Homeスポンサー広告今日読んだアメコミ>●『ゴーストライダー2』を見た。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●『ゴーストライダー2』を見た。

2013.02.19 Tue

▼『ゴーストライダー:スピリット・オブ・ヴェンジャンス』を見た:

 見た。

 南船橋のららぽーとのTOHOシネマで、土曜のレイトショーで、見た(どうでもい)。

 開場45分前に劇場に行って、座席指定席を買ったら、全席が空いてて微妙に嫌な予感がする。

 その後、松屋でマーボーカレーなぞ喰って暇をつぶして、微妙に遅れ気味に入場。

 予想通り、観客オイラだけ。

 だよなぁ。この手のアクション映画好きは、今日(2月16日)は『ダイ・ハード』見に行くよなぁ、とか思いつつ、半ばヤケ気味に「俺専用シアター」でくつろぐこととする。

 左右の席にドカリと荷物置いて、上着も投げて、ひじ掛けも独占。周囲を気にせずスナック菓子を噛み砕き、コーラを飲み、寒くなったんでおもむろに立ち上がって上着を着る……空しい。


 ああ、いっときますが、以降のテキストでは、『ゴーストライダー』を2作とも見てる人を対象に、ネタバレとか全く気にせずに書いてますので、「見てない人」は読まない方がいいと思います。



▼映画の感想:

 手短にいうと、「オイラも『ダイ・ハード』見ればよかった」。<待て。

 まあその、『ゴーストライダー1』よりは、退屈しない映画だった。

 なんつーか、前作は要所要所が退屈で──極論してしまえばゴーストライダーがバイクに乗ってるシーン以外の全てが退屈で──ヒマな時間に「なぜこの映画はつまらないのか」というのを冷静になって考え込んでしまい、ミルミル冷めた鑑賞態度になる、って感じでしたが、今作は、その、突っ込みどころの多い脚本ですが(<ここ大事)、とりあえず何かしら事件が起きてるんでそんなに冷静になる、ヒマなシーンは少なかった(<「少なかった」であって、ゼロではない)と、思う。


 ……けど、冷静になってみると、個人的には『ゴーストライダー1』の方が好き、かもしれぬ。<待て待て。


 確かに、『ゴーストライダー1』は、「ゴーストライダーがバイクに乗ってるシーン以外」の全てが退屈な映画ですよ。この際、そういい切りますわ。けど、あの映画の「ゴーストライダーがバイクに乗ってるシーン」は、それ以外の退屈なシーン全てを補って余りあるほどカッコいいのね。

 要するに、

「『1』のゴーストライダーがバイクに乗ってるシーン」>『ゴーストライダー2』>『ゴーストライダー1』のバイクのシーン以外

 という感じなのよ、個人的には。暴論なのは自覚してる。


 もいっこ暴論いっとこう。本作の最大の見せ場である、ゴーストライダーが地獄のバスケットホイール・エクスカベーターで大暴れするシーン。

 ビジュアル的にすげぇインパクトあるのは認める。あのアイデアを考え付いた人には、ノーベル・エクスカベーター賞をあげていいと思う。

 ……認める……けど、アレはゴーストライダーじゃねぇと思う。

 ゴーストドライバーだ。

 つか、アレがアリなら、戦車でも戦闘機でも乗ればいいじゃん。バイクいらんだろ、と。


 最後の暴論。本作の最大の魅力は役者バカ、ニコラス・ケイジの怪演なのは疑いようはない。ないけれど、その、ミもフタもないことだけど、やっぱりオイラには、ジョニー・ブレイズとニコラス・ケイジを同一視できない(<お前、この映画を根底から否定したぞ)。


 あと、突っ込みどころ、適当に。

・ゴーストライダーの設定:

 前作が、メフィストの呪いでゴーストライダーになったのに、「ペナンス・ステア」が使えるという点が、とても納得いかなかったのですが、今回のゴーストライダーは、ペナンス・ステアを持ってなくって胸をなでおろしました。

 今回のゴースティは、悪人の魂を吸い取るぞ、というのが悪魔的でいいですね……と、思ったら、中盤「ザラトスは元天使だったのだ!」とかいう適当な設定が出てきてアゴを外す。じゃ、ペナンス・ステアOKじゃん! 前作にその設定を分けてやれよ!

