Homeスポンサー広告アメリカン・トイ>●ドレッドウイングが安かったぜ、の巻。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●ドレッドウイングが安かったぜ、の巻。

2012.11.04 Sun

▼前フリらしきもの:

 過日、TVで絶賛放送中の『トランスフォーマー:プライム』の新作トイである所のドレッドウイングさんを、休日出勤のついでに(涙)、発売日の夕方頃に秋葉原のヨドバシカメラに買いに行った。

 売り切れてた。

 しょうがないので、壊れたデジカメの代わりになるコンパクトデジタルカメラを1万円くらいで買って、買い物依存症の飢餓感を満たす(<ヲイ)。


▼っつーわけで:

 その後、色々あって(※2分ぐらい回想シーンが入ります)遠路はるばる俺の手元に届いたドレッドウイングさんを、新しいコンパクトデジタルカメラで撮ってみることにした。
  
  


 うむ。

『トランスフォーマー:プライム』のドレッドウイングさんもカッコいいが、こっちのドレッドウイングさん(※1988年頃に発売された、元祖ドレッドウイング)もカッコいいのである。



 分離しました。

 一応説明しとくと、こいつらはそれぞれ単体では、ドレッドウインド(左)、ダークウイング(右)って名前のトランスフォーマーで、合体した大型ジェット機形態が「ドレッドウイング」という名前なのね。こういうネーミングは好き。いまだに名前が覚えられなくて「ドレッドウイン……ド」とか歯切れ悪く呼ばわってますが。


 ちなみにこいつはイギリスのe-bayで、箱なし・パーツ完品で即決50ポンド(6800円くらい)、発送はイギリス国内のみ(ただし送料無料)、とかいう条件で出てたのを、個人輸入代行業者を噛まして落札しました。

 代行手数料として更に13.50ポンド取られて、国際送料として8.47ポンドかかったので、トータルで71.97ポンド、日本円にして9805円。たかがオモチャに1万円近く投じてますが、このトイの相場的には非常にお得な金額なのよ、一応(つかこのエントリは、同好の士に対して「いえーい、安く買えたぜー いいだろー」と自慢するために書いてるしな!<最悪だ)。

 こう、セラーが、出品ページに写真1点載せたきりで、全く状態とかに触れてなかったので、割とヒヤヒヤしてましたが、状態は良好でした。

 こんなことなら同じセラーの出してた「ほぼ完品 ジェットファイア+メトロプレックス」即決50ポンドも落とせば良かったと後悔することしきり。

 まあ、ダークウイング付属のパワーマスターがちょい関節ゆるいかなとか、ドレッドウイングに合体する時の固定用のツメが1本折れてたりするけど、全然大丈夫。合体形態用のツメなんて、そもそも合体しちまえば見えないし。

 ま、シールは歪んで貼られてたり、微妙に剥がれてたりするけど、今はリプロラベルズもあるしネー。

 ……でもオイラ、古玩具の「歪んで貼られてるシール」ってのも味があって好きなのよね。だもんで、ちょいと前に買ったシール貼り済みクロームドームも、せっかくリプロで新品のシール買ったのに貼り換えてないという。


 でー、実際、手にとってみて解ったけど、このドレッドウインド、見た目以上にタイトな設計で凄いわ。

 そのタイトさってのは、こう、説明書通りの適切な順番で変形・合体させると、パーツの移動に連動してストッパーがせり出したり、キチンとパーツとパーツが噛みあうトコに合体用のガイドがあったりして、すんげぇキッチリとした変形・合体ができるという、タイトさなんね。

 ……ただ、逆に説明書通りの手順を踏まないと、「ストッパーが出たままなのに気づかないでパーツを元に戻そうとしてストッパーを破壊する」「キチンと主翼の位置を整えてないと、合体時のクリアランスが確保されないのに、勢いよく合体させて主翼がモゲる」とかいう罠が待ち受けてる、タイトさ。

