Homeスポンサー広告どうでもよいニュース>●「カウントダウン」な日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●「カウントダウン」な日々。

2007.02.23 Fri

 まぁ、今更なニュースですが。

▼DCの新たなウィークリー・シリーズ『カウントダウン』5月から始動:

 DCコミックスが絶賛展開中な、「毎週1冊コミックを出して、1年(=52週間)で完結する長大なストーリーを展開しましょう」企画こと『52』ですが。

 この企画が完結した翌週から、新たな「週1冊コミックス出すぜ」企画である所の、『カウントダウン』が始まるそうで。
(『52』最終回は5月2日発売。『カウントダウン』1号目は5月9日発売)

 で、『カウントダウン』の名の通り、このシリーズは、1号目のナンバリングが「第51号」で、以降、50、49、48……と、カウントダウンされていくそうで。『ゼロ・アワー』を思い出しますね。

 でー、『52』が、現行のDCユニバースの「1年前」を舞台としていたのに対し、この『カウントダウン』は、「現在」のDCユニバースを舞台としてる、っつーのが、ポイントですか。

 現在が舞台であるが故に、『カウントダウン』の各イシューで起きた出来事が、同時期に発行される他のコミックに影響を与えたり、とかいう展開もあるそうで。

 要するに、「1年間クロスオーバーやりっぱなし」な感じか。

 ……やりたい放題だな、ダン・ディディオ。


 ここのダン・ディディオのインタビューとか読むと、ヤロウがかなり調子に乗ってやがるのが解りますね。

 とりあえず、個人的な態度としちゃぁ、編集者が各タイトルをきちんと管理してやがるDCならでは、っつーか、作家主導の「マーヴル・スタイル」じゃ絶対できないイベントだよなぁ、とか。

『52』は、まぁ、毎週払う金額程度には、面白いんじゃない? っつー感じなので、まぁ、こっちも続けて買うか、と、あくまで個人的に思いますが。

 あんまりコミックに予算枠をもうけてない、低年齢のファン層には、ウィークリーなソレを続けるどうかなぁ、とは思いますが。

 っつーか、「1年の辛抱で終わるから」と思って、無理して『52』に着いて来たファンとかは、ゴール目前で「実はここは折り返し地点でした」とか言われたようなモンで、さぞやウンザリしてるんじゃないでしょうか。よけいな勘グリですか。

 つか、個人的にはね、今回も、全話の「ブレイクダウン(=コマ割り)」を、我らがキース・ギフェン大先生が担当、っつーのが、引っかかるかなぁ、と。

 いや、ギフェン大先生、っつー特異な才能の持ち主を、コマ割りなんてぇ、微妙なお仕事に2年も空費さすのは、どうか、と思うねん。
  
  

  
  
関連記事

タグ:編集者

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/32-d50cc4b1
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。