Homeスポンサー広告海外通販とか>●最近の海外通販のハナシ・同梱編。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●最近の海外通販のハナシ・同梱編。

2011.05.20 Fri

 今月頭、セカイモン経由でe-bayから落札した商品(このところブームになってたスポーンのアクション・フィギュア)が送られてきたのだぜ。

(※)セカイモン:「セカイモンは、約2億点の商品数を誇る「eBay(イーベイ)」の公式日本語オークションサイトです。お客様が落札した商品は、セカイモンが、アメリカ国内の倉庫で、いったん確認してから日本に出荷。アメリカ国外には発送してくれない商品も、セカイモンがお客様の日本のご住所までお届けします」とかいう感じのサービス(公式サイトから適当にコピペ)。
 落札者への連絡とかの面倒な手続きを全部向こうがやってくれるので楽チン。手数料は商品落札金額の15%。


 で、このセカイモンには「同梱サービス」というものがあってな、

 その、1から説明すると、セカイモンの配送システムってのは、e-bayでの落札後、

1:出品者がアメリカはロサンゼルスにあるセカイモンのオフィスに商品を発送
(この時点で落札金額+送料+手数料15%が落札者のクレジットカードから引き落とされる)
 ↓
2:商品が届いた週の終わりに、セカイモンが日本の落札者の元に商品を発送
 ↓
3:空港で通関後、着払いで落札者の元に移送
(着払いで払う金額は、国際郵便の送料+関税)

 というステップを経て、落札者(オイラ)の手元に商品が届く訳なのですが。

 この「2:」の「商品が届いた週の末に」というのがポイントでな。こう、オイラの落札した商品が、同じ週内に2つ以上届いた場合、セカイモンはそれらの荷物を一括して発送してくれるのよ。これが、「同梱サービス」。
(※細かい荷物を複数個送られるより、それらを大きめのダンボールに同梱して送る方が送料は安くつくというのは、何となく想像つくでしょうか)


 でー、今回のオイラの場合、この「同梱サービス」で、4つの商品が送られてきたのさ。

 ……割とバラバラな時期に落札した商品だったんだけど、出品者が几帳面ですぐ商品を送ってくれたり、あるいは1週間経っても発送してくれないノンビリ屋さんだったりした結果、偶然、同じ週に4つの荷物がセカイモンのオフィスに届いたのさ。なんたる僥倖。

 でな。今月頭(ゴールデンウィーク明け)にその商品を受けとったんだけどな。なんか、着払いで払った送料が、こっちの思ったのより、微妙に高いねん。

 しかも、梱包が変やねん。


 順に話すと、今回送られてきた荷物の詳細は、まあ以下のような具合。

 荷物A:中身はブリスター1個
 荷物B:中身はブリスター1個とルースフィギュア1個
 荷物C:中身はブリスターよりは一回り大きめのボックスセット1個
 荷物D:中身はブリスター2個

 これらの荷物は、「同梱サービス」で発送されたというのに、さほど「同梱」への努力をみせず、4つの荷物をそれぞれ個別に送ってきました。潔いですね。

 で、割とこれまでの取り引きで、「ブリスター1、2個程度の荷物なら、2000円でおつりが来る程度の送料で届く」という経験則ができてたんで、今回の送料も8000円前後の金額になるかと思ってたのですが。

 実際には「1万円で何十円かおつりが来る」程度の送料だったねん。予想したより2000円バカシ多く取られてる!?

 その秘訣は、これ! 一番小さい「荷物A」の梱包方法!

 なぜだか、この「荷物A」だけが、倍ほどもある大きさの同梱用ダンボール箱に入れられて送られてきてたのさ!

 そう、アルナラ神の六つの乳房にかけて、同梱用のダンボールに、荷物Aただひとつが入れられていたのさ!

 同梱用のダンボールなのに、わざわざ、一番、小さい、荷物を、ただ1個だけ、入れて、送ってきた! 意味がわからないよ!


セピリズ「意味といわれたな。そんなものを求めなさるな。そのみちの果てには狂気がある」

 ……誰?


 こう、普通にそのまま送れば、普通な送料で届くのに、わざわざデカいダンボールに入れて、緩衝材もたっぷりオゴった過剰包装で、落札者に普通じゃない送料を負担させるって、なんたる画期的なサービスだよ! 緩衝剤として詰め込まれてた「クシャクシャにした茶色い包装紙」を捨てるのにも一苦労だよ!

 ……つか、同梱用ダンボールから緩衝剤を取り去ったら、一番大きな「荷物D」が余裕で入るんですが……。何故……同梱しない……。

 あと試しに、残りの「荷物B」「荷物C」を同梱用ダンボールに入れたら、ややキツめだけど、入りましたが……。つまりは、これらの荷物A、B、C、Dは、同梱用ダンボール×2に詰めて送ることができたわけなのですが……。何故個別に……4つで送る……。

 ……同梱しないどころか、むしろ荷物の容積を増やすって、「同梱」という概念に対する不逞、朗々たる挑戦ですよ。神にでもなったつもりか! こんなの絶対おかしいよ!(<すいません、ちょっと書いてみたかったんです)


・その後:

 とりあえず、問い合わせのメールをだしたら、非常に迅速で適切な対応をして頂いた。

 適切すぎるが故に、ネタにしてイジるスキがないので、経緯をありのままに記してオチとする。


 セカイモンの問い合わせセンターに「このような具合に梱包されてきました。このような梱包で送るに至った経緯をお教え願えますでしょうか。少なくとも荷物Aの送料をわたくしが負担するのは納得しかねます」的なメールを送る。
  ↓
 セカイモンから「梱包状態を確認したいので写真にとって送って頂けますでしょうか?」と返信が来たので、デジカメで撮影して送る。――ついでに「同梱用ダンボールに荷物が2つ入るよ」的な写真も撮って、「同梱用ダンボール2個で発送できたと思うのですが」的な文面を添えて送る。
  ↓
「ロサンゼルスの配送センターに問い合わせますので、少々お待ちください」との返信から、さほど間を空けずに「ご指摘の通り、同梱用ダンボール2個で発送できたようです。送料の差額を返金するという形で対応します」的なメールが来る。
  ↓
 メールの最後に「返金に関しては、うちではなく、ヤマト運輸からになります。近日中にヤマトから金額や返金方法などの連絡が届くかと思いますので、よろしくおねがいいたします」とかいう感じな文言が。<今ここ

 こう、個人的には「このような梱包がされるに至った経緯」こそが知りたく思いますが、まあ普通、教えてくんないわな。素直に「返金」っつー落としどころにハマります。

 多分、ヤマトも普通の対応してくれるだろうし、この件はこれで終わると思う。

 つかまあ、こういうトラブルがあった時に、迅速で適切な対応をしてくれる、という信頼も含めて、我々は「サービス」というモノに対してお金を払っているのですね。

 ――とかいう、どこぞで聞いたような結論に絡めて、利いた風に時事ネタを語る、とかいうシメを考えましたが、テンプレート的な「利いた風なこと」を書くのが面倒くさいので略。





 ↑この上の空白部分に「それらしい文章」が書かれてたということにして、「何を陳腐な語りをしてやがんだ、コイツ」とかいう顔をしてください。

 してください。

 さあ。
  
  
関連記事

タグ:海外通販

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/372-ac89fbf4
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。