Homeスポンサー広告どうでもよいニュース>●これからのDCコミックス。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●これからのDCコミックス。

2011.06.01 Wed

▼9月からのDCはすげぇぜ、とかなんとか:

 方々のニュースサイトでトップニュースとして扱われてますが、

 DCコミックスは、クロスオーバー『フラッシュポイント』の8月第5週での完結を受けて、9月第1週から次々に“新創刊”なコミックスを送り出していくそうで(まあ、ほとんどは現行のオンゴーイング・シリーズを号数をリセットして1号からやり直す感じですが<こーいうのを「リランチ」って呼ぶと通っぽいぞ)。

 ……でー、それら新創刊されるコミックスは、全部で52タイトル。「毎週13タイトルが新創刊されるよ!」ですって(※追記:新創刊第1弾の『ジャスティスリーグ・オブ・アメリカ』のみ8月31日に出るので、正確には9月に出る新創刊タイトルは51作だった)

 このニュースを報じるCBRの記事によれば、それら52冊の中には以下のような雑誌が予定されてるとか。

6/3追記:現時点で誤情報だったものにツッコミを入れてみた。


・作:グラント・モリソンのスーパーマン主役の新シリーズ。

・『バーズ・オブ・プレイ』第1号:ガイル・シモーネはライターを降りるよ! <えー。

・『ティーンタイタンズ』第1号:ファビアン・ニシーザが来るよ! <よし買う。
誤情報。ニシーザ本人が「誤情報に踊らされるな、第1に、わたしはタイタンズを書いてない」ってDCの掲示板に書いてた。

・『ジャスティスソサエティ・オブ・アメリカ』第1号:マーク・グッゲンヘイムが降りるみたい。

・『ワンダーウーマン』第1号:ストラジンスキーの設定改変は割となかったことになるかも。 <そうですか。

・『グリーンランタン』第1号:号数がリセットされても、ジェフは健在だよ! 将来の『ブラッケスト・ナイト』級の大イベントをお楽しみね! <俺たちの(サイフとの)戦いはまだ続くよ!

・『ホークマン』第1号:新シリーズ。ニューヨーク・コミコンのパネルでの発言によれば、ジェームズ・ロビンソンがライターになるかもだぜ! あとアートはフィリップ・タンになるとのウワサがあるけど本当かどうかは知らぬ。
ライターはロビンソンじゃなくてトニー・ダニエルだった。ぬぬぬ。

・『アクアマン』第1号:ジェフ・ジョーンズ&イワン・レイスによる新シリーズ。前々からアナウンスしてたんで、みんな知ってるね!

 とか。


 『アクション・コミックス』『デテクティブ・コミックス』みたいな長寿タイトルがナンバリングをリセットされるかはまだ公式発表はなし(『ワンダーウーマン』は余裕でリセットされましたがね!)。

 CBRのセールス・アナリストのコメントによれば、DCユニバースを舞台にしたタイトルは、6月には56冊かそこら出てるそうで。「1ヶ月52冊といっても、そんな変わんないんじゃね? てか、毎月出るタイトルの数としちゃ、適切な数字じゃね?」とか。


 あと記事の後半は、「これうまくいくの?」的な論調で、各コミックショップの人やマーベルの人の話とか。

「長期に渡り続いてきたタイトルを第1号から仕切り直すことは、読者を獲得するチャンスであると同時に、従来の読者を失うリスクも存在する」

「他人はどういうかは知らないが、称賛したいね。無論、出版社側がきちんと新読者へのマーケティングを考えてるならだが……おれら小売りにマーケティングを丸投げするんじゃなくて、さ」

「マーベルのポイント1イシューみたいに新規読者に優しい内容であることを望むよ」

「コンティニュイティに影響を与えての新創刊なら、セールスに良い影響はあるだろう。ジョン・バーンが『マン・オブ・スティール』で設定一新した後に『スーパーマン』誌が新創刊された時みたいに」

「『ヒーローズ・リボーン』の時は、1号目だけ売れたけど、3、4号もすると元の数字におさまったけどな」

「みんな数字に意味なんかないってことに気づきだしてると思うね。……第1号のセールを良好にできるウリってのは、別に号数が何号だろうがセールスを向上させてくれるんだ。ジム・リーが、『バットマン』第608号から『ハッシュ』を始めたときがいい例だ」

 とかなんとか。

 まあ、とりあえず、早く9月のラインナップが発表されないかなぁ、と思いつつ。

 ……俺の予想では、新規タイトル52冊のうち、『フラッシュ・ポイント』からスピンオフした系の中の“割とどうでもいい数あわせの1冊”的なソレをキース・ギフェンが担当してて、それが1年以内に休刊すると見たね! 『マゴグ』の時みたいに!

 あと、ウルフマンとかコンウェイとかウィーンあたりの、「最近ワンショットとかで微妙に見かける古参作家」は、新タイトルには遠慮して欲しいなぁ、と、失礼極まることを考えた。
  
  
関連記事

コメント

*

>マーク・グッゲンヘイムが降りるみたい。
良かった良かった<オイ

>『ホークマン』第1号:新シリーズ
ブライテストデイの結果、ホークガールが○○なことになったので、こちらではどうなるのか気になります。

*

>Humanflyさん
>良かった良かった<オイ
CBRの元記事でも、「喜ばしいニュース」として語られてるんですよね>グッゲンヘイム降板
ま、ニシーザの「私はティーン・タイタンズ書いてない」発言もありますし、ぬか喜びに終わる可能性もあるので、今後のDCの公式発表に目を光らせていきたいトコロですが。

ホークガールさんは、ロビンソンなら数年かけて伏線引いてって、「うまいことなんとかしてくれる」んじゃないか、とか思いつつ。

……これで、グッグンヘイム続投、ロビンソンはホークマン関係なかった! とかいうオチだったら泣く。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/376-9db4014d
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。