Homeスポンサー広告どうでもよいニュース>●適当なるプレビューズ@8月。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●適当なるプレビューズ@8月。

2010.05.26 Wed

▼まぁ、いつもの:

 いつものDCの8月の新刊予告をサカナにひとくさり、という月1回のソレ。


 今月の目玉としては、J.マイケル・ストラジンスキー&シェーン・デーヴィスによる『スーパーマン:アース1』のハードカバー版が出ますが、まぁ、俺個人は「評判がよければソフトカバー版で」という逃げの姿勢で。

 一応、書いておくとこの『スーパーマン:アース1』を皮切りに刊行されていく『アース1』シリーズは、「気鋭のクリエイターたちが全く新しい設定で、DCのトップヒーローらを再創造していく」とかいう感じな企画。それぞれ、単体で読むことのできるグラフィック・ノベルを出してくぜ、とかいうコンセプト。

 マーヴルの『アルティメット』レーベルに似てる感じだけど、むこうみたいに月刊のオンゴーイングで見切り発車するよりは、こういう単行本書き下ろし形式の方が、いわゆる「単行本派」の増えた現状にあっているのではないかしら、と思った。


『ブライテスト・ディ』関連は、こんな感じでー。

『ブライテスト・ディ』第7、8号:デッドマンがホワイトランタン・リングをチャージしようとしたら、何かが起きるよ! 一方、ロニーはファイヤーストームになれなくなるかも? マーシャン・マンハンターの連続殺人事件の捜査は新たな手がかりが! アクアマンは海の生存のための探索に出たり、ホークマンらは謎の島「ホークワールド」に行ったりだよ! ……『ブライテスト・ディ』第0号しか読んでないこちとらには、あらすじ書いてもさっぱり状況が解らんわ!

『グリーンランタン』第57号:プレデターの正体が明らかになるよ!(※プレデター:スターサファイアとその母体であるザマロン人に関わりのある男性人格の精神寄生体で、一時期はキャロル・フェリスの中に潜んでたりした……的な設定だたと思ったが、ジェフ・ジョーンズ版だとどんな設定になるのかしら) あと、意外なヒーローにホワイトランタンの人が助けられるよ、とか。

『グリーンランタン・コーズ』第51号:カイル&ジョン&ガンセットのピンチを、パワーリングを使いたがらないコーズ隊員のハンヌーさんが救うかもよ? でも敵はサイボーグ・スーパーマンに支配された惑星だぜ? どうすんの? あと、クワード人が何か企んでるぜ! とか。……たいそうなアラスジの割には、表紙の絵がコーズの身内でドツき合ってる感じなのは、いいのか。

『グリーンランタン:エメラルド・ウォリアーズ』第1号:ガイ・ガードナーさんを主役の迎えて、『グリーンランタン』第3のオンゴーイング・シリーズが創刊。当然のように『ブライテスト・ディ』タイイン。レッドランタンのアトロシウス絡みの秘密任務で、ガイさんがキロウォグ、アリシアを伴って不明のセクターに探索に赴く感じ。あら、地球が舞台じゃないのね。

『グリーンアロー』第3号:グリーンアローさんが根城としてるスターシティの大森林に何者かが近づいてるぜ! 敵かな? 味方かな? とか。……表紙でグリーンアローさんの刺さっちゃいけない箇所に矢が刺さってますが……。しかもホワイトランタン・インシグニアが血で描かれてるし。大丈夫か、オリーさん。

『ジャスティスリーグ:ジェネレーション・ロスト』第7、8号:再結成したジャスティスリーグ・インターナショナルが、マクスウェル・ロードのチェックメイト秘密基地に乗り込むぜ、でもマックスには秘策が……とかいう感じ。あぁ、やっぱマックスはこっちの方で敵として出てくるのか。ま、マックスだけと1年戦うのは微妙だろうから、後々色々黒幕とか出てくるんじゃないかしら、とか予想。

『ジャスティスソサエティ・オブ・アメリカ』第42号&『ジャスティスリーグ・オブ・アメリカ』第48号:クロスオーバーのパート4と最終話。スターハートさん大暴れだぜ、この強大なる光に対抗できるのは、そう、闇の紳士シェイドさんだ! しかし、真の敵は他のメンバーの中にいたのだった! とかいう感じ。『ジャスティスリーグ』のバックアップには、今回の外伝っぽい感じで、スターハートの狂気を逃れつつサイボーグさんがレッドトルネードのボディを回収するぜ、とか。……ここ最近のトルネードさんは気を抜くとバラバラになってるのは、なんとかならぬものか。

『バーズ・オブ・プレイ』第4号:最初のストーリーラインが完結。時間が刻々と過ぎ去っていく中、バーズの面々は、果たしてスーパーヒーロー・コミュニティを守ることができるのか? ていうかブラックキャナリーvs.ホワイトキャナリーの勝負の行方は? とか。ホワイトキャナリーという、清々しく直球なネーミングには拍手を送りたい。

