Homeスポンサー広告アメリカン・トイ>●適当なる更新。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●適当なる更新。

2011.12.17 Sat

▼マシンかと思たらボッツだった、の巻:

 なんとなく最近、マシンロボに興味が出てくる。

 夜中にオークションを覗いてたら、デビルサターン6のルースが安く出てたんで、深夜の衝動に突き動かされて即決落札してみた。

 落札してからよくよく商品写真を見返したら、デビルサターン6と成型色が違ってて、「あれ、パチモン掴んじゃった?」とか思う。

 後悔してる間に、荷物が届く。

 ふと気づいたことがあり、もっかいよくよく調べたら、こいつは「バンダイ」の「マシンロボ」の「デビルサターン6」ではなく、北米の玩具メーカー「トンカ」がマシンロボをライセンス生産して展開したシリーズであるところの「ゴーボッツ」の「Monsterous」(モンスタロウス?)であることが判明。

こちらのゴーボッツのホームページとか参照。

 っつーか、オイラ的には「ゴーボッツ」の代替品で「マシンロボ」が欲しかった、という、ネジくれた経緯でこいつを落札したんで、むしろ一周回ってご褒美でありました、という。




 とりあえず、身長的にお似合いなボルトロンの7インチと並べて記念撮影してみた。1980年代に北米地域で頑張ったトイ同士、ということで(いや、このボルトロンはトレンドマスターズ社の製品だけどな)。

 どうでもいいですが、デビルサターン6(モンスタロウス)って手持ち武器が一切ないので、ルース品買うときの「これ、完品なのかしら」とかいうアレに悩まないでいいですね(一応、パーツ破損とかなかったし)。

 あとこいつ撮影してる時に、照明用の電気スタンドにはっつけるトレーシングペーパーがなかったんで、替わりにコンビニ袋をかぶせたら、だいたいおんなじ効果が得られた、という生活豆知識をもって本稿を終わりたく思うで候。
  
  
関連記事

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/408-96ac3010
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。