Homeスポンサー広告日記>●最近の日常:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●最近の日常:

2011.05.07 Sat

▼最近の衝動:

 最近の騒動で、むしろユッケ喰いたくなってきた。

 とりあえず、回転寿司屋でマグロユッケでも喰ってこようと思った。……刺身に卵の黄身とかいらないから、マグロのヅケでいいか。


▼最近のデジタルコミックス:

 こう、オンゴーイング・シリーズの長編ストーリーラインを追ってる時、「あ、パート21買ってなかった」とかいう事態が生じて、「しょうがねぇ、バックナンバー注文するか」とかいう対処をしつつ、全話揃うまで読むのを辞めちゃう、とかいうことがあるじゃないですか。……いや、俺だけかも知れないので「あるんですが」とか、いうべきかも知れませんが。

 でー、海外のコミックショップから、該当の1冊だけを買うって訳にもいかなくて、「んじゃ、この機会に」ってんで、以前から興味のあったバックナンバーとかTPBとか買ったら、案外に金がかかったりね。しかもバックナンバーが手元に届くまで10日程間が空いちゃって、その間にスッカリ読む気をなくしてる、とかいうね。「金がなくなる」「読む気もなくなる」のスパイラルに巻き込まれるモンじゃないですか/モンなんですが。

 でな。

 こういう事態において、DCやマーベルのデジタルコミックスは、便利であるな、と気づいた(イマサラ)。

 デジタルならコミック1冊から買えるし、送料全くかかんないし、購入して即読めるから、待ちによる読む気力の削がれもナッシングなのである。スバラシー。


 あとまぁ、現行の人気リミテッド・シリーズの最終巻を出た日に読める、とかいうのもいいですね。『ブライテスト・ディ』とか『ジェネレーション・ロスト』あたりの最終回を、ネタバレを気にせずに読めるぜ! とかいうのは、案外精神衛生上よろしいのではないかと思う。

 ま、そんなこといいつつも、オイラ個人は、まだ両者の最終回を読めてないのですが(少し待てば、現品が届くのに、デジタルコミックスで買う必要はないぜ!<さっきといってることが違うぞ、オイ)。


▼最近のデジタルコミックス・2:

 新しくしたコンピューターのiTunesとiPadを同期させたら、今までダウンロードしてたデジタルコミックスのデータが消失して、1冊1冊ダウンロードし直す羽目に陥った。

 あと、フリーで配布されてた『インフィニット・クライシス』第1号のデジタルコミックスが、いくら待ってもダウンロード終了しない。

 なんだか哀しいので、このブログを読んでる君らのデジタルコミックも、そんな感じの不都合が生じるように呪ってみる。ムムムムム(<帰れ)。


▼最近の魔法少女:

 ゴールデンウィークは家に引きこもって部屋の掃除などしつつ、メシ喰いがてら『まどか☆マギカ』なぞを見てました。

『まどか』の感想としては「すげぇ過不足ない話だね」とかで。

 こう、全12話のペース配分をきちんと設計して、その通りにドラマを盛り込んでってて、余分な贅肉がないなぁとか、登場人物がみんな「こういうタイミングで、こういう具合にドラマを盛り上げる役目」ってのを割り振られてて、それ以上のこたぁしないし、役割が終わったらアッサリ退場するのが、潔いなぁとか、そんな感じ。


▼最近の魔法少女・2:

 ふと、

 I'm Madoka Magica.

 I'm a witch hunter...

 I hunt whitches...

 Haven't found any yet...

 とかいうフレーズを考えたが、あまりネタが広がらなかったので、ここに書き捨てる。

 こう、「コスチュームデザインを考えました!」とかいいつつノート一杯に描かれたマーシャル・ロー風のコスチュームを笑顔で見せるまどかさんにドン引きな黄色い髪の人、とかいうのでどうか(どうか、といわれても)。

 あるいは色々あって時空を超越した存在になり、宇宙中の全ての時間軸からヒーローを根絶して行くべく永遠に戦いを続けるマーシャル・ローさん@すげぇ嬉しそう、とかどうか(知らぬ)。


▼最近の模型工作:

 部屋の掃除をしたら、なくしてたメタルフィギュアの頭部が出てきた(昔、このブログで塗装途中のヤツをさらしたこともあるナーグルの騎士)。なので、塗装を再開したく思う。

