Homeスポンサー広告日記>●補足。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●補足。

2011.07.11 Mon

▼前回のフォロー、の巻:

 あー、前回のエントリでオニール&アダムスの『グリーンランタン/グリーンアロー』(正確には『グリーンランタン コ・フューチャリング・グリーンアロー』だが、どうでもよろしい)を「古典っつーてるけどそんなスゴイもんでもないよ」とか書きましたが。

 それほどスゴくはないけど、「色々と面白い作品であるよ」と、フォローするのを忘れてたので、ここに記すものなり。

 末期の「スピーディーがジャンキーに!」とかいう話だけが過剰に有名な気がするけど、オイラ的にはむしろ前期のロードムービー風の「通りがかった町で困ってる人を、なんとなく解決に導くぜ!」な話たちとか、中期の「ロードムービー的展開に飽きたんで、とりあえず、SFっぽい方に展開してみたぜ!」なヤツとかの、色々とエンターテインメントと時事ネタの距離感を模索してた感じの話が好きかしら。

 あともう1個いい忘れてたのは、今回の邦訳版では、ジェフ・ジョーンズが設定改変する前の、割とヌルい悪役だった頃のシネストロさんとブラックハンドさんが登場するぜ、と。

 中でもシネストロさんは登場シーンがことごとく顔が切れてたり後姿だったりという、「アダムスはそんなにシネストロの顔が描きたくないのか」な感じのヒドい扱いをされてるのに注目。

 ついでにいえば、キチガイになる前のガイ・ガードナーさんと、まだ陽気なアンちゃん(無職)だったころのジョン・スチュアートさんと、ゲリー・コンウェイに設定改変される前のブラックキャナリーさん(夫を亡くしたばかりの未亡人)が登場してるのでそっちもチェックだぜ。

 個人的には付録の冊子でブラックキャナリーさんの設定のグダグダをいかに適切にまとめてくれるかが注目だね!(<そんなところに注目してるのはお前だけだ)
  
  
 も少しデニス・オニールについて触れようかと思ったけど、同人誌の方でさんざ書いてたことのリフレインになったので中止ー。
  
  
グリーンランタン/グリーンアロー
グリーンランタン/グリーンアローデニス・オニール 二―ル・アダムス

小学館集英社プロダクション 2011-08-12
売り上げランキング : 862


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

どうでもいいけど「ハードトラベリング・ヒーローズ」的なサブタイトルは付かないのね。
  
  
関連記事

コメント

*

>末期の「スピーディーがジャンキーに!」
後世にこの「○○が○○に!」のテンプレを広めただけでも評価されるべき作品ですよね。 <ソコかよ!

何か映画の方は制作費回収も出来ない見通しでヤバいらしいです(汗

*

GL映画は向こうの掲示板で見た限りではファンが必死に「言われてるほど酷くはないぞ!」と必死に擁護している様がなかなか面白かったw

マークストロング演じるシネストロだけは誰もが絶賛してるので是非続編を作ってもらいたいのですが

*

スラム街の暴動に巻き込まれた少年を救えず、無力さに怒るグリーンアローは、このシリーズでよかったのかな?

まー、今にして思えば前後してた池上スパイダーマンと同じ時代の空気だよなーとは思うのですよ。

ジョンは年を経て丸くなったと思うのですが、ガイはねー、何処でどう間違ってあんなキャラになっちゃたのか(汗)

*

毎度レス遅くて申し訳ないです(カッコいい返信をしたいのですが、オイラの脳味噌に限界があるので思いつかないのよ)。

>ビートルさん
>後世にこの「○○が○○に!」のテンプレを広めただけでも評価されるべき作品ですよね。 <ソコかよ!
まあ、なんというか、「脈絡ないけど、インパクトはあるから、ヒドい目に合わせようぜ!」的なキャラの嚆矢というか……。
ただ、ここで「元アレなキャラ」っていう経歴がついたおかげで、他の2線級のキャラに比べて、活躍の機会もあったりするしなぁ、スピーディさん……。
難しいもんです(<ナゲヤリな結論)。
  
  
>GL映画は向こうの掲示板で見た限りではファンが必死に「言われてるほど酷くはないぞ!」と必死に擁護している様がなかなか面白かったw
とりあえず、「自分の目で確かめてから」が合言葉の日本人としては、「向こうで公開されてて、こっちじゃ当分先」な現状が一番ヤキモキしますね。

>ロヒキアさん
>スラム街の暴動に巻き込まれた少年を救えず、無力さに怒るグリーンアローは、このシリーズでよかったのかな?
OKです。実はその回のライターは、オニールじゃなくてエリオット・S.マギンだったことに今気づきましたが。

>まー、今にして思えば前後してた池上スパイダーマンと同じ時代の空気だよなーとは思うのですよ。
ですねぇ。
何かというと市民が暴動とかおこしちゃうトコとか(<ヲイ)、ドラッグとか公害とか、作品からうっすら漂う虚無的な匂いとか、あの辺の時代の空気感は、不思議と同じですな。
大橋巨泉似のテレビキャスターあたりのサブキャラなんかは、『グリーンランタン/グリーンアロー』に出てても違和感なさそうというか。
……ていうか、オリバーさんと小森ユウのクロスオーバーとか見てみたいかも。いや、ユウがぶん殴られるシーンしか思い浮かびませんが。

あとまあ、ガイさんは、あまりオリジナルの彼に思い入れのないライターが書き継いじゃったことで、キャラがどんどんブレてって、結果「あんなキャラ」に着地しちゃったのかなぁ、と。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/391-06ccbb30
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。