Homeスポンサー広告日記>●寄せ集め、な日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●寄せ集め、な日々。

2013.01.19 Sat

 こう、同人誌の原稿を書いていた頃に、書き留めていたテキストを、今更貼り付けるという、リサイクル思考なるエントリ。


▼『AvX』を読み終えた(<かなり前に書いたテキストだな、おい):

 終えた。

 エピローグのサイクロプスの「Xavier was responsible for whatever is the best in me. As for the rest..., I take full responsibility.」って台詞が凄く彼らしいなぁと思った。

 こう、今回の騒動でミュータントという種が復活したこと(=the best)は、教授の教育のたまものである(=サイクロップス個人の手柄ではない)とすることで、死んだ教授を讃えつつ、

 その一方で、今回の騒動で世界中が大災害に見舞われ、ワカンダも半壊したこととか(=the rest)については、サイクロップス個人が全責任を負うもの(=教授の教育とは関係がない)として、教授やミュータントという種に向けられるであろう憎悪を自分個人に引き受けちゃうという。

 なんつーか、手柄は他人に渡して、悪いことは自分自身で全部引き受けちゃうサイクさんの生真面目さをよく表した台詞よね、と。

 ……っつーか多分、逮捕されてからずっと、この台詞考えてたんだろうなぁ。

(……ミュータント復活を教授の成果にするには……そうか、私と教授との師弟関係の結果にすればいい。でも、それだと、私の暴走も教授のせいになるか……そうか、私のよい所は教授の教育のたまもの、それ以外は全部私の責任ということにすれば……、これだ、これだよ!)

 的に。

 その上で、割とドヤ顔でキャプテン・アメリカにいったんじゃないかなぁ、と。

 後半の「As for the rest...」の「...」のトコとか、かなり芝居がかってタメてたんじゃないかなぁ、と。


▼最近のチャンピオン:

 こう、木々津克久とフクイタクミの描くマンガが毎週毎週読める、という時点で、今の「週刊少年チャンピオン」という雑誌は、オイラ的に天国のような雑誌であるなぁ(詠嘆)、と思う。この悦びが永く続くことを祈りたい。 ボン ボヤージュ

 あと、『ドカベン ドリームトーナメント』編は……なんか凄いよね。いうなればアレは、『大甲子園』というユニバース統合イベントから何十年かが経過して、硬直化した水島ユニバースに、再びマルチバースの概念を復活させることで多様性を取り戻させるイベントだと思う……とかいうことを書き連ねてたら長くなったので、多分、次回のエントリにする。

 つか小林は! 東郷学園の小林は復活しないのですか、水島先生! 長島とか出しておいて、小林の復活はナシなんてこと、ないですよね、水島先生! 最後の登場が20年程前の『大甲子園』神奈川予選での「いやぁ、東郷とか東海大相模とか横浜は強かったですね」的な回想で上半身が1コマ登場しただけの小林を! ……あ、山田が平和な家庭を築きつつある現状ですので、小林の妹は出なくていいです。


▼俺、クレーマー、なハナシ:

 同人誌の原稿を執筆してた頃に起きたことで、あまり長く書いたり脚色したりすると、不愉快な文章になりそうなので、手短に事実を書くテスト。

 まあ、Amazonマーケットプレイス経由で、イギリスの書店から「中古-よい」な状態の中古コミックのTPBを2000円程で買ったのよ。

 したら、届いたのが、図書館の蔵書を下取ったであろうボロッボロの、ていうかまだ表紙に、裏表紙に、背表紙に、ベッタリと図書館のラベルや整理用のバーコードが貼り付けてある本でね。

 で、「いくらなんでもこれは“中古-よい”の商品とはいえないので、交換もしくは返金してください」と要望したさ。

 したら、「300円だけ返金するからご容赦ください」的な返事が来てな。

 でもオイラ的には、このボロボロの代物を、自分の蔵書として手元に置いておきたくないので「すいませんが、返品・返金をお願いします」って返したのさ。

 したら、何を誤読したか、「返金に応じていただいてありがとうございます。先ほど300円を貴殿の口座に振り込む手配をしました」的な返事が来た。

 なんか相手をするのが嫌になったので、黙ってAmazonの運営の方に「返品申請」をする。

 すると、「全額返金いたします。それと、本は返送しなくて結構です」という返事が来る。

 なんか、ゴネて本をタダで手に入れたみたいな形になったので、落ち込む。


 ……てなことがあったのさ。

 なんかもう、ブログに載せてネタにしないとやり切れぬけど、相手にしても勘違いはあったものの誠実な態度で対応してくれてるので、ネタにしきれる程に盛り上がりがなく、ネタ度数を高めるために先方を無理にイジるのも不愉快になると感じたので、まあ、こんな感じで書き記すこととする。何故ならここはオイラの日記帳であるからだ。


▼適当な短文:

 こう、ドリームウェーブ・プロダクションズの倒産についての同人誌の原稿を執筆するBGMとして、Youtubeで歴代『トランスフォーマー』のテーマソングを聴いてたりしたのですが、一番よく聞いていたのが『ビーストウォーズ』のエンディングテーマの「For the Dream」だったのは、ある種の皮肉だぜ、いえーいと思うも、冷静になって考えるとそれほどウマいネタでもなく、「なにがいえーいだ」と、静かにヒザを抱える。

 あと今回の同人誌では、オイラの実家の隅っこに、廃棄予定で積み上げてたコミック情報誌「ウィザード」のバックナンバーが凄ぇ役に立った。

 その、とどのつまり、オイラが「ウィザード」を買ってた時期というのはオイラが一番熱心にコミックブックを読んでた時期であり、結果として現在、同人誌という形で回想するほど、まあ、“思い入れのある”時期な訳でな。

 その時代の空気を切り取ったそれらのバックナンバーは、「また別の同人誌を作るときに役に立つかも知れぬ」と思うだに、捨てられなくなった。なんたることだ。

 以上、トリトメもなく、ダウナー気味に。
  
  
関連記事

タグ:同人誌

コメント

*右文字はアース3の左文字的な存在か?

『大甲子園』に出てたのに、プロ野球編では黙殺されている『男どアホウ甲子園』の連中も出してほしいのですが~。

しかし、「新潟ドルフィンズ」はメッツ残党+水島マイナーキャラばかりという布陣はいかがなものか?

『ヘイ!ジャンボ』とか野球漫画以外のキャラも登場してるし、「じゃらりん子」が出るのも時間の問題か?銭神=巨人学園理事長疑惑もあるしな~。

個人的には成長した『野球大将ゲンちゃん』が、阪神にいないかな~と思ったり

*

>ロヒキアさん
返信遅くなりまして申し訳ありません(深々と陳謝)。
男どアホウの面子は、きっとこの後、阪神線で出てくる予感がしてたりしてなかったり。
とりあえず、第1試合が終わった後のグランド整備でライン引き合戦2013とか、ダントツに変わる解説者として豆タンが出たりとかで……。
(※左文字は一球さんサイドに出演で)

ただ、野球大将ゲンちゃん(本名:力道馬)は、力道馬が出ちゃった時点で、登場は望み薄のような気も……いや、「いとこだった」とかいう設定でダブル力道として……。

あとは野球マンガ以外のキャラ……できれば「水島先生がモデルのヒゲ面キャラ」も出て欲しいかなぁ、と。そしてできれば山田と勝負して欲しいなぁ、と。

毎度まとまりなく。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/447-5280afb0
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。