 さらに掃除をしてたら、コトブキヤのディテールアップパーツが微妙に出てきたので、とりあえず、手近にあったアイアンマンのアクション・フィギュアにペトペト貼り付けてみた。楽しい。

 ついでにヤスリかけたりパテを盛ったりしていじくり回す。実に楽しい。

 ……しかし、どこまで踏み込むべきか。各所のシリンダーを金属パーツに交換とかは、行き過ぎかも知れぬ。

 あと、深夜に流れてるどうでもいい感じのアニメ、いうなれば注意力散漫で見ててもどうにかなる程度の内容のソレは、プラモデルのヤスリがけをしながら見るのに丁度いい感じだなぁ、と気づいた。


 そんな感じ。
  
  
関連記事

コメント

*

Amazonから『デアデビル:ボーンアゲイン』とかオモチャとか届く。
しまった!原書売らずに持ってたじゃん!とアナログ派な俺。

>「すげぇ過不足ない話だね」
だから下手に続編とかやると蛇足になるんですけどネw
この手の作品は上げて落とした展開後のヘルタースケルターっぷりにニヤニヤしつつラストの「たった一つの冴えたやり方」に期待する訳ですが、まぁ及第点な方かなと。
あとまどかの神域到達ぶりを見るに、ジェット・リーの法則に従えばほむほむはパラレル移動を125回はしてるな、とか『lain』の最終回を思い出しつつ「それにしても安易なリセットオチが許せるのは『戦え!イクサー1』までだよねー!」とか声に出したり。
深夜アニメといえば最近評判のいい『TIGER&BUNNY』ですが、いかにも「アメコミふう」なベタなヒーローアニメで安心して観れますな。さとうけいいちには『THEビッグオー』同様の換骨奪胎ぶりを見て期待値も高いんだけども、後半戦の不安も大きかったり。
▼最近のオモチャ:
んで超金魂のダルタニアスも買っちゃったり。
どうにもこのシリーズは過去商品化されているモノはリファインはされているものの、基本システムは旧来のソレでほぼ完成されてるんだよなぁと再認識。さすが世界の超合金だぜ。だもんで変形!合体!!するだけすると妙にテンションが低くなる。まぁクソ高い金払ってボロボロの中古品買う事考えりゃ何贅沢言ってんだって話なんですけどネ!

*

『魔法少女まどか☆マギカ』は以前のビートルさんのコメントを読んでから少し気にしていたのですが、これまでの嫌展開も含めてカタルシスに昇華させた最終回で一気に評価が変わりました。
おかげで今まで個人的に微妙だった『ヒーローズリボーン』版ギャラクタス襲来編の先見の明に改めて驚かされた次第です。
…影響受けすぎてこんな動画を作ってしまうのは、我ながらどうかと思ってしまいますが(汗)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14257513
今だから告白しますが、6年程前から色々な掲示板やblogでのビートルさんの書き込みには色々学ばせて頂いておりました。
この場を借りて、改めて感謝させて頂きます。

*

>ビートルさん
『まどか』ってば、こう、他作品や他ジャンルから引用したり、比較したり、ネタとして絡めたりとかしたくなりますよねぇ。作り手側の計算かどうかは知りませんが。
オイラ的には、ピーター・ディヴィッドの『スーパーガール』ラストエピソードと絡めたいとこですが――運命を改変しようとしてスペクターさんに「コラッ」ってされるほむらさんとか。
あと藤子世代としては「8時間後、6時間後、4時間後、2時間後のほむらさんを召還して、4人で戦うのはどうか」とかいうネタを考えましたが、Wikipediaとか見たら、ほむらさんはそういう細かな遡航はできないようでションボリ。

『TIGER&BUNNY』はそろそろ見始めようかなぁ、とか思いつつ、まだ見てませんが、監督は、さとうけいいちでしたか。なら見始めるか!

超合金魂は、まあ、村上克司っていう頂点が考えたスキのないシステムと、現代の技術との戦いみたいなモンですからねぇ。コアなファンにしてみれば村上のシステムは崩して欲しくないでしょうし――ダイモスとか、それでエラく叩かれてたし(子供の頃、非変形のトランザーしか持ってなかったオイラからしてみりゃ、変形するだけで御の字じゃ)。

>オレンジフードさん
動画見ました。なんかこう、見終わった後でなにかしらの創作への衝動みたいなモンを刺激されますよね、『まどか』は。
オイラも夏のコミケには『まどか』のパロディマンガで参加しようかと思っております(真顔)。

