Homeスポンサー広告日記>●ゼニの話。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●ゼニの話。

2013.06.14 Fri

 タイトル通り、「その辺に5億円くらい落ちてねぇかな」が口癖というゼニゲバ(いやらしく「じぇにげば」と発音するのを推奨)なオイラが、アメリカン・コミックスに関係がなくもないゼニ絡みの話を書きタラす、そんな浅ましいエントリ。


▼『HITMAN』、好評予約受付中!:

 こないだのエントリで、今度出る邦訳版『ヒットマン』の話をしつつアフィリエイト・リンクを貼ったら、実に6冊も『ヒットマン』が売れた。うわーい。

 読もう! コミックビーム!(ステマの押し売り<それはステマとはいわぬ)


▼ドル安ですね:

 こないだまで100円台かと思いきや、90円台半ばまでになってやがりますね。ええ、円相場ですが。

 個人的には、8月くらいまで100円と90円台を行ったり来たりな相場であって欲しいなぁ、と思ってたり。

 ……いや、80円台の頃にそれなりな金額を突っ込んで、その後70円台になったんで放置してた外貨定期預金の満期が8月でね。できればこう、満期日の前後だけ、突然100円台に突入して、その後は90円台に戻ってくれぬものか(アサマシイ)。


▼時代はkindle!(適当):

 こう、「鈴木みそがkindleで個人で電子出版して大もうけ!」とか「自作の恥ずかしい小説をkindleで電子出版してみた!」とかいう感じの記事をネットで読んで、「時代はkindleで電子出版ぜよ! 日本の夜明けぜよ、西郷さん!」とか、非常に単純な結論に至った(<こういう人は、歳を取って振り込め詐欺とかに引っかかります)。

 でー、ウチがこれまで書いてきた同人誌の原稿を、kindleで電子書籍として販売するのはどうか、と、思った。

 まあ、「グリーンランタンの歴史解説本」みてぇな、原作ありきな資料系同人誌は、原著作者の許諾なしには出せやしませんけど、その、「パット・リーとかいう人が会社を立ち上げて潰すまでの道程」みてぇな、オイラが資料を集めて、咀嚼して、1から綴った、まあ「一種のノンフィクション」的な、あの辺のテキストは「オレの著作物」であって、ヨソ様から著作権の侵害で訴えられたりはしないじゃないすか(まあ、パット・リーから名誉毀損で訴えられる可能性はあるけどな!)。

 なので、試しにやってみようかと思って、過去のテキストファイルを発掘してみてる今日この頃。

 ……「たけうち文書」ってシリーズ名は、どうか(<このシャレが言いたかっただけだろ、お前)。

 とりあえず、表紙のデザインは新潮文庫の旧シャーロック・ホームズ全集をパクって、グレーの図形を適当に並べて、2、3箇所カラーの図解をアクセントとして置く感じのソレにしたく思う(知らぬ)。つか、あのデザイン、誰が考えたか知らないけど、恐ろしく費用対効果が高いので、デザインの素人としてはパクらざるを得ない(臆面もない)。


 ……や、割と本気よ?
  
  
関連記事

タグ:同人誌

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/461-d9b30d1a
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。