Homeスポンサー広告ドウジンシ>●適当なる更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●適当なる更新。

2011.12.16 Fri

▼最近の進捗:

 同人誌の原稿が4割くらい書けた。

 まあ、経験上冬のコミック・マーケットには間に合うペースなので、新刊が出るモノと決めつけて、宣伝でもしてみる。


 っつーわけで、冬のコミックマーケットのウチの新刊は、『D.S.D.(仮)』とかいうタイトル(タイトルは表紙をデザインする段階まで仮のままです)で、「アダム・ウォーレンの『ダーティペア』」の特集本になります。D.S.D.は何の略かって? Dirty-Stormy-Destinyに決まってるやろ、いわせんな恥ずかしい。

 内容としては、アダム・ウォーレンがいかにしてダーティペアに出会い、権利を取得し、コミック版を描き出したのかの歴史を延々と語るいつものウチのアレな感じのテキストメイン。ウォーレンの原稿なのに、気づいたらトーレン・スミスのことを長々と書いてたけどな!

 あとはウォーレンの『ダーティペア』の各シリーズの紹介とか、実現しなかったクロスオーバーとかの話を書く予定(こっちはまだメモ書き程度にしか原稿ができてねぇので未定)。

 あとはまぁ、既刊の在庫のあるのをボチボチ並べるんじゃないでしょうか。


 ……とりあえず、コミケカタログのサークルカットに「DCコミックスとか。まあ、いつもの感じで」とか書いたが、あんまりいつもの感じではなかったことをここにお詫びするものナリ。

 いや、「20世紀末の北米地域でのマンガ・アニメの受容」ってのは、DCコミックスと並ぶ、うちのサークルのメインテーマなんで(今決めた)、「いつもの感じ」ではあるのですが。――これまで『ショーグン・ウォリアーズ』本、『ボルトロン』本と、出してきたし。


・ろくでもなき余談:

 こう、ここ最近のウチの本は、映画の『グリーンランタン』合わせでグリーンランタン本を出したら映画があんまヒットしなかったとか、邦訳版『クライシス』合わせでDCクロスオーバー本出したら一向に『クライシス』がでやしねぇとか、時代にオモネッて題材をチョイスしたら、微妙に裏目るという展開が続きましたが。

 多分、今回は、オレが『ダーティペア』本を出すことで、来年復活予定の徳間の「コミックリュウ」に何らかの因果律の干渉(しかも裏目に出る方)が起きるのではないでしょうか。<嫌がらせか
  
  
関連記事

タグ:同人誌 アメリカのマンガ

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/407-aeb4228e
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。