*そろそろたびだちのときがきたようだ

>オレンジフード様
ええー!
自分みたいな人様のブログに寄生しては言いたい事だけ言って消えるだけの人間にその様なコメントは勘弁して下さいw 衝動的に「虚空からの挑戦」の僅か5・6ページを無性に使いたくなるものの、売払った事を激しく後悔するよなタイコンデロガ級のバカなんで。(自炊しとけよ!!)そう、こんな風に。

▼最近の映画:
劇場で「マイティ・ソー」の予告を観る。デストロイヤーさんかっけえぇぇぇ!大き過ぎず小さ過ぎずなちょっとスマートなボディと地獄の釜の蓋ビーム(勝手に命名)がいいカンジ。先に公開予定の「X-MEN:First Class」が割りとどうでもよくなった。
帰ってから録画しといた「大殺陣」のラストのひたすら泥臭い殺し合いだけを観る。実は「十三人の刺客」よりこっちの方が好きだったりするが、これを観る度に「カムイ伝」は予定調和な段階になってはいたものの、再開して欲しかったと思い出す事しきり。
正助が生きてたのはやり過ぎだけどな!

>たけうち様
ああ、俺も何故か超合金ダイモスでなくポピニカトランザーを買ったんだよなぁ、大したギミックもないのに。しかもボディが白じゃなく青なんだよこれが!
超金魂は次のリリースがゴッドシグマで、あと旧タイトルで目ぼしい物はゴーディアンか管理人様お気に入りのボル…ゴライオンぐらいとなってしまったか。しかしゴーディアンは先にバイカンフーがリリースされててインパクト弱いし、ゴライオンに至っては最早手を加える箇所がない頂点の存在なので、各獅子が人型変形するとか余計なギミックを仕込むしかないんじゃないかと思ったり。

▼最近の時間遡行者:
タイムパラドックスものでいちばんシュールだったのは後半全方向へ迷走展開していた「ダメおやじ」でだったかな。当時オチというか結果以前にタイムトラベルして何を実験したのか読者に教えろよ!と思ったが今でも謎だ。

*

そういや最近映画館に行ってないなぁ……。
キックアスもREDも結局行かなかったし。
ま、この夏が本番ですんで、これから頑張ります(でも第1陣の『X-メン』はあんまり初日に行く気なし)。

>ビートルさん
あ、ビートルさんも持ってましたか、トランザー。
……ないですよねぇ、ギミック(苦笑)。いや、あるにはあるけど、ミサイル発射ギミックを4箇所に仕込まれても微妙だなぁとか、赤いハッチが開く意味がなくね? とか。
同じSTでも『スタージンガー』のスタークローはギミックが豊富で、長らくウチの1軍主役メカとして活躍してくれたっけ(遠い目)。

ちなみにうちのトランザーは本体色が白でして。
調べてみたらポピニカのトランザーは前期が青、後期が白と、2種のカラーリングがあったのですね。
初めて見たけど違和感スゲェ……。>青いトランザー
なんでか、あの頃のポピーは、変な所にあの青色の樹脂をつかってましたよね。コメット号とかも、店頭で見て違和感アリアリだったなぁ(再び遠い目)。

超合金ゴライオン&ダイラガーのボルトロン組は、もう、関節を増やすくらいしかいじりようがない、という完璧さですからね。特にダイラガー。
あの辺のメカは、いっそギミック排除してスーパーロボット超合金で出しちゃった方が、オモチャとして楽しいものになるんじゃないかと思ってみたり。
──いや単にオイラが、剣の両手持ちができるくらいの可動範囲なゴライオン、ダイラガー、アルベガスが欲しいだけですが(ていうか欲しがってるのはオイラだけでしょうが)。

『ダメおやじ』でSFネタがあったんですか。ちょいと気になるんで今度マンガ喫茶で読んでみるかな……。

そういや『ウイングマン』は唐突に時間遡行でオチをつけてたなぁ、とかふと思いつつ、あの最終回で、「正統派ヒーローもの」に作者的な一区切りをつけちゃったせいで、『ヴァンダー』で変にギミックに凝っちゃったり、『ZETMAN』でグリム&グリッティに走る、みたいな発展の仕方をしちゃったのかしら、とか脈絡なく考えつつ、オチとしてはその桂先生もかかわってるタイガー&バニーをこの土日で見られるだけ見るぜ! とかなんとか(全くトリトメがなくてスイマセン)。

*管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/371-a59be587
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。