディさん)がカワイイ(割と空気だけど)。

 それとプロフェッサーXが、やばい所を見ちゃったスパイダーマンの記憶を改ざんしてるシーンとかは、今の若い子に見せると「この頃から腹黒ハゲか!」とか、面白おかしく突っ込まれそうだなと思った。
  
  
▼最近のAmazonと意地汚い性根:

 こう、オイラがマーケットプレイスに出してる商品を、さりげなくウチのブログで紹介すれば、マーケットプレイスの売上げに加えて、アフィリエイトの紹介料も入るじゃん、ということに(イマサラ)気付く。

 ま、俺が売り飛ばそうと思ってる本を、ここで「みんな読め」とか書くのはどうかと思うのでやらないですが。

 ……間違って2冊買ったTPBを処分したいときとか、「アルティメット・コレクション」が出るので旧版のTPBを売りたいときなどに使うならいいのか。

 っつーワケで、その内『ケーブル&デッドプール』のレビューなぞを……(ウソです)。
  
  
▼最近のタケダ・サナ:

『ミズ・マーヴル』第7巻がようやく届いた。

 エロい。(<他にいうことはないのか)

 昨日のうちのブログの閲覧者数が通常の3倍くらいになってたけど、そのことごとくが「タケダ・サナ」の検索ワードでウチに来てて吹く(2ちゃんまとめサイトあたりでタケダ・サナのミズ・マーヴルの画像が貼られてたらしい)。そんなにエロスが好きか。

 もしかしたらアフィリエイト経由でタケダ・サナのTPBとか買ってった人でもいないかなと、淡い期待を抱くも……まぁ人生そんなには甘くないわな。
  
  
▼最近のトランスフォーマー:

 Amazon.co.jpで『オール・ヘイル・メガトロン』のTPBを購入したので、この機会にIDWの「トランスフォーマーズ」のコミックを読み始めようと思った。

 とりあえず、世界観がどんなモンかを知るために、英語版のWikipediaで検索かけて、IDW版『トランスフォーマーズ』の流れについて学ぶ。

 ……OK、大体理解した。ドリームウェーブ版は忘れていいのね。

 ていうか『オール・ヘイル・メガトロン』って、独立したエルスワールズ作品じゃなくて、IDW版『トランスフォーマーズ』のコンティニュイティ内に位置づけられてるのか。ま、気にせず読むが。

 ていうか、ファーマンの作品世界ガイドである所の『トランスフォーマー:アルティメット・ガイド』を買わなかった(理由:米語版で買ってたので)ことを今さら後悔する。ま、米語版も今や入手困難ぽいけど。今度実家に帰った時に回収してこよう。
  
  
▼最近のフラッシュ:

 特に意味もなく『フラッシュ』第137号(新旧フラッシュがヴァンダル・サヴェイジと戦う話ね)が読みたくなった。

 とりあえず、Amazon.co.jpで『ショーケース・プレゼンツ:フラッシュ』第2巻を注文。

 でも「お届けまで2週間かかるよ!」とかいわれて、まだ届いてねぇ。

 そしてミルミル「読みたい」という初期衝動が小さくなってきてる現在。キャンセルしちゃおうかしら。
  
  
▼最近のホークマン:

 旧ホームページの「ホークマンの歴史」のテキストをアップデートしようかと思った。

 が、オイラには『JSA』第25号以降の「最近のホークマン」についての知識が欠けてることに気付く。

 とりあえず、wikipedia英語版を見たら、いつの間にやら4代目ホークマンが登場してたりしてて驚く(いやオイラ、「あの人」が4代目ホークマンを名乗ってた時期の『ホークマン』を読んでなくて、単にあの人を「帰ってきたゴールデンなんとかさん」としてしか認識してなかったねん)。ていうか、『ホークマン』誌上でアニマルマンが「鷹のアバタール」について言及してたりもしたのか。いかん、『ホークマン』をきちんと読もう。
(※ここでいう『ホークマン』は、数年前まで続いていたオンゴーイング・シリーズで、第50号から『ホークガール』に改称したアレね)

 ま、いつものごとく「その1」とか銘打って、『ゼロ・アワー』までのホークマンの歴史を紹介する手もあるけどな(ただ、この手は、ややもすると続きを書く気力が削がれる弱点があるのですが<弱点じゃなくてお前が悪い)。

 余談:この記事を書くために旧ホームページの記事をネットで検索して、reocities.com(※消えたジオシティーズのホームページのアーカイヴ的なページ)の存在を知ったけど、こう、旧ホームページの日記とかが最後に更新したままで永遠にネット上に残されるのはイヤかもしれぬ。
  
  
▼最近のWikipedia:

 日本版WikipediaでDC Comics社を「DCコミック」、Marvel Comics社を「マーベル・コミック」と表記してるのが気になってしょうがねぇが、直し方が解らぬ(すすんで直す気もないけど)。

 こう、映画のタイトルとかで解りやすさ優先で、複数形を省略するのは解らないでもないですが、「辞典」で正確な表記をしないのはどうなのかしら、と(<「corps」の正しくないカナ表記をカタクナに使い続けてる人間が何をいうか)。
  
  
 オワル。
  
  
関連記事

タグ:古本 Amazon

コメント

*

>ジム・スターリン
ジム・シューターっすよ。

>4代目ホークマン
あの復活&設定変更ぶりは爆笑しつつも喝采したものですが、その後もカウントダウン・トゥ・アドヴェンチャー辺りにまで出番を引っ張り続けてくれて、ホークマン系というよりはザナガー系キャラとして定着したのがいいなぁ、と。
もっとも、本来はタイタンズ系キャラだ!というオールドファンもおられるのでしょうが。

*

>Humanflyさん
>ジム・シューター
すいません、ついウッカリ筆が滑りました。

4代目ホークマンは、設定の飛躍のさせ方(あいつの息子かよ!)がいい感じで、当時コミックを読めていたら小躍りしてただろうキャラだけに、今になって知ったことを悔いております。
『ラーン/サナガー・ウォー』でも父親の方にばっか気を取られてて4代目に気付いてなかったり、『Ctoアドベンチャー』も、フォアランナーのバックアップは最初の2号位しか読んでなかったりと、ものすごく華麗にスルーしてたですわ。無念。
  
……ていうか、クライシス後にできた「サナガー人は親の名字を名前として受け継ぐ」(パラン・カーター→カーター・ホル)って設定は、スッカリ忘れ去られてるな(忘れていいけどさ)。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/306-de19a975
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。