 あと、「魂を吸い取る」っつーから、てっきり『スペースバンパイア』みたいに口からCGの魂をヒュゴゴゴって吸い取るような派手な絵があるのかと思ったら、なんか、悪人と長々見つめ合うだけで、特に吸われてなくね? って感じで拍子が抜けました。

 つか、「恥ずかしい告白をして、変な部屋に入ったら、呪いが解けたよ!」とかいうあの展開さ。

 なにあれ。

 なにあれ。

 なにあれ。

 そんな軽くていいのか、ゴーストライダーの呪いが(真顔で)。


・ゴーストライダーのビジュアル:

 ぶっちゃけ、前作の方が好き。

 つか、今回、「ゴーストライダーの炎で革ジャンが焼け焦げてる」とかいう無駄なリアリティを取り入れてるけど。

 あれさぁ、単なるケシズミにしか見えない。

 スゲェカッコ悪い。個人的に。

 つか、「ゴーストライダーの炎は地獄の炎かなんかだから、革ジャン焦げないのだよ!」とかいう開き直りでいいと思うのよ、そこは。

 だってさ、ゴーストライダーからジョニーに戻ったら革ジャンが元に戻ってるとか、ラストのゴーストライダーがダニーを抱きかかえてるシーンで、革ジャンがプスプス焦げてるのに、ダニーはぜんぜん熱そうじゃないとか、変じゃん? 1個リアルを追求したら、別の箇所に無数のアンリアルが生じちまってるのは、どうかと思う。


・中ボス:

 前作の良く分からない四天王みたいな雑魚キャラに比べたら、キャリガン/ブラックアウトさんはシブトく頑張ってたと思います。

 個人的には、コミック版のブラックアウトの超能力「自分の周囲の光を奪って真っ暗闇にできる」というソレを無駄に凝った映像表現で再現してるのは、すばらしいと思う。

 けど、あの超能力について、劇中でなんら説明されてない(なかったよね?)のは、製作者の正気を疑う。

 アレ、知らない人が見たら、超能力じゃなくて、演出的な何かで周囲が真っ暗になってると解釈すると思う。

 今作が割とスローモーションとか、早回しとか、解説アニメとか、ビジュアル的な演出を多用してるだけに、「その1つ」だと思っちゃうだろ、アレは。


・ラスボス:

 ロアークさん、全体的に、ショボイ。

 キャリガンを蘇生させて、ブラックアウトにしただけで、魔力オシマイとか、どうかと思う。

「実は部分的にダニーに憑依してました! フハハ、手が出せまい!」とかいう展開を期待してたら、「儀式に失敗したので逃げます」とかいうラストバトルのショボさはどうにかならなかったのか。

 つか、ロアークさん、儀式に失敗してるのに、何でダニーを連れて逃走するのか。もういらんやろ。

(人質? でも本作のゴーストライダーが人質が通用する相手じゃねぇってのは、ロアークさんが一番良く知ってるよね?)


・オチらしきもの:

「こんなツッコミどころばかりの、アホウな脚本を書いたのは誰だ」とか思いながらスタッフロール見たら、ディヴィッド・S.ゴイヤーだったので「ゴイヤーじゃしょうがねぇや」と思いました。


・フォロー:

 まあ、色々とツッコミを入れましたが、そうやってツッコんで楽しむことのできる、憎めないB級映画ということ、ですよね?(棒読み)
  
  
関連記事

コメント

*

コレとジャッジドレッドって割と満を持してって感じなんでそれなりに期待してたんだけど… ヤバいなw

いや来週観に行きますよ?

*

>ビートルさん
>いや来週観に行きますよ?
見てないのに読んじゃダメェェェ
いやまあその、色々とかいてますが、事前に悪い評判聞いて、ある程度腹を据えてから見ることで、「案外悪くないじゃん?」とか思える程度には見所のある映画だと思いますよ?>『GR2』(フォローになってねぇ)

あと『ジャッジ・ドレッド』はけっこうよさげな評判を聞くので(少なくとも『GR2』よりは)オイラも週末見に行こうかと……いや、やっぱ『ダイハード』にしとこうかなぁ(<待て)。

*ジョニー・ブレイズ血笑旅

オレは逆に前回の「ゴーストライダー」がジョニーなのにルックスは90年代ゴーストライダーだったのに抵抗があったので、今回の方が好きですねー。変身自体はバッド・トリップ的なものがあったりとか。

話の方はなんか大映の「眠狂四郎」シリーズみたいな感じだなーと。なんつーかプログラム・ピクチャーとしての味わいだよね。同時上映でもう一本見たい(W でも、クリストファー・ランバートを久々に大画面で見たお得感はあったかな?

キャリガンさんのどっかで見た事ある感はブラックアウトだったのかー。指摘されるまで気づかなんだ。あの謎描写は魔空空間的なモンだと思ってましたよ!『エレクトラ』で名前だけ一緒のタイフォイド・マリー出しているんだから、いっそブラックアウトにすればイイじゃん!でも、ホットドッグはイケますな場面は妙に記憶に残っていたり(w

*管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

*

>ロヒキアさん
個人的には近年のコミックでジョニさんのコスチュームが90年代的に描かれてるのになんとなく慣れてたんで、抵抗はなかったり。
変身の演技は、ニコラス・ケイジの全力ぶりがいかんなく発揮されてて、最高でしたな。

>ブラックアウト
あれ、ロヒキアさんも気づいてなかったですか。まあ、オイラも公開前に「今回ブラックアウトが出るよ」的な情報を聞いてたから気づけた感じでしたが。

今回の映画のアレっぷりは、もはや続編とかスピンオフとかも望めそうにない感じですが、それこそ『眠狂四郎』風なロードムービーTVドラマな感じな『ゴーストライダー』も見たかったなぁ、と。

*観た!

