Homeスポンサー広告日記>●ナゲヤリな日常ども。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●ナゲヤリな日常ども。

2013.10.21 Mon

▼週末は楽しまれましたか、の巻:

「海外マンガフェスタ」に行かれました方々は、楽しい時間を過ごされましたでしょうか。

 オイラ個人は、まあ、その、みなさんがトークイベントとかサイン会に参加してた時分には、町内の会合で、防災補助金で簡易トイレを買うか、使い捨てトイレにしとくかとかいう話をしてました(どうでもいい)。

 こう、来日されたアーティストさんたちにおかれましては、スケッチとかは円での支払いでしたのでしょうが、円高でよかったですね。差益的に(ナゲヤリ)。


▼最近のマーケットプレイス:

「邦訳版が手に入ったし、原書のTPBはもう要らないかな」的に、『シビル・ウォー』タイインのTPBをマーケットプレイスに出したら、割と間を空けずに売れました。

 これはもしかすると、邦訳版を手に入れ損ねた人が、原書を買おうと思ったのかな、と思いました。

 こうして世の中というのは回っているのかもしれない、と思いました。

 おわり。


 ちなみにオイラは「邦訳アメリカン・コミックスのコレクター」というクラスタに属していますので、既に原書を持っている本が邦訳されようとも1ミリセコンドの躊躇もなく予約しますし、「邦訳が買えないのなら原書を買えばいいじゃない」とかいう正論に対しては、「邦訳じゃなきゃ意味がないんじゃ!」と真顔で逆ギレする感じですね。ええ。

(どうでもいいです)


▼どうでもよきドウジンシ:

 前回のエントリで、「実家の掃除をした」と書きましたが。

 その時にな、ウチのサークルで始めて作った同人誌であるところの『ヤングブラッド』解説本とかの原本(中綴じのコピー本作るときに使うのよ)が出てきたのさ。

 あと、ちょいと前(いや、結構前だ)に、「同人誌の通販はされてないのでしょうか」という問い合わせのメールなんかがあったり、ツイッター上で、若者がオイラの昔の同人誌について触れてたのを見かけたりしててな。

 でー、なんとなく「オイラの過去に作った同人誌」への関心が上昇したので、久々に同人誌の通販でもやろうかと思った。

 ……名づけてこれ「1人海外マンガフェスタ」、とかいうのでどうか(ナゲヤリ)。

 こう、原本の手入れ(ノンブルがハガレてたり、セロテープが劣化してるねん)とかを終えたら、このブログ上でまた呼び込みでもしますわ、と。

 原本の手入れついでに『ヤングブラッド』解説本はリファイン(活字打ち直して、版型をA4からA5に)して再刷しようと考えてるけど、需要ないだろなぁ。


 以上。ナゲヤリに。
  
  
関連記事

タグ:同人誌

コメント

*

俺も最近、竹内さんのヤンブラ本を引っ張り出したんだよね。

古本屋で買った『DARKER IMAGE』のブラッドウルフってヤンブラに出てなかったかなー&エンティティー・コミックス版ヤンブラのメンバーで後に使ったのって誰だったっけ?を確認する意味も込めて。

未だにあの資料は使えるのも凄いけど、ニッチ度は変わらないな~。菅野さんとも自分達の同人誌の需要って話はしたんだけど、資料系を出す輩が揃いも揃って、ニッチなアメコミの中でも更にニッチなキャラやタイトルばかりを紹介する方向なのは、どーなんだろーと思った次第。

*

>ロヒキアさん
ブラッドウルフさんは、単発のミニシリーズでスプリームとドツキ合いをしてた(ロボvs.スーパーマンですな)程度で、ヤングブラッドの方には顔は出してなかったような。

あと偶然オイラも、最近調べてたのですが、ヴァンガード&ドラゴン&ヤングブラッドの初出はエンティティー・コミックスじゃなくて、1981~1987年に活動してたメガトン・コミックスのようですな。