 なんつーか、阿呆なガキなら開封後5分で破壊できるレベルのタイトさ。正直、こいつを子供向けのプラスチック製品で出しちゃったのはスゲェわ。せめてABSで。

 つかオイラも最初、ダークウイングの太股が伸縮するのに気付かず、かなり危なげに足を変形させてて(※下手するとつま先&カカトのパーツがネジれてモゲる)、いまさらながらに戦慄してるし。こええ。なにこの設計。


▼余談:

 そういやオイラ、このドレッドウイングの玩具が長年欲しかったんだけど、「なにが原因で欲しがってたのか」を振り返るに、「フィギュア王」かなんかの連載コラムでタルカスの五十嵐さんあたりが大絶賛してたから、という、玩具を欲しがる動機としては案外にレアなソレであることに気づいた。よほど名文だったのだなぁ。

 正直オイラね、マーベル・コミックス版の『トランスフォーマーズ』のドレッドウインド&ダークウイングの出てる回とかも読んだことなくて、アニメの『マスターフォース』も見てないのよ。

 ──つか、ドレッドウインド&ダークウイングを見たのって市川裕文の『トランスフォーマーズ クロニクル』位じゃねぇのか、オイラ的に。……IDWコミック版の『ストームブリンガー』に出てくるドレッドウインド&ダークウイングはドレッドウイングに合体しないのでノーカンで(ひたすらどうでもいい)。
  
  
▼余談2:

 ホントはエントリ中で、「元々は“2体のトランスフォーマーの合体形態”であったドレッドウイングが、気づけば“ドレッドウイングという単体のトランスフォーマー”にシフトして、最新作『プライム』でも単体のキャラクターとしてドレッドウイングが出ている歴史」について触れようかと思ったけど、長くなる割に面白くないし、「玩具を買ったので写真を撮ったぜ」的な軽めのエントリに、そんな重いテキストを組み込むのもなんかバランスを欠くので、消した(知らぬ)。まあ、俺の脳内で整理されてりゃいいや(知らぬ)。

 こう、個人的には近年の“ビークルモードで合体機能を持つ飛行機系トランスフォーマー・ペア”の玩具に、そろそろ「ドレッドウインド&ダークウイング」という名前の復権を望んでるのだけど。

 けど、数年前にダークウイング風にリペイントされたキャラクターが「ダークウインド」名義で発売されてたことを考えるに、ヨソの会社に「ダークウイング」の商標を抑えられてるのだろうなぁ。──多分、『ジェネレーション2』で、「ドレッドウイング&スモークスクリーン」のトイが出ちゃった頃からずっと。
  
  
関連記事

タグ:アメリカン・トイ

コメント

*

G2版のステルス機のドレッドさんの方がインパクトあるし単機でのプレイバリューが高すぎるのでやはりトイとしてはこちらに軍配が上がるかな。スモークスクリーンがオマケみたいな扱いだけどw

>そろそろ「ドレッドウインド&ダークウイング」という名前の復権を望んでるのだけど。
そんな貴方はシンメトリカル・ドッキングなアニメイテッド版ジェットストーム&ファイアの投売りを買ってリペするのがオススメ!

*

>ビートルさん
まあ、オイラの場合はG1はオモチャ買わずにアニメだけ見てて(2010までだけど)
G2のドレッドウイング&スモークスクリーンからこの道に入った経緯がありますために
G1のドレッドウインド&ダークウイングは「憧憬すべき先人」であり
G2のドレッドウイング&スモークスクリーンは「天才だけど気さくな旧友」な感じなんですわ。
(リペで再開することも多い旧友ですし)

そらまあ、トイとしてはあっちに軍配上がるけど、こう、
ドレッドウインド&ダークウイングは謹んで敬いたいなぁ、と思う次第であります。

あと個人的にジェットストーム&ジェットファイアは双子のくせにビークルモードが同じで
変形方法も同じという、“双子トランスフォーマー”としての芸がない仕様なのと、
ビークルモードでの合体形態がが適当なのでパスさしてください(ひでえ言い草ですな、しかし)。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/437-e96e504b
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。