『ザ・フラッシュ』第5号:キャプテン・ブーメランとリバース・フラッシュ(よく考えたらこの2人、血は繋がってないけど親類同士なんだよな)が怪しげな実験をするぜ! とか、ローグスvs.レネゲイズ(25世紀版ローグス)の戦いにフラッシュが巻き込まれるぜ、とか。表紙ではコールドvs.コールドとか、大概、同じ能力同士で戦ってるのに、1人だけ25世紀版トップと戦ってるミラーマスターがなんか可哀想(いや、25世紀版ミラーマスターが創刊号で死んじゃってるからしょうがないんだけどさ)。

『タイタンズ』第26号:『ライズ・オブ・アーセナル』から話が直結してるとか。デスストローク&チェシャらのタイタンズが、子供達を奴隷にしてる悪党どもと戦うにあたり、アーセナルも協力するぜ、的な話。そういやチェシャさんは『シークレット・シックス』の方でも、キャットマンとの間に生まれた息子がアレな目に遭ってるわけですが、その辺の話は、まぁ面倒くさいからこっちではフォローされないのかしら。


 バットマン・フランチャイズは……8月の『バットマン』第702号もグラント・モリソンが引き続き過去話を書くのかよ! あと『バットマン&ロビン』第15号(「バットマン・マスト・ダイ」最終話)と『リターン・オブ・ブルース・ウェイン』第5号(過去のゴッサムで私立探偵だぜ)もモリソンが担当。しゃぁない、買い続けるか。

 あとオイラ的には『レッドロビン』『レッドフード』を買うといういつもの感じで。


 スーパーマン・フランチャイズは、『スーパーマン:ザ・ラスト・ファミリー・オブ・クリプトン』ミニシリーズが開始。新たなクリプトン絡みのシリーズかと思ったら、「クリプトン星の爆発時、カル・エルだけでなく、ジョー・エル&ララ・エル夫婦も一緒に地球に来たら?」とかいうエルスワールズものなのでパス。

 今月の注目は『アクション・コミックス』かね。巻頭ではレックスvs.デスストローク。バックアップのスーパーボーイの短編は、『スーパーボーイ』新オンゴーイングシリーズのプレリュードだよ、な感じ。新オンゴーイングのライターは、7月から『アトム』を書いてるジェフ・レミーレ。まぁ、7月の『アトム』を読んで、お手並み拝見かね。

『スーパーマン/バットマン』は75号記念で、ポール・レーヴィッツ、ジョー・ケリー、デヴィッド・フィンチ、スティーブン・T.シーゲル、ジェリー・オードウェイ、アダム・ヒューズ、フランシス・マナプル、ダンカン・ローレル他が参加という豪華布陣。ポール・レーヴィッツの話ではワールド・ファイネスト+リージョン・オブ・スーパーヒーローズの競演を書くぜ! と。あと、ジョー・ケリーらがこれまでのバットマン&スーパーマンの歴史を振り返るみたい。あとアダム・ヒューズがスーパーガール&バットガールの話を描く(ライトも)ようで、わきまえてるな! あとはスーパーボーイ&レッドロビンとかエース&クリプトとか、そんな感じの競演話がエクストラバガンザってる感じで。

 そういや、『リージョン・オブ・スーパーヒーローズ』第4号のアラスジでダークサイドの名前が言及されてるけど、「グレート・ダークネス・サガ」は現行のリージョンのコンティニュイティ内ってことなのかしら。


 その他レギュラーの方では、

『ブースターゴールド』第35号:過去に戻ったブースターが、当時のブースターと間違えられて、ビートルと一緒に宇宙での冒険に出るよ! もちろん、ヒドい運命が待ち受けてるよ! と。B&Bの競演も嬉しいけど、ミスター・ミラクル&ビッグ・バルダがゲスト出演するのもすげぇ嬉しい。ていうかミラクルさんが、あの安心感にあふれた微笑みで、バルダさんによっかかってるシーンとかあったら、多分、オイラは泣く。

『DCユニバース:レガシー』第4号は、ティーン・タイタンズの創設がコアになる模様。あと、非メタヒューマンなキャラクターらが集まってサージェント・ロックさんを振り返ったり。
 ……イマサラ気付いたけど、このシリーズで「ジャスティス・エクスペリメンツ」とかの歴史はフォローされて……ないんだろうな。いいけど。


 TPB関連では、ポール・ディニ&アレックス・ロスの「スーパーマン:ピース・オン・アース」他の「デカい版型で出てた例のアレ」系の作品が、1冊の単行本になるぜ! ってな『ワールズ・グレーテスト・スーパーヒーローズ』が気になるかな。買わんけど。<ヲイ。
World's Greatest Super-heroes Deluxe
World's Greatest Super-heroes DeluxeAlex Ross

DC Comics 2010-09-21
売り上げランキング : 38393


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 あとは、『スターマン・オムニバス』第5巻が出るね。俺個人は、そろそろ第2巻買うかな、といったペースで買ってますが。
Starman Omnibus Vol. 5
Starman Omnibus Vol. 5
DC Comics 2010-10-12
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 以上。

 オマケのマーヴルは、『デッドプール』第1000号が気になりますね。主に「どの作品がリプリントで収録されるのか?」ってトコが(ナゲヤリ)。
  
  
関連記事

タグ:プレビューズ

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/314-9516b1e2
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。