↓あんまりネット上に情報がない会社ですが、なぜか公式サイトが存在してました。
http://megatoncomics.com/Megaton/home.html

あとオイラ的には昔から菅野さんもHumanflyさんもマーベル・コミックスのキャラクターを扱っているという時点で、売れ線の同人誌を出してるナァという認識でしたし(マーベルの同人誌だから買う、という層は案外いると思うのです)、
ロヒキアさんも大メジャーのゴジラを筆頭に、折々で間口の広い本を出してるし、
かくいうオイラも売れ線のロビン、JLA、グリーンランタンの本なぞ出してるので、
「ニッチじゃないよ! それなりに折々に折り合いをつけた本も作ってるよ!」とかいう感じなのですが、駄目でしょうか。
(駄目でしょうね)

個人的には、マシンマン本で1つやり遂げた感のある菅野さんが今後どっちに舵を切るのかが気になるとこですが。
王道メジャーな方へ舵を切らないかなぁ。

*ニッチって言いたいだけやねん

> ブラッドウルフさん

去年くらいから復活して、色々と出てるよですなー。
そーいや海外フェスタの会場でロブ・ライフェルドのファンに出会い、
“あの馬鹿デカい銃がイイんですよ!”と仰ってたんで、
ブラッドウルフさんの銃はでか過ぎの上にホバーバイクにもなる優れもの!
てな話もしましたデスよ。

ロボといえば、ブラッドウルフさんはロボとすれ違ったり、
ケーブルによく似た傭兵と戦ったりしてましたな(w

エンティティー・コミックスは93年の再販時ですね。
メガトン・コミックスは主要タイトルが「メガトン」てな黒人ヒーローだったので、
てっきり誌名の事だと誤解してました(汗)。
前述のサイトでも紹介されていますが、イメージの『BIG BANG COMICS』にも
登場するDR.ウィラードなるオカルト・ヒーローも元を正せば70年代の同人誌が初出らしく、
イメージ・コミックスは大手に謀反した7人のアーティストてな印象とは別に
70~80年代インディーズ・コミックスの逆襲てな部分もあったのでしょうなーと。

> 同人誌

自分の作った同人誌でもっとも初動が悪かった「ストームウォッチ」ですが、
先日の海外マンガフェスタでライアン・ベンジャミンさんに見せる事が適いまして、
自分の同人誌にサインをしてもらいましたよ。作ってよかった~(最後は自慢とうか自己満足で締め)。

*

> ブラッドウルフさん
>去年くらいから復活して、色々と出てるよですなー。
あら、それは存じませんでした。
(イメージのライフェルド関連のモンはなんとなく買ってるけど読んでない男)
ブラッドウルフさんといえば、バリアント・カバーで背景でロボが首を吊ってる奴が欲しかったナァ、とか、どうでもいい記憶が蘇りました。
あの頃のライフェルド先生の、無用なところに「面白いじゃん!」で噛み付いたりパロディにしちゃって、あげくマクファーレンとかに怒られたりする自爆芸は素晴らしかったですな(遠い目

メガトンとイメージは、個人的には逆襲というかは伝承というか、1980年代のインディーズブームの頃は、インディーズ出版社の軒先を借りてたラーセンとかライフェルドが、今度は自分たちのインディーズ出版社を立てて、錦を飾るぜ! とかいう世代交代な印象ですかね。
1980年代のブームで台頭したTMNTが、一時期イメージから出てて、ドラゴンと競演したりしてるのは、1980年代の先駆者へのラブコールみたいなモンよね、とか。

>自分の作った同人誌でもっとも初動が悪かった「ストームウォッチ」ですが、
>先日の海外マンガフェスタでライアン・ベンジャミンさんに見せる事が適いまして、
>自分の同人誌にサインをしてもらいましたよ。
おお、素晴らしい。
よしオイラもその内パット・リー先生が来日したらオレの同人誌にサインを貰おう(※殺されます)。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ironjoe.blog7.fc2.com/tb.php/475-dc7c4aec
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。