Homeスポンサー広告日記>●最近のフールとかコスモとかスターとか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●最近のフールとかコスモとかスターとか。

2012.04.02 Mon

▼今日は4月の2日なのぜ、な巻:

 そういやエイプリルフールが終わってた。

 飛鳥五郎の命日とエイプリルフールは、毎年何かしらのアクションを起こそうと考えて、しかし、別段何をやるわけでもなく終わるので、来年こそは頑張りたく思った。

 こう、構想としては、飛鳥五郎の命日(2月2日)に「あぁ、今年も何もせずに……」と後悔しつつ、「いや、まだ4月1日がある!」と奮起して2ヶ月かけてネタを仕込む、とかいう流れで(2個中1個失敗するの前提かよ!)。


▼貴殿は小宇宙を感じたことがありますでしょうか(丁寧語):

 こう、こないだまで、『聖闘士星矢』のマンガとアニメと劇場版とOVAとスピンオフとスピンオフのOVAと……(略)を一通り見通して、各聖闘士のトリビアルなネタ含みのテキストを延々と100ページくらい書き連ねる、というお仕事をしてたねん。

「天秤座の武器の内、三節棍のみは、劇中で“使われてはいるんだけど、実際に使用してるシーンは描かれていない”微妙な位置づけのソレなのだ(多分、車田先生が正しい使い方が解らなかったんじゃないかと思う)」とか、

「スカーレットニードルは本当は15発一気に打ち込めるんだってば。実際にOVA『冥王ハーデス冥界編』で冥闘士相手に一気にアンタレスまで打ち込んでるし」とか、

「聖闘士聖衣神話のカプリコーンシュラの聖衣デザインって、アニメ版準拠と見せかけて、聖闘士聖衣大系のデザインなのだ」とか、そんな感じのを。


 なんか書きながら、「好きなアニメを見てテキスト書くって、ニート志望者な青少年が妄想する“カッコいい業界人のお仕事”みたいよね」とか思ってみたり。なんだそれ。

 でー、その仕事の影響で、個人的に『聖闘士星矢』ブームが到来した。なんと単純な。

 そんなわけで、ハードオフでたまたま売ってた新生青銅聖衣フェニックス一輝のフィギュア(なぜか限定版の5体セットのが一輝だけバラ売りされてた)買ったり、オークションでフェニックス一輝の最終青銅聖衣のフィギュアを落札したりして、立体物への興味を充足させてみた(青銅聖闘士5人の内では、カッコよさとネタキャラとしてのおいしさを高次元で兼ね備えている一輝兄さんが好きなんよ)。

 上記を組み合わせれば、2nd素体+新生青銅聖衣(メッキ)+南田香奈原型の頭部という、個人的にパーフェクツに近い一輝兄さんが完成するのだ。


 でもって、昨日始まった『聖闘士星矢Ω』もね、ワクワクしながら見たよ。いい歳をして。

 感想としては「中川翔子がしゃべるたびに脳内で潘恵子の声に吹き替えしちゃってる、ダメな古参ファンだなぁ、俺は」とか「聖衣装着して1話が終わるんじゃなく、最初の戦いにケリを付けて1話が終わって欲しかったなぁ」とか「わざわざ古谷徹と小山茉美の元夫婦を呼んで、シャイナが星矢のことをいまだに想ってる風なセリフをいわせるとか、高等テクニック過ぎる」とか「オイラみてぇな色々難癖付ける旧作ファンは振り切る感じで、あくまで子供向けにやり遂げて欲しいなぁ」とか(屈折してやがりますね)。

 そんなわけで、今度の蟹座はどんなキャラクターであるのかを戦々恐々としながら待つ日々が始まったのぜ、と。

 ――こう、セージ&マニゴルドさんのカッコよさとか、旧作を読み返した上でのデスマスクさんの再評価(あの老師の暗殺任務に派遣されるって、サガ的には相当高く買ってね!?)とか、デストールさんの突き抜けたキャラクターの立ちぶりとかで、この歳になって、「蟹座であること」を誇れるようになってきました。