観てきましたヨ・・・しかもジャッジ・ドレッドとハシゴで!図らずもロヒキアの言うプログラム・ピクチュアの如く。

まぁなんつうかその、ブレイド3とパニッシャー2の間くらいのモヤモヤ感が拭えないシロモノでしたな。エピローグ的なもんもなしなのも一般客にはマイナスポイントかも。あと俺的にクリストファー・ランバートの出る映画で居眠りするジンクスも遺憾なく発揮!!前半で5分程、しかもストーリー把握に支障ナシ!素晴らしい作品だ、午後ロー向きw
ライダーさんなさけむような無双っぷりはいいんですが、この手の作品にありがちなラスボスの矮小さがいやがおうにも作品のスケールを小さくしてしまいますな。おいおいどこのゴールデン・チャイルドだよこれは!ホントにこの先続編の展開とかダメそう。

>ゴーストドライバーだ。
いや、てつをRXだってライダーだけど車に乗るし・・・(違う
触ったマシンを使役できるって設定は結構いいかなと思うです。
黄金バットの如く笑いながら車の上でイカレバトルなんていかにも特撮っぽくてイイ!
ラストで炎の色が変わったのってそれなりに制御できる善のパワーに変わったって事でいいんですかね?

ジャッジはあれです、「ジャッジの一番長い日、ドレッドさん新人教育の巻」ってカンジ。
ドレッドのキャラクターを「あぁ?んなモン知ってるヤツに教えてもらえよ、別に困んねーだろ!」と全くと言っていい程掘り下げず、ひたすらにバイオレンスでゴアなアクション作品でした。潔すぎ。
こちらもGRとは趣のちがったスローモーアクションが炸裂展開。ペキンパーリスペクト?でもガトリングシーンはアレじゃちょっと違うか・・・
問題はこれ別にドレッドじゃなくても単にバイオレンスなキャラ使ったらロボコップでもダイ・ハードでも何でもいいじゃん!ってトコですかね。(そういや今作ってるロボコップも心配だ・・・
でもなんつうか、ラーメン屋で置いてある雑誌めくったら「あぁ、また望月センセイワイルドのスピンオフ描いてるよ・・・でも面白いからいいか!」的な味わいがありました。(何それ

*ドレッドVS.サラ・コナー

> ジャッジの一番長い日、ドレッドさん新人教育の巻

それこそ、同じ警察モノで『ダーティーハリー』リスペクトじゃないっすか~

> でもガトリングシーンはアレじゃちょっと違うか・・・

そこはレオーネ・リスペクトってトコで。

こちらは『真昼の決闘』のような保安官モノの連綿とした系譜を感じるプロットでしたが、ある種の恍惚感を伴う映像が青少年に与えるどーたらこーたらを感じつつ、概ね満足でした。

*サラクロは正直つまんなかったよね

>『ダーティーハリー』リスペクトじゃないっすか~

でもダーティハリーじゃ相棒になったら死亡フラグじゃん!

>『真昼の決闘』のような保安官モノ

確かに無法地帯で法の執行官が孤立無援の状況下ってソレはウェスタン物のシチュエーションですわな。思えばそれでいてマカロニ臭プンプン、エゲレス人はウェスタンとはこういうものだと思ってるのか(偏見
スローモー使っての死に様は初めてジョルノのスタンド攻撃を喰らったブチャラティみてーなものなんだろうな、だからジャンプ読んでれば青少年にそんなに悪影響はありません、たぶん、きっと。

おっとここはライダーの話をするトコだったぜ!

>ゴーストライダーのビジュアル

ご安心下さい、俺もだけどダイ・ハードとハシゴしてたらしいカップルもゲンナリしながら女性が「前作の髑髏の方が色ツヤがいい」と仰ってました。
確かに変身解けるとジャケット元通りってのはねー、いっそ石森テイスト入れて変身解除後は全裸になってニコラスの弛んだ体を晒すくらいの方が良かったかも。

*

うす。
『ジャッジ・ドレッド』見てからレスしようと思うてましたが、この2週間、週末に予期せぬイベントが発生してて結局見れなかったぜコンチクショー、な今日この頃です。
>ビートルさん
>変身解除後は全裸になってニコラスの弛んだ体を晒すくらいの方が良かったかも。
……『GR2』の役者バカ全開のケイジさんを見てると、「必然性があれば全裸」ぐらいはもはや屁でもない気が……。
同じ監督の『アドレナリン』じゃ「街中で衆人環視のセクース」とかいう、ろくでもない&大バカなシーンがありましたけども、今のケイジならやりそうだよなぁ……。

『ジャッジ・ドレッド』……今週末まで……やっててくれないかなぁ、渋谷。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/449-5d86c0e9
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。