Homeスポンサー広告日記>●どうでもよき「のはなし」、の巻。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●どうでもよき「のはなし」、の巻。

2010.07.25 Sun

 いつも以上にグにもつかない話を書くエントリ。

▼『マーベル大事典』の話:

 買った。ていうか、買えた。ヨソのブログとか見ると、買えなかった人も割合にいるようで、桑原桑原。

 こう、ちょっと前に邦訳コミックがバリバリAmazon.co.jpに登録されだしてた時期に「忘れないうちに一括注文しちまおう」とか思い立って、他の邦訳コミックと一緒にAmazon.co.jpで注文してたのが幸いした。

 さもなくば俺も「店頭で買うぜ」的にノンキに構えてただろう。

 内容は……ぶっちゃけ、重いんで全然読んでない。まあ、オイラ個人としてはこの手の事典モノは、買うこと自体に意義がある感じで、買っちゃったらあんま興味がなくなるねん。

 歴代の『パーフェクト・ガイド』も全部買ってるけど、買ったその日に適当にめくったくらいで、読み通しちゃないです。……とか書くと、買えなかった人にケンカを売ってるやもしれないと気付いたので、ボチボチ読むことにしました。

 とりあえず、Nova Corpsのカナ表記が「ノヴァ・コーズ」になってたのは確認した。

 ……実は今度出す同人誌では、Green Lantern Corpsを、あえて「グリーンランタン・コァ」表記で原稿書いててな。したら、書いてるうちにこの表記に慣れちゃったんで(ヲイ)、今後はブログでも「コァ」表記にしようかなぁ、とか考えていた所でな。

 さて。


▼古本の話:

 先月の話になるけど、「中野書店からアメリカン・コミックスのバックナンバーが消えた」という話を聞いたので、行ってみた。

 亡くなってた。

 うへぇ。

 少し、泣いた。


▼模型の話:

 こう、昨年末に買ったM7プリースト自走砲のプラモデルを組んでた(過去形)。こう、同人誌の原稿とか書きながら、飽きたら1、2パーツ組んでとかいう感じで。ていうか、GSIクレオスの「Mr.セメントS」が便利すぎる(※瞬間接着剤みてぇな感覚で使える溶剤系接着剤なのですよ)。

 が、原稿書きの「ついで」で組んでると、転輪のパーティングライン消しとかいう「ついで」ではできない作業が後回しになるもんでな。結果、足回り以外が完成した所で、手が止まる。

 しょうがないので、プリーストはおいといて、タミヤのM4シャーマン中戦車(後期型)のプラモデルを組み始める(無論、原稿書きのついでで)。

 ……当然というか、このM4シャーマンも足回り以外が完成しちゃったんで、今度はアカデミーのM3A1スチュアート軽戦車を組み出す。

 これが組み上がったら、こないだ買ったタミヤ/イタレリのスタッグハウンドMk.Iか、近所の古本屋で売ってたタミヤのM5ヘッジホッグ軽戦車を組む予定。あ、スポット再生産されたタミヤのM3スチュアートを買っとかなきゃ。<ていうか1個くらい組み上げろよ!

 ……スタッグハウンドなら、転輪がないから完成させられる気が……いや、エッチングパーツが後回しになるな……。

 まあ、ぶっちゃけ転輪なんて、組み上げちゃえばほとんど見えなくなるし、その上、汚し塗装でパステルなんかをモリモリ盛りつけちゃう箇所だから、パーティングラインの処理なんざ、適当でいいんだけどねー。


▼アフィリエイトの話:

 こう、「ウチのブログで貼ってるAmazonアフィリエイトリンク経由で買い物をしてくれてる方──特にオイラも好きな作家の本を買ってってくれてる方よ、ありがとう! 俺もお気に入りのブログ経由でAmazonで買い物してるぜ! ちょっとしたパトロン気分だよな!(数十円の紹介料でパトロンきどりかよ!) そもそもAmazonの定価はアフィリエイトの紹介料を支払っても儲けが出るように値付けされてるんだから、アフィリエイト経由で買わないと、紹介料として見込まれてる分の金額がAmazonの儲けになっちまうんだぜ!? Amazonよりも別の誰かを儲けさせてやろうぜ!」……とかいうテキストを長々と書いてたけど、こういうことは長々書けば書くほど生臭くなるなぁ、という結論に至ったので消した(しかしこういう形で言及する時点で見苦しいですね)。


▼ヒコーキの話:

 ソレはソレとして、ちょいと前にうちのサイトのアフィリエイトリンク経由で、岡部いさくの『世界の駄っ作機』第2巻を買っていった人がいた。

 奇遇なことに、俺も『世界の駄っ作機』は、第2巻だけ持ってるのですよ。

 何故かというと、この第2巻には、戦争ものコミックの古典『ブラックホークス』の主人公機としてそっち方面では有名な、XF5Fスカイロケット(※)の記事が載ってるから

 もしかしたらこの人も、スカイロケットの記事目当てで買ったのかなぁ、とか、身勝手な妄想をしてみた。

(※)XF5Fスカイロケット:1940年にグラマン社が試作した双発艦上戦闘機。その斬新な機体形状(主翼が機体よりも前にある時点で、なんかもう斬新にもほどがある)のおかげで、当時のアメリカ海軍の宣伝に利用され、試作器のくせにアメリカ市民でも知ってる人は知ってる機体だった。だもんで、ウィル・アイズナーが当時企画してた『ブラックホークス』の主人公機にも採用されたりした。あ、ちなみに『世界の駄っ作機』には、スカイロケットの実機の記事だけで、ブラックホークスについての記述はないので注意ね。念のため。

 いまちょいと画像検索したら、XF5Fスカイロケットをブラックホークス仕様で作ってる人が案外いた。

 こことか、ここ

 俺も作りたいなぁ。

 ……スカイロケットはミニクラフト社から1/48スケールのプラモデルが出てるので、作ろうと思えば作れるのですが、問題はオイラがヒコーキのプラモを作り慣れてない、ということでな。

 ……とりあえず、今作りかけの戦車群を完成させるのが先だな、うん。
  
  
 いじょう。
  
  
関連記事

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/320-376bf6c4
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。