Homeスポンサー広告日記>●全くどうでもいい雑記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●全くどうでもいい雑記。

2011.02.03 Thu

 こう、同人誌のこととか、他人への文句ばっか書いててもアレなので、適当なる雑記をはさんで緩衝剤っぽくしようと思った。そんなエントリ。
  
  
▼雑1:

 毎年のことだが、2月2日に『快傑ズバット』ネタで何かやろうと思うも、気付けば3日になっている。そしてまた来年も。

 しかしこの季節は、何故かは知らぬが、コンビニとか寿司屋で、オイラが割と好きな「海鮮太巻き」が大量に売ってるのでいいね。

 今日は、朝メシ・夕メシともに海鮮太巻きで満足した。もう来年まで食わなくていいや。
  
  
▼雑2:

 道満晴明の『ぱら☆いぞ』を買おうと思っていたけど、仕事が遅くなって本屋によれず、家に着いたの深夜1時。

「いや、あの本は版元がワニマガジン社だから、エロス系書籍を扱っているエロスDVD屋のマンガコーナーにあるやも知れぬ」とか思い立って、自転車駆って国道沿いのエロスDVD屋へ。

 無事発見。購入。

 なんかこう、無駄な衝動に突き動かされてエロスDVD屋に行くのは、久々なことであるなぁ、と思ってみる。


▼雑3:

 こう、エロスDVD屋で立ち読みした「近代麻雀」で、青山広美の名作『バード――砂漠の勝負師――』が、作画・山根和俊で(「週刊少年チャンピオン」の『ギャンブルフィッシュ』コンビですね)新連載されてた。

 てっきり作画を交代した上での新エピソードかと思ったら、オリジナルの『バード』のリメイク版だったのでアゴを外す。

 昔マンガとして発表された作品を、同じ雑誌上で作画だけ別の作家に変えて内容ほぼそのままでリメイクって、なかなかレアなケースじゃないだろうか。単行本を重版するよりも、リメイク版を雑誌連載する方が、色々プラスだと判断したのかしら。

 ……こう、背広とか描くのが好きなタイプの女性作家を呼んできて、『ノーマーク爆牌党』をリメイクするのはどうか(どうか、じゃねぇ)。


 一方、なにげなく手に取った『月刊コミック@バンチ』創刊号では、諸星大二郎の『妖怪ハンター』のリメイク版が連載されてて吹く。

 こっちは「闇の客人」を原作に、井上淳哉が作画でリメイク。稗田礼二郎がなんか美形ぽくってクールなキャラになってたり、美少女キャラ(パンツ撮られたり、パンツ脱いだりする)が足されてたり、その他色々ディティールが足されてる感じなソレ。個人的には「まあ、俺はオリジナルの方が好きかな」という感じ。

 むしろ男性の骨格の描きわけとかができる女性作家に『妖怪ハンター 魔障ヶ岳』あたりをリメイクしてもらうのは、どうか(いや、岩田狂天をもう少し現代的なセンスで描いたら、結構な萌えキャラにならね? って思っただけですが)。
  
  
▼雑4(ようやくアメコミの話):

『グリーンランタン:エメラルド・ウォリアーズ』が、5号まで読んだけど全然話が進んでないうえ、サブプロットもあまり進展しないまま、次のクロスオーバーにつながり初めてて、「人気作品のスピンオフだからといって、好き勝手しやがるぜトマシめ」と思った。

 でも、ガイ、アリシア、キロウォグ、あと赤い人の微妙なチーム具合がいい感じなので、今後も読み続ける。
  
 あと、『ヒーローズ・フォー・ハイア』の新シリーズが「割と好きやで」とか書こうかと思ったけど、なんか、長くなったので、次回のエントリにするのであった。

 オワル。
  
  
関連記事

コメント

*あんな蛇は

カメレオンボーイのペットが化けた偽物に決まってるでしょ!<無理矢理アメコミに繋げる

旧作の完成度を超えるのは難しいと思いますが…

そもそも「バード」は、麻雀漫画であると同時にマジック漫画でもあるので、「読者が既にオチを知っている」と「読者がタネを知っている」のイコール度がすんげェ高いので、結構リスキーな企画だと思うのですが、読者層が既に入れ替わっているとでも判断したんでしょうか。

つーか、最近の竹お得意のコンビニサイズ再販コミックで「トーキョー・ゲーム」と旧作「バード」を出し直して欲しい…<「トーキョー…」は持ってないんですよー

*

>Humanflyさん
あー、Humanflyさんもチェックされてましたか。>『バード』
『バード』は一応、10年前の作品ですし、読者層的には
一巡してる、という判断なんでしょうな。
こう、「近代麻雀」の読者層って割と大学生がコアな気がするのですが
その層は10年前は小学生ですし、『バード』は知らないだろうなぁ、と。

ちなみにオイラは、『バード』は連載当時読んで、後にマンガ喫茶で読み返してますが
全自動雀卓の天和のトリックはスッカリ忘れてます(苦笑)。
ので、割と毎号楽しみだったり。

あと個人的には、青山広美のシットリとしたエロスシーンを
大味アメリカンなエロスが信条の山根和俊がどのように描くかが楽しみだったりしますが。

あの辺の時代の麻雀マンガをコンビニサイズで再販して欲しいのは激しく同意ですね。
『ぶんぶんレジデンス』完全版とか『パラダイス・ロスト』完全版とか……(泣)

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/352-51b96341
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。