Homeスポンサー広告どうでもよいニュース>●最近のマンガとか、その2。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●最近のマンガとか、その2。

2011.02.25 Fri

▼最近のマンガ・その2:

 こう、そろそろ『デアデビル:ボーン・アゲイン』とかも出たり、週末にはトランスフォーマー・ユナイテッドの新規トイも発売されて、洋モノ好きの方の財布が嬉しい悲鳴を上げてる昨今ですが。

 それはそれとして、財布に若干の余裕があれば、コイツも買ってみね? 的なマンガを、ネットを徘徊してて見つけたんで(ていうか小田切博さんのツイッターでみかけた<最近、神保町界隈のラーメン屋について言及されてたんで、チェックしてたのだ<アメコミ関係ねぇのかよ!)、まあ、前回同様、適当に書きたらすエントリ(しかもやはりマンガの内容については触れないという)。


ロストプラネットバウンドレイブン 1 (電撃コミックス EX 146-1)
ロストプラネットバウンドレイブン 1 (電撃コミックス EX 146-1)宮沢 武史

アスキー・メディアワークス 2011-02-26
売り上げランキング : 71382


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 ストーリーは、こんな感じ(『ロストプラネット』公式サイトからまんまコピペ):これは『ロスト プラネット』と『ロスト プラネット 2』の間の物語。
 その「空白の時」を埋めるピースのひとつが『ロスト プラネット バウンドレイブン』です。
 この物語では、ヒロイン・ニーナに背負わされた数奇な運命を軸に、彼女を支える仲間たち、厳しい環境で生き抜こうとする人々の姿が描かれていきます。
 また、コミックに登場する武器やバイタルスーツ、そして敵となるエイクリッドは、すべてゲームと同じものなのもポイントのひとつ。
 ゲーム中では語られることのない世界観を理解するうえでも、これ以上ないコンテンツです。
  
  
 で、ご存じの方も多いと思いますが、宮沢武史さんは、マーベル・コミックスで『メリー・ジェーン』『ランナウェイズ』ほかの作品を発表なされてる方。タケシ・ミヤザワって書いた方が通りがいいでしょうか。

 もう少々経歴を書くと、1978年、カナダ、トロント出身の日系カナダ人。高校時代からコミック同人誌を出し、地元のコミックショップに並べてもらってた模様。高校卒業後はクイーンズ大学に進学してアートを専攻。
 大学3~4年生の頃にインディーズ出版社で『SIDEKICKS』を発表しデビュー。大学卒業後(2003年頃)、日本通の編集者C.B.セブルスキーのツテでマーブル・コミックス社での仕事を始める。
 2004年頃から、当時のマンガ・ブームの影響下にある作品『メリージェーン』を手がけ、マーベルでの代表作となる。その後、2006年くらいから日本に移りつつ、作家活動を継続、今回の『ロストプラネット』が日本での初単行本……てな具合。

 前回のエントリで触れた新堂エル(<触れてねぇよ!)が、「右も左もわからないしキャリアもないけど、とにかく日本でマンガを描きたくて、日本にきた!」(※リンク先は、「えろまんがけんきゅう(仮)」新堂エルインタビュー<成人マンガを題材としているブログなので、まぁ、自己責任でクリックするのだ)、とかいうソレに対して、
 こう、ミヤザワの方はアメリカのコミック出版社の、一応の頂点であるマーベル・コミックス社で単行本を数冊だすくらいのキャリアを積んだ後に、アメリカでの仕事も継続しつつ、またウェブコミックなぞも発表しつつ、日本にきて仕事を見つける、という「非常にきっちりしてる」プロセスを辿ってる感じですね。

 ……それでも、日本で初単行本を出すまで、結構な時間がかかってるところに、考えさせられるものがありますな、と(オリジナル作品ではなく、ゲーム『ロストプラネット』のタイアップというトコとかも)。
 ぶっちゃけ、アメリカのコミックの仕事は、ネット環境があれば日本でもできるけど、日本のマンガの仕事は、アメリカにいちゃ、やりにくいんだろうなと、うっすら感じた。

 ちなみに、『メリージェーン』の頃は、当時のメリケンでの少女マンガのブームにのる感じで、「目を大きく、シンプル・クリーンな画風で」って感じに画風をシフトさせてたそうで、同作や『ランナウェイズ』などでしかタケシ・ミヤザワの絵に触れてない読者は(まあ、俺もその1人ですが)、本作を読むと「へぇ、こういう絵も描けるんだ」的な印象を持つんじゃないかしら、と。
 てかむしろ、予備知識なしに見せられたら、これがタケシ・ミヤザワの作品だと気づかなかったりするんじゃねぇかな、と。

 ……オイラ自身、連載されてる雑誌を時々読んでたけど(職場で定期購読してた)、巻末にのってるマンガの作者がタケシ・ミヤザワだって気づいてなかったしな!(<いばるな)

 とりあえず、最近、『ランナウェイズ』の単行本を3冊バカシ読み通した、とかいう流れで、この単行本も買ってみようと思った。
(メディアワークスだし、タイアップものだから、続刊も出るよね?)


 以上、毎度、とりとめなくオワル。
  
  
Takeshi Miyazawa関連商品

そのうち、『サイドキックス』を買いたいなぁ。
  
  
関連記事

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/354-3d132dac
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。