 でー、今回のオチとしては、「その折々でやってる仕事」で、個人的なブームが訪れるよな、オイラって。とかいう自己反省で、どうか(オチてねぇ)。


 ……つか、現在のオイラがトランスフォーマーズのトイを集めてるのも、10年ほど前、とあるマンガ誌で『トランスフォーマー』のマンガを新連載することになったけど、編集部内で誰も『トランスフォーマー』を知らなかったんで、隣の編集部にいたオイラがアドバイザーとして呼ばれて、適当にプロットを考えたらタカラが通しちゃって……とかいう仕事絡みでの関わりが再燃のきっかけ(の1つ)だったなぁ、と。

 なのですなわちオイラはサイモン・ファーマンと並ぶ、「『トランスフォーマーズ』のコミックのストーリーを考えたライター」の1人に列せられるのだ、えへん(<プロットだけじゃねぇか)。――とかいう強引すぎる理屈をもってオチにするのはどうか(だからオチてねぇって)。
  
  
  
  
・本文とは特に無関係に、アフィリエイト・リンクを張ってみる(ワザとらしい)。

聖闘士聖衣 MYTHOLOGY (ホビージャパンMOOK 438)
聖闘士聖衣 MYTHOLOGY (ホビージャパンMOOK 438)
ホビージャパン 2012-03-30
売り上げランキング : 177


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 
トランスフォーマー スターゲート戦役 (BN COMICS)
トランスフォーマー スターゲート戦役 (ブレインナビ コミックス) (BN COMICS)津島直人

文苑堂 2009-06-17
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

  
関連記事

コメント

*せいやちゃん どうしたの?

くっ、コスモがたりない!食あたりでダウンするとは歳はとりたくないのぅ。
はっきり言って原作もアニメもトイもあんまり興味なかったのにFCだけはやった覚えが。

>TFトイ集め
自分はミクロマン、ダイアクロン時代からチマチマ買ってはいたものの、仕事に就いた頃が2010シリーズがピークだったもんで、初任給でプレダキング買ったり四畳半にスクランブルシティ全開したりとやりたい放題だったなw でも日本未発売品とかは買ってもリペ限定品とかは別に食指は動かされません。変形したり変形したり変形して遊べればいいので。
しかし今週末からのプライムシリーズは期待してええのか?ええのんか?
設定的にはBW、アルマダに継いで旧シリーズ、コミックリスペクト感もありそうなのでいい意味での二次創作だといいんですが。

*衝撃の事実に驚くばかりです

当時その連載が始まるというんで立ち読みから購入に切り替えましたよ『スーパーロボットマガジン』

劇中におけるG1リスペクトネタのどこまでが津島先生発案で竹内さん発案なのか、かなり気になるところです。

*

>ビートルさん
G1当時にトイをたくさん買ってるのはウラヤマしい……。
こちとらは、G1や『星矢』のころは玩具を買うことから一番遠ざかってた時期でして、カバヤのTFガムのガーディーオンを買ってた位でした。
プライムはああえて向こうの情報を入れないようにしてるんで、断片的に漏れてくる情報を聞いて期待しているところですが。
それにしても、毎週『星矢』と『トランスフォーマー』のアニメ、それに『キン肉マン』のマンガの新作が見られるって、なんたる1980年代後半かと。……『ガンダム』『ヤマト』『ルパン三世』まであるし……。

>オレンジフードさん
(当時)ご購入いただきありがとうございました。
オイラは、1、2話の打ち合わせにちょっと参加して、上がってくるネームにツッコミを入れさせてもらってた程度で、細かなネタは津島先生発ですね。
あとは、連載開始時のカラー記事とか、各回の巻末のテキスト記事とかはオイラが書いてます。もはや何書いてたか忘れましたが。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/421-0cbb0483
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。